シーバス 始めたい オススメのシーバスタックルを教えてください。 【Q&A】

WS000303


シーバスフィッシングを
始めたいです。

 

しんさんのオススメの
シーバスタックルを教えて下さい。

防波堤や河口などでの釣りを
考えています。

 

実は先日、とある釣具店に行って
「シーバスを始めたいんですが、
どんな竿がいいですか?」
と相談したところ、なんだか
高級感の漂うロッドを勧められました。

値札を見てみるとなんと8万円くらい。
 

「もう少し安い竿はないですか?」と
聞いてみると、あるにはあるけど
オススメかと聞かれれば自信を持って
オススメとは言えないとの事です。

 

一応、僕なりに下調べもしたので
さすがに5000円でタックルを
揃えたいとはいいません。

ですが、予算は4万円くらいに
抑えたいです。

 

どうか、アドバイスをお願いします。
 
 
 

と、言うのが今回の【Q&A】
 
 
 

私はよく、いろんなところから
いろんな相談や質問を頂きます。
 

よくある質問や
緊急性の高い質問など
当ブログの記事で
お答えしていきます。

 
 

あなたもお気軽に問い合わせて
頂けるとうれしいです。
 
 
 

よろしくお願いします。
 
 
 
 

おすすめシーバスロッド

こんにちは、しんです。
 

「マジですか?!」
 

シーバスを始めたいと言ってる
人に対して、8万円のロッドを
すすめるんですか?
 

ありえませんね。
 
 

私としてはそんな店員さんが
いる事がまずビックリです。

 
 

なぜなら、

シーバスフィッシングにおける
上位のロッドというのは、ある程度
併用できる種類の釣り竿とは違って
圧倒的に個性が強いからです。
 

上の方に行けば行くほど
マニアックな仕様になると
考えてもらえば分かりやすい
でしょうか?
 

コレはオールラウンドを
売りにしているロッドでも同じです。
 

ロッドの細部に渡り、もの凄く
繊細で高い性能を持っています。
 

つまり、その性能に特化した
個性がハンパなく強いんです。
 

そのため、使い方を間違えれば
簡単に折れてしまうような
まさに上級者向けとも呼べる
ロッドも中にはあるんです。

 
 
 

確かにその店員さんが
言うように、”いいものを”
考えればそういったロッドを
勧めるのも間違いとは
言い切れないでしょう。
 

ですが、初心者の目線から見れば
そもそもそのロッドの何がいいのか、
どこがいいのかなど分かりません。
 

そして、当然ですが
分からないものを使いこなせる
はずもないんです。
 

だって、そのロッドのどの部分が
どんな性能を持っているかが
わからないんですから。
 

私としては初心者には
そういったロッドを勧める
べきではないと考えます。

 
 
 

それにしても、あなたは
大変な目に遭われましたね。
 

大丈夫。

私に任せてください。
 

な~に、予算も4万円も
かかりません。
 

では早速、解説させてください。
 
 
 

私はメジャークラフト社製、
スカイロードSKR-902MLという
ロッドをオススメします。
 

あなたは初心者に必要な
ロッドの能力っていったい
どんなものだと思いますか?
 

私が考えるに

・使いやすさ

・釣れるロッド

・トラブルの少ないロッド

・必要最低限の性能を持っている事

だと思います。
 
 

【使いやすさ】

このロッドは3:7調子、
いわゆるレギュラーテーパー
言われる丁度いいところから
曲がってくれるロッドです。
 

そのため、キャストがしやすい。

綺麗に曲がってキャストの
力をルアーに伝えやすく、よほど
ひどい投げ方をしなければ
スムーズにルアーを飛ばせます。

 
 

ですが例えばこれが
2:8のファーストテーパーとかに
なるとライントラブルが起きたり、
最悪の場合竿先が折れたりします。
 

反対に4:6とかになると
大きなキャストアクションが
必要になり、結構疲れやすいんです。
 

そして、こういったロッドは
キャストの基本が出来ていて
応用が出来る人が持たないと
ただのストレスでしかありません。
 
 

この間にある丁度いい
バランスを取ったロッドが
このレギュラーテーパーの
ロッドというわけ。
 

だから、使いやすいんです。
 
 
 

【釣れるロッド】

このロッドの強度はMLクラス。
 

シーバスをやるなら大体
この辺のロッドパワーが
最適だと言われています。
 

ですが、このMLという表記、
実はメーカーやロッドの種類に
よって、かなりの誤差があります。

 

そのため、MLは結構アタリを
弾いてしまう事が多く、初心者には
あまり向いていないのでは?

と言った意見も多数聞きます。
 
 

ところが、使った事がある方は
知っているんですが、スカイロードは
竿先付近がかなりしなやかに
作ってあるんです。
 

これによって、よく言われる
アタリを弾いてしまうような事が
少なく、むしろバチ抜けなどの
モゾッとするアタリの釣りに
向いていると言われます。
 

つまり、どちらかと言うと
やや向こう合わせに近いロッドで
シーバスの方から掛かってくれるし
こっちからも積極的に掛けていく
事が出来るロッド。

 

簡単に言うと、多くの
バイトチャンスをものに出来る
釣れるロッドなんです。
 
 

さらにこの特性で軽め
ルアーも扱いやすく、以外に
キャストが可能です。
 

コレは先程の使いやすさにも
ある意味つながりますね。
 
 
 

【トラブルの少ないロッド】

このロッドには
KRガイドコンセプトという
ロッドに付けるガイドの構成みたいな
システムが使われています。

 

簡単に言うとガイドの輪っかを
小さくしてリールからラインが
放出される時のらせん状を素早く
なくして飛距離を伸ばし、ライン
トラブルを減らすという構造的考え方。
 

これによって、竿先に付ける
ガイドの大きさを小さく出来ます。
 
 

通常、竿先のガイドを小さく
しただけでは、そこでラインが
詰まってしまってトラブルが
多発します。
 

そのため、ガイドの数を増やして
ラインの制御率を大幅にアップさせます。
 

こうすると竿先には、より小さな
ガイドを付けることが出来て
竿先が軽くなるんです。

そう、ガイドは結構重いんです。
 

これによって持ち重なりが
少なくなるので、扱いやすく
疲れにくいんです。
 
 

もちろんロッドの全体重量は
当然重くなります。
 

ですが、竿先には小さな
ガイドを付けられるのでロッド
全体の重心があなたの手元に
寄ってくるんです。

 

だから、軽く感じて
その上ライントラブルも減る。
 

ロッドバランスにも優れて
いるんですね。
 
 
 

【必要最低限の性能を持っている事】

ロッドティップが柔らかいと
当然バットもある程度柔らかくないと
ロッドが綺麗に曲がらず性能が
落ちてしまいます。

 

ですから、使ったことがある方は
みんな「柔らか目の竿だね」と
言いますし、あなたもそう感じる
でしょう。
 
 

ですが、このロッドには
マイクロピッチ・クロスフォース
というX構造が使われています。

 

これによって、キャスト時の
ねじれを軽減してキャストの
命中率と飛距離を上げています。
 

そして同時にバットにパワーが
あり、ロッドをのされそうに
なった時に底力を発揮します。
 
 

そのため、シーバスをバラしにくく
大きな魚でも問題なくランディングまで
もっていけます。
 

この特性を使ってロッド角度を
微調整すれば、パワーゲームも
出来ますが、これは慣れと
冷静さが必要です。
 
 

つまり、ほとんどのシーバスを
釣る事が出来る基本的性能と
凡庸性を兼ね備えた、これから
始めるあなたにこそ使ってほしい
ビギナーに優しいロッドでもあるんです。

 
 
 
 

おすすめリール

あなたはリールというものを
どんなものだと考えているかな?
 

「う~ん、高速糸巻き機。」

と思ったかもしれない。
 

もちろん、その通り。
 
 

だけど、私達シーバスアングラーに
とっては、ロッド、リール、ライン、
ルアーはイメージで言うと
昆虫でいうところの触覚にあたります。

 

中でもとりわけ、ロッドと
リールは重要な役割を持っています。
 
 

ルアーと言うのは触覚の
先っちょでシーバスをバイト
させたり、水中の物に触れる
ためのものです。
 

では、ラインは?

ラインはルアーが接触して
得た水中の情報をロッドと
リールに伝えるものでしか
ありませんよね?
 
 

ではリールはどうでしょうか?
 

実はリールもロッドと同じ。

ラインによって伝達された情報を
分析する事ができます。

 

つまり、リールでもアタリを
取る
ことが出来るんです。
 
 

多くの初心者の方たちは
ココを知らない事が多いんです。
 

だから、

「ロッドはある程度の物を使っていれば
リールはその辺の安物でいいよ。」

などと言う方もみえます。
 
 

ですが例えば、リールを
軽快に巻いていたら、突然
何かに引っ掛かったみたいに
一瞬巻けなくなる時があります。

これは典型的なアタリです。
 

そしてシーバスがルアーの後ろに
くっついているとか、吸い込んだ
感触を捉えるのもリールが
大きな役割を果たしています。

 

水中の流れの強弱を捉えるのも
リールですよね?

 
 

でもこれらを感じるためには
ある程度のリールの回転の軽さと
滑らかさ
が必要になってきます。
 

ですから私としては
あなたにもある程度の性能を
備えたリールを選んでほしい。
 

だけど、上を見ればソレこそ
あなたが話してくれた店員さん
みたいに切りがない値段になるので
私のオススメはこちら。

ダイワ 14EXCELER 2500

・メタルボディ
・エアベール
・一巻き72センチ
・最大ドラグ力:4
・エアローター
・265グラムくらい

という、リールです。
 

このリールの使用感やスペック
一階級上のリールたちに
負けていません。
 

何よりエアローターによって
あの滑らかな回転と言われる
ナスキーよりも回転が軽いんです。
 
 

ですから、このリールならば
スカイロードの相棒としても
引けをとらずに相乗効果を
期待できます。
 
 
 
 

おすすめライン

私がオススメしているのが
こちらのライン。
 

東レ シーバスPE パワーゲーム
 

プロアングラーも使っている
信頼できるラインですね。

WS000492

あなたもこんなシーバスに
会いに行きましょう!
 
 
 
 

さて、いかがでしたか?

以上が私のオススメタックルです。
 

釣り道具という物が適当に
造られてはいない事がよく
分かって頂けたと思います。
 
 

そうそう、スカイロードは
防波堤や河口で釣ると話して
くれたので、勝手に902MLを
選んでおきました。
 

このくらいの長さが丁度いいと
思います。
 
 

このロッドとリールとラインに
ルアーのローリングベイトと
ラパラ・CD9を加えて3万円くらいです。

 
 
 

あなたには是非、シーバスを
釣ってほしい。
 

そして、いつの日かフィールドで
出会って、釣り談議に花を
咲かせられたら、なんて考えると
ワクワクしてきますね。
 
 

私で良ければいつでも
相談に乗ります。
 

いつでもお持ちしていますよ。
 
 
 
 
 

こちらの検索窓から楽天市場内の
商品検索が行えますよ。

下の文字をコピーして検索窓に
貼り付けると楽です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スカイロード SKR-902ML
ダイワ 14EXCELER 2500
東レ シーバスPE パワーゲーム

楽天で探す
楽天市場

 
 
 
 
 

それでは、グッドラック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

2 Responses to “シーバス 始めたい オススメのシーバスタックルを教えてください。 【Q&A】”

  1. しん より:

    コメント、
    ありがとうございます。

    ですが、少しリールが古く
    今はもっといいリールが
    出てきているので
    リールは16ナスキーとかを
    選んだほうがいいかもです。

    ロリベはあると嬉しいですよね。

  2. みんみんせいじん より:

    素晴らしい

    ナイスなリコメンドです!
    初心者にお勧め出来る最低限な予算でベストチョイスな装備です!

    スカイロードは私も入門時代お世話になりました(笑)
    ラパラ、ロリべも持ってて間違いないですね!

コメントを残す

サブコンテンツ

【釣り用語】

ルアーフィッシングに おける、釣り用語の 解説です。
参考にして頂けると うれしいです。


・アップクロス
(水の流れに対して 自分の立ち位置から 上流へキャストする事)

・キャスト
(ロッドを使って ルアーを投げる事)

・ロッド
(竿)

・アフタースポーニング
(魚の産卵後の意味で アフターと略される事も ある)

・アプローチ
(釣りたい魚に対する コンタクト方法の事で 要するに戦術です)

・アミ
(直径3センチくらい までの小さなエビの事)

・アワセ
(魚が餌を食べた時に こちらからフッキング する行為)

・フッキング
(竿を煽って魚の口に 針を貫通させる事)

・アタリ
(バイトの事で、魚が 餌を食べて竿に伝わる 衝撃の事)

・バイト
(アタリの事で魚が ルアーに食いつく 行為の事)

・アクション
(竿やリールの操作で ルアーを動かした時の ルアーの動きの種類の事)

・レンジ
(そのルアーが泳ぐ 水深の幅の事)

・ウエイト
(ルアーの重量)

・ベイト
(ターゲットが捕食して いる対象生物の事)

・アングラー
(釣り人の事で、特に 疑似餌を使って釣りを する人の事)

・まづめ
(朝晩の暗い時から 明るくなる、または その逆の中途半端な 明るさの時間帯の事)

・ラインスラック
(ルアーを操作する 際に出る糸のたるみ の事)

・ウォブリング
(ルアーの重心あたりを 軸にしてブルブルと震える 振動の大きい動きの事)

・馬ノ背
(水中のたんこぶ地形の事)

・バチ
(イソメやゴカイなどの 釣り餌に使われる多毛類の 総称です)

・バチ抜け
(バチが産卵のために 大潮の満潮前後に 一斉に水面付近まで 浮上する事)

・ハク
(ボラの稚魚)

・イナッコ
(ボラの幼魚)

・マイクロベイト
(シーバスタックルで キャストするルアーサイズ では表現しにくい小さな ベイトの事)

・ウエーダー
(漁師さんが履く丈が 腰くらいまである長靴の 事)

・ウエーディング
(ウエーダーを着用して 川、湖、海岸などで水中に 入り、釣りをする事)

・Mリグ
(シンキングミノーの腹側の フックをはずし、ガン玉を 付けてさらに沈ませる松尾 道洋氏の考案したチューニング)

・松尾道洋
(シーバス、ランカー クラブの副部長)

・カーブフォール
(ラインの出を抑制したり 止めたりして常にライン テンションがかかった状態で ルアーを沈めていく技術で ”テンションフォール”とも 言われる)

・かけ上がり
(水深が浅くなるときに 見た目にもまる分かりな 斜面になってる地形変化の事)

・大野ゆうき
(年間シーバスキャッチ量 1トンを超える、スーパー アングラー)

・汽水域
(淡水と海水がまじり合った 河口付近のエリアの事)

・ゴロタ場
(人がやっと持てるくらいで まず流されないだろう程度の 石が敷き詰められたように なっている水中地形の事)

・サミング
(リールを使ってキャストする 時に手を使ってラインの放出を 抑制する事。本来はベイト リールで行うときにサミングと 呼ばれ、スピニングリールの 場合はフェザーリングと 呼ばれるが、どちらでも サミングで通じる)

・サスペンド
(水中で沈んだ状態で止まり そこから浮きも沈みもしない 状態でルアーのタイプを 表すときに良く使われる)

・サンドバー
(流れ込みで砂が体積して 細長い沖に伸びている岬の ような帯状の水中地形の事)

・時合い
(潮回りや天候など様々な 条件が重なって魚の食いが 活発になる時間帯の事)

・シェード
(水中に出来る影の エリアの事)

・シャロー
(水深が2メートルくらい までの浅いエリアの事)

・潮目
(水中の流速変化によって 起こる、水面の目に見える 境界線みたいな変化の事)

・ショートバイト
(喰いが浅く、アタリは あるが魚がフッキング しない状態の事で魚の 警戒心が高い時や、元気が ないときに起こる)

・シンキング
(水中で沈んでいく状態の 事でルアーのタイプを表す 時によく使われる)

・ストップ&ゴー
(リールを巻いては止め、 巻いては止めるという ルアーフィッシングの 技術の事)

・ボトム、ズル引き (バイブレーションなどを ボトムに着底させて底を 引きずりながら引いてくる 技術の事)

・ストラクチャー
(水中の魚が身を隠したり するのに使う障害物の事)

・スレる
(魚が何かに警戒して 餌を食べなくなる状態で 釣り場で騒いだり、ルアーを キャストしまくったりする ことで起こる)

・スレ
(正確には”スレ掛かり”の ことで魚の口の外からや体に 針がフッキングした状態の 事で上記の”スレる”と かぶり、ややこしい。文脈から 察するしかない)

・スナップ
(ルアーとラインを簡単に 接続するための金具の事)

・スロープ
(船やボートを水面に 出し入れする為に港などに 作られた滑り台みたいな かけ上がり地形の事)

・瀬
(浅くて水の流れが速く なっている場所でさざなみが 立っているようなフィールド の事)

・遡上
(魚が季節により海や湖から 川を遡る事)

・ダート
(ジャークによってバランスを 崩したルアーが左右に蛇行する アクションの事)

・ジャーク
(やや大きく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚を寄せるとかリアクションで 喰わせるという攻撃的な意思を 持ったアクションの事)

・トゥイッチ
(小さく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚にルアーの存在を気づかせる とか、ルアーのバランスを 崩して魚に攻撃するスキを 与えるという受け身的な意思を 持ったアクションの事)

・ターンオーバー
(気温低下や風などに よって表層の水温が急激に 下がり、水中で上層の水と 下層の水が入れ替わる事で 魚に致命的なダメージを 与えることがある)

・チェイス
(魚がルアーを追尾して くる事)

・チャンネル
(流芯の地形のことで 他のエリアよりも流れが 強く、底が深くなって いて水が干上がると確認 できる水の通り道です)

・テクトロ
(岸壁際を歩きながら ルアーを泳がせるという お手軽釣法の事)

・手返し
(投げる、釣る、魚を 針から外す、そしてまた 投げるまでのサイクルの 事で手返しが良いとか 手返しが早いとか言われる)

・ドッグウォーク
(トップウォーター ペンシルの水面で頭を 左右に振りながらゆっくり 進むアクションの事で 酸欠状態の魚や下から 追われて逃げ場を失った 魚を表現した技術です)

・ナブラ
(大量のベイトが下から 追われて界面にさざなみを 立てる現象で小魚たちが 群れで移動するために 起こる、目に見える 捕食行動です)

・二枚潮
(海中の層によって 潮の流れる向きが違う 現象の事で上は右に 流れているけど、底の 方は左に流れているという 川で起こる反転流が 縦に起きてる状態です)

・リアクションバイト
(魚に見切られにくい 素早い動きで反射的に バイトしてしまう事で れっきとした釣技として 確率されている)

・リーダー
(シーバスフィッシングに おいてルアーからメイン ラインまでをつなぐ糸の 事でPEラインだけでは 補いきれない性能を ラインシステムに加える ために付ける)

・ラインシステム
(ルアーからリールまでを つなぐのに使われる、魚や そのときの状況に合わせた 性能を持たせる糸の 組み合わせの事)

・リップ
(ルアーの先に付いた 透明なくちばしみたいな ヤツの事)

・ボイル
(沸騰するなどの意味を 持ち、シーバスなどにベイトが 追われて逃げ場を失い、 水面で大量に浮いている 状態。)

・ライズ
(立ち上がる、飛び上がる などの意味を持ち、 シーバスがベイトを捕食 するために水面に飛び出す ときの様子を表す。)

このページの先頭へ