シーバス イナッコの群れを見つけたら、その下にはシーバスが居ると考えていいですか? 判断基準みたいなものが知りたい 【Q&A】

WS000303


はじめまして。

ボイルについて質問があります。
 

多分イナッコだと思うのですが
水面でベイトの群れがざわついて
居る時はその下にシーバスが居ると
考えて大丈夫でしょうか?

しつこく探ってもアタリが無い時が多く、
シーバスが居るのか居ないのか
まったく分かりません。

 

何かしら判断基準みたいなものが
あれば教えて頂けると有難いです。

 

よろしくお願いします。
 
 
 

と、言うのが今回の【Q&A】
 
 
 

私はよく、いろんなところから
いろんな相談や質問を頂きます。
 

よくある質問や
緊急性の高い質問など
当ブログの記事で
お答えしていきます。

 
 

あなたもお気軽に問い合わせて
頂けるとうれしいです。
 
 
 

よろしくお願いします。
 
 
 
 

ベイトが水面に出る時

こんにちは、しんです。
 

はじめまして。

お問い合わせ、
ありがとうございます。
 
 

なるほど。

イナッコパターンですね。
 

シーバスフィッシングの主要
ベイトパターンで一年のうちで最も
長く成立する必須科目パターンです。

 

活性が高くハマれば面白いほど
よく釣れるパターンですが、それだけに
多くのアングラーに長期間攻められるため、
スレ気味で難しいパターンでもあります。
 
 

そんなわけで今回はどこを見て
判断するのか、シーバスがバイト
してこない理由
について
ザックリと見ていきましょう。
 
 

じゃ、さっそく。
 
 

イナッコが水面に出ている時は
いくつかあります。
 

まずは表層に流れているプランクトンや
アミ、有機物が含まれる何かを
食べている時があります。

 

これはまったく慌てる様子もなく
一定に近いリズムで水面で口を
パクパクしている状態です。
 

広範囲に散っていたり、わりと
大きな群れで集まっている事が多いです。
 
 

この状態の時はボトムか、又はその
周辺にシーバスが居る可能性は
かなり高いです。
 

ですが、シーバスの方には
あんまり喰う気がない事が多いですね。
 

これは例えば、何かが原因
シーバスの活性がイマイチな場合。

流れが無かったりとか、ベイトが
散りすぎていて補食効率が悪いとか、
急激に水温や環境が変化したり
などなど様々な原因が考えられます。
 

又は、シーバスが隠れられるボトムから
ベイトの居る水面まで距離がありすぎる
時もやる気がありません。
 
 
 

そして次は水中の酸素が少ない時です。

いわゆる酸欠状態ですね。
 

大体は一ヶ所のポイントに集まって、
例外なくすべての個体が異常なほど
水面で口をパクパクしている状態。
 

そこに居るすべてのイナッコが
水面でパクパクやってるんで
これは分かりやすいですね。
 

一緒にカレイの子供なんかも
水面に浮いているので
判断材料にしてみてください。
 
 

の状態の時はシーバスは
近くにいません。
 

なぜなら、シーバスは酸欠に
弱いからです。
 

そのため、酸素濃度が低くなると
居心地のいいフィールドへ
移動してしまいます。
 

そしてこれがシーバスが流れ
付く、もうひとつの理由になります。
 

いちばんの理由は流れ方の違いが
ある所はプランクトンが多く、
それをエサにするベイトが寄るから。
 

ですから、

「うわ〜、これ酸欠だな。」

と思ったら、そのポイントは
打つ必要はありません。
 
 
 

次は何かに追われている、もしくは
逃げている時です。

 

これはパッと見、水面で何かを
食べている時のように見えますが、

時々慌てたように暴れたり、
群れがざわついたり、イナッコが
連続して水面を逃げるように
跳ねまわったりします。
 

そして、ドックウォークしている
群れが小さい事も判断材料になります。
 

しばらくずぅ〜っと観察していれば
ところどころでイレギュラーな動きを
するイナッコたちがいるので、
よく見れば分かって頂けると思います。
 
 

この場合は、ほぼ確実
シーバスが居ます。
 

ですが、簡単には喰ってきません。
 

なぜなら、シーバスたちは
イナッコパターンにいちばん
慣れているからです。
 

シーバスが補食するパターンの中で
イナッコパターンが年間を通して
最も長く成立しているパターンなんです。
 

そのため、イナッコはシーバスの
主食だとか米だとか言われていますね。
 

つまり、シーバスたちがいちばん
多くルアーを見切ってきた
パターンでもあるんです。
 
 
 

このように釣る前にイナッコが居る
場所や状態、イナッコの動きなどを
よ〜く観察してみる事に時間を
数分使って頂ければ判別出来ます。

 
 
 
 

食ってこない理由はいろいろ

シーバスはベイトを狙うとき、
テキトーに無差別に狙ったりする
事はありません。
 

どんなベイトであっても、
必ずターゲッティングしてから
襲いかかります。

 

ですから、狙いやすい目につく
ベイトから先に襲われます。

 
 

例えば、ベイトの群れから
ちょっとだけハグれてしまった
イナッコの一瞬の隙をついて
バイトしてきたりします。
 

そのため、テキトーに投げても
釣れる確率は低いです。
 

イトの群れの進行方向を予想して
群れの前や後ろにルアーを通すのは
実はこのためなんです。
 

だけど、これを上手く演出出来て
いないとシーバスに見切られます。
 

これが喰ってこない理由のひとつ。
 
 
 

そして、他にはレンジが違う
という理由で喰ってこないことも。

 

先ほどの”ハグれたベイト”にも
あたるんですが、ちょっと油断して
群れの中でレンジが下がってしまう
ベイトも居ます。
 

もちろん、
こういうベイトも狙われますね。
 

だから、表層よりも少し下のレンジを
通しながら、ちょっとづつレンジを
下げていくという方法もあります。
 
 
 

あとは、ルアーのトレースラインが
おかしいからアタってこないという
ことも考えられます。

 

魚は基本的に流れに対して
上流に頭を向けて泳いでいます。
 

ですから、変なトレースラインを
とると他のベイトと違って頭の向きが
おかしいので一発で見切られます。
 

他のベイトパターンであれば
通じる事はありますが、イナッコ
パターンとなるとシーバスたちの方が
私達よりもよく知っているので。

 
 

つまり、リトリーブする時に
ルアーの頭がどの方向を向いているかを
考えながらキャストするのもアリです。
 

これは群れ以外を狙っている時も
あてはまります。
 
 
 

このように、イナッコパターンに
関しては喰ってこない理由がいろいろ
あって、しかも細かい理由がほとんど。
 

だから、いろんな可能性を考えながら
攻めると高い経験値を得られます。
 

大事なのは水中で起こっている
事をリアルに想像する事です。

 
 

そして、これらとは関係なく
リアクションで喰わせるというのも
よく使われるテクニックです。
 

シンペンやミノーでジャークや
連続トゥイッチなどを入れながら
リトリーブしてくる方法が
わりと反応を得られます。
 

やり過ぎると飽きてしまいますが。
 
 
 
 

まとめますと、

イナッコの群れが居れば、酸欠状態で
ない限りはほぼシーバスは居ると
考えて大丈夫だという事。

 
 

そして、それを判断するにはフィールドに
着いたらいきなり釣らずに、まず始めに
数分程度でもいいので観察して
想像してみるのがオススメという事。

 
 

さらに、イナッコパターンはシーバスも
最もよく慣れているパターンでバイト
してこない理由はたくさんあるので
考えてみようという事ですね。

 
 

さて、いかがだったでしょうか?
 

喰ってこない原因は水位、天候、
流れ、水の色と光の射し込み加減など
実に様々で、シーバスはルアーを
見切り慣れています。

 

そのため、やわらかい頭で考えて
いろんな釣り方をしてみると、
答えが見えて来たりします。
 

基本的なところを押さえた上で
自由な発想でイナッコパターンを
攻めて頂ければいい感じです。
 

良かったら参考にしてみてくださいね。
 
 
 
 
 

それでは、グッドラック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

【釣り用語】

ルアーフィッシングに おける、釣り用語の 解説です。
参考にして頂けると うれしいです。


・アップクロス
(水の流れに対して 自分の立ち位置から 上流へキャストする事)

・キャスト
(ロッドを使って ルアーを投げる事)

・ロッド
(竿)

・アフタースポーニング
(魚の産卵後の意味で アフターと略される事も ある)

・アプローチ
(釣りたい魚に対する コンタクト方法の事で 要するに戦術です)

・アミ
(直径3センチくらい までの小さなエビの事)

・アワセ
(魚が餌を食べた時に こちらからフッキング する行為)

・フッキング
(竿を煽って魚の口に 針を貫通させる事)

・アタリ
(バイトの事で、魚が 餌を食べて竿に伝わる 衝撃の事)

・バイト
(アタリの事で魚が ルアーに食いつく 行為の事)

・アクション
(竿やリールの操作で ルアーを動かした時の ルアーの動きの種類の事)

・レンジ
(そのルアーが泳ぐ 水深の幅の事)

・ウエイト
(ルアーの重量)

・ベイト
(ターゲットが捕食して いる対象生物の事)

・アングラー
(釣り人の事で、特に 疑似餌を使って釣りを する人の事)

・まづめ
(朝晩の暗い時から 明るくなる、または その逆の中途半端な 明るさの時間帯の事)

・ラインスラック
(ルアーを操作する 際に出る糸のたるみ の事)

・ウォブリング
(ルアーの重心あたりを 軸にしてブルブルと震える 振動の大きい動きの事)

・馬ノ背
(水中のたんこぶ地形の事)

・バチ
(イソメやゴカイなどの 釣り餌に使われる多毛類の 総称です)

・バチ抜け
(バチが産卵のために 大潮の満潮前後に 一斉に水面付近まで 浮上する事)

・ハク
(ボラの稚魚)

・イナッコ
(ボラの幼魚)

・マイクロベイト
(シーバスタックルで キャストするルアーサイズ では表現しにくい小さな ベイトの事)

・ウエーダー
(漁師さんが履く丈が 腰くらいまである長靴の 事)

・ウエーディング
(ウエーダーを着用して 川、湖、海岸などで水中に 入り、釣りをする事)

・Mリグ
(シンキングミノーの腹側の フックをはずし、ガン玉を 付けてさらに沈ませる松尾 道洋氏の考案したチューニング)

・松尾道洋
(シーバス、ランカー クラブの副部長)

・カーブフォール
(ラインの出を抑制したり 止めたりして常にライン テンションがかかった状態で ルアーを沈めていく技術で ”テンションフォール”とも 言われる)

・かけ上がり
(水深が浅くなるときに 見た目にもまる分かりな 斜面になってる地形変化の事)

・大野ゆうき
(年間シーバスキャッチ量 1トンを超える、スーパー アングラー)

・汽水域
(淡水と海水がまじり合った 河口付近のエリアの事)

・ゴロタ場
(人がやっと持てるくらいで まず流されないだろう程度の 石が敷き詰められたように なっている水中地形の事)

・サミング
(リールを使ってキャストする 時に手を使ってラインの放出を 抑制する事。本来はベイト リールで行うときにサミングと 呼ばれ、スピニングリールの 場合はフェザーリングと 呼ばれるが、どちらでも サミングで通じる)

・サスペンド
(水中で沈んだ状態で止まり そこから浮きも沈みもしない 状態でルアーのタイプを 表すときに良く使われる)

・サンドバー
(流れ込みで砂が体積して 細長い沖に伸びている岬の ような帯状の水中地形の事)

・時合い
(潮回りや天候など様々な 条件が重なって魚の食いが 活発になる時間帯の事)

・シェード
(水中に出来る影の エリアの事)

・シャロー
(水深が2メートルくらい までの浅いエリアの事)

・潮目
(水中の流速変化によって 起こる、水面の目に見える 境界線みたいな変化の事)

・ショートバイト
(喰いが浅く、アタリは あるが魚がフッキング しない状態の事で魚の 警戒心が高い時や、元気が ないときに起こる)

・シンキング
(水中で沈んでいく状態の 事でルアーのタイプを表す 時によく使われる)

・ストップ&ゴー
(リールを巻いては止め、 巻いては止めるという ルアーフィッシングの 技術の事)

・ボトム、ズル引き (バイブレーションなどを ボトムに着底させて底を 引きずりながら引いてくる 技術の事)

・ストラクチャー
(水中の魚が身を隠したり するのに使う障害物の事)

・スレる
(魚が何かに警戒して 餌を食べなくなる状態で 釣り場で騒いだり、ルアーを キャストしまくったりする ことで起こる)

・スレ
(正確には”スレ掛かり”の ことで魚の口の外からや体に 針がフッキングした状態の 事で上記の”スレる”と かぶり、ややこしい。文脈から 察するしかない)

・スナップ
(ルアーとラインを簡単に 接続するための金具の事)

・スロープ
(船やボートを水面に 出し入れする為に港などに 作られた滑り台みたいな かけ上がり地形の事)

・瀬
(浅くて水の流れが速く なっている場所でさざなみが 立っているようなフィールド の事)

・遡上
(魚が季節により海や湖から 川を遡る事)

・ダート
(ジャークによってバランスを 崩したルアーが左右に蛇行する アクションの事)

・ジャーク
(やや大きく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚を寄せるとかリアクションで 喰わせるという攻撃的な意思を 持ったアクションの事)

・トゥイッチ
(小さく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚にルアーの存在を気づかせる とか、ルアーのバランスを 崩して魚に攻撃するスキを 与えるという受け身的な意思を 持ったアクションの事)

・ターンオーバー
(気温低下や風などに よって表層の水温が急激に 下がり、水中で上層の水と 下層の水が入れ替わる事で 魚に致命的なダメージを 与えることがある)

・チェイス
(魚がルアーを追尾して くる事)

・チャンネル
(流芯の地形のことで 他のエリアよりも流れが 強く、底が深くなって いて水が干上がると確認 できる水の通り道です)

・テクトロ
(岸壁際を歩きながら ルアーを泳がせるという お手軽釣法の事)

・手返し
(投げる、釣る、魚を 針から外す、そしてまた 投げるまでのサイクルの 事で手返しが良いとか 手返しが早いとか言われる)

・ドッグウォーク
(トップウォーター ペンシルの水面で頭を 左右に振りながらゆっくり 進むアクションの事で 酸欠状態の魚や下から 追われて逃げ場を失った 魚を表現した技術です)

・ナブラ
(大量のベイトが下から 追われて界面にさざなみを 立てる現象で小魚たちが 群れで移動するために 起こる、目に見える 捕食行動です)

・二枚潮
(海中の層によって 潮の流れる向きが違う 現象の事で上は右に 流れているけど、底の 方は左に流れているという 川で起こる反転流が 縦に起きてる状態です)

・リアクションバイト
(魚に見切られにくい 素早い動きで反射的に バイトしてしまう事で れっきとした釣技として 確率されている)

・リーダー
(シーバスフィッシングに おいてルアーからメイン ラインまでをつなぐ糸の 事でPEラインだけでは 補いきれない性能を ラインシステムに加える ために付ける)

・ラインシステム
(ルアーからリールまでを つなぐのに使われる、魚や そのときの状況に合わせた 性能を持たせる糸の 組み合わせの事)

・リップ
(ルアーの先に付いた 透明なくちばしみたいな ヤツの事)

・ボイル
(沸騰するなどの意味を 持ち、シーバスなどにベイトが 追われて逃げ場を失い、 水面で大量に浮いている 状態。)

・ライズ
(立ち上がる、飛び上がる などの意味を持ち、 シーバスがベイトを捕食 するために水面に飛び出す ときの様子を表す。)

このページの先頭へ