シーバス 経験者 ランディング時によく逃げられる よろしくお願いします。 【Q&A】

WS000303


はじめまして!
ブログランキングから来ました。

 

いろんな釣りをしています。

大阪にいた時は「エビ撒き釣り」
というご当地の釣りでハネを
良く釣っていました。

基本的にはフカセ釣りがメインです。
 

故郷に3年前に帰り、シーバスの
ルアーフィッシングを始めたのですが、
運の悪い人間とでもいいましょうか?

まだランディングできていません。

フッキングまでは出来ているのですが、
ランディングで失敗すること数回、
おかげでまだノーフィッシュ。

 

他の魚はそういう事はないのですが、
こちらのブログで勉強させて
いただこうと思います。

よろしくお願いします!
 
 
 

と、言うのが今回の【Q&A】
 
 
 

私はよく、いろんなところから
いろんな相談や質問を頂きます。
 

よくある質問や
緊急性の高い質問など
当ブログの記事で
お答えしていきます。

 
 

あなたもお気軽に問い合わせて
頂けるとうれしいです。
 
 
 

よろしくお願いします。
 
 
 
 

ルアーフックの掛かりにくさ

とか何とか言って【Q&A】では
ないのですが、勝手に
答えさせてください。(笑)
 

こんにちは、しんです。
 

メント、ありがとうございます。
 

素晴らしいフィールドをホームに
してらっしゃいますね。
 

圧倒的な大自然。

ちょっと羨ましいです。
 

私は伊勢湾奥アングラーなので
そんなに豊富な魚種を相手に
しておらず、あなたのホームで釣れる
青物なんかとは無縁です。
 

私もいつか東北のシーバスを
釣りに行けたらと考えています。
 
 
 

そして、メインは
フカセ釣りなんですね。
 

これもまた、素晴らしいです。
 

フカセ釣りというのは、細かい
流れを的確に読んでいかなければ
ならない釣りです。
 

そのため、高いレベルで潮の流れを
読む事に長けている方が多く、
この能力はシーバスフィッシングに
おいてもかなり有利にはたらきます。

シーバスは流れに着く魚ですから。
 

ですから、フカセ釣りをしていたなら
シーバスはピンポイントで探せるし、
私達よりも高いレベルで水中が
見えているでしょう。
 
 

そんなわけで、なぜランディング時に
バラすのかという事に特化して
見ていきましょう。
 
 

じゃ、さっそく。
 
 

普通の釣り針とルアーフックとでは
そのコンセプトみたいなものが
まったく違います。

 

あなたがされているフカセ釣りなどの
エサを使う釣りの多くが、普通の
1本で出来た釣り針を使うのは
何故だと思いますか
 

・・・、
 

・・・、
 

そうですね。

一本しか必要ないからです。
 
 

では、何故一本しか
必要ないんでしょうか
 

それは、狙っている魚がどこを
喰ってくるかがピンポイントで
分かっているからです。
 
 

ういう事かというと、例えば
エビ撒き釣りだとエサは確実に一口で
吸い込める小さなエビですよね。
 

この状態であれば確実に釣り針は
魚の口の中に入って、喰った魚が
口を閉じている状態で合わせる
ため、

どんな向きで引っ張っても釣り針が
口に掛かる確率は凄く高いです。
 

だから、一本針でも問題なくというか、
魚に違和感を与えにくい一本針の方が
見破られて口を開かれるまでの
時間が長くなり、都合がいいんです。
 
 
 

ではルアーフックはどうでしょう。

あなたは、何故ルアーフックが
針の3本付いたトリプルフックに
なっていると思いますか
 

・・・、
 

・・・、
 

それは、エサとなるベイト自体が
大きくて常に動き回っているせいで
ベイトのどの部位をシーバスが
攻撃してくるか分からないから。
 
 

そして、どの方向からベイトを
襲ってくるかも分かりません。
 

例えば、ボトム付近でルアーを
泳がせていた場合、下からという
よりは横や後ろからバイトしてくる
可能性が高いわけです。
 

この時、もし腹の下にしかフックが
付いていなかったとしたら、しかも
それが、一本針だったとしたら。
 

シーバスにフッキングする可能性は
物凄く低いと思いませんか
 
 
 

さらに本物のベイトであれば、
エサと同じようにシーバスが口を
閉じている時間は長いです。
 

といっても、コンマ何秒ですが。
 

だけど、これが偽物のルアーであった
場合はシーバスも口に含んだ瞬間に
偽物だと分かってしまいます。

たまに分からない時もあるようですが。
 

そうなると、シーバスは口を開いて
ルアーを吐き出そうとします。
 

そして、このシーバスが口を閉じている
一瞬に合わせを入れられるほど人間の
反射神経は鋭くなく、パターンも
そこまで完璧にハマる事は少ないです。
 
 

つまり、エサとは違ってルアーと
いうのはシーバスが口を開いている
時に合わせを入れている可能性が
極めて高いんです。

 

この時、一本針だったとしたら
合わせた時に口に掛かってくれる
確率は低いですよね?
 

でも、これが撒きビシのような形の
トリプルフックだったら
どうでしょうか?
 

シーバスが口を開いていても
掛かりやすいと私は思います。
 
 
 

要するにエサ釣りはまさに”釣る”
といった感じですが、ルアーの場合は
むしろ引っ掛けるといった感じ。
 

その意識はあの針の数をみても
なんとなく感じられるはず。
 

もちろん私達シーバスアングラーの
中には”引っ掛ける”なんて意識で
釣りをされる方は一人も居ませんが。

 
 
 

これがエサ釣りとルアーフィッシングの
決定的な違いです。
 

だけど、ここで問題になってくるのは
針先の数です。
 
 

極端な例を出します。

一本の針って簡単に刺さりますよね
 

でも剣山って刺さりにくいですよね
 
 

針の太さや鋭さもありますが、
針先の数が多ければ多いほど
針は刺さりにくく貫通しにくい。
 

これは針先の数に確実に比例します。
 
 

つまり、一本針のように確実に
針のふところまで貫通しやすいというわけには
いかないという弱点をルアーフックは持っています。
 

だから、一本針のように合わせを
入れても完全にフッキングしている
確率は低いです。
 
 

さらに魚との距離。
 

いくらPEラインが伸びないと言っても
アタッたポイントがあまりにも
遠ければ、これまた完全にフッキング
する確率は低いです。
 
 

そして、シーバスを近くまで寄せて
来たらフカセ釣りのロッドのような
柔軟で長い竿ではないので、
圧倒的にバラしやすいです。
 
 

ですが、完璧にフッキング出来ていて
普通のシーバスロッドを使っている
のであれば、寄せてきてバレる事は
あまりありません。
 

逆にしっかりとフッキングしてないと
寄せてきた時に、どうしても
バラしやすくなります。
 

そして、ふところまで完全に
フッキングしていなければ、フックの
強度を最大限に発揮出来ないので
寄せてくるとフックを伸ばされます。
 
 

さらに、シーバスフィッシングに
おいてバラしの原因のほとんどが
フッキングの甘さから起きていて、

あなたの場合も寄せてきて
ランディング時に起きているので
まずはフッキングの甘さを
疑った方がいいと思います。
 
 

次は具体的なフッキング方法のお話。
 
 
 
 

効果的なフッキング

さて、あなたはランディング時の
バラしについて、

「他の魚はそんなことはない」

と私に教えてくれました。
 

他、つまりフカセ釣りでは
そのような事は起こらない。

では、なぜルアーフィッシングでは
それが起こるのか。
 
 

もちろんロッドが短くて硬いというのも
理由のひとつ
ですね。
 

ですが、シーバスロッドと称される
ものが当たり前のようにシーバスを
ランディング時にバラしてしまうもの
だったとしたら、それは売れるでしょうか?
 

そんなロッドでは使えないし
ほとんどのシーバスアングラーが
バラしてしまって釣れないという
事になってきます。
 

んなものが主流になるはずがないし、
シーバスロッドでなかったとしても
同じ事ですよね
 
 

だとしたら、

原因はフッキングにあると
考えた方がいいと私は思うんです。
 
 

だって、他の人はそれで
バラしていないのだから。
 

ましてや、フカセ釣りをメインに
されているあなたが魚のあしらいに
問題があるとは考えにくいです。
 

そういうわけで、フッキングに
ついても触れておきましょう。
 
 
 

先ほどお話したとおり、一本針に
比べてルアーフィッシングのフックは
圧倒的にフッキングしにくいです。
 

これは、ただでさえ貫通しにくいのに
その貫通させるための力が一本針に
比べて分散してしまうから。
 

その上、ロッドというのは魚が
全力で暴れる時の衝撃をうまく
吸収してしまいます。
 

このお陰で楽に魚をあしらえるんですね。
 
 
 

でも、ルアーフィッシングにおいては
フッキングする時にその衝撃をうまく
吸収されては困る
わけです。
 

なにせ、複数の針をしっかりと
ふところまで貫通させなければ
ならないので。
 

しかもフカセ釣りよりも遥かに
遠いポイントでそのフッキング力を
生み出す必要が出てきます。
 
 

ですから具体的な方法として、
ルアーをキャストしたらその着水点に
向かって斜め前にロッドの角度を
取ってリトリーブを始めてみてください。
 

この時にルアーの着水点に対して
真横にロッドを構えると、アタリを
感じて合わせを入れた時にほぼ
間違いなくフッキングしません。

完全には掛からない、という意味です。
 

ちょっと、下の画像を見てください。

WS000528
 

左側の状態がフッキング効果を上げる
事を考えた場合、正解です。
 

右側の構えかたも間違いでは
ありませんが、
遠くのポイントで
フッキング効果を高めようと
考えた場合はイマイチです。
 
 

これは、ロッドがすべての衝撃を
うまく吸収するものだからです。
 
 

ちょっと想像してみてください。

フカセ釣りでもロッドを立てている
状態の時はラインシステムにもろに
衝撃が伝わらないので大きめの魚でも
多少余裕のやり取りが出来ますよね
 

だけど、同じ大きめの魚がもし
あなたがちょっとよそ見をしている
隙にアタって、竿を大きく引き込まれて
から気がついた時はどうでしょうか
 

ドラグをゆるゆるにしているか
レバーブレーキでもない限りは
いとも簡単にぶっちぎられると思います。
 
 

このようにロッドというのは
しっかりと曲がっていないと衝撃を
うまく吸収してくれません。
 

ですがこれは、逆に言えば意図的に
これに近い状態をこちらから作り出して
あげれば、合わせの衝撃が魚に
よりダイレクトに伝わるというわけ。

 

つまり、ロッドを斜め前に構えた
状態から合わせを入れるとフッキングの
効果がシーバスに及びやすくなるんです。
 
 

ですから、ロッドを斜め前に構えて
リトリーブして頂き、あとは現場で
フッキングの様子を見ながら構えの
角度や合わせの力を調整して頂くと
いい感じになると思います。
 

良かったら試してみてくださいね。
 
 
 
 

まとめますと、

普通の釣り針とルアーフックとでは
少しコンセプトみたいなものが違い、
ルアーフックの方が完全に
フッキングしにくいという事。

 
 

そして、ルアーフックの特性や
シーバスとの距離などの要素があるので
しっかりとフッキング出来ていない
可能性を考えた方がいいという事。

 
 

さらに改善策として、ロッドの
原理をうまく逆手に取った、
「こ〜んな合わせ方もあるよ」
という事ですね。

 
 
 

さて、いかがだったでしょうか?
 

今回、もしかしたら
余計なお世話だったかもしれませんね。
 
 

数ある方法の中の1つに
こんな合わせ方もあるので
良かったら参考にしてみてくださいね。
 
 
 

ひょっとしたら、的はずれな
お話だったかもしれません。
 

私の考えがあなたのお役に立てる
ことを祈っています。

 
 
 
 
 

それでは改めまして、
よろしくお願いします。
 
 

グッドラック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

【釣り用語】

ルアーフィッシングに おける、釣り用語の 解説です。
参考にして頂けると うれしいです。


・アップクロス
(水の流れに対して 自分の立ち位置から 上流へキャストする事)

・キャスト
(ロッドを使って ルアーを投げる事)

・ロッド
(竿)

・アフタースポーニング
(魚の産卵後の意味で アフターと略される事も ある)

・アプローチ
(釣りたい魚に対する コンタクト方法の事で 要するに戦術です)

・アミ
(直径3センチくらい までの小さなエビの事)

・アワセ
(魚が餌を食べた時に こちらからフッキング する行為)

・フッキング
(竿を煽って魚の口に 針を貫通させる事)

・アタリ
(バイトの事で、魚が 餌を食べて竿に伝わる 衝撃の事)

・バイト
(アタリの事で魚が ルアーに食いつく 行為の事)

・アクション
(竿やリールの操作で ルアーを動かした時の ルアーの動きの種類の事)

・レンジ
(そのルアーが泳ぐ 水深の幅の事)

・ウエイト
(ルアーの重量)

・ベイト
(ターゲットが捕食して いる対象生物の事)

・アングラー
(釣り人の事で、特に 疑似餌を使って釣りを する人の事)

・まづめ
(朝晩の暗い時から 明るくなる、または その逆の中途半端な 明るさの時間帯の事)

・ラインスラック
(ルアーを操作する 際に出る糸のたるみ の事)

・ウォブリング
(ルアーの重心あたりを 軸にしてブルブルと震える 振動の大きい動きの事)

・馬ノ背
(水中のたんこぶ地形の事)

・バチ
(イソメやゴカイなどの 釣り餌に使われる多毛類の 総称です)

・バチ抜け
(バチが産卵のために 大潮の満潮前後に 一斉に水面付近まで 浮上する事)

・ハク
(ボラの稚魚)

・イナッコ
(ボラの幼魚)

・マイクロベイト
(シーバスタックルで キャストするルアーサイズ では表現しにくい小さな ベイトの事)

・ウエーダー
(漁師さんが履く丈が 腰くらいまである長靴の 事)

・ウエーディング
(ウエーダーを着用して 川、湖、海岸などで水中に 入り、釣りをする事)

・Mリグ
(シンキングミノーの腹側の フックをはずし、ガン玉を 付けてさらに沈ませる松尾 道洋氏の考案したチューニング)

・松尾道洋
(シーバス、ランカー クラブの副部長)

・カーブフォール
(ラインの出を抑制したり 止めたりして常にライン テンションがかかった状態で ルアーを沈めていく技術で ”テンションフォール”とも 言われる)

・かけ上がり
(水深が浅くなるときに 見た目にもまる分かりな 斜面になってる地形変化の事)

・大野ゆうき
(年間シーバスキャッチ量 1トンを超える、スーパー アングラー)

・汽水域
(淡水と海水がまじり合った 河口付近のエリアの事)

・ゴロタ場
(人がやっと持てるくらいで まず流されないだろう程度の 石が敷き詰められたように なっている水中地形の事)

・サミング
(リールを使ってキャストする 時に手を使ってラインの放出を 抑制する事。本来はベイト リールで行うときにサミングと 呼ばれ、スピニングリールの 場合はフェザーリングと 呼ばれるが、どちらでも サミングで通じる)

・サスペンド
(水中で沈んだ状態で止まり そこから浮きも沈みもしない 状態でルアーのタイプを 表すときに良く使われる)

・サンドバー
(流れ込みで砂が体積して 細長い沖に伸びている岬の ような帯状の水中地形の事)

・時合い
(潮回りや天候など様々な 条件が重なって魚の食いが 活発になる時間帯の事)

・シェード
(水中に出来る影の エリアの事)

・シャロー
(水深が2メートルくらい までの浅いエリアの事)

・潮目
(水中の流速変化によって 起こる、水面の目に見える 境界線みたいな変化の事)

・ショートバイト
(喰いが浅く、アタリは あるが魚がフッキング しない状態の事で魚の 警戒心が高い時や、元気が ないときに起こる)

・シンキング
(水中で沈んでいく状態の 事でルアーのタイプを表す 時によく使われる)

・ストップ&ゴー
(リールを巻いては止め、 巻いては止めるという ルアーフィッシングの 技術の事)

・ボトム、ズル引き (バイブレーションなどを ボトムに着底させて底を 引きずりながら引いてくる 技術の事)

・ストラクチャー
(水中の魚が身を隠したり するのに使う障害物の事)

・スレる
(魚が何かに警戒して 餌を食べなくなる状態で 釣り場で騒いだり、ルアーを キャストしまくったりする ことで起こる)

・スレ
(正確には”スレ掛かり”の ことで魚の口の外からや体に 針がフッキングした状態の 事で上記の”スレる”と かぶり、ややこしい。文脈から 察するしかない)

・スナップ
(ルアーとラインを簡単に 接続するための金具の事)

・スロープ
(船やボートを水面に 出し入れする為に港などに 作られた滑り台みたいな かけ上がり地形の事)

・瀬
(浅くて水の流れが速く なっている場所でさざなみが 立っているようなフィールド の事)

・遡上
(魚が季節により海や湖から 川を遡る事)

・ダート
(ジャークによってバランスを 崩したルアーが左右に蛇行する アクションの事)

・ジャーク
(やや大きく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚を寄せるとかリアクションで 喰わせるという攻撃的な意思を 持ったアクションの事)

・トゥイッチ
(小さく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚にルアーの存在を気づかせる とか、ルアーのバランスを 崩して魚に攻撃するスキを 与えるという受け身的な意思を 持ったアクションの事)

・ターンオーバー
(気温低下や風などに よって表層の水温が急激に 下がり、水中で上層の水と 下層の水が入れ替わる事で 魚に致命的なダメージを 与えることがある)

・チェイス
(魚がルアーを追尾して くる事)

・チャンネル
(流芯の地形のことで 他のエリアよりも流れが 強く、底が深くなって いて水が干上がると確認 できる水の通り道です)

・テクトロ
(岸壁際を歩きながら ルアーを泳がせるという お手軽釣法の事)

・手返し
(投げる、釣る、魚を 針から外す、そしてまた 投げるまでのサイクルの 事で手返しが良いとか 手返しが早いとか言われる)

・ドッグウォーク
(トップウォーター ペンシルの水面で頭を 左右に振りながらゆっくり 進むアクションの事で 酸欠状態の魚や下から 追われて逃げ場を失った 魚を表現した技術です)

・ナブラ
(大量のベイトが下から 追われて界面にさざなみを 立てる現象で小魚たちが 群れで移動するために 起こる、目に見える 捕食行動です)

・二枚潮
(海中の層によって 潮の流れる向きが違う 現象の事で上は右に 流れているけど、底の 方は左に流れているという 川で起こる反転流が 縦に起きてる状態です)

・リアクションバイト
(魚に見切られにくい 素早い動きで反射的に バイトしてしまう事で れっきとした釣技として 確率されている)

・リーダー
(シーバスフィッシングに おいてルアーからメイン ラインまでをつなぐ糸の 事でPEラインだけでは 補いきれない性能を ラインシステムに加える ために付ける)

・ラインシステム
(ルアーからリールまでを つなぐのに使われる、魚や そのときの状況に合わせた 性能を持たせる糸の 組み合わせの事)

・リップ
(ルアーの先に付いた 透明なくちばしみたいな ヤツの事)

・ボイル
(沸騰するなどの意味を 持ち、シーバスなどにベイトが 追われて逃げ場を失い、 水面で大量に浮いている 状態。)

・ライズ
(立ち上がる、飛び上がる などの意味を持ち、 シーバスがベイトを捕食 するために水面に飛び出す ときの様子を表す。)

このページの先頭へ