シーバス 秋の港湾部のナイトゲーム 反応が無く、何が悪いのか分からない 攻略法は? 【Q&A】

WS000303


とある港湾部でやっているのですが
なかなか反応がないです。

ナイトゲームで行くのですが
レンジが悪いのか時間帯か潮なのか
まったくわかりません。

 

シーバス始めてから1年半ぐらいで
潮目や常夜灯周りらへんやってます。

どう攻略すればよいのでしょうか?
 
 
 

と、言うのが今回の【Q&A】
 
 
 

私はよく、いろんなところから
いろんな相談や質問を頂きます。
 

よくある質問や
緊急性の高い質問など
当ブログの記事で
お答えしていきます。

 
 

あなたもお気軽に問い合わせて
頂けるとうれしいです。
 
 
 

よろしくお願いします。
 
 
 
 

秋のフィールド選定の優先順位

こんにちは、しんです。
 

お問い合わせ、
ありがとうございます。
 

なるほど、1年半ぐらいですか。
 

それなら、何も分からないという
訳ではなさそうですね。
 

基本的な用語などは知っておられる
という前提でお話させて頂きます。
 
 

ですが、何が悪いのかが
サッパリ分からないというのは
基本的で大きなところがしっかりと
見えていないからだと思います。
 

ですから、それらを交えて
解説させてください。
 
 

じゃ、さっそく。
 
 

まず、大きなところから
いきましょう。
 

シーバスフィッシングの上達に
おいて大切なのは、

・シーバスについて知ること
・ルアーについて知ること
・フィールドについて知ること

この3つになります。
 
 

「そんなことは分かってるよ。」
と、あなたは思うかもしれません。
 

でもこれらは高いレベルで理解すれば
するほど、狙い通りにシーバスを
釣る事が出来るようになります。
 

少し細かく見ていきましょう。
 
 

はじめにシーバスについて知ること
から考えていきます。
 

これが最も重要で
最も奥が深い部分になります。

 
 

ーバスとはフィッシュイーター。

沿岸部に生息していて、エビや
カニ、虫や小魚などの生き物を食べる
肉食性海水魚。
 

でも、淡水への適応能力も高く
河川の奥まで入り込み、エサとなる
ベイトが豊富な汽水域を好みます。
 

でも、フィッシュイーターのくせに
それほど泳ぎが得意ではなく、

ベイトを補食するために自分にとって
有利になる複合要素をいくつか
利用して効率良くエサを捕まえる
けっこう賢い魚です。
 

そして、冬には産卵、又は安定した
水温を求めて深場に落ちるので
その前に荒喰いをします。
 
 

と、ここまでは大体の釣り人が
知っている内容です。
 

これをさらに深く見ていくと、
シーバスという魚はベイトを偏食します。
 

この最大の理由はベイトの種類に
よって味が美味しいかどうかも
あるとは思いますが、シーバスが
泳ぎが得意ではないから
です。
 

例えば物陰に隠れて通りかかる
ベイトを待ち伏せする理由がこれで、
その状況下で捕れるベイトを補食するので
当然食べる種類が偏ります。
 
 

さらにこれは季節によっても
変わりますよね
 

季節が変われば
そこに居るベイトが変わります。
 
 

でも、季節によってはベイトの
薄い時期というのがあります。
 

いちばん薄いのはやはり冬ですね。

ヤバい時は何も発見できません。

こんな時はシーバスが居るとしたら
エビやカニを食べています。
 
 

そして、春もわりとベイトの種類は
薄いですね。
 

一種類のベイトの数は多いんですが。
 

バチやアミ、マイクロベイトですね。
 
 
 

では今の時期、秋はどうでしょうか?
 

・・・、
 

そうですね。

年間を通して最もベイトの種類が
多い時期になります。

 

これだけ考えれば荒喰いの時期でも
あるので、シーバスがいちばん
釣れやすい時期になります。
 

ですが、
シーバスはベイトを偏食します。
 

そのため、ベイトの種類が多い
秋の季節は活性は高いんですが
シーバスが補食しているベイトを
特定するのが難しい季節なんです。

 

ですから、今の時期の釣りに行った日に
シーバスがどのベイトを食べているのか、
これを予想する精度が求めれれる
というわけです。
 
 
 

そして、フィールドについても
良く知る必要があります。

 

何故なら、フィールドを水中まで
よく把握していないと、どこに
どのベイトが居るのかが
予想できないから。
 

さらに、シーバスがどんな複合要素を
利用してベイトを捕らえようと
しているかが読めず、シーバスが
待ち伏せてる場所が分からないから。
 

そのため、私のブログに遊びに来て
くださる初心者の方には最初にホーム
フィールドを1つに決めてくださいと
オススメしています。
 
 
 

つまり、今の時期に限らずシーバスを
釣りきるにはシーバスの居場所を
探す必要があって、

それにはまず、シーバスという魚と
あなたが釣行するフィールドについて
高いレベルで深く知る必要があります。

 
 

そして、これらのことからも
分かるように、秋は”潮目や常夜灯
周りらへん”を叩くのではなく、

単純にベイトの居る場所を探して
ランガンしていくのがオススメです。
 

シーバスは荒喰い気味で
ベイトしか見ていないので。
 

ポイントを叩くのではなく
ベイトの見える場所を叩くと
いい感じですね。
 
 

では、次はルアーについて知ること
について、見ていきましょう。
 
 
 
 

ルアーが合っていない

先ほどお話させて頂きました。

秋は最もシーバスが補食する
ベイトの種類が多いと。
 
 

あなたもご存知のように、
ルアーというのはほとんどが
あるベイトのある特定の動きしか
表現出来ないようになっています。
 

これは、ひとつのコンセプトに
特化した方がルアーの扱いが
簡単になるから。

 

いろんな状況やいろんなベイトに
使えるルアーもありますが、そういった
ルアーはかなり経験豊富なアングラー
でないと的確に合わせられません。
 
 

これらのひとつのコンセプトを
持ったルアーをその時の状況に
合わせていくには、まずシーバスの
補食ベイトを特定する事が必要です。

 

ですが、

シーバスの補食ベイトが分かった
ところで、どのルアーがどんな状況の
どのベイトにマッチするのか?

これが分かっていなければ
そもそもルアーのチョイスが
間違ってしまいます。

 
 

そのため、シーバスやフィールド
だけでは無く、どうしてもルアーに
ついても深く知って頂く必要が
出てくる
んです。
 

これは、

「このルアーはイナッコ用だ。」

とかいうレベルではなく、

どのリトリーブスピードの範囲で
出るアクションでシーバスがバイト
してくるのか、という1つのルアーを
使いこなすレベル
で知ってください。
 
 

今は意味が分からなくても
この使いこなすレベルでルアーを
順番に知っていく事が後々もの凄く
あなたの力になります。
 
 
 

ススメとしては、今の時期
あなたのフィールドではいろんな
ベイトが混じっていますが、コノシロ
パターンで反応が得やすいです。
 

あなたの持っている軽めのバイブ
レーションで表層をタダ巻きの
早巻きで広範囲に探ってくるという
攻め方一本でランガンする
のがいいです。
 

この攻め方のみでベイトの居る場所を
探して叩く、そして反応がなければ
次のベイトを探して移動します。
 

こんな攻め方がオススメです。
 
 

これはあくまで一例です。

例えばサヨリであってもいいし、
イナッコであってもいいです。
 
 

今すぐに全てを高いレベルで
知ってくださいというのはムリなんで
こんな方法で1つのルアーを
使い込んでいってみてください。
 
 

ルアーが合っていないなら
そのルアーが合うポイントに
当たるまでランガンすればいいみたいな
開き直り釣法です。(笑)
 

これで以外にアッサリ釣れたりします。

おまけに1つのルアーを使いこなす
練習にもなるという一石二鳥の
釣りかたになります。
 
 
 
 

まとめますと、

秋のシーバスを攻略する大前提として、

・シーバスについて知ること
・ルアーについて知ること
・フィールドについて知ること

という3つの内容を高いレベルで
深く考えていくのがオススメという事。

 
 

そして、レンジや時間帯、潮まわりも
あるけど、”潮目や常夜灯周りらへん”
ではなく単純にベイトの居る場所を
ランガンしていこうという事。

 
 

さらに、コノシロパターンに的を
絞って軽めのバイブでランガンするのが
オススメで、そうしている内に
見えてくるものがあるという事ですね。

 
 
 

さて、いかがだったでしょうか?
 

今回、少し基本的なところを
しっかりと固めた方がいい様子を
感じたので、

「そんなもん、分かってるよ。」

という余計な事もたくさんお話させて
頂いたと思います。
 

ですが、ここが大事な部分で
これらを突き詰めて行きながら
シーバスフィッシングを楽しんでいく、

これがシーバスフィッシングの
すべてだと思います。

 

良かったら参考にしてみてくださいね。
 
 
 
 
 

それでは、グッドラック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

【釣り用語】

ルアーフィッシングに おける、釣り用語の 解説です。
参考にして頂けると うれしいです。


・アップクロス
(水の流れに対して 自分の立ち位置から 上流へキャストする事)

・キャスト
(ロッドを使って ルアーを投げる事)

・ロッド
(竿)

・アフタースポーニング
(魚の産卵後の意味で アフターと略される事も ある)

・アプローチ
(釣りたい魚に対する コンタクト方法の事で 要するに戦術です)

・アミ
(直径3センチくらい までの小さなエビの事)

・アワセ
(魚が餌を食べた時に こちらからフッキング する行為)

・フッキング
(竿を煽って魚の口に 針を貫通させる事)

・アタリ
(バイトの事で、魚が 餌を食べて竿に伝わる 衝撃の事)

・バイト
(アタリの事で魚が ルアーに食いつく 行為の事)

・アクション
(竿やリールの操作で ルアーを動かした時の ルアーの動きの種類の事)

・レンジ
(そのルアーが泳ぐ 水深の幅の事)

・ウエイト
(ルアーの重量)

・ベイト
(ターゲットが捕食して いる対象生物の事)

・アングラー
(釣り人の事で、特に 疑似餌を使って釣りを する人の事)

・まづめ
(朝晩の暗い時から 明るくなる、または その逆の中途半端な 明るさの時間帯の事)

・ラインスラック
(ルアーを操作する 際に出る糸のたるみ の事)

・ウォブリング
(ルアーの重心あたりを 軸にしてブルブルと震える 振動の大きい動きの事)

・馬ノ背
(水中のたんこぶ地形の事)

・バチ
(イソメやゴカイなどの 釣り餌に使われる多毛類の 総称です)

・バチ抜け
(バチが産卵のために 大潮の満潮前後に 一斉に水面付近まで 浮上する事)

・ハク
(ボラの稚魚)

・イナッコ
(ボラの幼魚)

・マイクロベイト
(シーバスタックルで キャストするルアーサイズ では表現しにくい小さな ベイトの事)

・ウエーダー
(漁師さんが履く丈が 腰くらいまである長靴の 事)

・ウエーディング
(ウエーダーを着用して 川、湖、海岸などで水中に 入り、釣りをする事)

・Mリグ
(シンキングミノーの腹側の フックをはずし、ガン玉を 付けてさらに沈ませる松尾 道洋氏の考案したチューニング)

・松尾道洋
(シーバス、ランカー クラブの副部長)

・カーブフォール
(ラインの出を抑制したり 止めたりして常にライン テンションがかかった状態で ルアーを沈めていく技術で ”テンションフォール”とも 言われる)

・かけ上がり
(水深が浅くなるときに 見た目にもまる分かりな 斜面になってる地形変化の事)

・大野ゆうき
(年間シーバスキャッチ量 1トンを超える、スーパー アングラー)

・汽水域
(淡水と海水がまじり合った 河口付近のエリアの事)

・ゴロタ場
(人がやっと持てるくらいで まず流されないだろう程度の 石が敷き詰められたように なっている水中地形の事)

・サミング
(リールを使ってキャストする 時に手を使ってラインの放出を 抑制する事。本来はベイト リールで行うときにサミングと 呼ばれ、スピニングリールの 場合はフェザーリングと 呼ばれるが、どちらでも サミングで通じる)

・サスペンド
(水中で沈んだ状態で止まり そこから浮きも沈みもしない 状態でルアーのタイプを 表すときに良く使われる)

・サンドバー
(流れ込みで砂が体積して 細長い沖に伸びている岬の ような帯状の水中地形の事)

・時合い
(潮回りや天候など様々な 条件が重なって魚の食いが 活発になる時間帯の事)

・シェード
(水中に出来る影の エリアの事)

・シャロー
(水深が2メートルくらい までの浅いエリアの事)

・潮目
(水中の流速変化によって 起こる、水面の目に見える 境界線みたいな変化の事)

・ショートバイト
(喰いが浅く、アタリは あるが魚がフッキング しない状態の事で魚の 警戒心が高い時や、元気が ないときに起こる)

・シンキング
(水中で沈んでいく状態の 事でルアーのタイプを表す 時によく使われる)

・ストップ&ゴー
(リールを巻いては止め、 巻いては止めるという ルアーフィッシングの 技術の事)

・ボトム、ズル引き (バイブレーションなどを ボトムに着底させて底を 引きずりながら引いてくる 技術の事)

・ストラクチャー
(水中の魚が身を隠したり するのに使う障害物の事)

・スレる
(魚が何かに警戒して 餌を食べなくなる状態で 釣り場で騒いだり、ルアーを キャストしまくったりする ことで起こる)

・スレ
(正確には”スレ掛かり”の ことで魚の口の外からや体に 針がフッキングした状態の 事で上記の”スレる”と かぶり、ややこしい。文脈から 察するしかない)

・スナップ
(ルアーとラインを簡単に 接続するための金具の事)

・スロープ
(船やボートを水面に 出し入れする為に港などに 作られた滑り台みたいな かけ上がり地形の事)

・瀬
(浅くて水の流れが速く なっている場所でさざなみが 立っているようなフィールド の事)

・遡上
(魚が季節により海や湖から 川を遡る事)

・ダート
(ジャークによってバランスを 崩したルアーが左右に蛇行する アクションの事)

・ジャーク
(やや大きく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚を寄せるとかリアクションで 喰わせるという攻撃的な意思を 持ったアクションの事)

・トゥイッチ
(小さく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚にルアーの存在を気づかせる とか、ルアーのバランスを 崩して魚に攻撃するスキを 与えるという受け身的な意思を 持ったアクションの事)

・ターンオーバー
(気温低下や風などに よって表層の水温が急激に 下がり、水中で上層の水と 下層の水が入れ替わる事で 魚に致命的なダメージを 与えることがある)

・チェイス
(魚がルアーを追尾して くる事)

・チャンネル
(流芯の地形のことで 他のエリアよりも流れが 強く、底が深くなって いて水が干上がると確認 できる水の通り道です)

・テクトロ
(岸壁際を歩きながら ルアーを泳がせるという お手軽釣法の事)

・手返し
(投げる、釣る、魚を 針から外す、そしてまた 投げるまでのサイクルの 事で手返しが良いとか 手返しが早いとか言われる)

・ドッグウォーク
(トップウォーター ペンシルの水面で頭を 左右に振りながらゆっくり 進むアクションの事で 酸欠状態の魚や下から 追われて逃げ場を失った 魚を表現した技術です)

・ナブラ
(大量のベイトが下から 追われて界面にさざなみを 立てる現象で小魚たちが 群れで移動するために 起こる、目に見える 捕食行動です)

・二枚潮
(海中の層によって 潮の流れる向きが違う 現象の事で上は右に 流れているけど、底の 方は左に流れているという 川で起こる反転流が 縦に起きてる状態です)

・リアクションバイト
(魚に見切られにくい 素早い動きで反射的に バイトしてしまう事で れっきとした釣技として 確率されている)

・リーダー
(シーバスフィッシングに おいてルアーからメイン ラインまでをつなぐ糸の 事でPEラインだけでは 補いきれない性能を ラインシステムに加える ために付ける)

・ラインシステム
(ルアーからリールまでを つなぐのに使われる、魚や そのときの状況に合わせた 性能を持たせる糸の 組み合わせの事)

・リップ
(ルアーの先に付いた 透明なくちばしみたいな ヤツの事)

・ボイル
(沸騰するなどの意味を 持ち、シーバスなどにベイトが 追われて逃げ場を失い、 水面で大量に浮いている 状態。)

・ライズ
(立ち上がる、飛び上がる などの意味を持ち、 シーバスがベイトを捕食 するために水面に飛び出す ときの様子を表す。)

このページの先頭へ