シーバス 広大なオープンエリアに合わせてタックルを新調したい 冬の河川の釣り方、漁港の釣り方も知りたい 【Q&A】

WS000303


こんにちは、お久しぶりです。

いつも閲覧して参考にしています。

また疑問が出てきたので
質問させていただきます。
 

ロッドとリールを新調しようかと
思っています。

ロッドはダイワ ラテオ
リールはシマノ ナスキー16
を考えています。

私のホーム河川は大河川、河口も
オープンエリアになっています。

このことから、ロッドも長めのほうが
いいのかと思い、今のところは
96MLを考えています。

また、リールはシマノなら3000番と
聞いているのでそうしようかと
思いますが、同じ3000番でも何種類か
あるので、違いがわかりません。

ロッドやリールについて何か
アドバイスがあればお願いしたいです。

リールはもともとナスキーに
変えようと考えていたので、
それにぴったりのロッドがいいと
考えています。

予算は15000から25000円を
予定しています。
 

また、晩秋から冬のシーバス
フィッシングははじめてになります。

河川で釣るには水温が低すぎて
シーバスが海に下ると聞き、
危機感を感じています。

冬でも河川でシーバスを釣るには
やはりシンペンメインに
なるのでしょうか?
 

また、漁港などにホームを広げる場合、
ポイントや攻め方、オススメの
ルアーはどんなものでしょうか?

漁港でまだやったことがないので、
攻め方がピンとこないです。

アドバイスがあればお願いしたいです。
 

長い質問になってしまいましたが、
寒い中でもシーバスを釣りたくて
質問させて頂きました。

よろしくお願いします。
 
 
 

と、言うのが今回の【Q&A】
 
 
 

私はよく、いろんなところから
いろんな相談や質問を頂きます。
 

よくある質問や
緊急性の高い質問など
当ブログの記事で
お答えしていきます。

 
 

あなたもお気軽に問い合わせて
頂けるとうれしいです。
 
 
 

よろしくお願いします。
 
 
 
 

タックルの候補

こんにちは、しんです。
 

おや、ご無沙汰です。

再びのお問い合わせ、
ありがとうございます。

私のブログを参考にして頂き
嬉しく思います。

ゆったりと楽しんでいってくださいね。
 
 

さて、タックルを新調したいという
事ですが結論から言うと、あなたが
選ばれたラテオ96ML・Qが
最もオススメのチョイス
になります。

でも、今回は広大なフィールドという
事なので、少し長めのロッドも
視野に入れたらどうなるのか?
という事も考えてみました。

3パターンほどあるので
解説させてください。
 
 

じゃ、さっそく。
 

まず、シマノ 16ナスキーの
種類についてですが、各品名表記の
意味は下記のようになっています。

HG=ハイギア仕様
XG=エキストラハイギア仕様
C=コンパクトボディ
S=シャロースプール仕様
DH=ダブルハンドル

 
 

イギヤとは、ノーマルのリールよりも
ハンドル1回転あたりの糸巻き量が
大体ですが20センチほど長い仕様。

キストラハイギアとは、ハイギヤより
少しだけハンドル1回転あたりの
糸巻き量が長い仕様です。

ンパクトボディとは、他のモデルに
比べて若干コンパクトになっている事。

ャロースプール仕様とは、

リールのスプールにはラインを
巻き取っておくための溝が
付いていますよね?

このスプールの溝が通常のリールよりも
かなり浅く作られている仕様の事。

これにより、細く強いPEラインが
ちょうどいいくらいの長さで
巻けるようになっている、言わば
PEラインを巻くための仕様です。

ブルハンドルとは、通常のリールの
ハンドルとは違ってハンドルが二股に
別れていてハンドルノブが
2つ付いている仕様の事です。

これによってハンドルの重心を
回転軸の中心にもってきて、ハンドルの
巻き取り時のムラや、ハンドルが
勝手に回ってしまうのを防ぐ仕様。

軽いルアーを使う時や繊細な操作を
要求される釣りに使われています。

ですが、リールが重くなるし
ハンドルを回す時に邪魔くさいという
理由でシーバスアングラーからは
案外嫌われています。

もちろん、その利点を重要視して
ダブルハンドルを使っている
方も見えますけどね。
 
 

これらを踏まえた上で、タックルの
候補を見ていきましょう。

初めにラテオ96ML・Qです。

これがいちばんオススメですね。

タックルバランス的には、
シンペンを多様する、又は今まで
ノーマルギヤを使ってきたというなら
16ナスキーC3000がいいでしょう。

これはノーマルからハイギヤにすると
ラインの巻き取り量が違うため、
今までのリトリーブスピードでは
釣れなくなってしまうから。

ただ、リールのスプールに下巻きが
必要になるので、店頭でご購入
されるのならシーバスに詳しい
店員さんに相談してみてください。
 

そして、バイブレーションを多様したり
デイゲーム主体でミノーを多様する
場合は16ナスキーC3000HGを。

ルアーの飛距離重視でピンスポットを
狙ってシーバスを釣るという場合は
たとえシンペン主体でも
こちらのハイギヤがオススメです。
 
 

次はさらに飛距離を重視して
ラテオ100ML・Qです。

これはもう飛距離のみを追及している
感じなので、16ナスキーC3000HG。

ただ、タックルバランス的にみると
少しリールが軽いように思えるので
使ってみて必要ならリールの
バランサーの使用をオススメします。

又は別でダブルハンドルを注文して
ダブルハンドルハイギヤ使用にすると
タックルバランスが整います。
 
 

次は飛距離に特化して、なおかつ
16ナスキーのポテンシャルを
最大限に発揮しようとした場合で、
シマノ ディアルーナXR S906M。

と、16ナスキー4000XGの組み合わせ。

16ナスキーは上位機種の性能に
迫る勢いで、ハガネギヤを搭載して
ギヤの強度も高くなっています。

ですから、このリールはメタルジグを
扱うショアライトジギングにも
十分に使える上に、この価格でそれに
向いているのはこの16ナスキーだけ。

そんなわけで、あなたのフィールドで
ヒラメや青物が釣れるとか、誰よりも
遠くのピンスポットを狙いたいという
場合はこの組み合わせもいいですね。

ただ、今回のあなたのロッドの
予算からは、外れてしまうと
思います。

それにタックルバランスは良くても
ヘビーになり、リールの巻き取りも
滑らかですが重くなります。

さらに言うと、4000番はシーバス
フィッシングには大きすぎる。

そのため、この組み合わせを
選ばれるなら少し覚悟が必要ですね。
 
 

3パターンほど挙げさせて頂きましたが
いちばんのオススメはラテオ96ML・Qと
16ナスキーC3000HGの組み合わせ。

なぜなら、96で飛距離を重視して
ルアーをキャストした場合、当然
遠くのポイントを狙う機会が増えるから。

そのため、ノーマルギヤでは巻き取りに
時間が掛かって、その日のキャスト数が
減ってしまう上に、ルアーの回収に
時間が掛かって疲れも増します。

バイブレーションなんかを投げて
扇状に広範囲に探った時にノーマル
ギヤだったら、たまったもんじゃない。(笑)

そして、ラテオ96ML・Qは
わりと軽くて実はラテオ90ML・Qと
同じ重量だったような気がします。

そのおかげでキャストも使用感も
快適だからというのが理由です。
 
 
 
 

冬の釣り方

冬の大河川の釣り方ですが、
基本的にはシンペンが主体になります。

ミノーではデイゲームの
ストラクチャー打ちくらいでしか
喰わせる事は出来ないでしょう。

ですが、シンペン以外にも
有効なルアーはあります。
 
 

ここで寒い時期の大きな特徴を
2つ覚えておいてください。

1つ目はシンキングペンシルが
主戦力になるという事。

2つ目はシーバスがボトムに
付くという事です。

これらが冬にシーバスを釣るための
重要なヒントになります。
 
 

では、大河川の釣り方
見ていきましょう。

まずはヒイラギパターン。

12月になると各地で河川の
ヒイラギパターンが始まります。

これは河口付近のカケアガリに
ヒイラギという体高のある平ぺったい
ベイトが付いて、これをシーバスが
補食します。

大河川の河口の河川側で
砂地のカケアガリがあるところを
バイブレーションを使って
探っていきます。

シリテンバイブなんかいいですね。

コツは、

・ボトムスレスレを引く
・出来るだけボトムノックさせない
・波動が弱めのバイブを使う

という事ですね。

気が付いたと思いますが・・・、
 

・・・、
 

そうです、かなり難易度が高いです。

ですが、かなり強力なパターンなので
練習して頂けるといい感じです。
 
 

そして大河川に限り、よほど寒い
地域でなければシーバスは
冬でも残っています。

どこに居るかというと、
海からいちばん近い橋の
橋脚に付いています。

ですが流れが強い橋脚に付くので
相当な飛距離が必要になります。

さらに流れが強くボトムに付くので
ヘビーシンペン、バイブレーション
などのルアーが必要です。

そのうえ、橋脚ギリギリを通さないと
バイトしてこない事が多く、
こちらの方が難易度が高いです。
 
 

ヒイラギの他にも冬には河口付近に
コノシロが入る事があるので、
バイブレーションや大きなルアーも
あるといいですね。
 
 
 

では、次は港湾と漁港を
見ていきましょう。

港湾部ではコノシロ、イワシ、
エビ、カニ、場所によっては
ヒイカがベイトになります。

率が高いのはコノシロとイワシ。
 

ベイトがコノシロであった場合は
バイブレーションや大きなルアーで
狙います。

イワシであった場合はタイトロール
アクションのルアーを選びます。

マリアのスカッシュや邪道の
ヤル気スティックなどが
このタイトロールに当たります。

もし迷った場合はとりあえず、
大きなルアーを投げておきましょう。
 
 

次は漁港。

漁港では、
ほぼイワシパターンになります。

小さなイワシが湧いている
漁港を探してみてください。

こちらはシンペンですね。

10センチ程度のものがいいですね。
 
 

以上、これらの情報を元に
試行錯誤してシーバスフィッシングを
楽しんでみてください。

なお港湾、漁港、は
ベイトを叩く釣りになります。

まずはベイトを探しましょう。
 
 
 
 
 

まとめますと、

あなたが新調するタックルに
いちばんオススメなのは
ラテオ96ML・Qと16ナスキーC3000HGの
組み合わせだという事。

 
 

そして、冬の釣り方ではシンキング
ペンシルが主体になり、ボトムに
付いてるシーバスを誘い出す
釣りになるという事。

 
 

さらに、寒い地域でなければ
シーバスフィッシングは年中
楽しめるので、いろんな可能性を
考えながら挑戦してほしいという事ですね。

 
 
 

さて、いかがだったでしょうか?
 

あなたが現在使っているタックルにも
よりますが、これらの情報を元に
じっくりと新調するタックルを
考えて頂けるといい感じです。
 

そして、冬はテトラ際をタイトに
探ってリアクションでシーバスに
口を使わせるという釣りもあります。

いろんな可能性があるので、
あまりこれらの釣りに固執せず
試行錯誤して楽しんでください。
 
 

以上、良かったら
参考にして頂けると嬉しいです。
 
 
 
 
 

それでは、グッドラック!
 
 
 
 



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

【釣り用語】

ルアーフィッシングに おける、釣り用語の 解説です。
参考にして頂けると うれしいです。


・アップクロス
(水の流れに対して 自分の立ち位置から 上流へキャストする事)

・キャスト
(ロッドを使って ルアーを投げる事)

・ロッド
(竿)

・アフタースポーニング
(魚の産卵後の意味で アフターと略される事も ある)

・アプローチ
(釣りたい魚に対する コンタクト方法の事で 要するに戦術です)

・アミ
(直径3センチくらい までの小さなエビの事)

・アワセ
(魚が餌を食べた時に こちらからフッキング する行為)

・フッキング
(竿を煽って魚の口に 針を貫通させる事)

・アタリ
(バイトの事で、魚が 餌を食べて竿に伝わる 衝撃の事)

・バイト
(アタリの事で魚が ルアーに食いつく 行為の事)

・アクション
(竿やリールの操作で ルアーを動かした時の ルアーの動きの種類の事)

・レンジ
(そのルアーが泳ぐ 水深の幅の事)

・ウエイト
(ルアーの重量)

・ベイト
(ターゲットが捕食して いる対象生物の事)

・アングラー
(釣り人の事で、特に 疑似餌を使って釣りを する人の事)

・まづめ
(朝晩の暗い時から 明るくなる、または その逆の中途半端な 明るさの時間帯の事)

・ラインスラック
(ルアーを操作する 際に出る糸のたるみ の事)

・ウォブリング
(ルアーの重心あたりを 軸にしてブルブルと震える 振動の大きい動きの事)

・馬ノ背
(水中のたんこぶ地形の事)

・バチ
(イソメやゴカイなどの 釣り餌に使われる多毛類の 総称です)

・バチ抜け
(バチが産卵のために 大潮の満潮前後に 一斉に水面付近まで 浮上する事)

・ハク
(ボラの稚魚)

・イナッコ
(ボラの幼魚)

・マイクロベイト
(シーバスタックルで キャストするルアーサイズ では表現しにくい小さな ベイトの事)

・ウエーダー
(漁師さんが履く丈が 腰くらいまである長靴の 事)

・ウエーディング
(ウエーダーを着用して 川、湖、海岸などで水中に 入り、釣りをする事)

・Mリグ
(シンキングミノーの腹側の フックをはずし、ガン玉を 付けてさらに沈ませる松尾 道洋氏の考案したチューニング)

・松尾道洋
(シーバス、ランカー クラブの副部長)

・カーブフォール
(ラインの出を抑制したり 止めたりして常にライン テンションがかかった状態で ルアーを沈めていく技術で ”テンションフォール”とも 言われる)

・かけ上がり
(水深が浅くなるときに 見た目にもまる分かりな 斜面になってる地形変化の事)

・大野ゆうき
(年間シーバスキャッチ量 1トンを超える、スーパー アングラー)

・汽水域
(淡水と海水がまじり合った 河口付近のエリアの事)

・ゴロタ場
(人がやっと持てるくらいで まず流されないだろう程度の 石が敷き詰められたように なっている水中地形の事)

・サミング
(リールを使ってキャストする 時に手を使ってラインの放出を 抑制する事。本来はベイト リールで行うときにサミングと 呼ばれ、スピニングリールの 場合はフェザーリングと 呼ばれるが、どちらでも サミングで通じる)

・サスペンド
(水中で沈んだ状態で止まり そこから浮きも沈みもしない 状態でルアーのタイプを 表すときに良く使われる)

・サンドバー
(流れ込みで砂が体積して 細長い沖に伸びている岬の ような帯状の水中地形の事)

・時合い
(潮回りや天候など様々な 条件が重なって魚の食いが 活発になる時間帯の事)

・シェード
(水中に出来る影の エリアの事)

・シャロー
(水深が2メートルくらい までの浅いエリアの事)

・潮目
(水中の流速変化によって 起こる、水面の目に見える 境界線みたいな変化の事)

・ショートバイト
(喰いが浅く、アタリは あるが魚がフッキング しない状態の事で魚の 警戒心が高い時や、元気が ないときに起こる)

・シンキング
(水中で沈んでいく状態の 事でルアーのタイプを表す 時によく使われる)

・ストップ&ゴー
(リールを巻いては止め、 巻いては止めるという ルアーフィッシングの 技術の事)

・ボトム、ズル引き (バイブレーションなどを ボトムに着底させて底を 引きずりながら引いてくる 技術の事)

・ストラクチャー
(水中の魚が身を隠したり するのに使う障害物の事)

・スレる
(魚が何かに警戒して 餌を食べなくなる状態で 釣り場で騒いだり、ルアーを キャストしまくったりする ことで起こる)

・スレ
(正確には”スレ掛かり”の ことで魚の口の外からや体に 針がフッキングした状態の 事で上記の”スレる”と かぶり、ややこしい。文脈から 察するしかない)

・スナップ
(ルアーとラインを簡単に 接続するための金具の事)

・スロープ
(船やボートを水面に 出し入れする為に港などに 作られた滑り台みたいな かけ上がり地形の事)

・瀬
(浅くて水の流れが速く なっている場所でさざなみが 立っているようなフィールド の事)

・遡上
(魚が季節により海や湖から 川を遡る事)

・ダート
(ジャークによってバランスを 崩したルアーが左右に蛇行する アクションの事)

・ジャーク
(やや大きく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚を寄せるとかリアクションで 喰わせるという攻撃的な意思を 持ったアクションの事)

・トゥイッチ
(小さく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚にルアーの存在を気づかせる とか、ルアーのバランスを 崩して魚に攻撃するスキを 与えるという受け身的な意思を 持ったアクションの事)

・ターンオーバー
(気温低下や風などに よって表層の水温が急激に 下がり、水中で上層の水と 下層の水が入れ替わる事で 魚に致命的なダメージを 与えることがある)

・チェイス
(魚がルアーを追尾して くる事)

・チャンネル
(流芯の地形のことで 他のエリアよりも流れが 強く、底が深くなって いて水が干上がると確認 できる水の通り道です)

・テクトロ
(岸壁際を歩きながら ルアーを泳がせるという お手軽釣法の事)

・手返し
(投げる、釣る、魚を 針から外す、そしてまた 投げるまでのサイクルの 事で手返しが良いとか 手返しが早いとか言われる)

・ドッグウォーク
(トップウォーター ペンシルの水面で頭を 左右に振りながらゆっくり 進むアクションの事で 酸欠状態の魚や下から 追われて逃げ場を失った 魚を表現した技術です)

・ナブラ
(大量のベイトが下から 追われて界面にさざなみを 立てる現象で小魚たちが 群れで移動するために 起こる、目に見える 捕食行動です)

・二枚潮
(海中の層によって 潮の流れる向きが違う 現象の事で上は右に 流れているけど、底の 方は左に流れているという 川で起こる反転流が 縦に起きてる状態です)

・リアクションバイト
(魚に見切られにくい 素早い動きで反射的に バイトしてしまう事で れっきとした釣技として 確率されている)

・リーダー
(シーバスフィッシングに おいてルアーからメイン ラインまでをつなぐ糸の 事でPEラインだけでは 補いきれない性能を ラインシステムに加える ために付ける)

・ラインシステム
(ルアーからリールまでを つなぐのに使われる、魚や そのときの状況に合わせた 性能を持たせる糸の 組み合わせの事)

・リップ
(ルアーの先に付いた 透明なくちばしみたいな ヤツの事)

・ボイル
(沸騰するなどの意味を 持ち、シーバスなどにベイトが 追われて逃げ場を失い、 水面で大量に浮いている 状態。)

・ライズ
(立ち上がる、飛び上がる などの意味を持ち、 シーバスがベイトを捕食 するために水面に飛び出す ときの様子を表す。)

このページの先頭へ