シーバス アタリが分からない 釣れる人の真似をしてもアタらない理由 シーバスのアタリを教えて 【Q&A】

WS000303


「初心者です。」

「シーバスのアタリが分かりません。」

「そこはメジャーなポイントで
僕が実際に釣りをしていた時でも
近くにいるシーバサーがシーバスを
釣っていました。」

「見たところ、同じタイプのルアーを
使っているんですが、僕には確実に
アタリと言えるようなものが
一度も感じられませんでした。」

 

「ボトムノックしたり、海藻にかすった
時の感覚は分かるんですが、シーバスの
アタリが分かりません。」

「もしかしたら、知らないうちに
アタっているんでしょうか?」

 

「同じタイプのルアーなのに
なんで僕はアタリが分からずに
釣れないんでしょうか?」

「なんでアタリが無いんでしょうか?」
 

「シーバスのアタリはどんな感じ
なんでしょうか?」

「教えてください。
よろしくお願いします。」

 
 
 

と、言うのが今回の【Q&A】
 
 
 

私はよく、いろんなところから
いろんな相談や質問を頂きます。
 

よくある質問や
緊急性の高い質問など
当ブログの記事で
お答えしていきます。

 
 

あなたもお気軽に問い合わせて
頂けるとうれしいです。
 
 
 

よろしくお願いします。
 
 
 
 

水中で同じルアーは存在しない

こんにちは、しんです。
 

ようこそ、
ライブ・オブ・シーバス!へ。

質問、読ませていただきました。
 

あなたは、
だいぶ頑張られたようですね。

質問文からなんとなく
それを感じます。
 

シーバスが居る場所で釣る、
釣れている人の真似をするなど
基本的なところはしっかりと
押さえています。
 

あなたなら大丈夫。

すぐに釣れるようになりますよ。
 
 

さて、今回の質問はこちら、
 
 

初心者。

シーバスのアタリが分からない。

実績のある場所で釣っている。
 

釣れてる人と同じルアーでも
まったくアタらない。
 

シーバスのアタリが知りたい。
 
 

という事です。
 
 

それではいきましょう。
 
 

釣れている人の真似をする、
コレは凄く大切な事です。

 

実際に真似をしてみる事で
釣れてしまう場合もあります。

そうでなくとも
そこからいろんな事が
見えてきたりします。
 

ですが、真似をしているだけでは
もったいないんです。

そして、実力は付きません。
 

実は真似をしてそこから
見えてくるものが大切なんです。

 
 
 

例えば、こんな話がある。
 

その方が釣り仲間と釣りに
行っていた時の出来事です。
 

釣友が隣でバンバンシーバスを
釣っていたので、その釣友が
使っていたルアーとカラーを
教えてもらって釣り始めたらしい。

 

もちろん、リトリーブスピードや
レンジもだいたい同じところに合わせる。

 

ここまでは普通のよくある話です。
 
 

ところが、この時
普通はあまり起こらない
ある偶然が起きていました。
 

実は話してくれた方とその釣友の
ロッドとリールがまったく
同じものだったんです。

 

この時、二人は爆釣を
疑いませんでした。
 
 

ですが、結果は散々なもの。

話してくれた方の釣友さんは
爆釣でしたが、話してくれた方の
釣果はなんと2シーバスだけ。
 
 

同じロッド、同じリール、
同じルアーでレンジやリトリーブ
スピードまで合わせても
コレほどの違いが出るんです。

 
 
 

私も興味があったので
少し細かく詮索してみました。
 

するとそこには決定的な違い
一つだけあったんです。
 

それは使っていたラインです。
 
 

話してくれた方はPE0.8号、
その釣友さんはPE1.2号を
使っていたと言うんです。

 

フィールド状況を確認してみると
釣果に差が出た理由が2つ
分かりました。
 

その時、シーバスのヒットポイント、
つまりアタリが出るポイントが
けっこう遠い場所
だったんです。
 
 

どういう事かというと、

同じ距離でキャストした場合、
細いラインと太いラインとでは
ルアー着水時のスプール径
変わって来ます。
 

スプール経とはリールの
ラインが巻いてある丸いところの
直径の事です。
 

ここの直径が変わってくると
同じスピードでリールを巻いても
一回転で巻き取れるラインの
長さ
が変わってきます。
 

つまり、同じ速度で巻いても
ルアーが泳ぐスピードに
違いが出てしまうという事。
 
 
 

話してくれた方は0.8号だったので
スプール経があまり変わらず
シーバスがいる場所ではレギュラーな
リトリーブスピードだった。
 

でも、
その釣友さんは1.2号だったため
ヒットポイントではスプール経が
小さくなっていて、実はスロー
リトリーブになっていたんです。
 
 
 

もう一つはタックルを扱う
個人による癖ですね。
 

いわゆる、個性ってヤツです。

実は人によってやりやすい
リトリーブスピードと
そうでない巻き速度があります。
 

全く同じスピードでルアーを
引いてくるのは、実はけっこう
至難の技です。
 
 
 

そして、

ロッドティップの位置調整でも
ルアーのレンジが変わります。
 

さらに、ロッドが違えば
同じルアーでもアクションが
ガラッと変わる場合があります。

コレはロッドの硬さによって
ルアーアクションが変わるから。
 
 
 

どうでしょうか?

水中で他の人と同じルアーの
動きを完全コピーするのが
いかに難しいか分かって
頂けたでしょうか?
 

ですから、
”水中で同じルアーは存在しない”
と認識してください。
 

つまり、真似をするのは
いい方法なんですが、その時
なぜその方法でシーバスが
釣れているのかを考える事が大事。

 

釣れている人の真似をして
そこから見えてくるものが
何より大切なんです。
 
 

そして、これが分かれば
他のルアーを使って同じように
釣ることも出来るようになります。
 

なぜ、アタらないのか
じっくりと分析してみてくださいね。
 
 
 
 

シーバスのアタリあれこれ

あなたはボトムノックや
海藻に引っ掛かった感触が
分かるんだからシーバスの
明確なアタリは分かると思う。
 

だからこの時の状況は
シーバスがアタっていないと
考えた方がよさそうですね。

 
 

ですが、あなたの言うように
微妙なアタリもありますし、
それらを積極的に掛けていく
釣りもあります。
 

ですからここで一つ格言を。

シーバスに限っては
ボトムを丁寧に探っている
時でなければ、”疑わしきは
合わせろ”というものがあります。

 

これをしっかりと実践すると
アタリとそうでないものの
違いが分かるようになってきます。
 

ですからまずは
ガンガン合わせていきましょう。
 
 
 

さて、それではアタリについて
いくつか紹介していきましょう。
 

大きなアタリはまず分かるので
微妙なアタリをいろいろと。
 
 

まず、ボトム付近の
紛らわしいアタリで
海草に引っ掛かるヤツ。

これはかなり分かりにくいです。
 

シーバスのショートバイトに
よく似ていて
区別がつきません。
 

何かに引っ掛かるような感じが一瞬だけ
あって、それが頻発するパターン。

これはシーバスが吸い込んで食べるのを
失敗している時です。
 

何にもないはずなのにリトリーブ
していると一瞬だけリールの巻きが
重くなります。
 

しっかりとレンジを把握して調整してる
時や、何度も海草に引っ掛かってるのに
ルアーフックに一度も海草の切れ端が
付いてこない時は疑ってください。
 
 

これに対しては

ルアーを変えてしっかり
バイトさせたり、少し送り込んで
合わせたりレバーブレーキ
フッキングなどが有効です。
 
 
 

そして次は「コツッ」という、
すごく小さいアタリ。

 

これは吸い込んですぐに吐き出す
厄介なアタリで即合わせで対応します。
 

ルアーまで距離があるとかなりアタリが
小さいので変な手応えを感じたら
すぐにフッキングしてください。
 

こちらは水中に流れている小さな
木の枝などに引っ掛かった時に出る
アタリによく似ていて紛らわしいです。
 
 
 

あとは、リトリーブしていたら
突然手応えが無くなったりとか。

 

これはシーバスがバイトしてから
あなたの方へ向かって泳いで
来ている時に起こります。
 

ロッドを少しだけ斜めに構えて
高速でリールを巻き、ロッドティップが
曲がった瞬間にシャープに合わせを
入れてください。
 

あまり強く合わせると
アワセ切れを起こします。
 
 
 

そして、モワッとしたアタリ。
 

バチ抜け時などに多く出る
アタリで、軽いルアーを流すような
釣りでよく起こります。
 

感じたら速攻で合わせを
入れてくださいね。
 
 

大きく分けるとだいたい
こんな感じです。
 
 
 
 

まとめますと、

釣れている人の真似をするのは
大正解。

 

でも、ただ単に同じルアーを
投げているだけではなく
なぜその時そのルアーに
アタリがあるのか?
 

コレを釣れている人の釣り方も
観察してみて、その人がいったい
どんなバイトパターンを狙って
いるのかを読み取る事が大切。

 
 

そして、ボトムやストラクチャーが
絡んだ釣りでなければ、あなたから
ガンガン合わせていく事。
 

”疑わしきは合わせろ”
実践して経験を積んでいく以外に
シーバスのアタリを見分ける
方法はないという事です。

 
 

最初に言いました。

あなたなら大丈夫です。
 
 

これから厳しい季節になりますが
釣るための知識なら私のブログに
いくらでも落ちています。
 

寒さに打ちひしがれた時は
こたつとみかんのゴールデンコンビで
ライブ・オブ・シーバス!を
徘徊するのも乙なものですよ。(笑)
 

その際は一番上の
グローバルメニューの
各種記事一覧からどうぞ。
 
 
 

機会があったら
どこかのフィールドで
ご一緒出来るといいですね。
 
 
 
 

それでは、グッドラック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

【釣り用語】

ルアーフィッシングに おける、釣り用語の 解説です。
参考にして頂けると うれしいです。


・アップクロス
(水の流れに対して 自分の立ち位置から 上流へキャストする事)

・キャスト
(ロッドを使って ルアーを投げる事)

・ロッド
(竿)

・アフタースポーニング
(魚の産卵後の意味で アフターと略される事も ある)

・アプローチ
(釣りたい魚に対する コンタクト方法の事で 要するに戦術です)

・アミ
(直径3センチくらい までの小さなエビの事)

・アワセ
(魚が餌を食べた時に こちらからフッキング する行為)

・フッキング
(竿を煽って魚の口に 針を貫通させる事)

・アタリ
(バイトの事で、魚が 餌を食べて竿に伝わる 衝撃の事)

・バイト
(アタリの事で魚が ルアーに食いつく 行為の事)

・アクション
(竿やリールの操作で ルアーを動かした時の ルアーの動きの種類の事)

・レンジ
(そのルアーが泳ぐ 水深の幅の事)

・ウエイト
(ルアーの重量)

・ベイト
(ターゲットが捕食して いる対象生物の事)

・アングラー
(釣り人の事で、特に 疑似餌を使って釣りを する人の事)

・まづめ
(朝晩の暗い時から 明るくなる、または その逆の中途半端な 明るさの時間帯の事)

・ラインスラック
(ルアーを操作する 際に出る糸のたるみ の事)

・ウォブリング
(ルアーの重心あたりを 軸にしてブルブルと震える 振動の大きい動きの事)

・馬ノ背
(水中のたんこぶ地形の事)

・バチ
(イソメやゴカイなどの 釣り餌に使われる多毛類の 総称です)

・バチ抜け
(バチが産卵のために 大潮の満潮前後に 一斉に水面付近まで 浮上する事)

・ハク
(ボラの稚魚)

・イナッコ
(ボラの幼魚)

・マイクロベイト
(シーバスタックルで キャストするルアーサイズ では表現しにくい小さな ベイトの事)

・ウエーダー
(漁師さんが履く丈が 腰くらいまである長靴の 事)

・ウエーディング
(ウエーダーを着用して 川、湖、海岸などで水中に 入り、釣りをする事)

・Mリグ
(シンキングミノーの腹側の フックをはずし、ガン玉を 付けてさらに沈ませる松尾 道洋氏の考案したチューニング)

・松尾道洋
(シーバス、ランカー クラブの副部長)

・カーブフォール
(ラインの出を抑制したり 止めたりして常にライン テンションがかかった状態で ルアーを沈めていく技術で ”テンションフォール”とも 言われる)

・かけ上がり
(水深が浅くなるときに 見た目にもまる分かりな 斜面になってる地形変化の事)

・大野ゆうき
(年間シーバスキャッチ量 1トンを超える、スーパー アングラー)

・汽水域
(淡水と海水がまじり合った 河口付近のエリアの事)

・ゴロタ場
(人がやっと持てるくらいで まず流されないだろう程度の 石が敷き詰められたように なっている水中地形の事)

・サミング
(リールを使ってキャストする 時に手を使ってラインの放出を 抑制する事。本来はベイト リールで行うときにサミングと 呼ばれ、スピニングリールの 場合はフェザーリングと 呼ばれるが、どちらでも サミングで通じる)

・サスペンド
(水中で沈んだ状態で止まり そこから浮きも沈みもしない 状態でルアーのタイプを 表すときに良く使われる)

・サンドバー
(流れ込みで砂が体積して 細長い沖に伸びている岬の ような帯状の水中地形の事)

・時合い
(潮回りや天候など様々な 条件が重なって魚の食いが 活発になる時間帯の事)

・シェード
(水中に出来る影の エリアの事)

・シャロー
(水深が2メートルくらい までの浅いエリアの事)

・潮目
(水中の流速変化によって 起こる、水面の目に見える 境界線みたいな変化の事)

・ショートバイト
(喰いが浅く、アタリは あるが魚がフッキング しない状態の事で魚の 警戒心が高い時や、元気が ないときに起こる)

・シンキング
(水中で沈んでいく状態の 事でルアーのタイプを表す 時によく使われる)

・ストップ&ゴー
(リールを巻いては止め、 巻いては止めるという ルアーフィッシングの 技術の事)

・ボトム、ズル引き (バイブレーションなどを ボトムに着底させて底を 引きずりながら引いてくる 技術の事)

・ストラクチャー
(水中の魚が身を隠したり するのに使う障害物の事)

・スレる
(魚が何かに警戒して 餌を食べなくなる状態で 釣り場で騒いだり、ルアーを キャストしまくったりする ことで起こる)

・スレ
(正確には”スレ掛かり”の ことで魚の口の外からや体に 針がフッキングした状態の 事で上記の”スレる”と かぶり、ややこしい。文脈から 察するしかない)

・スナップ
(ルアーとラインを簡単に 接続するための金具の事)

・スロープ
(船やボートを水面に 出し入れする為に港などに 作られた滑り台みたいな かけ上がり地形の事)

・瀬
(浅くて水の流れが速く なっている場所でさざなみが 立っているようなフィールド の事)

・遡上
(魚が季節により海や湖から 川を遡る事)

・ダート
(ジャークによってバランスを 崩したルアーが左右に蛇行する アクションの事)

・ジャーク
(やや大きく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚を寄せるとかリアクションで 喰わせるという攻撃的な意思を 持ったアクションの事)

・トゥイッチ
(小さく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚にルアーの存在を気づかせる とか、ルアーのバランスを 崩して魚に攻撃するスキを 与えるという受け身的な意思を 持ったアクションの事)

・ターンオーバー
(気温低下や風などに よって表層の水温が急激に 下がり、水中で上層の水と 下層の水が入れ替わる事で 魚に致命的なダメージを 与えることがある)

・チェイス
(魚がルアーを追尾して くる事)

・チャンネル
(流芯の地形のことで 他のエリアよりも流れが 強く、底が深くなって いて水が干上がると確認 できる水の通り道です)

・テクトロ
(岸壁際を歩きながら ルアーを泳がせるという お手軽釣法の事)

・手返し
(投げる、釣る、魚を 針から外す、そしてまた 投げるまでのサイクルの 事で手返しが良いとか 手返しが早いとか言われる)

・ドッグウォーク
(トップウォーター ペンシルの水面で頭を 左右に振りながらゆっくり 進むアクションの事で 酸欠状態の魚や下から 追われて逃げ場を失った 魚を表現した技術です)

・ナブラ
(大量のベイトが下から 追われて界面にさざなみを 立てる現象で小魚たちが 群れで移動するために 起こる、目に見える 捕食行動です)

・二枚潮
(海中の層によって 潮の流れる向きが違う 現象の事で上は右に 流れているけど、底の 方は左に流れているという 川で起こる反転流が 縦に起きてる状態です)

・リアクションバイト
(魚に見切られにくい 素早い動きで反射的に バイトしてしまう事で れっきとした釣技として 確率されている)

・リーダー
(シーバスフィッシングに おいてルアーからメイン ラインまでをつなぐ糸の 事でPEラインだけでは 補いきれない性能を ラインシステムに加える ために付ける)

・ラインシステム
(ルアーからリールまでを つなぐのに使われる、魚や そのときの状況に合わせた 性能を持たせる糸の 組み合わせの事)

・リップ
(ルアーの先に付いた 透明なくちばしみたいな ヤツの事)

・ボイル
(沸騰するなどの意味を 持ち、シーバスなどにベイトが 追われて逃げ場を失い、 水面で大量に浮いている 状態。)

・ライズ
(立ち上がる、飛び上がる などの意味を持ち、 シーバスがベイトを捕食 するために水面に飛び出す ときの様子を表す。)

このページの先頭へ