シーバス ルアー キャスティング上達法 初心者 まっすぐ飛ばすにはどうすれば? 【Q&A】

WS000303


「シーバスを始めて半年です。」
 

「ルアーのキャスティングに
ついてですが、どうも苦手なようで
今ひとつ、うまくキャスト出来ません。」

 

「まず、まっすぐ飛びません。」

「そしてフライになったりします。」
 

「どうやってキャストしたら
しんさんみたいにストラクチャーの
際10センチとかにキャスト
出来るようになりますか?」

 

「よろしくお願いします。」
 
 
 

と、言うのが今回の【Q&A】
 
 
 

私はよく、いろんなところから
いろんな相談や質問を頂きます。
 

よくある質問や
緊急性の高い質問など
当ブログの記事で
お答えしていきます。

 
 

あなたもお気軽に問い合わせて
頂けるとうれしいです。
 
 
 

よろしくお願いします。
 
 
 
 

オーバーハンドでステップアップ

こんにちは、しんです。
 

半年ですか・・・。

けっこう悩まれたようですね。
 

でも大丈夫。

押さえなければいけない
大事なポイントを知らないだけ。

すぐにまっすぐ投げれるように
なるので、気楽にいきましょう。
 
 

いろんな知識やうんちくは
たくさんあるんですが、
抽象的な回答ではおそらく無駄なので
具体的な上達法を解説させてください。
 

流れとしてはまず、
オーバーハンドキャストで
順番にステップアップ
していって頂きます。

 
 

では、いきましょう。
 

まずは準備してほしい
物があります。
 

それはフックを外したルアーです。
 

いわゆる練習用のルアーですね。
 

コレは例えばあなたが持っていて
ほとんど使っていないルアーとか、
どこかに当たって壊れてしまった
ルアーがいいです。
 
 

同じような重さのオモリとかでも
いいんですが、キャスト時の
空気抵抗などもあるので、出来れば
本物のルアーを準備してください。

 
 

フックを外すのは練習中に起こる、
水中のゴミなどが引っ掛かって来たり、
何かのストラクチャーなどにルアーが
引っ掛かってロストしてしまう。

こういった煩わしいトラブルを
出来る限り減らすためです。
 
 

この練習用ルアーが準備できたら
いよいよフィールドへ出かけます。
 

ですが、

このフィールドを選ぶときは
標的がある場所を選んでください。

 

それは例えば灯台であったり、
対岸の何かであったり、橋の橋脚
であったり、とにかく動かなくて
キャストが届かないものです。
 

この練習法では常にこの標的を
狙ってキャストして頂きます。
 
 

次はルアーの重さをあなたの
指で感じてください。

 

ルアーを付けた状態で人差し指に
ラインを掛けて、リールの
ベールを返します。
 

キャスト直前の状態ですね。
 

この状態を維持したまま、
ゆっくりとバックスイングをして
キャストするようにゆっくりと
竿を前へと振り戻します。

ラインは離しません。

ロッドを前に戻した時、ルアーが
竿先に絡まろうとするので、
竿先にルアーが当たらないように
加減してくださいね。

ルアーが竿先に当たらない程度の
スイングスピードで加減しながら
ゆっくりと何回かスイングしてみます。
 

この時、あなたは首を上下に
振りながら、ルアーと竿先の動きを
目で追ってください。
 

すると、後ろへ振りかぶって
前に戻す時に、竿先がルアーに
引っ張られて曲がっているのが
確認できると思います。
 

この曲がりがオーバーハンドで
キャストするときの飛距離に
影響する大切な部分になります。
 
 
 

そして、これらの一連の流れを
あなたの人差し指にルアーの重さを
感じた状態を維持して行います。

 

ロッドを前に戻した時以外に
指にラインテンションを感じなく
なったり、指からラインが外れて
しまってはダメです。
 

これはキャストする時でも
まったく同じ。
 

途中で人差し指にラインテンションを
感じなくなったら、たいていキャストは
失敗に終わります。
 

そして、このラインテンションを
あなたの指で感じて制御している
感覚こそが、実はキャストの
命中率に深く影響してきます。

 

なぜなら、
これが把握出来ていないと
ラインを離すタイミングが
正確に捉えられないから。
 

ですから、まずはあなたの人差し指が
ラインテンションを感じているのを
認識する事が大切です。
 
 
 

では、実際のキャストに
入っていきましょう。
 

まず、オーバーハンドキャストとは
あなたの頭の真上をポイントに
対して一直線上に振り抜く、狙いを
横に外さない事に特化したキャストです。

下の画像を見てください。

WS000219
 

このようにオーバーハンドは
ポイントに対してまっすぐに立ち、
ポイントとあなたを結ぶ直線上でしか
アクションをしません。
 

そのため、ルアー、ロッド、
竿先の全てがあなたの頭の上を
通り、横から風が吹くなどの
力が掛からない限りは横に飛んで
行く事は理論的にありません。
 

ちょうど、剣道の面を打つ
時の感じを思い出して
頂ければいいです。

体育の授業でやりましたよね?
 

これを忠実に実践すれば
とりあえずルアーが横に飛ぶ
事はなくなるはずです。
 
 
 

さて、次はフライ対策。
 

コレはよく時計の何時の位置で
ラインを離せとか言われますが、
それはあくまで目安でしかないです。
 

このラインを離すタイミングは
感覚で読み取って頂く必要が
あるんです。
 
 

どうするかというと、
まずは軽くキャストしてください。
 

10メートルくらい先を狙う感じで。

フワッとキャストします。
 

この時大事なのは、必ずルアーを
着水させる位置を見ながら
キャストすることです。

 

そして、

「だいたい狙った位置に
着水させられたな」

と思ったら、そこから徐々に
15メートル、20メートル、
25メートルと少しづつ飛距離を
伸ばしていってください。
 

何十回、何百回とキャストを
繰り返します。
 

そして、

「これ以上、飛距離を伸ばすのは
もう無理だな」

と思った時にはあなたはもう
ラインを離すタイミング
覚えています。
 
 

この練習法の注意点
必ず狙って距離を出す事。

20メートルなら、あなたが
20メートルだと納得出来るまで
何度もキャストします。
 

そして狙い通りにいってからで
なければ、25メートルに
進んではいけません。

 
 

納得の20メートルに着水させられたら
同じように20メートルで数回
キャストして、それがマグレじゃない
事を確認しながら進むといいですね。
 
 

これを完全にやりきった時には
フライが出ないようになっています。
 
 
 

頑張ってください。

ココはつらいです。
きついところです。
 

必ず、筋肉痛になります。
 
 

でもここを超えて頂かないと
シーバスを狙って釣るのは
難しくなります。
 

なぜなら、マグレで釣れる時も
あるけど基本的にはシーバスは
狙って釣る魚だから。

 

つまり、極端に言えば
ここを超えないとシーバスは
釣れません。
 
 

な~に、キャスティングに
半年間悩み続けるあなたの
ガッツなら余裕ですよ。

こんなの。
 
 
 
 

キャストの型から離れる時

さて、長々とキャスティングの
マスター法についてお話してきましたが、
最終的にはオーバーハンドやサイド、
バックハンドなどの型を捨てる時が
やってきます。

 

釣りをしていれば、それはもう
いろんな状況にぶち当たります。
 

それは、強風だったり、キャスト
位置の地形だったり、または
最大飛距離が必要だったり。
 
 

これは例外なくといっても
いいでしょう。
 
 
 

ありえないフォームでキャスト
したり、飛距離のために
スリークォータースローを
使ったりとか。
 

こういったキャスト法は
コントロールが難しいです。
 
 

でも、これらのキャストを
してもコントロールを外さない
ためには、ある要素が必要に
なってきます。
 
 

一番最初にお話しました。

標的のあるフィールドを
選んでくださいと。

 
 

練習中はその標的をずぅ~と
狙い続けます。
 

コレはオーバーハンドの
直線を意識するために必要な
事ですが、実は本当の狙いは
そこではないんです。
 

フライ対策のところで
お話しました。
 

必ず、着水点を見ながら
キャストしてくださいと。

 
 

実は人間は例外なく
この感覚的能力を持っています。
 

狙いたい場所、その一点
意識を集中する事と、キャストの
一部始終の動作をしている間、
ずぅ~とその一点を凝視する事。
 

これをする事によって
その一点に正確にキャスト出来る
感覚的能力。
 
 

そしてコレは、先ほど長々と
お話したオーバーハンドの技術と
経験に裏打ちされたものなんです。

 

この基本を押さえて
始めて可能になる
感覚的な技なんです。
 
 

ですから、キャストするときは
適当でもいいので、一点を決めて
そこを狙うイメージで投げてください。
 

「必ずあそこにぶち込む!」

という、明確で強い集中力と
キャストの基本で、どんな状況でも
狙ったポイントにルアーを
打ち込めるようになります。
 

もちろん、物理的に
不可能なものは別ですよ。(笑)
 
 
 

あなたなら必ずこの壁を
超えて頂けると私は信じています。
 

筋肉痛になるまで
キャストしてください。(笑)
 
 
 
 

それでは、また。
 
 
 
 
 

あなたには合わせて
読んでほしい記事があります。

下のリンクから飛んで
ごらんください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
>>>初めてのルアーキャスティング、
シーバスサミング編。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

【釣り用語】

ルアーフィッシングに おける、釣り用語の 解説です。
参考にして頂けると うれしいです。


・アップクロス
(水の流れに対して 自分の立ち位置から 上流へキャストする事)

・キャスト
(ロッドを使って ルアーを投げる事)

・ロッド
(竿)

・アフタースポーニング
(魚の産卵後の意味で アフターと略される事も ある)

・アプローチ
(釣りたい魚に対する コンタクト方法の事で 要するに戦術です)

・アミ
(直径3センチくらい までの小さなエビの事)

・アワセ
(魚が餌を食べた時に こちらからフッキング する行為)

・フッキング
(竿を煽って魚の口に 針を貫通させる事)

・アタリ
(バイトの事で、魚が 餌を食べて竿に伝わる 衝撃の事)

・バイト
(アタリの事で魚が ルアーに食いつく 行為の事)

・アクション
(竿やリールの操作で ルアーを動かした時の ルアーの動きの種類の事)

・レンジ
(そのルアーが泳ぐ 水深の幅の事)

・ウエイト
(ルアーの重量)

・ベイト
(ターゲットが捕食して いる対象生物の事)

・アングラー
(釣り人の事で、特に 疑似餌を使って釣りを する人の事)

・まづめ
(朝晩の暗い時から 明るくなる、または その逆の中途半端な 明るさの時間帯の事)

・ラインスラック
(ルアーを操作する 際に出る糸のたるみ の事)

・ウォブリング
(ルアーの重心あたりを 軸にしてブルブルと震える 振動の大きい動きの事)

・馬ノ背
(水中のたんこぶ地形の事)

・バチ
(イソメやゴカイなどの 釣り餌に使われる多毛類の 総称です)

・バチ抜け
(バチが産卵のために 大潮の満潮前後に 一斉に水面付近まで 浮上する事)

・ハク
(ボラの稚魚)

・イナッコ
(ボラの幼魚)

・マイクロベイト
(シーバスタックルで キャストするルアーサイズ では表現しにくい小さな ベイトの事)

・ウエーダー
(漁師さんが履く丈が 腰くらいまである長靴の 事)

・ウエーディング
(ウエーダーを着用して 川、湖、海岸などで水中に 入り、釣りをする事)

・Mリグ
(シンキングミノーの腹側の フックをはずし、ガン玉を 付けてさらに沈ませる松尾 道洋氏の考案したチューニング)

・松尾道洋
(シーバス、ランカー クラブの副部長)

・カーブフォール
(ラインの出を抑制したり 止めたりして常にライン テンションがかかった状態で ルアーを沈めていく技術で ”テンションフォール”とも 言われる)

・かけ上がり
(水深が浅くなるときに 見た目にもまる分かりな 斜面になってる地形変化の事)

・大野ゆうき
(年間シーバスキャッチ量 1トンを超える、スーパー アングラー)

・汽水域
(淡水と海水がまじり合った 河口付近のエリアの事)

・ゴロタ場
(人がやっと持てるくらいで まず流されないだろう程度の 石が敷き詰められたように なっている水中地形の事)

・サミング
(リールを使ってキャストする 時に手を使ってラインの放出を 抑制する事。本来はベイト リールで行うときにサミングと 呼ばれ、スピニングリールの 場合はフェザーリングと 呼ばれるが、どちらでも サミングで通じる)

・サスペンド
(水中で沈んだ状態で止まり そこから浮きも沈みもしない 状態でルアーのタイプを 表すときに良く使われる)

・サンドバー
(流れ込みで砂が体積して 細長い沖に伸びている岬の ような帯状の水中地形の事)

・時合い
(潮回りや天候など様々な 条件が重なって魚の食いが 活発になる時間帯の事)

・シェード
(水中に出来る影の エリアの事)

・シャロー
(水深が2メートルくらい までの浅いエリアの事)

・潮目
(水中の流速変化によって 起こる、水面の目に見える 境界線みたいな変化の事)

・ショートバイト
(喰いが浅く、アタリは あるが魚がフッキング しない状態の事で魚の 警戒心が高い時や、元気が ないときに起こる)

・シンキング
(水中で沈んでいく状態の 事でルアーのタイプを表す 時によく使われる)

・ストップ&ゴー
(リールを巻いては止め、 巻いては止めるという ルアーフィッシングの 技術の事)

・ボトム、ズル引き (バイブレーションなどを ボトムに着底させて底を 引きずりながら引いてくる 技術の事)

・ストラクチャー
(水中の魚が身を隠したり するのに使う障害物の事)

・スレる
(魚が何かに警戒して 餌を食べなくなる状態で 釣り場で騒いだり、ルアーを キャストしまくったりする ことで起こる)

・スレ
(正確には”スレ掛かり”の ことで魚の口の外からや体に 針がフッキングした状態の 事で上記の”スレる”と かぶり、ややこしい。文脈から 察するしかない)

・スナップ
(ルアーとラインを簡単に 接続するための金具の事)

・スロープ
(船やボートを水面に 出し入れする為に港などに 作られた滑り台みたいな かけ上がり地形の事)

・瀬
(浅くて水の流れが速く なっている場所でさざなみが 立っているようなフィールド の事)

・遡上
(魚が季節により海や湖から 川を遡る事)

・ダート
(ジャークによってバランスを 崩したルアーが左右に蛇行する アクションの事)

・ジャーク
(やや大きく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚を寄せるとかリアクションで 喰わせるという攻撃的な意思を 持ったアクションの事)

・トゥイッチ
(小さく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚にルアーの存在を気づかせる とか、ルアーのバランスを 崩して魚に攻撃するスキを 与えるという受け身的な意思を 持ったアクションの事)

・ターンオーバー
(気温低下や風などに よって表層の水温が急激に 下がり、水中で上層の水と 下層の水が入れ替わる事で 魚に致命的なダメージを 与えることがある)

・チェイス
(魚がルアーを追尾して くる事)

・チャンネル
(流芯の地形のことで 他のエリアよりも流れが 強く、底が深くなって いて水が干上がると確認 できる水の通り道です)

・テクトロ
(岸壁際を歩きながら ルアーを泳がせるという お手軽釣法の事)

・手返し
(投げる、釣る、魚を 針から外す、そしてまた 投げるまでのサイクルの 事で手返しが良いとか 手返しが早いとか言われる)

・ドッグウォーク
(トップウォーター ペンシルの水面で頭を 左右に振りながらゆっくり 進むアクションの事で 酸欠状態の魚や下から 追われて逃げ場を失った 魚を表現した技術です)

・ナブラ
(大量のベイトが下から 追われて界面にさざなみを 立てる現象で小魚たちが 群れで移動するために 起こる、目に見える 捕食行動です)

・二枚潮
(海中の層によって 潮の流れる向きが違う 現象の事で上は右に 流れているけど、底の 方は左に流れているという 川で起こる反転流が 縦に起きてる状態です)

・リアクションバイト
(魚に見切られにくい 素早い動きで反射的に バイトしてしまう事で れっきとした釣技として 確率されている)

・リーダー
(シーバスフィッシングに おいてルアーからメイン ラインまでをつなぐ糸の 事でPEラインだけでは 補いきれない性能を ラインシステムに加える ために付ける)

・ラインシステム
(ルアーからリールまでを つなぐのに使われる、魚や そのときの状況に合わせた 性能を持たせる糸の 組み合わせの事)

・リップ
(ルアーの先に付いた 透明なくちばしみたいな ヤツの事)

・ボイル
(沸騰するなどの意味を 持ち、シーバスなどにベイトが 追われて逃げ場を失い、 水面で大量に浮いている 状態。)

・ライズ
(立ち上がる、飛び上がる などの意味を持ち、 シーバスがベイトを捕食 するために水面に飛び出す ときの様子を表す。)

このページの先頭へ