シーバス ホームフィールドが漁師さんの仕事で釣りにくくなった 幅の狭いフィールドで上手く釣る方法は? 大切なお話!【Q&A】

WS000303


ランカーをはるかに越える
シーバスの手応えのおかげで
シーバスに大ハマりの初心者です。

 

さっそくの質問なのですが、
私が通っているマイポイント、

とある河川の水門に
今シーズンから漁師さんが
護岸から、3メートル位の所に
ウナギ仕掛けを竹で等間隔に
打ち込みました。

川に垂直に立っているその竹の所から
護岸側にはテトラがあり、
竹から流心に数メートルの所が
駆け上がりとなっており、

そこから下流側に斜め45度ぐらいに
キャストし、ロッドは下向きに
ゆっくり巻いてくると、
ローリングベイトが流されながら
最終的にはその竹の真横ギリギリを
巻いて来る感じになるのですが、

駆け上がりでフッキングか
真横ギリギリになった時に
テトラの方からシーバスがバイトし、
釣り上げるのが今までの
パターンでした。
 

今年も同じパターンで
フッキングするのですが、

せっかくフッキングしたシーバスを
寄せる際にシーバスが動きまわると、
その竹にシーバスがからまり、

シーバスも動けない、
私もよせられないと言う事態が
起きて困っています。

 

最終的にシーバスが自力で
ルアーを外し逃げていくか、
自分でラインを切ってシーバスを
逃すかになってしまいます…。

ロッドは風神の86ML、
すぐエラ洗いしてバラすので
ロッドは水平にゴリ巻きしています。
 

長くなってすいません。
ここから本題ですが、

シーバスを寄せる時、うまく
シーバスをコントロールしながら
寄せるテクニックみたいな
やり方はあるのでしょうか?

それともその竹までの距離より
長いロッドを使った方が
いいのでしょうか?

10フィート以上になって
しまいますが…わかる範囲で
教えてください。

 
 
 

と、言うのが今回の【Q&A】
 
 
 

私はよく、いろんなところから
いろんな相談や質問を頂きます。
 

よくある質問や
緊急性の高い質問など
当ブログの記事で
お答えしていきます。

 
 

あなたもお気軽に問い合わせて
頂けるとうれしいです。
 
 
 

よろしくお願いします。
 
 
 
 

スタンスの大切さ

こんにちは、しんです。

お問い合わせ、
ありがとうございます。

素晴らしいですね。
初心者なのにもうすでに
ランカーを越えるシーバスを
仕留められたんですね。

お見事です。(^-^)

確かに大型のシーバスの
パワーと躍動感を
フィールドで体感してしまったら
シーバスフィッシングに
ハマってしまいますね。

最高にいい感じです。
 

さて、初心者という事ですが
あなたの実績やお問い合わせの
文章を見る限りは
もう初心者とは言えませんね。

上級者として、
対応させて頂きます。

そして今回のお問い合わせ、
少し広い視点で見ていきましょう。

 
 

じゃ、さっそく。
 

こちら、
結論からいきましょう。

私のアドバイスとしては
そのポイントでその状況では
シーバスを狙うべきでは
ないと考えます。

 

シーバスフィッシングは
ゲーム性が高く楽しむ事が
大前提なので、ゲームのような
感覚に陥る
事があるかもしれません。

だけど、私たちの遊びは
自然の中で実際に生息している
生き物たちと関わりを持って
遊ばせて頂いているもの。

時には美味しく頂いたり、
時には大自然の息吹きをからだ中に
感じて至福の時を過ごさせて
頂くという、大切な遊びです。

ですから、ムダにシーバスに
ダメージを与えたり、それ以外の
生き物に被害を与える事は
最小限に抑えるべきです。
 

例えば、竹にシーバスが
絡まってしまった場合は
シーバスはそのうちルアーから
外れて帰っていくでしょう。

でも、引っ掛かってる間は
過剰なストレスとダメージを
受けてしまいます。

なぜならシーバスは、ただ
竹に引っ掛かってるだけで
フックから外れれば大丈夫、
なんて事は理解していない
から。

パニック状態で、
「やべぇ、狩られる!」
としか思っていません。

竹に引っ掛かってる間
ずーっとです。

 

そして、シーバスが外れた後
そこには何が残りますか?

ラインブレイクしてくれれば
まだマシですが、上手く外れて
シーバスが帰っていった後、

そこには竹にラインで繋がれた
ルアー
が残る訳です。

そして流れがあるので
そのルアーは泳いでいます。

別の魚がバイトしてくる
可能性もあるし、関係のない
鳥などもフックやラインに
絡まる可能性があります。

れって無差別トラップ。
 

じゃあ、しんさんはそもそも
なんでシーバスなんか
釣ってるんだ?、
と思われるかもしれませんね。

私は自然が大好きだし、
もっといろんな人たちに
自然とふれ合って、その大切さや
素晴らしさを感じてほしいから。

そして、何より釣りが好き。
 

だけど、これって私たちが
ルアーフィッシングをしている
事が問題じゃないと思うんだ。

問題なのは、
ルアーをロストする可能性が高い事を
分かっててやっているのか?、

それに関わる生き物にムダに
ダメージを与える可能性が高い事を
分かっていてやってるか
どうか
が問題だと思うんだ。

だから、これが理解出来て
いるのなら始めからそうなる
可能性が高いと分かってて
そこで釣りをするべきじゃない。

 

つまり、どういうスタンス
そこで釣りをしているのかが大切。

そして、それが分かっていれば
おのずと答えが見えてきます。

少し考えてみてくださいね。(^-^)
 
 
 

水域の優先権

今度は別の角度から。

河川や海に関わらず
水域を管理しているのは
自治体や国です。

そして、それぞれのエリアの
詳細管理については
そのエリアの漁師さんに
任されています。

ぜならそこは漁師の
仕事場で、そこで捕れた
水産資源を多くの人たちに
振る舞って事業として
価値を提供しているから。

一方、私たちは個人的に
楽しんで、たまに美味しく
頂いているだけ。

ちらが優先されるべきかは
客観的にみても明らかですね。
 

事実、漁師さんというのは
私たちには到底およびもつかない
くらいのレベルでフィールドや
水産資源を守り続けています。

その年に捕れる水産資源の
調整はもちろん、環境整備や
私たち釣り人の出すゴミを
片付けているのも漁師さんや
国や自治体の人たち。

つまり、私たちの釣り場は
漁師さんや海の男たちの
仕事場なんですね。
 

回の場合も竹に仕掛けた
うなぎの仕掛けを漁師さんが
水揚げする時に、ルアーフック
などが刺さって怪我をされる
可能性もあります。

を係留してあるロープ
なんかもそうですね。

実例として船のロープに
ルアーが引っ掛かってるのに
気づかずに、ロープを手繰った
漁師さんが怪我された
という
情報も私の元には入って来てます。
 

では、これがあまりにも
行きすぎて酷くなると
どうなるでしょうか?
 

・・・、
 

・・・、
 

そうですね。

そのエリアが釣り禁止
されてしまいます。

こういった可能性もあるので
たとえ海や自然などが
みんなのもので共有するべきだと
言っても、やはりそこで仕事を
されている漁師さんや港湾関係の
人たちの要望を素直に受け入れる
という、共存といった大人の対応が
必要になってくる
訳です。
 

そして、何より私たちが
遊んでいる自然豊かな
フィールドを出来る限り
未来の子供たちに伝えて
いきたいという想いが
私にもあるんです。

時代の変化によって
どんどん自然に触れて
自然の大切さや生き物の
尊さに触れる子供たちが
減ってきています。

私はもっともっと子供たちに
自然とふれ合って、優しさや
思いやり、命の大切にする心

育んでいってもらいたいんです。

ですから、状況によっては
そこで釣りを強行しないという
選択をとっていくのもアリ
です。

せっかく、ライブ・オブ・
シーバス!であなたとお会い
出来たのも何かのご縁。

もし、よろしければ
大切なフィールドを守り続けて
いくために、あなたのお力も
お貸し頂けると嬉しいです。

 

なぁに、あなたほどの腕なら
そのフィールドに固執しなくても
バンバン釣れますよ。

クールに行きましょ!(^-^)
 
 
 

そのポイントで釣る方法

さて、前置きが長くなりましたが
いよいよ本題に入っていきます。

まず、魚の動きを上手く
コントロールして横走りさせない
ようにするには、サイド
プレッシャーという方法
があります。

これはタックルから伝わる
感覚と、あなたのフィールドを
掴む感覚をフルに使って、

魚が横走りし始めたら
瞬時に竿先を魚が走り始めた
方向へ倒して圧力を掛ける、
つまりラインテンションを掛けます。

こうすると、魚には
引っ張られた方向とは反対に
逃げる習性があるので、
素早く
圧力を掛けられれば魚を
逆の方向に走らせる事が出来ます。

これを小まめに何度も
繰り返すと、ほとんどあなたの
前からシーバスを動かさずに
引いてくる事が出来ます。
 

ですが、これは達人の
高等技術で同時に優れた
反射神経も必要になります。

そしてそもそも、広い場所で
釣り人が何人も並んでいるような
ある程度広い場所で使う技。

まり今回のような
手前の方にある、竹と竹との
間でやるには不向きな技術です。

そのため、今回のシチュエーション
では、使えないと思って頂いて
大丈夫です。
 

そして、竹の向こう側に
届く長いロッドを使うという
選択ですが、こちらもNG。

ッドというのは、その構造上
竿先の方にはほぼ力がありません。

バットまで曲がった時に
始めてその強力なパワーを
発揮してくれます。

ですから、ロッドを目一杯
前に向けた状態で、走るシーバスの
動きを制御するのは難しいです。

ほとんどの場合、シーバスに
竿先を引っ張られて、竿先が
竹に接触するパターンになります。

そのため、この方法は
オススメ出来ません。
 

では、他には方法はないのか?

実はひとつだけあります。

それは、ターゲットを竹と
テトラの間にフィーディング
しているシーバスだけに
絞るという方法。

ず竹の少し向こう側、
かけ上がりのシーバスが反応
しないギリギリのところまでに
ルアーの飛距離を抑えます。

そして、シーバスが掛かった
瞬間にロッドを下か横に倒して
パワーで強引に頭をあなたの
方へ向けさせます。

あとは竹から離れたところで
ファイトすれば大丈夫です。
 

ただあなたのタックル、
風神号フライハイ86MLは
極めて凡用性の高い
オールマイティーモデル。

使い勝手は最強ですが、
今回オススメした釣り方で
攻めるには若干パワー不足です。

ですから、バイトした瞬間から
シーバスの頭を強制的にこちらへ
向けられる主導権を握れるくらいの
ロッドで釣る事をオススメします。

そうすれば、竹の真横で
バイトされても瞬時に竹から
シーバスを引き剥がせます。
 

方法としては
これくらいですね。(^-^)
 
 
 

まとめますと、

ルアーやラインをあなたが
取れないところに高い確率で
放置する事が始めから分かって
いる場合は、そうまでして
そこで釣りをするべきなのかを
冷静になって考えてみる事。

 

そして、今回のパターンで
釣りをするならターゲットを
確実に捕れる魚に絞って強めの
ロッドでパワーファイトが
オススメだという事。

 

さらに、貴重なフィールドや
自然を未来の子供たちに末永く
残していくために、こんな考え方も
あるんだよと伝えていくのを
試みて頂けるといい感じ。

クールに行きましょ!
という事ですね。

 
 

さて、いかがだったでしょうか?

今回もしかしたら
あなたは分かっていたかも
しれませんが、少し厳しい
お話もさせて頂きました。

私ごときの戯れ言が
参考になれば幸いです。
 

そして、マイポイントが釣りにくく
なったのなら、新規ポイント開拓と
他のスキルアップを図るチャンス
だと前向きに考えて
楽しんで
頂けると嬉しいです。(^-^)

もちろん、そこでパワーファイトの
腕を磨くのも面白い
ですね。

お互い、カッコ良く楽しく
シーバスフィッシングの腕を
磨いていきましょう。
 
 
 

それでは、グッドラック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

【釣り用語】

ルアーフィッシングに おける、釣り用語の 解説です。
参考にして頂けると うれしいです。


・アップクロス
(水の流れに対して 自分の立ち位置から 上流へキャストする事)

・キャスト
(ロッドを使って ルアーを投げる事)

・ロッド
(竿)

・アフタースポーニング
(魚の産卵後の意味で アフターと略される事も ある)

・アプローチ
(釣りたい魚に対する コンタクト方法の事で 要するに戦術です)

・アミ
(直径3センチくらい までの小さなエビの事)

・アワセ
(魚が餌を食べた時に こちらからフッキング する行為)

・フッキング
(竿を煽って魚の口に 針を貫通させる事)

・アタリ
(バイトの事で、魚が 餌を食べて竿に伝わる 衝撃の事)

・バイト
(アタリの事で魚が ルアーに食いつく 行為の事)

・アクション
(竿やリールの操作で ルアーを動かした時の ルアーの動きの種類の事)

・レンジ
(そのルアーが泳ぐ 水深の幅の事)

・ウエイト
(ルアーの重量)

・ベイト
(ターゲットが捕食して いる対象生物の事)

・アングラー
(釣り人の事で、特に 疑似餌を使って釣りを する人の事)

・まづめ
(朝晩の暗い時から 明るくなる、または その逆の中途半端な 明るさの時間帯の事)

・ラインスラック
(ルアーを操作する 際に出る糸のたるみ の事)

・ウォブリング
(ルアーの重心あたりを 軸にしてブルブルと震える 振動の大きい動きの事)

・馬ノ背
(水中のたんこぶ地形の事)

・バチ
(イソメやゴカイなどの 釣り餌に使われる多毛類の 総称です)

・バチ抜け
(バチが産卵のために 大潮の満潮前後に 一斉に水面付近まで 浮上する事)

・ハク
(ボラの稚魚)

・イナッコ
(ボラの幼魚)

・マイクロベイト
(シーバスタックルで キャストするルアーサイズ では表現しにくい小さな ベイトの事)

・ウエーダー
(漁師さんが履く丈が 腰くらいまである長靴の 事)

・ウエーディング
(ウエーダーを着用して 川、湖、海岸などで水中に 入り、釣りをする事)

・Mリグ
(シンキングミノーの腹側の フックをはずし、ガン玉を 付けてさらに沈ませる松尾 道洋氏の考案したチューニング)

・松尾道洋
(シーバス、ランカー クラブの副部長)

・カーブフォール
(ラインの出を抑制したり 止めたりして常にライン テンションがかかった状態で ルアーを沈めていく技術で ”テンションフォール”とも 言われる)

・かけ上がり
(水深が浅くなるときに 見た目にもまる分かりな 斜面になってる地形変化の事)

・大野ゆうき
(年間シーバスキャッチ量 1トンを超える、スーパー アングラー)

・汽水域
(淡水と海水がまじり合った 河口付近のエリアの事)

・ゴロタ場
(人がやっと持てるくらいで まず流されないだろう程度の 石が敷き詰められたように なっている水中地形の事)

・サミング
(リールを使ってキャストする 時に手を使ってラインの放出を 抑制する事。本来はベイト リールで行うときにサミングと 呼ばれ、スピニングリールの 場合はフェザーリングと 呼ばれるが、どちらでも サミングで通じる)

・サスペンド
(水中で沈んだ状態で止まり そこから浮きも沈みもしない 状態でルアーのタイプを 表すときに良く使われる)

・サンドバー
(流れ込みで砂が体積して 細長い沖に伸びている岬の ような帯状の水中地形の事)

・時合い
(潮回りや天候など様々な 条件が重なって魚の食いが 活発になる時間帯の事)

・シェード
(水中に出来る影の エリアの事)

・シャロー
(水深が2メートルくらい までの浅いエリアの事)

・潮目
(水中の流速変化によって 起こる、水面の目に見える 境界線みたいな変化の事)

・ショートバイト
(喰いが浅く、アタリは あるが魚がフッキング しない状態の事で魚の 警戒心が高い時や、元気が ないときに起こる)

・シンキング
(水中で沈んでいく状態の 事でルアーのタイプを表す 時によく使われる)

・ストップ&ゴー
(リールを巻いては止め、 巻いては止めるという ルアーフィッシングの 技術の事)

・ボトム、ズル引き (バイブレーションなどを ボトムに着底させて底を 引きずりながら引いてくる 技術の事)

・ストラクチャー
(水中の魚が身を隠したり するのに使う障害物の事)

・スレる
(魚が何かに警戒して 餌を食べなくなる状態で 釣り場で騒いだり、ルアーを キャストしまくったりする ことで起こる)

・スレ
(正確には”スレ掛かり”の ことで魚の口の外からや体に 針がフッキングした状態の 事で上記の”スレる”と かぶり、ややこしい。文脈から 察するしかない)

・スナップ
(ルアーとラインを簡単に 接続するための金具の事)

・スロープ
(船やボートを水面に 出し入れする為に港などに 作られた滑り台みたいな かけ上がり地形の事)

・瀬
(浅くて水の流れが速く なっている場所でさざなみが 立っているようなフィールド の事)

・遡上
(魚が季節により海や湖から 川を遡る事)

・ダート
(ジャークによってバランスを 崩したルアーが左右に蛇行する アクションの事)

・ジャーク
(やや大きく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚を寄せるとかリアクションで 喰わせるという攻撃的な意思を 持ったアクションの事)

・トゥイッチ
(小さく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚にルアーの存在を気づかせる とか、ルアーのバランスを 崩して魚に攻撃するスキを 与えるという受け身的な意思を 持ったアクションの事)

・ターンオーバー
(気温低下や風などに よって表層の水温が急激に 下がり、水中で上層の水と 下層の水が入れ替わる事で 魚に致命的なダメージを 与えることがある)

・チェイス
(魚がルアーを追尾して くる事)

・チャンネル
(流芯の地形のことで 他のエリアよりも流れが 強く、底が深くなって いて水が干上がると確認 できる水の通り道です)

・テクトロ
(岸壁際を歩きながら ルアーを泳がせるという お手軽釣法の事)

・手返し
(投げる、釣る、魚を 針から外す、そしてまた 投げるまでのサイクルの 事で手返しが良いとか 手返しが早いとか言われる)

・ドッグウォーク
(トップウォーター ペンシルの水面で頭を 左右に振りながらゆっくり 進むアクションの事で 酸欠状態の魚や下から 追われて逃げ場を失った 魚を表現した技術です)

・ナブラ
(大量のベイトが下から 追われて界面にさざなみを 立てる現象で小魚たちが 群れで移動するために 起こる、目に見える 捕食行動です)

・二枚潮
(海中の層によって 潮の流れる向きが違う 現象の事で上は右に 流れているけど、底の 方は左に流れているという 川で起こる反転流が 縦に起きてる状態です)

・リアクションバイト
(魚に見切られにくい 素早い動きで反射的に バイトしてしまう事で れっきとした釣技として 確率されている)

・リーダー
(シーバスフィッシングに おいてルアーからメイン ラインまでをつなぐ糸の 事でPEラインだけでは 補いきれない性能を ラインシステムに加える ために付ける)

・ラインシステム
(ルアーからリールまでを つなぐのに使われる、魚や そのときの状況に合わせた 性能を持たせる糸の 組み合わせの事)

・リップ
(ルアーの先に付いた 透明なくちばしみたいな ヤツの事)

・ボイル
(沸騰するなどの意味を 持ち、シーバスなどにベイトが 追われて逃げ場を失い、 水面で大量に浮いている 状態。)

・ライズ
(立ち上がる、飛び上がる などの意味を持ち、 シーバスがベイトを捕食 するために水面に飛び出す ときの様子を表す。)

このページの先頭へ