LOS! 秋の大河川 ブレイクの絡む夜のシャロー ダウンドリフト 暗闇の攻防戦LOS! 秋の大河川 ブレイクの絡む夜のシャロー ダウンドリフト 暗闇の攻防戦


ws000544

寒い寒い。

暑くなったり寒くなったりで
いい加減風邪を引きそうな今日この頃。
 

まいど、私のブログに遊びに
来て頂いてありがとうございます。

 

あなたも上着などを使って
丁寧に体温調整をしながら
風邪など引かないように
気をつけてくださいね。
 
 

私たちには風邪など引いている
時間はありません。
 

なにせ、釣りに行かなきゃ
ならないんですから。(笑)
 
 

まあ、それはさておき
今回はそんな気候が安定しない
厳しい条件の中、秋の大河川を
フィールドに選んでみました。

 

というのも最近は小規模河川ばかり
攻めていて、スケールのデカい
自然あふれる開放的なフィールドで
釣りをしていなかったから。
 

今年は始めて入るフィールドです。
 

ただ、寒くなるとの事なので
風と水温低下が心配でした。
 
 

仕事の後、急いで雑用を済ませると
サクッと仮眠を取ります。
 

そして、3:00から朝マズメまでを
狙った釣行
です。
 

さてさて、どうなることやら。
 
 
 
 

いい感じの高反応

こんにちは、しんです。
 

今回は秋の大河川。

せっかくのハイシーズン、
ちょっぴりデカいシーバスを
狙いに行ってみようという
楽しい作戦ですね。
 
 

天候は晴れ。

潮まわりは小潮。

満潮=23:04。
干潮=6:21。

風は北の風、4m/s。
 

泣く子もすやすや眠る、
3:00〜6:30までの釣行です。

 
 

ここはわりと離れた場所にしか車を
停められないので、ポイントから
遠い場所に駐車。
 

迷う事なくフル装備を準備します。
 

そして護岸を足下に注意して歩き、
草むらを掻き分けて数百メートル
歩いてポイントへ。
 

ちょうどいい水位の下げ具合でした。
 
 
 

「さて、やりまっか。」
 

足下には水深が30センチもない
シャローエリアが広がっているため
まずはマニックをチョイス。
 

本流に対してダウンクロスで
キャストして探ってきます。
 

と言うのも、本流は左へ流れて
いるんですが手前のシャローエリアは
反転流で右に流れているため
です。
 

そして、反転流のエリアをアップ
クロスでルアーを入れてドリフト。
 

・・・、
 

「・・・、流れてないな・・・。」
 

反応なし。
 
 

とりあえず流れが止まっているので
そのままマニックで扇状
探っていきます。
 

・・・、
 

・・・、
 

反応はありません。
 
 

でも、ベイトは居ます。
 

おそらくはイナッコで出来るだけ
浅い岸際まで寄ってきてシーバスに
喰われるのを避けている感じ。

 

こういう時はウェーダーを履いてても
入水はしません。
 

何故なら、シーバスも大胆に足下まで
入って来ている可能性が高いから。
 

リールの機能を使わなくても
ロッドの長さと同じくらい垂らしを
取って、ロッドでルアーを振り込んだ
だけでアタる事があるほどです。
 
 

さて、次はルアーをモルモにチェンジ。
 

今度は私の右側から扇状に
探りを入れていきます。
 

・・・、
 

・・・、
 

こちらも全く反応なしです。
 
 

ベイトも居るし、かなり稀に
補食音が聞こえる
ので、間違いなく
シーバスも居ると思われます。
 
 

「もしかして、レンジが水面じゃ
ないのかも。」

 

今度はフィールをチョイス。

同じように探ってくる。
 

・・・、
 

全く反応しません。
 
 

「う〜ん、アクションが違うな。」
 

次はカームをチョイス。

左側の方へキャストします。
 

・・・、
 

コンッ。
 

「ウオッ!」
 

合わせても乗りません。
 
 

もう一度。
 

・・・、
 

コンッ。
 
 

「速いのか?」
 

シャロー過ぎて、気持ち速く引かないと
ボトムを拾ってしまうんです。
 

今度はレンジを変えずにリトリーブ
スピードを落とすために、1つ下の
サイズのカームにルアーチェンジ。

 

同じところを通してきます。
 

・・・、
 

・・・、
 

ガツッ!!!
 

「ほい来た!」
 

フッキング成功。
 

本流に乗ろうとするのを
力業で止めて、こっちを向かせる。

そして、すんなり寄せてくる。
 

40センチ程のシーバスです。
ws000546
 

「ん〜、いい感じ。ありがとう!」
 

しっかり縦に泳ぐのを
確認してリリースします。
 
 

「いいルアーなんだけどな、コレ。」
 

カームはけっこう好き嫌いが
分かれるルアーで苦手だという
アングラーが多いんです。
 
 
 
 

暗闇の攻防戦

「よし、本流に付いてる
シーバスを狙うか。」

 

カームを1つ大きなサイズに戻します。
 
 

冷たい北風が吹いています。
 

「この風と本流のあのヤバい流れ、
若干アップクロスだな。」

 

カームをアップクロス気味にキャスト。

着水と同時にロッドを煽って
ラインを少しだす。
 

そして、リールのベールを戻して
ルアーが沈んでいくのをロッドで
着いていってボトムまで沈めます。
 

とはいえ、この風と流れのコラボでは
ルアーの着底は分かりにくいので、

「大体こんなもんでしょ?」

くらいの感じで沈めます。
 
 

トムを取ったらルアーを少し
リフトして、本流の流れに
乗せていきます。
 

勢い良く流れたのでロッドで
微調整して狙いたいピンスポットへ
誘導していきます。
 

「あそこでU字ターン。」
 

と思っていた矢先に、
グッ、グッ!!!
 

「なに!」
 

フッキング。
 

一気に浮上してエラ洗い。
 

「デカい!」
 

エラ洗いの鈍さでお手頃なヤツか
ヤバいヤツかが大体分かるんです。
 
 

あっという間に本流に乗られる。

「あ〜、あ〜、あ〜。」
 

ドラグがフル稼働・・・。
 

ほんの少し失速したタイミングで
指でスプールをポンピングしながら
シーバスを止めて一気に反撃開始。
 

ほどほどにロッドを横に倒す向きを
逆にして、出来る限りシーバスの
頭をこっちへ向けるようにして
なんとか本流から引きずり出す。
 

「よしっ!」
 

思ったら、またしても強い
引き込みで本流に乗られる。
 

そして、・・・。
 

「あっ!」
 

ラインブレイク。

どうやら本気を出したようです。
 
 

チェックしてみるとPEラインの
途中で切れていました。
 

私はPRノットでリーダーを
結束するので、リーダーの結束部で
ラインが切れる事はまずありません。
 

これはルアーのアイの部分で
切れるようにして、最悪の場合
シーバスの体に残る物体を
ルアーだけにするためです。
 

ですが、どうやらPEラインのどこかに
がついていたんだと思います。
 

「ごめんよ。。。」
 

シーバスにかわいそうな事を
してしまいました。
 
 
 
 

朝マズメのダウンドリフト

気を取り直して再びPRノットで
リーダーを結束します。
 

ところがここで緊急事態発生。

急いで車に戻り、ウェーダーを
脱いでコンビニへ向かいます。
 

そして、早朝のコンビニの
小さな個室に失礼して、
私の飽くなき過去をひねり出す。(笑)
 

すみません、失礼しました。
 
 

それはさておき、朝マズメが
近かったので急いでフィールドへ
戻ります。
 

車を停めて再びフル装備。

草むらを掻き分けて
ポイントをめざします。
 

着いた時にはわりと明るくなっていました。
 
 

先ほどの少し下流のポイントへ。

ここは少し出っ張った地形に
流れが当たって、いい感じの
ヨレを作り出すポイント。
 

明るいのでリバードのナチュラル
カラーをチョイス。
 

アップクロスに投げるとラインが
流され過ぎるので、ダウンクロスに
キャスト
します。
 

そして、ドリフト。
 

・・・、
 

「ダメだ、流れが強すぎる。」
 

リバードでは上手くボトムまで
ルアーを違和感なく届けられません。
 
 

「普通のミノーを入れても
この流れで喰わせるのは難しいな。」

 

そこで、仕方なく先日作ったばかりの
オリジナルミノー
をチョイス。
 

これは波動が弱めのスーパータイト
ウォブリングアクションの
ちょっと変わったミノーです。

同じようにダウンドリフトで仕掛けます。
 
 

強い流れの向こうにキャスト。

リップの力を使って30センチほど
ルアーを潜行させます。
 

でもこのルアー、わりと潜るので
一度ベールを返してラインを
フリーにしていい位置まで送り込む。
 

ベールを戻してそのまま狙っている
ピンスポットの横までゆっくり
ルアーを潜行させます。
 

・・・、
 

・・・、
 

流れのヨレのボトム付近に入った瞬間、
グッ!、グッ!!!。
 

「うっしぃ!」
 

一瞬だけ流れに乗られそうになったけど
ちょっと強引に引っ張り出して
頭をこちらへ向けます。
 

そしてそのまま運良く
流れるようにランディング。
 

40センチ程のシーバスに出会えました。
ws000545
 

その後すっかり明るくなり
干潮アラームがなって通勤ラッシュが
本格的に始まると反応がなくなったので
ここで終了としました。
 
 
 
 

まとめますと、

やっぱり大きな魚は大きな流れの
いい場所に付いていて、
しっかりとルアーを届けてあげるのが
重要になってくるという事。

 
 

そして、どんな時でもしっかりと
タックルシステムをチェックして
詰めていかないと、大きな魚を
逃す結果になるという事。

 
 

さらに、ドリフトは明暗に
多少適当に流しても釣れますが、
その本質はやっぱりピンスポットを
狙っていく釣りだという事ですね。

 
 
 

さあ、いよいよハイシーズン
真っ只中ですね。
 

フィールドは少し寒めですが、
気合いを入れて今年のハイシーズンを
ガッツリと楽しみましょう。
 
 

そして、

あなたも風邪には気をつけて
くれぐれも体調、安全面において
ムリのない釣行で楽しんで
頂けるといい感じです。
 
 
 
 
 

それでは、グッドラック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

【釣り用語】

ルアーフィッシングに おける、釣り用語の 解説です。
参考にして頂けると うれしいです。


・アップクロス
(水の流れに対して 自分の立ち位置から 上流へキャストする事)

・キャスト
(ロッドを使って ルアーを投げる事)

・ロッド
(竿)

・アフタースポーニング
(魚の産卵後の意味で アフターと略される事も ある)

・アプローチ
(釣りたい魚に対する コンタクト方法の事で 要するに戦術です)

・アミ
(直径3センチくらい までの小さなエビの事)

・アワセ
(魚が餌を食べた時に こちらからフッキング する行為)

・フッキング
(竿を煽って魚の口に 針を貫通させる事)

・アタリ
(バイトの事で、魚が 餌を食べて竿に伝わる 衝撃の事)

・バイト
(アタリの事で魚が ルアーに食いつく 行為の事)

・アクション
(竿やリールの操作で ルアーを動かした時の ルアーの動きの種類の事)

・レンジ
(そのルアーが泳ぐ 水深の幅の事)

・ウエイト
(ルアーの重量)

・ベイト
(ターゲットが捕食して いる対象生物の事)

・アングラー
(釣り人の事で、特に 疑似餌を使って釣りを する人の事)

・まづめ
(朝晩の暗い時から 明るくなる、または その逆の中途半端な 明るさの時間帯の事)

・ラインスラック
(ルアーを操作する 際に出る糸のたるみ の事)

・ウォブリング
(ルアーの重心あたりを 軸にしてブルブルと震える 振動の大きい動きの事)

・馬ノ背
(水中のたんこぶ地形の事)

・バチ
(イソメやゴカイなどの 釣り餌に使われる多毛類の 総称です)

・バチ抜け
(バチが産卵のために 大潮の満潮前後に 一斉に水面付近まで 浮上する事)

・ハク
(ボラの稚魚)

・イナッコ
(ボラの幼魚)

・マイクロベイト
(シーバスタックルで キャストするルアーサイズ では表現しにくい小さな ベイトの事)

・ウエーダー
(漁師さんが履く丈が 腰くらいまである長靴の 事)

・ウエーディング
(ウエーダーを着用して 川、湖、海岸などで水中に 入り、釣りをする事)

・Mリグ
(シンキングミノーの腹側の フックをはずし、ガン玉を 付けてさらに沈ませる松尾 道洋氏の考案したチューニング)

・松尾道洋
(シーバス、ランカー クラブの副部長)

・カーブフォール
(ラインの出を抑制したり 止めたりして常にライン テンションがかかった状態で ルアーを沈めていく技術で ”テンションフォール”とも 言われる)

・かけ上がり
(水深が浅くなるときに 見た目にもまる分かりな 斜面になってる地形変化の事)

・大野ゆうき
(年間シーバスキャッチ量 1トンを超える、スーパー アングラー)

・汽水域
(淡水と海水がまじり合った 河口付近のエリアの事)

・ゴロタ場
(人がやっと持てるくらいで まず流されないだろう程度の 石が敷き詰められたように なっている水中地形の事)

・サミング
(リールを使ってキャストする 時に手を使ってラインの放出を 抑制する事。本来はベイト リールで行うときにサミングと 呼ばれ、スピニングリールの 場合はフェザーリングと 呼ばれるが、どちらでも サミングで通じる)

・サスペンド
(水中で沈んだ状態で止まり そこから浮きも沈みもしない 状態でルアーのタイプを 表すときに良く使われる)

・サンドバー
(流れ込みで砂が体積して 細長い沖に伸びている岬の ような帯状の水中地形の事)

・時合い
(潮回りや天候など様々な 条件が重なって魚の食いが 活発になる時間帯の事)

・シェード
(水中に出来る影の エリアの事)

・シャロー
(水深が2メートルくらい までの浅いエリアの事)

・潮目
(水中の流速変化によって 起こる、水面の目に見える 境界線みたいな変化の事)

・ショートバイト
(喰いが浅く、アタリは あるが魚がフッキング しない状態の事で魚の 警戒心が高い時や、元気が ないときに起こる)

・シンキング
(水中で沈んでいく状態の 事でルアーのタイプを表す 時によく使われる)

・ストップ&ゴー
(リールを巻いては止め、 巻いては止めるという ルアーフィッシングの 技術の事)

・ボトム、ズル引き (バイブレーションなどを ボトムに着底させて底を 引きずりながら引いてくる 技術の事)

・ストラクチャー
(水中の魚が身を隠したり するのに使う障害物の事)

・スレる
(魚が何かに警戒して 餌を食べなくなる状態で 釣り場で騒いだり、ルアーを キャストしまくったりする ことで起こる)

・スレ
(正確には”スレ掛かり”の ことで魚の口の外からや体に 針がフッキングした状態の 事で上記の”スレる”と かぶり、ややこしい。文脈から 察するしかない)

・スナップ
(ルアーとラインを簡単に 接続するための金具の事)

・スロープ
(船やボートを水面に 出し入れする為に港などに 作られた滑り台みたいな かけ上がり地形の事)

・瀬
(浅くて水の流れが速く なっている場所でさざなみが 立っているようなフィールド の事)

・遡上
(魚が季節により海や湖から 川を遡る事)

・ダート
(ジャークによってバランスを 崩したルアーが左右に蛇行する アクションの事)

・ジャーク
(やや大きく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚を寄せるとかリアクションで 喰わせるという攻撃的な意思を 持ったアクションの事)

・トゥイッチ
(小さく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚にルアーの存在を気づかせる とか、ルアーのバランスを 崩して魚に攻撃するスキを 与えるという受け身的な意思を 持ったアクションの事)

・ターンオーバー
(気温低下や風などに よって表層の水温が急激に 下がり、水中で上層の水と 下層の水が入れ替わる事で 魚に致命的なダメージを 与えることがある)

・チェイス
(魚がルアーを追尾して くる事)

・チャンネル
(流芯の地形のことで 他のエリアよりも流れが 強く、底が深くなって いて水が干上がると確認 できる水の通り道です)

・テクトロ
(岸壁際を歩きながら ルアーを泳がせるという お手軽釣法の事)

・手返し
(投げる、釣る、魚を 針から外す、そしてまた 投げるまでのサイクルの 事で手返しが良いとか 手返しが早いとか言われる)

・ドッグウォーク
(トップウォーター ペンシルの水面で頭を 左右に振りながらゆっくり 進むアクションの事で 酸欠状態の魚や下から 追われて逃げ場を失った 魚を表現した技術です)

・ナブラ
(大量のベイトが下から 追われて界面にさざなみを 立てる現象で小魚たちが 群れで移動するために 起こる、目に見える 捕食行動です)

・二枚潮
(海中の層によって 潮の流れる向きが違う 現象の事で上は右に 流れているけど、底の 方は左に流れているという 川で起こる反転流が 縦に起きてる状態です)

・リアクションバイト
(魚に見切られにくい 素早い動きで反射的に バイトしてしまう事で れっきとした釣技として 確率されている)

・リーダー
(シーバスフィッシングに おいてルアーからメイン ラインまでをつなぐ糸の 事でPEラインだけでは 補いきれない性能を ラインシステムに加える ために付ける)

・ラインシステム
(ルアーからリールまでを つなぐのに使われる、魚や そのときの状況に合わせた 性能を持たせる糸の 組み合わせの事)

・リップ
(ルアーの先に付いた 透明なくちばしみたいな ヤツの事)

・ボイル
(沸騰するなどの意味を 持ち、シーバスなどにベイトが 追われて逃げ場を失い、 水面で大量に浮いている 状態。)

・ライズ
(立ち上がる、飛び上がる などの意味を持ち、 シーバスがベイトを捕食 するために水面に飛び出す ときの様子を表す。)

このページの先頭へ