シーバス リアクションは夜でも有効か? ルアーの飛距離についても教えて 【Q&A】

WS000303


こんにちは。

いつも閲覧して参考にさせて
頂いています。

 

先日は回答ありがとうございました。

しっかりとシーバスフィッシング
楽しめています。

 

また疑問に思うことが出てきたので
質問させていただきます。
 

1つは、
リアクションバイトについてです。

主にデイゲーム主体だと言われて
いますが、ここに疑問を感じました。

先日の夜、ミノーでアタリが
なかったので鉄板バイブのフラップが
ついたものを早巻きしたところ、
アタリがあり、自己ベストを
更新出来ました。
 

また、釣り場で出会った人も、
アタリがないときに鉄板バイブで
80近くのサイズをあげたと聞きました。

このことから、夜の早巻きも
釣果があがることが分かりましたが、
理由が分かりません。

デイゲームとナイトゲームでの
早巻きの違い、アピールなどの
違いがあれば教えていただきたいです。
 

もうひとつは、ルアーの
飛距離についてです。

現在9.2フィートのロッドを
使用しています。

たらしを長めにとり、だいたい
10時の針に停止させ、そこから
振りぬいています。

何メートル飛んでいるかは分かりませんが、
飛びきってないような気がします。

重いルアーはまだしも、軽いルアーだと
それが顕著にあらわれます。

飛距離が出る投げ方があれば
教えていただきたいです。
 

また、ペンデュラムキャストを
練習しましたが、うまくいきません。

もし飛距離が出る投げ方が
ペンデュラムキャストの場合のみの時、
ペンデュラムキャストのコツが
あれば教えていただきたいです。
 

考えてやってもここがなかなか
うまくいきません。

どうか、回答よろしくお願いします。
 
 
 

と、言うのが今回の【Q&A】
 
 
 

私はよく、いろんなところから
いろんな相談や質問を頂きます。
 

よくある質問や
緊急性の高い質問など
当ブログの記事で
お答えしていきます。

 
 

あなたもお気軽に問い合わせて
頂けるとうれしいです。
 
 
 

よろしくお願いします。
 
 
 
 

リアクションバイトはデイゲーム主体?

こんにちは、しんです。
 

再びお問い合わせ、
ありがとうございます。
 

快調にシーバスフィッシングを
楽しんで頂けてるようですね。

嬉しいです。
 
 

さて、夜のバイブレーションと
ルアーの飛距離ですね。
 

どんなに釣れる釣りや優れた
釣技であっても、ほとんどの場合
ごく基本的なものが元になっている
事がけっこう多いです。

 

そこで、その基本から見て
考えていきましょう。
 
 

じゃ、さっそく。
 
 

これは、結論からいきましょう。

夜でも場合によってはバイブ
レーションでのはや巻きは有効です。

 
 

確かに、夜のシーバスフィッシング
ではゆっくりとルアーを引いて
シーバスが追えるようにしっかりと
見せる事が大切になります。
 

これは昼間よりも暗くて遠くまで
視界が効かないせいで、シーバスが
ルアーを見失ってしまうから。
 

ですが、これは裏を返せば
ルアーがよく見えて、なおかつ
追えるのなら問題なく補食できる
という事になります。
 
 

ルアーがよく見えるという点では、

あなたが釣りをしていた時にまわりが
月明かりや街灯などで明るかったり、
その時の状況でシーバスから見えやすい
ルアーカラーを使っていたと思われます。
 

そうでなくても、そのルアーが
よほど目立っていてシーバスが
ロックオン出来る要素を備えていたか。
 
 

こういう状態を作り出せれば
ミノーのスローリトリーブであろうと
バイブレーションのはや巻きであろうと
関係なくシーバスをバイトさせられます。
 
 

ですが、夜なんでシーバスの視界にも
限界があります。
 

ですから、このはや巻きにジャークや
激しいリフト&フォールなどを
加えていたら、おそらくシーバスは
ルアーを追えなかったでしょう。
 
 

そして、今の時期特有の
現象でもあります。

 

以前、この時期は潮の動きの大きさの
関係で昼間の方がシーバスの活性が
高いとお話しましたよね?
 

それによると、全てのの日がそうでは
ありませんが、基本的にこの時期の
夜はシーバスの活性が悪いです。
 

そこに加えて、実は夏の夕方くらいが
いちばん水温が高く、シーバスも
暑くて酸素が薄いのでダレている。
 

これは完全に日が暮れてからでも
同じです。

しばらくは水温が高いままなんで。
 
 

つまり、やる気のないシーバスが
うろうろしている状態が
出来上がっているんです。
 

こういう時は普通にルアーを
見せるのではなく、はや巻きや
アクションを使って反射的に
喰わせるのが有効になります。
 

だけど夜では激しいアクションでは
ルアーを見失ってしまう。
 

だから動きが読みやすい単調な
はや巻きや、僅かなトゥイッチなどに
反応してくるんです。
 
 
 

そして、実は他にも釣れる要素が
そこにはあったんです。

 

それは、
シーバスが大きかったという事です。
 

同じ魚であれば、普通は大きければ
大きいほど遊泳力があって、小さい
魚に比べてワンアクションで移動できる
距離とスピードが大きいです。
 

のため、小さいシーバスよりも
はや巻きされているバイブを
簡単に捕まえられます。
 
 

さらに魚は基本的に大きくなれば
なるほど眼の網膜が成長とともに
変化して、暗いところが良く見える
ようになるという生態をもっています。

 

これが、小さな魚が明るい街灯の
下に集まって、大きな魚が明かりの
真下に集まらない最大の理由です。
 

つまり、大きな魚の方が暗闇での
ルアーの視認能力が高いんです。
 
 

ですから、偶然通りすがりで
シーバスが釣れたように思われる
方も中には見えますが、実はこれ以上
ないくらいパターンにどハマリしていた、

というわけですね。
 
 
 

そして、デイゲームとナイトゲームでの
早巻きの違い、アピールなどの違いで
一点あげるとすれば、

ナイトゲームでは、よほど明るいか
ルアーを捕らえやすい状態でない限り
リフト&フォールやジャーク、
ストップ&ゴーなどのバイトしにくい
アクションを使わない事ですね。
 

さらに、基本的にその時の
状況でシーバスがルアーを捕らえる
事が出来るかどうかを考えて
リアクションを使うという事が大事。

 
 
 
 

キャスト時の飛距離において大切な事

こちらも基本があります。

ロッドでのキャストで最も大きな
力を生み出すのは、キャスト時に出る
ロッドのしなりで生まれる反発力。
 

だけど、じゃあ反発力が強ければ
大きな力を産み出せるから、反発力の
強い固くて張りのあるロッドであるほど
飛距離が伸びるかと言ったら
実はそうでもないんです。
 

大事なのはキャスト時に産まれる
ロッドのしなり。

 

これが産まれないとそもそも
反発力自体が生まれない。
 

どんなに強い反発力を持った
ロッドでもしならせられなければ
ただの棒でキャストしているのと
同じですよね?
 
 

これは、どういう事かというと
重いルアーを使った時はそのルアーの
重さでロッドを振り抜く時にちゃんと
ロッドが後ろへ反り返っているって事。
 

このテイクバックしてロッドを
前へと振り始める瞬間にロッドが
ルアーの重みで少し後ろへ反って
曲がっている事が重要なんです。

 

そして、この状態からスイングが
始まるのが、よく飛ぶアングラーの
投げ方になります。
 
 

あなたの場合は重いルアーを使った
時はルアーの重みでこの反り返りが
ロッドを振り始める瞬間に出来るので、
重いルアーはまだマシな感じがするんです。
 

だけど、軽いルアーを使った場合は
このロッドの反り返りが
当然ですが不十分になります。
 

その結果、重いルアーと同じ位置で
ラインを離すと軽いルアーは低い起動を
描いて飛んで行くか、下に向かいます。
 

だから、重いルアーをキャストする
時よりもコンマ何秒だけ、ラインを
離すのが早くなって振り抜きの
ストロークも短くなります。
 

さらにルアー自体が軽く飛距離も
伸びにくいので、余計に飛ばないし
振りきれていない感が出てきます。
 
 

ですから、もしかしたらあなたは
固めのロッドを使っておられるのでは
ないでしょうか?

 

そうでなければ、よほど軽いルアーか
飛距離が出にくいルアーを使って
いらっしゃると思います。
 
 

そして、ロッドの調子でも
ルアーの飛距離が変わってきます。
 

基本的にレギュラーテーパーの方へ
向かうほどキャストしやすく、
ファーストテーパーに向かうほど
投げづらくトラブルが多いです。

 

これはレギュラーテーパー寄りの
ロッドのほうが全体的に綺麗に曲がって
キャスト時の抵抗やトラブルを
軽減してくれるからです。
 
 
 

策法としては、しっかりと
ロッドをしならせる事が大切です。
 

私のブログの記事の中にも
オーバーハンドキャストを解説した
記事がありますが、

ロッドを後ろへテイクバックして
10時の位置で停止させるまでは
問題ありません。
 

ですが、そこでルアーを下に
垂らしたままキャストに入っては
あんまり飛距離が望めません。
 

その方法で満足に飛距離を出せるのは
ロッドを前へ振り始める時に出来る
後ろへのしなりを感じてからフルに
振り抜くという応用が出来る人だけ。
 

ですから、私のブログの中では
まずオーバーハンドキャストを
完全にマスターして欲しいという
事をお話させて頂いてます。

 

それは、このキャストが全ての
キャストの基本になるからです。
 

どういう事かというと、
ルアーのキャスティングというのは
ポイントを見据えてリールのベールを
返した瞬間に始まっています。

 

この時、まだルアーと竿先は
あなたの前にあるはずです。
 

ここから先はあなたの指にラインを
通してルアーの重さが伝わっています。
 

そして、ルアーが放たれるその瞬間まで
ず〜っと人差し指にルアーの重量を
感じながらキャストの行程を進めます。
 
 

こうするとロッドをテイクバックして
10時の位置で止めた後に、ルアーが
後ろにながされてロッドが
少しだけ後ろに反ります。
 

の僅かな反り返りを利用する事で
ロッドの持つ反発力を最大限に
生かす事が出来ます。
 

と同時にこの僅かな反り返りこそが
ほぼ全てのキャストの基本になります。

 
 

これは、オーバーハンドキャストでも
サイドやバックハンドでも、たとえ
ペンデュラムキャストであったとしても
同じです。
 

ンデュラムキャストというのは
このロッドの反発力を最大限に引き出す
ためのシナリと振り子の原理で生まれる
遠心力を掛け合わせたキャスト。
 

でも、先ほどお話させて頂いた基本、
ロッドのしなりを完全に使いこなせれば
ペンデュラムキャストに引けをとらない
くらいのキャストができます。

 
 

まず、ロッドとルアーが前にある
状態でリールのベールを返して
人差し指にラインを引っ掛けます。
 

次はルアーがロッドに当たらないように
ロッドの横を振り子のように
後ろへと通過させます。
 

そして、あなたの後ろの10時の位置で
ロッドを止めると惰性でルアーが
後ろにぶら〜んと流れていきます。
 

すると、そのルアーに引っ張られて
ロッドティップが僅かに後ろへ
反り返ります。
 

この力をしっかりと溜めて、今度は
一気にロッドを前へと振り抜きます。
 

上手い人がよくやっている
キャスト法ですね。
 
 

事なのはルアーが後ろへ流れた
時に出来る僅かな反発力を
完全に使いこなす事です。
 

そして、これを使いこなすには
オーバーハンドキャストをマスター
するのが一番の近道になります。

 
 

さらに、後ろにルアーを垂らした
状態からキャストするのは
オススメではありません。
 

キャストという行程はあなたが
ベールを返した、ロッドとルアーが
前にある状態からすでに始まってます。
 
 

なお、もしオーバーハンドキャストを
練習するというのならシーバスロッド
以外のどうでもいいロッドがあれば
それを使う事をオススメします。
 

シーバス専用ロッドはロッドの外側の
硬度が高いものが多く、失敗すると
竿先が折れたりするので。
 
 

ちょっと文章では分かりにくい
ですが、しっかりと理解して
頂けたら嬉しいです。
 
 
 
 

まとめますと、

シーバスがルアーを視認しにくい
夜でも、本質を捉えてリアクションの
種類を選べば状況に応じて
リアクションを使えるという事。

 
 

そして、ルアーの飛距離はロッド
ルアーの相性によって変わってくる
もので、ある程度はあなたのキャスト
技術で対応出来るという事。

 
 

さらに、どんなものでも
ごく基本的な事が元になっていて
基本から考えたり基本を極めたりすると
いろんな釣技に繋がるという事ですね。

 
 
 

さて、いかがだったでしょうか?
 

またしても長文になってしまって
内容の把握が難しいと思います。
 

フィールドで実際にひとつひとつ
試しながら、あなたの引き出しに
していって頂けたら幸いですので
良かったら参考にしてみてくださいね。
 
 
 
 
 

それでは、また。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

【釣り用語】

ルアーフィッシングに おける、釣り用語の 解説です。
参考にして頂けると うれしいです。


・アップクロス
(水の流れに対して 自分の立ち位置から 上流へキャストする事)

・キャスト
(ロッドを使って ルアーを投げる事)

・ロッド
(竿)

・アフタースポーニング
(魚の産卵後の意味で アフターと略される事も ある)

・アプローチ
(釣りたい魚に対する コンタクト方法の事で 要するに戦術です)

・アミ
(直径3センチくらい までの小さなエビの事)

・アワセ
(魚が餌を食べた時に こちらからフッキング する行為)

・フッキング
(竿を煽って魚の口に 針を貫通させる事)

・アタリ
(バイトの事で、魚が 餌を食べて竿に伝わる 衝撃の事)

・バイト
(アタリの事で魚が ルアーに食いつく 行為の事)

・アクション
(竿やリールの操作で ルアーを動かした時の ルアーの動きの種類の事)

・レンジ
(そのルアーが泳ぐ 水深の幅の事)

・ウエイト
(ルアーの重量)

・ベイト
(ターゲットが捕食して いる対象生物の事)

・アングラー
(釣り人の事で、特に 疑似餌を使って釣りを する人の事)

・まづめ
(朝晩の暗い時から 明るくなる、または その逆の中途半端な 明るさの時間帯の事)

・ラインスラック
(ルアーを操作する 際に出る糸のたるみ の事)

・ウォブリング
(ルアーの重心あたりを 軸にしてブルブルと震える 振動の大きい動きの事)

・馬ノ背
(水中のたんこぶ地形の事)

・バチ
(イソメやゴカイなどの 釣り餌に使われる多毛類の 総称です)

・バチ抜け
(バチが産卵のために 大潮の満潮前後に 一斉に水面付近まで 浮上する事)

・ハク
(ボラの稚魚)

・イナッコ
(ボラの幼魚)

・マイクロベイト
(シーバスタックルで キャストするルアーサイズ では表現しにくい小さな ベイトの事)

・ウエーダー
(漁師さんが履く丈が 腰くらいまである長靴の 事)

・ウエーディング
(ウエーダーを着用して 川、湖、海岸などで水中に 入り、釣りをする事)

・Mリグ
(シンキングミノーの腹側の フックをはずし、ガン玉を 付けてさらに沈ませる松尾 道洋氏の考案したチューニング)

・松尾道洋
(シーバス、ランカー クラブの副部長)

・カーブフォール
(ラインの出を抑制したり 止めたりして常にライン テンションがかかった状態で ルアーを沈めていく技術で ”テンションフォール”とも 言われる)

・かけ上がり
(水深が浅くなるときに 見た目にもまる分かりな 斜面になってる地形変化の事)

・大野ゆうき
(年間シーバスキャッチ量 1トンを超える、スーパー アングラー)

・汽水域
(淡水と海水がまじり合った 河口付近のエリアの事)

・ゴロタ場
(人がやっと持てるくらいで まず流されないだろう程度の 石が敷き詰められたように なっている水中地形の事)

・サミング
(リールを使ってキャストする 時に手を使ってラインの放出を 抑制する事。本来はベイト リールで行うときにサミングと 呼ばれ、スピニングリールの 場合はフェザーリングと 呼ばれるが、どちらでも サミングで通じる)

・サスペンド
(水中で沈んだ状態で止まり そこから浮きも沈みもしない 状態でルアーのタイプを 表すときに良く使われる)

・サンドバー
(流れ込みで砂が体積して 細長い沖に伸びている岬の ような帯状の水中地形の事)

・時合い
(潮回りや天候など様々な 条件が重なって魚の食いが 活発になる時間帯の事)

・シェード
(水中に出来る影の エリアの事)

・シャロー
(水深が2メートルくらい までの浅いエリアの事)

・潮目
(水中の流速変化によって 起こる、水面の目に見える 境界線みたいな変化の事)

・ショートバイト
(喰いが浅く、アタリは あるが魚がフッキング しない状態の事で魚の 警戒心が高い時や、元気が ないときに起こる)

・シンキング
(水中で沈んでいく状態の 事でルアーのタイプを表す 時によく使われる)

・ストップ&ゴー
(リールを巻いては止め、 巻いては止めるという ルアーフィッシングの 技術の事)

・ボトム、ズル引き (バイブレーションなどを ボトムに着底させて底を 引きずりながら引いてくる 技術の事)

・ストラクチャー
(水中の魚が身を隠したり するのに使う障害物の事)

・スレる
(魚が何かに警戒して 餌を食べなくなる状態で 釣り場で騒いだり、ルアーを キャストしまくったりする ことで起こる)

・スレ
(正確には”スレ掛かり”の ことで魚の口の外からや体に 針がフッキングした状態の 事で上記の”スレる”と かぶり、ややこしい。文脈から 察するしかない)

・スナップ
(ルアーとラインを簡単に 接続するための金具の事)

・スロープ
(船やボートを水面に 出し入れする為に港などに 作られた滑り台みたいな かけ上がり地形の事)

・瀬
(浅くて水の流れが速く なっている場所でさざなみが 立っているようなフィールド の事)

・遡上
(魚が季節により海や湖から 川を遡る事)

・ダート
(ジャークによってバランスを 崩したルアーが左右に蛇行する アクションの事)

・ジャーク
(やや大きく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚を寄せるとかリアクションで 喰わせるという攻撃的な意思を 持ったアクションの事)

・トゥイッチ
(小さく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚にルアーの存在を気づかせる とか、ルアーのバランスを 崩して魚に攻撃するスキを 与えるという受け身的な意思を 持ったアクションの事)

・ターンオーバー
(気温低下や風などに よって表層の水温が急激に 下がり、水中で上層の水と 下層の水が入れ替わる事で 魚に致命的なダメージを 与えることがある)

・チェイス
(魚がルアーを追尾して くる事)

・チャンネル
(流芯の地形のことで 他のエリアよりも流れが 強く、底が深くなって いて水が干上がると確認 できる水の通り道です)

・テクトロ
(岸壁際を歩きながら ルアーを泳がせるという お手軽釣法の事)

・手返し
(投げる、釣る、魚を 針から外す、そしてまた 投げるまでのサイクルの 事で手返しが良いとか 手返しが早いとか言われる)

・ドッグウォーク
(トップウォーター ペンシルの水面で頭を 左右に振りながらゆっくり 進むアクションの事で 酸欠状態の魚や下から 追われて逃げ場を失った 魚を表現した技術です)

・ナブラ
(大量のベイトが下から 追われて界面にさざなみを 立てる現象で小魚たちが 群れで移動するために 起こる、目に見える 捕食行動です)

・二枚潮
(海中の層によって 潮の流れる向きが違う 現象の事で上は右に 流れているけど、底の 方は左に流れているという 川で起こる反転流が 縦に起きてる状態です)

・リアクションバイト
(魚に見切られにくい 素早い動きで反射的に バイトしてしまう事で れっきとした釣技として 確率されている)

・リーダー
(シーバスフィッシングに おいてルアーからメイン ラインまでをつなぐ糸の 事でPEラインだけでは 補いきれない性能を ラインシステムに加える ために付ける)

・ラインシステム
(ルアーからリールまでを つなぐのに使われる、魚や そのときの状況に合わせた 性能を持たせる糸の 組み合わせの事)

・リップ
(ルアーの先に付いた 透明なくちばしみたいな ヤツの事)

・ボイル
(沸騰するなどの意味を 持ち、シーバスなどにベイトが 追われて逃げ場を失い、 水面で大量に浮いている 状態。)

・ライズ
(立ち上がる、飛び上がる などの意味を持ち、 シーバスがベイトを捕食 するために水面に飛び出す ときの様子を表す。)

このページの先頭へ