シーバス ボイルやベイトを叩いている バイトやチェイスはあるけど乗らないのは何故? 秋の釣り方も教えてください 【Q&A】

WS000303


しんさん、こんにちは!

夏頃に質問させて頂いた者です。
 

先日、とある港湾部の石炭埠頭にて
やっとシーバスと呼べるサイズのものを
釣り上げることが出来ました。

しかし、それからボイルやベイトを
追い掛けて釣りをしているのですが、
活性がどう考えても高い状態で、
バイトもリアクションもあるにも
関わらずフッキングしても全く乗らず、
なかなか釣り上げることが出来ません。

どのような事が原因なのでしょうか?
 

また、この季節の釣り方の方も
ご教示下さい。

 

よろしくお願いします。
 
 
 

と、言うのが今回の【Q&A】
 
 
 

私はよく、いろんなところから
いろんな相談や質問を頂きます。
 

よくある質問や
緊急性の高い質問など
当ブログの記事で
お答えしていきます。

 
 

あなたもお気軽に問い合わせて
頂けるとうれしいです。
 
 
 

よろしくお願いします。
 
 
 
 

考えられる可能性は2つ

こんにちは、しんです。
 

おや、あなたは。

お久しぶりです。
 

再びのお問い合わせ、
ありがとうございます。
 
 

さて、
すっかり秋ですね。
 

いろんな魚達が活気づく
ハイシーズンです。
 

シーバスにとっても
いろんなベイトが豊富に居る
よりどりみどりなおいしい時期。
 

ですが、そのおいしい状況が
シーバスフィッシングを面白く、
また難しくもします。

 

何故ならシーバスという魚は
ベイトを偏食するから。
 
 

秋という季節を釣りきるには
始めたばかりの状況とは違って
さらに高いレベルで釣りを
組み立てていく必要があります。
 

今回はその次のステージへと
進む時のヒントとなるものを
いくつか解説させてください。
 
 

じゃ、さっそく。
 
 

まず、バイトがあった時に確認して
頂きたいのが、その手応えの正体が
確実にシーバスのものであるかどうか?

 

この時期にありがちなのが、
けっこう強い手応えが出ているにも
関わらず、どんなに合わせても
乗らないというパターンです。
 

今の時期の港湾部には様々なベイトが
混在していて、中でも厄介なのが
ボラとコノシロという
サイズの大きなベイトたちです。
 

これらのベイトはルアーがベイトに
当たっただけでも結構な手応えが
あなたの手元に伝わってきます。
 

そう、
まるでシーバスのアタリのような。
 
 

さらに厄介な事に、このボラと
コノシロというベイトはその時の
状況やルアーにもよりますが、実は
ルアーにバイトしてくる事があります。

 

ですからシーバスの姿が目視で
確認できていないと、そのバイトが
シーバスのものだと思い込んで
ルアーを投げ続けるという事に。
 

こんな恐ろしいことが色んな
地域で起こっていたりします。
 
 

今回の場合は、

“シーバスのバイトもリアクションも”

とお問い合わせ文に書かれていた為に
リアクション、つまりシーバスの
チェイスを見たと解釈出来るので
大丈夫だとは思います。
 

ただシーバスは居ても、シーバスに
ルアーを見切られていてバイトして
来ないけどボラはアタるという
一番厄介なパターンも考えられます。
 

ですから、そのバイトが本当に
シーバスからのものなのかという
考え方を常に頭に置いておいて
頂けると惑わされにくくなります。
 

さらに、

ルアーフィッシングの基本である
“魚の居るところにルアーを通す”
という事を第一に考えるのが
いい感じですね。
 

これらの根本的なところがしっかりと
クリア出来ているという前提で、
考えられる2つの可能性
見ていきましょう。
 
 
 

ひとつ目の可能性はルアーの
レンジが合っていないという事です。

 

あなたのおっしゃるように
間違いなく活性は高いんですが、
ベイトに逃げられても他にいくらでも
エサは居るのでシーバスは案外冷静。
 

このようにベイトだらけな状況下では
シーバスは単純に目立つベイト、
又は補食しやすいベイトから
先に狙って食べていきます。
 

そのため、例えば補食しやすい
レンジを泳いでいるベイトが居た場合
すぐ近くをルアーが泳いでいても
無視されます。
 

そして、ルアーのレンジが
このシーバスの補食レンジに合って
いないと多くの場合はショートバイト、

つまり、アタッても乗らない
バイトになってしまいます。
 
 

ですから、ルアーのレンジをしっかりと
シーバスの補食レンジに合わせて
あげる必要が出て来ます。
 

これは、1メートル下とかいう
アバウトなものではなく、数センチ
単位
で合わせていかなければならない
事もあるほど繊細なものです。
 

やり方としては、表層から少しずつ
数センチ刻みでレンジを下げていく
方法がやりやすいです。
 

ンジを考えたルアーローテーション、
そして数センチ下のレンジを
通しているというイメージをもって
リトリーブする事が重要ですね。
 
 
 

もうひとつの可能性は
ルアーが合っていないという事。

 

このルアーが合っていないというのは
レンジ以外のすべての要素の事です。
 

波動の強弱、
ルアーのアクションタイプ、
ルアーの大きさ、
ルアーのカラー、

の事ですね。
 
 

その時シーバスが補食している
ベイトの出す波動が大きいか小さいか
 

これを考えてそれに近い強さの
波動を持つルアーをチョイスしていく
必要があります。
 
 

ルアーのアクションによって
水の中で出る波動の質が変わります。
 

シーバスはこの違いも感覚で
読み取る事ができます。
 

アクションとは、ウォブリングとか
ローリングとかヤル気スパークリング
とかの事です。(笑)
 

の波動の質がその時シーバスが
偏食しているベイトの出す波動と
大きく違うとショートバイトに
なったり見切られたりします。
 

偏食とは、例えばイナッコとサッパと
イワシとサヨリが居る中で、シーバスが
イワシだけを偏って食べる事です。
 

この波動の質も考えてルアーを
チョイスする必要があります。
 
 

ルアーの大きさですが、これは
ベイトサイズに合わせるのがいいです。
 

手順としては、まずシーバスが
偏食しているベイトを予想します。
 

そして、そのベイトのサイズに
ルアーの大きさを合わせます。
 

さらにそこから、少しだけサイズを
大きくするのも有効な手段です。
 

何故なら、少し目立つからですね。
 
 

次はルアーのカラー。

これはこれらの中では最も
気にしなくていい要素です。
 

そして、最も難しい要素でもあります。
 

水の透明度、ルアーのレンジ、
シーバスのレンジ、フィールドの状況、
天候、潮まわりなどに左右されます。
 

カラーをしっかりと合わせられれば
爆釣出来る可能性は上がりますが、
ここは物凄く難しいところで
しかも少々ズレていても釣れます。
 

まともに解説していたら本が一冊
出来上がりそうなほどのデータ量に
なってしまうので細かい解説は
割愛させて頂きます。
 

ですが1つ大事なことをあげるとすれば
シーバスが水中から見た時に
そのルアーがどう見えるのか

これを考える事が重要になります。
 
 
 

つまり、シーバスが乗らない。

そしてショートバイトになる原因は

ルアーのレンジが合っていない
ルアーが合っていない

という、この2つの可能性が
大きく関わっていると考えられます。
 
 
 
 

夜を中心に攻める

それでは、秋の釣り方の重要な
ところに入っていきましょう。
 

前回、回答させて頂いた時に
明るい時間帯のデイシーバスが
オススメだとお話させて頂きました。
 

ですが、今まさにタイドリバースの
真っ最中で夏の潮が冬の潮に変わる
時期の終盤になります。

 

もうすでにそうですが、もうじき
昼よりも夜の方が大きく潮位が
下がるようになります。
 

夏場とは反対に夜の方がシーバスの
活性が上がって、そこに夜という
シーバスを釣るのにかなり大きな
複合要素が加わります。

 

ですから、これからは夜の釣行を
軸に楽しんで頂くとシーバスに
出会える確率が大幅にアップします。
 
 
 

そして、秋という季節ですが
年間を通してシーバスの補食ベイトの
種類が最も多い時期
でもあります。
 

今、思い付くだけでも

サッパ
サヨリ
イナッコ
ボラ
イワシ
コノシロ
ハゼ
マイクロベイト
ヒイラギ
ヒイカ

これだけの種類のベイトが混在して
その上どれかのベイトをシーバスが
偏食します。
 

そう、まさに日替わり定食のように。(笑)
 
 

ですから、秋の釣り方のキモになるのは
“その時シーバスが偏食している
ベイトの種類を特定する事”です。

 

まずは補食ベイトを予想する
事から始まります。
 

そして、それが予想出来たら
それに対応したルアーをキャストして
答え合わせをしていきます。
 

こうやってシーバスの補食ベイトを
特定していきます。
 
 

参考までにどんなルアーが
どのベイトに対応出来るかというと、

コノシロならバタバタ泳ぐルアー。
ウォブリング系の大きなルアーで
バイブレーションの強波動でも
代用できます。

ボラならローリング主体の大きいヤツ。

イナッコならサイズに合わせた
ローリング系のルアー。

サヨリなら細長いアクションも
波動も弱いルアー。

サッパならウォブリング系の
フラッシングが強烈なヤツ。
小型の鉄板バイブでも代用できます。

イワシならタイトロールアクション。
ボイル時は小型のバイブのリフト&
フォールでも代用できます。

マイクロベイトは小さなルアー。
ブレード系のルアー。
小さなシンペンの連続トゥイッチ
でも代用できます。

ハゼはローリングベイトと
バイブレーション。

ヒイラギはバイブレーションと
鉄板系バイブレーション。

ヒイカは動きの鈍いミノーや
シンペンでスローシンキングか
サスペンドタイプ。
 

簡単にザックリと言うと
こんな感じです。
 
 

つまり、補食ベイトを特定するのが
最も重要になるというのが
秋の釣り方の特徴ですね。
 
 
 
 

まとめますと、

シーバスが乗らないのはルアーの
レンジ、又はルアー自体がその時の
状況に合っていないためにショート
バイトが起こっているという事。

 
 

そして、秋のシーバスフィッシングは
シーバスの居場所を特定する事と
補食ベイトを特定する事が最も重要な
要素になってくるという事。

 
 

さらに、ルアーたちの個性についても
よく知って頂いて、夜の釣行を主体に
攻めていって頂けると
いい感じだという事ですね。

 
 
 

さて、いかがだったでしょうか?
 

今回もまた、
なかなかの長文ですみません。
 

良かったら参考にしてみてくださいね。
 
 

いい機会ですので、ベイトたちの
個性特徴やルアーたちの個性特徴

ついて勉強してみてくださいね。
 

そうすれば、より一層シーバス
フィッシングを楽しめると思います。
 
 
 
 
 

それでは、グッドラック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

【釣り用語】

ルアーフィッシングに おける、釣り用語の 解説です。
参考にして頂けると うれしいです。


・アップクロス
(水の流れに対して 自分の立ち位置から 上流へキャストする事)

・キャスト
(ロッドを使って ルアーを投げる事)

・ロッド
(竿)

・アフタースポーニング
(魚の産卵後の意味で アフターと略される事も ある)

・アプローチ
(釣りたい魚に対する コンタクト方法の事で 要するに戦術です)

・アミ
(直径3センチくらい までの小さなエビの事)

・アワセ
(魚が餌を食べた時に こちらからフッキング する行為)

・フッキング
(竿を煽って魚の口に 針を貫通させる事)

・アタリ
(バイトの事で、魚が 餌を食べて竿に伝わる 衝撃の事)

・バイト
(アタリの事で魚が ルアーに食いつく 行為の事)

・アクション
(竿やリールの操作で ルアーを動かした時の ルアーの動きの種類の事)

・レンジ
(そのルアーが泳ぐ 水深の幅の事)

・ウエイト
(ルアーの重量)

・ベイト
(ターゲットが捕食して いる対象生物の事)

・アングラー
(釣り人の事で、特に 疑似餌を使って釣りを する人の事)

・まづめ
(朝晩の暗い時から 明るくなる、または その逆の中途半端な 明るさの時間帯の事)

・ラインスラック
(ルアーを操作する 際に出る糸のたるみ の事)

・ウォブリング
(ルアーの重心あたりを 軸にしてブルブルと震える 振動の大きい動きの事)

・馬ノ背
(水中のたんこぶ地形の事)

・バチ
(イソメやゴカイなどの 釣り餌に使われる多毛類の 総称です)

・バチ抜け
(バチが産卵のために 大潮の満潮前後に 一斉に水面付近まで 浮上する事)

・ハク
(ボラの稚魚)

・イナッコ
(ボラの幼魚)

・マイクロベイト
(シーバスタックルで キャストするルアーサイズ では表現しにくい小さな ベイトの事)

・ウエーダー
(漁師さんが履く丈が 腰くらいまである長靴の 事)

・ウエーディング
(ウエーダーを着用して 川、湖、海岸などで水中に 入り、釣りをする事)

・Mリグ
(シンキングミノーの腹側の フックをはずし、ガン玉を 付けてさらに沈ませる松尾 道洋氏の考案したチューニング)

・松尾道洋
(シーバス、ランカー クラブの副部長)

・カーブフォール
(ラインの出を抑制したり 止めたりして常にライン テンションがかかった状態で ルアーを沈めていく技術で ”テンションフォール”とも 言われる)

・かけ上がり
(水深が浅くなるときに 見た目にもまる分かりな 斜面になってる地形変化の事)

・大野ゆうき
(年間シーバスキャッチ量 1トンを超える、スーパー アングラー)

・汽水域
(淡水と海水がまじり合った 河口付近のエリアの事)

・ゴロタ場
(人がやっと持てるくらいで まず流されないだろう程度の 石が敷き詰められたように なっている水中地形の事)

・サミング
(リールを使ってキャストする 時に手を使ってラインの放出を 抑制する事。本来はベイト リールで行うときにサミングと 呼ばれ、スピニングリールの 場合はフェザーリングと 呼ばれるが、どちらでも サミングで通じる)

・サスペンド
(水中で沈んだ状態で止まり そこから浮きも沈みもしない 状態でルアーのタイプを 表すときに良く使われる)

・サンドバー
(流れ込みで砂が体積して 細長い沖に伸びている岬の ような帯状の水中地形の事)

・時合い
(潮回りや天候など様々な 条件が重なって魚の食いが 活発になる時間帯の事)

・シェード
(水中に出来る影の エリアの事)

・シャロー
(水深が2メートルくらい までの浅いエリアの事)

・潮目
(水中の流速変化によって 起こる、水面の目に見える 境界線みたいな変化の事)

・ショートバイト
(喰いが浅く、アタリは あるが魚がフッキング しない状態の事で魚の 警戒心が高い時や、元気が ないときに起こる)

・シンキング
(水中で沈んでいく状態の 事でルアーのタイプを表す 時によく使われる)

・ストップ&ゴー
(リールを巻いては止め、 巻いては止めるという ルアーフィッシングの 技術の事)

・ボトム、ズル引き (バイブレーションなどを ボトムに着底させて底を 引きずりながら引いてくる 技術の事)

・ストラクチャー
(水中の魚が身を隠したり するのに使う障害物の事)

・スレる
(魚が何かに警戒して 餌を食べなくなる状態で 釣り場で騒いだり、ルアーを キャストしまくったりする ことで起こる)

・スレ
(正確には”スレ掛かり”の ことで魚の口の外からや体に 針がフッキングした状態の 事で上記の”スレる”と かぶり、ややこしい。文脈から 察するしかない)

・スナップ
(ルアーとラインを簡単に 接続するための金具の事)

・スロープ
(船やボートを水面に 出し入れする為に港などに 作られた滑り台みたいな かけ上がり地形の事)

・瀬
(浅くて水の流れが速く なっている場所でさざなみが 立っているようなフィールド の事)

・遡上
(魚が季節により海や湖から 川を遡る事)

・ダート
(ジャークによってバランスを 崩したルアーが左右に蛇行する アクションの事)

・ジャーク
(やや大きく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚を寄せるとかリアクションで 喰わせるという攻撃的な意思を 持ったアクションの事)

・トゥイッチ
(小さく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚にルアーの存在を気づかせる とか、ルアーのバランスを 崩して魚に攻撃するスキを 与えるという受け身的な意思を 持ったアクションの事)

・ターンオーバー
(気温低下や風などに よって表層の水温が急激に 下がり、水中で上層の水と 下層の水が入れ替わる事で 魚に致命的なダメージを 与えることがある)

・チェイス
(魚がルアーを追尾して くる事)

・チャンネル
(流芯の地形のことで 他のエリアよりも流れが 強く、底が深くなって いて水が干上がると確認 できる水の通り道です)

・テクトロ
(岸壁際を歩きながら ルアーを泳がせるという お手軽釣法の事)

・手返し
(投げる、釣る、魚を 針から外す、そしてまた 投げるまでのサイクルの 事で手返しが良いとか 手返しが早いとか言われる)

・ドッグウォーク
(トップウォーター ペンシルの水面で頭を 左右に振りながらゆっくり 進むアクションの事で 酸欠状態の魚や下から 追われて逃げ場を失った 魚を表現した技術です)

・ナブラ
(大量のベイトが下から 追われて界面にさざなみを 立てる現象で小魚たちが 群れで移動するために 起こる、目に見える 捕食行動です)

・二枚潮
(海中の層によって 潮の流れる向きが違う 現象の事で上は右に 流れているけど、底の 方は左に流れているという 川で起こる反転流が 縦に起きてる状態です)

・リアクションバイト
(魚に見切られにくい 素早い動きで反射的に バイトしてしまう事で れっきとした釣技として 確率されている)

・リーダー
(シーバスフィッシングに おいてルアーからメイン ラインまでをつなぐ糸の 事でPEラインだけでは 補いきれない性能を ラインシステムに加える ために付ける)

・ラインシステム
(ルアーからリールまでを つなぐのに使われる、魚や そのときの状況に合わせた 性能を持たせる糸の 組み合わせの事)

・リップ
(ルアーの先に付いた 透明なくちばしみたいな ヤツの事)

・ボイル
(沸騰するなどの意味を 持ち、シーバスなどにベイトが 追われて逃げ場を失い、 水面で大量に浮いている 状態。)

・ライズ
(立ち上がる、飛び上がる などの意味を持ち、 シーバスがベイトを捕食 するために水面に飛び出す ときの様子を表す。)

このページの先頭へ