シーバス ディアルーナ906ML使用 リールをストラディックの何番にしようか? ディアルーナ906MLでバチ抜けもイケるかどうか教えて 【Q&A】

WS000303


初めまして。○○と申します。

ブログ参考にさせて頂いています。
 

タックルの事なのですが、現在
ディアルーナ906MLを使用しています。

シーバスをメインにライトショア
ジギングも兼ねています。

そこで、
リールを新しくストラディックに
しようと考えていますが、
番手で悩んでいます。

C3000HGか3000XGMです。
 

もう一つ。

ディアルーナはMLでも硬めの竿で、
バチ抜けには使えるか心配です。

どうでしょうか?

もし使いにくいなら、オススメの
バチ抜け用ロッドを教えてください。
 
 
 

と、言うのが今回の【Q&A】
 
 
 

私はよく、いろんなところから
いろんな相談や質問を頂きます。
 

よくある質問や
緊急性の高い質問など
当ブログの記事で
お答えしていきます。

 
 

あなたもお気軽に問い合わせて
頂けるとうれしいです。
 
 
 

よろしくお願いします。
 
 
 
 

ストラディックのモデルチェンジ

こんにちは、しんです。

はじめまして。

お問い合わせ、
ありがとうございます。

いや〜、すっかり寒くなって
やっと冬らしくなってきましたね。

その影響か、私の子供は今
風邪を引いています。

あなたもお体に気をつけて
シーバスフィッシングを
楽しんでくださいね。

にせ、私たちは風邪ではなく
ルアーを引かなければいけませんから。(笑)
 
 

さて、リールを新調されると。

なるほど、ストラディックですか。

C3000HGか3000XGMという所まで
決まっている
という事ですね。

もしかしたらご存知かもしれませんが
ストラディックを選ぶにあたって
知っておいた方がいい事がある
ので
それらも含めて解説させてください。
 
 

じゃ、さっそく。
 

ストラディックと言えば
あのクールなデザインの前の型が
思い浮かびます。

でも新しく、16年モデルがリリース
されているのはご存知ですよね?

以前のストラディックはハガネボディで
イメージとしては頑丈で長く使えて
機能的にも素晴らしい機種でした。

ですが、16年モデルは大幅に
軽量化が図られています。

もちろんシャフトやギヤなどの
内部構造に関してはハガネギヤを
採用しているので変わりません。

ただ、その内部構造を支える
ボディに関しては軽くて硬度の高い
物質が使われています。

そのため、リール自体の強度は
間違いなくあるんですが、以前の
ストラディックの様に長きに渡っての
安定した強度と安心感は微妙
です。

といっても私の個人的主観
実際の強度はまだリリースから
1年も経っていないので
分からないんですけどね。

何でもそうですが、度が過ぎる
軽量化は基本的に強度が落ちるし
内部構造は以前のままなので
当然それとのバランスも変わります。

これがまずひとつ目の大きな違い。
 
 

そして、次に新型ストラディックは
ハンドルの回転慣性を抑えて
作られています。

転慣性とは、

リールのハンドルというのは
リトリーブしていると回転している
惰性で手を離しても少しの間回り続けます。

この惰性でハンドルが回ってしまうのを
抑えているのが新型の大きな特徴。

この機構を付けるとまずリールの
巻き始めが軽くなって、いきなり
動きだしからルアーにスピードを
与える事が出来るようになります。

そして手を離せば通常のリールよりも
ハンドルが止まりやすいので、
魚の方から引っ張ってもハンドルの
動きに反応が出やすいです。

つまり、ハンドルの惰性から生まれる
力に邪魔されにくくなるので
飛躍的にリールの感度が上がります。

ルアーの操作性も繊細でキビキビと
したものに出来るのでアクションを
多様するタイプの人にはいいですね。

でも、ひたすらタダ巻きをされる
方にとってはハンドルの惰性が
使えないので最終的には前の型より
巻き疲れるという事になります。

そして、向こう合わせの釣りも
シーバスがフッキングしにくいです。

ちょっとした抵抗でリトリーブが
止まってしまうので、こちらから
確実にフッキングを入れないと
フックが掛からないし貫通しません。

これが二つ目の大きな違い。
 
 

要するに、前の型と新型では
モデルチェンジというよりは
どちらかというと別のリールだと
考えた方がいい
かもしれません。

前の型のイメージでストラディックを
購入されると「あれっ?」と思うかも
しれないので一応解説させて頂きました。

以上の事を考えて、あとはあなたの
釣りのスタイルで合うものを
選んでいくのがオススメ
です。
 

例えば、以前のような少々ぶつけたり
地面に雑に置いたりしても信頼できる
圧倒的な頑丈さと安心感を求めて
いるなら、前の型。

頑丈さを求めてシーバスを主体に
釣りをしていくなら前の型のC3000HG。

ジギング寄りに特化していくとか
バイブレーション主体のスピードの
ある巻きの釣りで頑丈さも求めるなら
前の型の3000XGM。

「私はタダ巻きしかしない。」
というのなら前の型がオススメ。

そして、ディアルーナ906MLは
そんなに軽いロッドじゃないので
タックルバランス的な面でみても
前の型のストラディックが向いている。
 
 

だけど、タックルの全体重量は
重くなるので、ジギングなどの
アクション系の釣りを得意とするなら
迷わず軽い新型を選ぶといい感じ。

「そもそも私はタックルをそんなに
雑には扱わない。」
という、シーバスフィッシングに
特化したい、シンキングペンシルを
多様するという場合は新型のC3000HG。

リールの感度が大事でバチ抜けも
視野に入れているなら新型C3000HG。

ルアーの立ち上がりやアクション重視で
感度を利用してガンガン合わせていく
テクニカルな釣りがしたくてシーバスに
特化するなら新型のC3000HG。

シーバスのフィーディングゾーンが
圧倒的に遠いとか、シーバスは
ほとんどミノーとバイブレーション
しか使わないなら新型3000XGM。

まあ、こんな感じであなたの
スタイルに合った組み合わせで
チョイスして頂けるといい感じですね。
 
 

一応、私のオススメとしては
シーバスメインでたまにジギング、
候補に選んだタックルにも
かなりの本気度が感じられるので、

シーバスフィッシングを突き詰めて
楽しんでいくという意味も込めて
新型のストラディックC3000HGが
いいかと思います。

バチ抜けも視野に入れている様ですし。

そこからさらに追及するなら
リールのバランサーが必要
なるかもしれませんね。
 
 
 
 

バチ抜けロッドについて

バチ抜けロッドについてですが、
現在あなたが使われているタックルを
見る限りかなり強めのものを選ばれて
いるようなので、

通常のタックルとバチ抜け用などの
繊細なタックルは分けた方がいい

私も思います。

その場合、どうやらシマノと相性が
いいというのと、しっくり来るだろうと
いう理由からディアルーナS809LSTが
オススメのロッド
になります。

こちらはバチ抜けに特化した
ロッドになりますね。

リールは出来ればノーマルギヤの
ものを合わせた方がいい
です。
 
 

だ結論からいうと、
ディアルーナ906MLでもやり方次第で
バチ抜けに対応出来ます。

どういう方法かというと、
リーダーで調整するという方法です。
 

まず、リーダーを細くします。

メインラインがPE1号なら
リーダーを10ポンド、2.5号くらいに。

メインラインがPE0.8号なら
リーダーを8ポンド、2号くらいです。
 

そして、これにはナイロンリーダーを
使ってください。

最低でも一ヒロ取ってください。

一ヒロというのはあなたが両手を
いっぱいに広げた長さです。

この長さはリーダーが太くなるほど
長くしていきます。

ですが、タックルによっても
変わってくるので、手始めに2.5号
くらいのナイロンリーダーを使って
バチ抜けで釣れるくらいまで様子を
見ながら長さを伸ばしていってください。

こうやって、あなたのタックルに
合ったナイロンリーダーの強度と
長さを探していってください。
 
 

イロンは柔らかくルアーを水中で
ナチュラルに動かす特質があります。

そして伸びるのでセレクティブな
シーバスのショートバイトを
弾きません。

極論をいうと、ディアルーナ906MLで
あってもメインラインをナイロン
ラインに変えてしまえば向こう合わせで
シーバスを食わせる事が出来ます。

と、いうわけ。
 
 
 
 

まとめますと、

シーバスフィッシングに特化していく
なら、ハイギヤまでにとどめた方が
シンキングペンシルを使いやすいので
オススメだという事。

 
 

そして、あなたの選択肢の中では
私個人的にはストラディックC3000HGが
オススメのリールになるという事。

 
 

さらに、ディアルーナ906MLでも
やり方によってはバチ抜けに
対応出来るという事ですね。

 
 
 

さて、いかがだったでしょうか?
 

今回、モデルチェンジの件も
あったので少し難解なお話も
あったかもしれません。

良かったら参考にしてみてくださいね。
 
 

そうそう、どうしてもディアルーナ
906MLでバチ抜けシーズンを
乗り切ろうというのなら、

もう1つ予備のスプールを準備して
それに2号くらいの品質のいい
ナイロンラインを巻いておくのも
オススメです。

これならお安く上がる上に
仲間からもやるな〜と思われます。
 
 
 
 

それでは、グッドラック!
 
 
 
 



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

【釣り用語】

ルアーフィッシングに おける、釣り用語の 解説です。
参考にして頂けると うれしいです。


・アップクロス
(水の流れに対して 自分の立ち位置から 上流へキャストする事)

・キャスト
(ロッドを使って ルアーを投げる事)

・ロッド
(竿)

・アフタースポーニング
(魚の産卵後の意味で アフターと略される事も ある)

・アプローチ
(釣りたい魚に対する コンタクト方法の事で 要するに戦術です)

・アミ
(直径3センチくらい までの小さなエビの事)

・アワセ
(魚が餌を食べた時に こちらからフッキング する行為)

・フッキング
(竿を煽って魚の口に 針を貫通させる事)

・アタリ
(バイトの事で、魚が 餌を食べて竿に伝わる 衝撃の事)

・バイト
(アタリの事で魚が ルアーに食いつく 行為の事)

・アクション
(竿やリールの操作で ルアーを動かした時の ルアーの動きの種類の事)

・レンジ
(そのルアーが泳ぐ 水深の幅の事)

・ウエイト
(ルアーの重量)

・ベイト
(ターゲットが捕食して いる対象生物の事)

・アングラー
(釣り人の事で、特に 疑似餌を使って釣りを する人の事)

・まづめ
(朝晩の暗い時から 明るくなる、または その逆の中途半端な 明るさの時間帯の事)

・ラインスラック
(ルアーを操作する 際に出る糸のたるみ の事)

・ウォブリング
(ルアーの重心あたりを 軸にしてブルブルと震える 振動の大きい動きの事)

・馬ノ背
(水中のたんこぶ地形の事)

・バチ
(イソメやゴカイなどの 釣り餌に使われる多毛類の 総称です)

・バチ抜け
(バチが産卵のために 大潮の満潮前後に 一斉に水面付近まで 浮上する事)

・ハク
(ボラの稚魚)

・イナッコ
(ボラの幼魚)

・マイクロベイト
(シーバスタックルで キャストするルアーサイズ では表現しにくい小さな ベイトの事)

・ウエーダー
(漁師さんが履く丈が 腰くらいまである長靴の 事)

・ウエーディング
(ウエーダーを着用して 川、湖、海岸などで水中に 入り、釣りをする事)

・Mリグ
(シンキングミノーの腹側の フックをはずし、ガン玉を 付けてさらに沈ませる松尾 道洋氏の考案したチューニング)

・松尾道洋
(シーバス、ランカー クラブの副部長)

・カーブフォール
(ラインの出を抑制したり 止めたりして常にライン テンションがかかった状態で ルアーを沈めていく技術で ”テンションフォール”とも 言われる)

・かけ上がり
(水深が浅くなるときに 見た目にもまる分かりな 斜面になってる地形変化の事)

・大野ゆうき
(年間シーバスキャッチ量 1トンを超える、スーパー アングラー)

・汽水域
(淡水と海水がまじり合った 河口付近のエリアの事)

・ゴロタ場
(人がやっと持てるくらいで まず流されないだろう程度の 石が敷き詰められたように なっている水中地形の事)

・サミング
(リールを使ってキャストする 時に手を使ってラインの放出を 抑制する事。本来はベイト リールで行うときにサミングと 呼ばれ、スピニングリールの 場合はフェザーリングと 呼ばれるが、どちらでも サミングで通じる)

・サスペンド
(水中で沈んだ状態で止まり そこから浮きも沈みもしない 状態でルアーのタイプを 表すときに良く使われる)

・サンドバー
(流れ込みで砂が体積して 細長い沖に伸びている岬の ような帯状の水中地形の事)

・時合い
(潮回りや天候など様々な 条件が重なって魚の食いが 活発になる時間帯の事)

・シェード
(水中に出来る影の エリアの事)

・シャロー
(水深が2メートルくらい までの浅いエリアの事)

・潮目
(水中の流速変化によって 起こる、水面の目に見える 境界線みたいな変化の事)

・ショートバイト
(喰いが浅く、アタリは あるが魚がフッキング しない状態の事で魚の 警戒心が高い時や、元気が ないときに起こる)

・シンキング
(水中で沈んでいく状態の 事でルアーのタイプを表す 時によく使われる)

・ストップ&ゴー
(リールを巻いては止め、 巻いては止めるという ルアーフィッシングの 技術の事)

・ボトム、ズル引き (バイブレーションなどを ボトムに着底させて底を 引きずりながら引いてくる 技術の事)

・ストラクチャー
(水中の魚が身を隠したり するのに使う障害物の事)

・スレる
(魚が何かに警戒して 餌を食べなくなる状態で 釣り場で騒いだり、ルアーを キャストしまくったりする ことで起こる)

・スレ
(正確には”スレ掛かり”の ことで魚の口の外からや体に 針がフッキングした状態の 事で上記の”スレる”と かぶり、ややこしい。文脈から 察するしかない)

・スナップ
(ルアーとラインを簡単に 接続するための金具の事)

・スロープ
(船やボートを水面に 出し入れする為に港などに 作られた滑り台みたいな かけ上がり地形の事)

・瀬
(浅くて水の流れが速く なっている場所でさざなみが 立っているようなフィールド の事)

・遡上
(魚が季節により海や湖から 川を遡る事)

・ダート
(ジャークによってバランスを 崩したルアーが左右に蛇行する アクションの事)

・ジャーク
(やや大きく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚を寄せるとかリアクションで 喰わせるという攻撃的な意思を 持ったアクションの事)

・トゥイッチ
(小さく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚にルアーの存在を気づかせる とか、ルアーのバランスを 崩して魚に攻撃するスキを 与えるという受け身的な意思を 持ったアクションの事)

・ターンオーバー
(気温低下や風などに よって表層の水温が急激に 下がり、水中で上層の水と 下層の水が入れ替わる事で 魚に致命的なダメージを 与えることがある)

・チェイス
(魚がルアーを追尾して くる事)

・チャンネル
(流芯の地形のことで 他のエリアよりも流れが 強く、底が深くなって いて水が干上がると確認 できる水の通り道です)

・テクトロ
(岸壁際を歩きながら ルアーを泳がせるという お手軽釣法の事)

・手返し
(投げる、釣る、魚を 針から外す、そしてまた 投げるまでのサイクルの 事で手返しが良いとか 手返しが早いとか言われる)

・ドッグウォーク
(トップウォーター ペンシルの水面で頭を 左右に振りながらゆっくり 進むアクションの事で 酸欠状態の魚や下から 追われて逃げ場を失った 魚を表現した技術です)

・ナブラ
(大量のベイトが下から 追われて界面にさざなみを 立てる現象で小魚たちが 群れで移動するために 起こる、目に見える 捕食行動です)

・二枚潮
(海中の層によって 潮の流れる向きが違う 現象の事で上は右に 流れているけど、底の 方は左に流れているという 川で起こる反転流が 縦に起きてる状態です)

・リアクションバイト
(魚に見切られにくい 素早い動きで反射的に バイトしてしまう事で れっきとした釣技として 確率されている)

・リーダー
(シーバスフィッシングに おいてルアーからメイン ラインまでをつなぐ糸の 事でPEラインだけでは 補いきれない性能を ラインシステムに加える ために付ける)

・ラインシステム
(ルアーからリールまでを つなぐのに使われる、魚や そのときの状況に合わせた 性能を持たせる糸の 組み合わせの事)

・リップ
(ルアーの先に付いた 透明なくちばしみたいな ヤツの事)

・ボイル
(沸騰するなどの意味を 持ち、シーバスなどにベイトが 追われて逃げ場を失い、 水面で大量に浮いている 状態。)

・ライズ
(立ち上がる、飛び上がる などの意味を持ち、 シーバスがベイトを捕食 するために水面に飛び出す ときの様子を表す。)

このページの先頭へ