シーバス 秋の大河川 ミノーで反応が得られない シンペンばかり使ってきたのでミノーの経験値を積みたい 前編 【Q&A】

WS000303


こんにちは、お久しぶりです。

早速ですが、質問させていただきます。
今回は河川でのミノーについてです。
 

主に河川中流から河口で釣りを
していますが、今までのヒットルアーが
シンペンに偏っています。

スイッチヒッター、ニーサン、
フラペンなどを使っていました。
 

心機一転と思い、ミノー(T.D.ソルト
ペンシル、コスケ110F、サスケ95F、
セットアッパー125S)を購入、

同じフィールドで試しましたが、
釣果が上がりません。

表層から順番に攻めています。
 

コスケでスレ掛かりならありましたが、
まともに口を使ったアタリは一度も
確認できていません。

フォローにとシンペンを投げると、
アタリに繋がったり、釣れたりします。
 

フィールドは大河川で、水深は
浅いほうだと思います。

河川ではミノーは動きすぎて違和感を
与えると書いてありましたが、
やはりこのパターンに当てはまって
いるのでしょうか?
 

また、ミノーとシンペンでは攻める
ポイント、もしくはフィールドは
変えるべきでしょうか?

普段シンペンでアタリのある場所を
ミノーで攻めてるとあまりにも
反応がないので不安です。
 

この機会にしっかりと経験値を
上げたいので、よろしくお願いします。

 
 
 

と、言うのが今回の【Q&A】
 
 
 

私はよく、いろんなところから
いろんな相談や質問を頂きます。
 

よくある質問や
緊急性の高い質問など
当ブログの記事で
お答えしていきます。

 
 

あなたもお気軽に問い合わせて
頂けるとうれしいです。
 
 
 

よろしくお願いします。
 
 
 
 

これからはシンペンが主体

こんにちは、しんです。
 

お久しぶりです。

またまたお問い合わせ、
ありがとうございます。
 

ミノーを使いだして、かなり
苦戦しておられるようですね。
 

でも、まあ仕方ないですよ。

シンペンは釣れますから。
 

ミノーで探りを入れて、
シンペンで喰わせる。

河川のシーバスフィッシングでは
非常に合理的で有効な手段です。
 

ですが、シンペンで反応のある
ところにミノーを入れてもシンペンで
釣れる魚というのは基本スレてるので
どうしても反応が出にくいです。

 

少し詳しく見ていきましょう。
 
 

じゃ、さっそく。
 
 

結論から言うと、河川の流れの中では
ミノーは動きすぎてシーバスに
違和感を与えるという状況に
当てはまっています。

 

シンペンとミノーで比べたら
やはりどうしてもミノーの方が
波動が強いです。
 
 

シンペンがなぜシーバスに口を
使わせるのに向いているかというと、
本物のベイトが出す波動と水流に
似たものを出すからなんです。

 

ういう事かと言うと、

シンペンというのはルアーを潜らせる
ものが付いていませんよね
 

シンペンはその自重だけで潜行して
シーバスのバイトレンジを捉えます。
 
 

ですが、ミノーはどうでしょうか

ノーはリップというもので水流を
受けて抵抗を生み出し、その抵抗力を
潜行動力に変えてシーバスのバイト
レンジを捉えるルアーです。
 

特にフローティングミノーはそうですね。
 

ですが、シンキングミノーでも
潜行はある程度自重で行っていますが
レンジキープはフローティングと
同じくリップの抵抗でキープしてます。
 
 

これって何が起こっているかというと、
水中で斜め上から水流を受けて
レンジをキープしていて、しかも
それがアクションにも影響してるって事。
 

でも、ここで問題になってくるのが
この水流抵抗から出る
水の波動と水流です。

 

自然界のベイトにこんな波動と水流を
出すベイトが居るでしょうか?
 
 
 

一方シンペンはというと、
レンジキープすらルアーの自重で
行っています。
 

ルアーのレンジに作用するのは
リトリーブスピードや風や流れなど、
水中で変な波動と水流を出さない
ものばかりです。
 
 

どうです?

どちらがシーバスに違和感を
与えにくいと思いますか?

 

・・・、
 

・・・、
 

そうですね。
シンキングペンシルです。
 

こちらの方が本物のベイトに近い
波動と水流をまといます。
 
 

そして、この影響が強く出るか
弱く出るかはシーバスの
スレ具合に比例します。

 

つまり、シーバスの警戒心が
高いほど、活性が低いほど、
シンキングペンシルでなければ
反応を得にくいという事になります。
 
 
 

逆に水温が高く活性が上がっている
時は多少スレていてもバタバタ動く
ミノーに興味を示します。

 

これってルアーが出す波動と水流が
おかしすぎてパニック状態の
ベイトに見えてるんだと思います。
 

シーバスはフィッシュイーターなので
パニクって逃げていくものは
追いかけてしまうし、本物の
ベイトだと思ってしまいます。
 

警察が突然逃げ出した車を怪しんで
追いかけるのに似ていますね。
 

自分を見て突然逃げ出せば、警察は
黒だと思うし、シーバスは本物だと
思うんです。(笑)
 
 

高水温の夏にバイブレーションの
早巻きで釣れるのと似ています。
 

だけど、今はどんどん水温が
下がっていってるのでシンペンで
反応があるポイントにミノーを
入れてもシーバスの反応は鈍いです。

 

そして、シンペンで釣れる魚は
ポイントに定位してベイトを
待ち伏せている場合がほとんど。
 

基本、不意討ちでベイトを食べるので
パニックアクションのルアーは

「気づかれた!」

と思って、ムダな深追いはしません。
 
 

そのため、シンペンで釣れる魚や
ポイントに対してミノーを入れても
バイトしてくる確率は低いです。
 

どうしてもそのポイントでミノーで
反応を得たいなら、シンペンの波動に
近づける必要があります。

 

ミノーの方が波動が強いので
シンペンよりも相当ゆっくり
リトリーブしてポイントに流し込んで
あげれば喰わせられるでしょう。
 
 
 

これからは水温が下がってシーバスの
警戒心も高くなっていくので、
基本的にシンペンの時期になります。
 

では、ミノーはどこで使うのか?
 

あなたも感じているとおり、
ルアーには適材適所があります。

 

シーバスルアーの種類が多いのは
その時々のパターンでベイトの動きの
表現するのに特化した製品を色んな
凄腕たちが作ってきたからです。
 

つまり、ルアーというのは
私達人間ほどに個性的で様々な
面白いヤツらがいっぱい。
 

それらに活躍してもらうには
ルアーたちの個性をある程度
知る必要があります。
 
 

次はそのお話させて頂きますね。
 
 
 
 

まとめますと、

乱暴に言えば夏以外はシンペンに
バイトが偏るといっても
言い過ぎじゃないという事。

 
 

そして、シンペンで釣れるポイントに
ミノーを入れても釣れないのは
よくあるので、不安になる必要は
まったく無いという事。

 
 

さらに、ルアーを知って個性を
発揮させられれば、フィールドを
変えなくてもある程度は
対応出来るという事ですね。

 
 
 

さて、いかがだったでしょうか?
 

今回少しつかみにくい内容だったので
長くなってしまいました。
 

何度も読み返して感じや内容を
把握して頂けるとうれしいです。
 

一度、ここで切りますが
次はあなたのルアーの個性と
フィールドの関係について
お話させてください。
 
 
 
 
 

それでは、また。
 
 
 
 
 
 

後編はこちら。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
シーバス 秋の大河川 ミノーで
反応が得られない シンペンばかり
使ってきたのでミノーの経験値を
積みたい 後編【Q&A】

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

【釣り用語】

ルアーフィッシングに おける、釣り用語の 解説です。
参考にして頂けると うれしいです。


・アップクロス
(水の流れに対して 自分の立ち位置から 上流へキャストする事)

・キャスト
(ロッドを使って ルアーを投げる事)

・ロッド
(竿)

・アフタースポーニング
(魚の産卵後の意味で アフターと略される事も ある)

・アプローチ
(釣りたい魚に対する コンタクト方法の事で 要するに戦術です)

・アミ
(直径3センチくらい までの小さなエビの事)

・アワセ
(魚が餌を食べた時に こちらからフッキング する行為)

・フッキング
(竿を煽って魚の口に 針を貫通させる事)

・アタリ
(バイトの事で、魚が 餌を食べて竿に伝わる 衝撃の事)

・バイト
(アタリの事で魚が ルアーに食いつく 行為の事)

・アクション
(竿やリールの操作で ルアーを動かした時の ルアーの動きの種類の事)

・レンジ
(そのルアーが泳ぐ 水深の幅の事)

・ウエイト
(ルアーの重量)

・ベイト
(ターゲットが捕食して いる対象生物の事)

・アングラー
(釣り人の事で、特に 疑似餌を使って釣りを する人の事)

・まづめ
(朝晩の暗い時から 明るくなる、または その逆の中途半端な 明るさの時間帯の事)

・ラインスラック
(ルアーを操作する 際に出る糸のたるみ の事)

・ウォブリング
(ルアーの重心あたりを 軸にしてブルブルと震える 振動の大きい動きの事)

・馬ノ背
(水中のたんこぶ地形の事)

・バチ
(イソメやゴカイなどの 釣り餌に使われる多毛類の 総称です)

・バチ抜け
(バチが産卵のために 大潮の満潮前後に 一斉に水面付近まで 浮上する事)

・ハク
(ボラの稚魚)

・イナッコ
(ボラの幼魚)

・マイクロベイト
(シーバスタックルで キャストするルアーサイズ では表現しにくい小さな ベイトの事)

・ウエーダー
(漁師さんが履く丈が 腰くらいまである長靴の 事)

・ウエーディング
(ウエーダーを着用して 川、湖、海岸などで水中に 入り、釣りをする事)

・Mリグ
(シンキングミノーの腹側の フックをはずし、ガン玉を 付けてさらに沈ませる松尾 道洋氏の考案したチューニング)

・松尾道洋
(シーバス、ランカー クラブの副部長)

・カーブフォール
(ラインの出を抑制したり 止めたりして常にライン テンションがかかった状態で ルアーを沈めていく技術で ”テンションフォール”とも 言われる)

・かけ上がり
(水深が浅くなるときに 見た目にもまる分かりな 斜面になってる地形変化の事)

・大野ゆうき
(年間シーバスキャッチ量 1トンを超える、スーパー アングラー)

・汽水域
(淡水と海水がまじり合った 河口付近のエリアの事)

・ゴロタ場
(人がやっと持てるくらいで まず流されないだろう程度の 石が敷き詰められたように なっている水中地形の事)

・サミング
(リールを使ってキャストする 時に手を使ってラインの放出を 抑制する事。本来はベイト リールで行うときにサミングと 呼ばれ、スピニングリールの 場合はフェザーリングと 呼ばれるが、どちらでも サミングで通じる)

・サスペンド
(水中で沈んだ状態で止まり そこから浮きも沈みもしない 状態でルアーのタイプを 表すときに良く使われる)

・サンドバー
(流れ込みで砂が体積して 細長い沖に伸びている岬の ような帯状の水中地形の事)

・時合い
(潮回りや天候など様々な 条件が重なって魚の食いが 活発になる時間帯の事)

・シェード
(水中に出来る影の エリアの事)

・シャロー
(水深が2メートルくらい までの浅いエリアの事)

・潮目
(水中の流速変化によって 起こる、水面の目に見える 境界線みたいな変化の事)

・ショートバイト
(喰いが浅く、アタリは あるが魚がフッキング しない状態の事で魚の 警戒心が高い時や、元気が ないときに起こる)

・シンキング
(水中で沈んでいく状態の 事でルアーのタイプを表す 時によく使われる)

・ストップ&ゴー
(リールを巻いては止め、 巻いては止めるという ルアーフィッシングの 技術の事)

・ボトム、ズル引き (バイブレーションなどを ボトムに着底させて底を 引きずりながら引いてくる 技術の事)

・ストラクチャー
(水中の魚が身を隠したり するのに使う障害物の事)

・スレる
(魚が何かに警戒して 餌を食べなくなる状態で 釣り場で騒いだり、ルアーを キャストしまくったりする ことで起こる)

・スレ
(正確には”スレ掛かり”の ことで魚の口の外からや体に 針がフッキングした状態の 事で上記の”スレる”と かぶり、ややこしい。文脈から 察するしかない)

・スナップ
(ルアーとラインを簡単に 接続するための金具の事)

・スロープ
(船やボートを水面に 出し入れする為に港などに 作られた滑り台みたいな かけ上がり地形の事)

・瀬
(浅くて水の流れが速く なっている場所でさざなみが 立っているようなフィールド の事)

・遡上
(魚が季節により海や湖から 川を遡る事)

・ダート
(ジャークによってバランスを 崩したルアーが左右に蛇行する アクションの事)

・ジャーク
(やや大きく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚を寄せるとかリアクションで 喰わせるという攻撃的な意思を 持ったアクションの事)

・トゥイッチ
(小さく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚にルアーの存在を気づかせる とか、ルアーのバランスを 崩して魚に攻撃するスキを 与えるという受け身的な意思を 持ったアクションの事)

・ターンオーバー
(気温低下や風などに よって表層の水温が急激に 下がり、水中で上層の水と 下層の水が入れ替わる事で 魚に致命的なダメージを 与えることがある)

・チェイス
(魚がルアーを追尾して くる事)

・チャンネル
(流芯の地形のことで 他のエリアよりも流れが 強く、底が深くなって いて水が干上がると確認 できる水の通り道です)

・テクトロ
(岸壁際を歩きながら ルアーを泳がせるという お手軽釣法の事)

・手返し
(投げる、釣る、魚を 針から外す、そしてまた 投げるまでのサイクルの 事で手返しが良いとか 手返しが早いとか言われる)

・ドッグウォーク
(トップウォーター ペンシルの水面で頭を 左右に振りながらゆっくり 進むアクションの事で 酸欠状態の魚や下から 追われて逃げ場を失った 魚を表現した技術です)

・ナブラ
(大量のベイトが下から 追われて界面にさざなみを 立てる現象で小魚たちが 群れで移動するために 起こる、目に見える 捕食行動です)

・二枚潮
(海中の層によって 潮の流れる向きが違う 現象の事で上は右に 流れているけど、底の 方は左に流れているという 川で起こる反転流が 縦に起きてる状態です)

・リアクションバイト
(魚に見切られにくい 素早い動きで反射的に バイトしてしまう事で れっきとした釣技として 確率されている)

・リーダー
(シーバスフィッシングに おいてルアーからメイン ラインまでをつなぐ糸の 事でPEラインだけでは 補いきれない性能を ラインシステムに加える ために付ける)

・ラインシステム
(ルアーからリールまでを つなぐのに使われる、魚や そのときの状況に合わせた 性能を持たせる糸の 組み合わせの事)

・リップ
(ルアーの先に付いた 透明なくちばしみたいな ヤツの事)

・ボイル
(沸騰するなどの意味を 持ち、シーバスなどにベイトが 追われて逃げ場を失い、 水面で大量に浮いている 状態。)

・ライズ
(立ち上がる、飛び上がる などの意味を持ち、 シーバスがベイトを捕食 するために水面に飛び出す ときの様子を表す。)

このページの先頭へ