シーバス 湾奥の変化に乏しい一直線の岸壁が続く大場所がホームフィールド 最初の一本に出会う手がかりが欲しい 【Q&A】

WS000303


はじめて質問させていただきます。
○○と申します。

私はシーバス始めて2年目ですが、
まだ1度もあげたことがありません
(2回バラシたことがある程度です。)。
 

私のホームはとある港湾部の
ながーい一直線の護岸が続く、
足場も高い湾奥です。

目の前には一面海が広がっており、
冬はカレイの恰好の
釣り場となっています。
 

さて、質問です。

(そもそも上記場所がホームとして
適していないというのは
重々承知なのですが・・。)
このような、河川や漁港とも違う
非常にオープンな湾奥で、かつ
キャストできる陸が一直線の
変化に乏しい釣り場ではやはり
岸壁のみがポイントとなるのでしょうか。
 

陸側から海を見渡しても変化を
あまり見つけられず、また、
潮目も遠いことが多く、ポイントを
見つける目安がわかりません。

キャストする方向も皆目検討がつかず、
いつも護岸際をワンダーやエリア10で
流すか、適当にミノーをキャスト
しているだけとなってしまいます。
(2回バラシたというのも、
ワンダーで護岸をゆっくりリトリーブ
していた時でした。)
 

このように非常にオープンで変化に
乏しい(少なくとも私にはそう見えて
しまう)港奥の釣り場での釣り方の
目安、キャストする場所の目安、
手がかりがありましたら、
ご教示いただけませんでしょうか。
(抽象的な質問で申し訳ありません。
1匹挙げるための手がかりが
欲しいのです。泣)
 

これからもしんさんの
ブログのファンとして、
更新楽しみにしています!

お忙しい中申し訳ありませんが、
よろしくお願い致します。

 
 
 

と、言うのが今回の【Q&A】
 
 
 

私はよく、いろんなところから
いろんな相談や質問を頂きます。
 

よくある質問や
緊急性の高い質問など
当ブログの記事で
お答えしていきます。

 
 

あなたもお気軽に問い合わせて
頂けるとうれしいです。
 
 
 

よろしくお願いします。
 
 
 
 

あなたのホームでポイントになるエリア

こんにちは、しんです。
 

はじめまして。

お問い合わせ、
ありがとうございます。
 

私のブログを頼りにして頂いて
凄く嬉しく思います。

御ゆるりと、遊んでいってくださいね。
 

こちらこそ、
よろしくお願いします。
 
 

さて、2年ですか。
頑張りましたね。
 

大丈夫ですよ。

あなたが感じているように
変化のない大場所で初心者が
釣果をあげるのは難易度が高く
簡単にはいきません。
 

ですがフィールドには固有の特徴、
つまり個性みたいなものがあるので
それを知って頂く方向でいけば
シーバスに出会う事は出来ます。

 

ですから、ざっくりではありますが
少し具体的に必要な事
解説させてください。
 
 

じゃ、さっそく。
 
 

あなたがおっしゃるように、
まず岸壁沿いがシーバスの
ポイントになります。

 

ただ一直線で変化に乏しいので
コンクリートの繋ぎ目などの
僅かな変化にエビやカニなどの
ベイトが多く集まります。
 

こういった些細な変化が重要に
なってくるのは、あなたもよく
ご存知だと思います。
 
 

でも、岸壁というのはいつでも
釣れるわけではなく、他のポイントと
同じくいい時と悪い時があります。
 

あなたのホームの場合はおそらく
向かい風で波が岸壁に当たっている
ような時がシーバスの反応がいい
傾向が強いと思います。

 

攻め方としてはテクトロや、邪道の
スーサンというルアーを使った
連続ショートジャークが有効です。
 

スーサンについては、村岡昌憲さんの
スーサンの動画を見ていただくと
分かりやすいので、よかったら
後ほど検索してみてください。
 
 

そして、もうひとつのタイミングは
沖から入ってくる流れ、つまり潮目の
事ですがこれが岸壁に当たっている
場所での岸壁ジギングが良さそうです。

 

これは岸壁沿いにバイブレーションを
落とし込んでボトムを取ったら、

テクトロみたいに数メートル移動して
ロッドでルアーを少しづつ
シャクりあげてくる方法。
 

ロッドでルアーをシャクりあげる
時は足を止めて頂いて、フォールさせる
時に数メートル移動する感じです。
 

つまり、バイブレーションを
シャクりあげてくる時は岸壁沿いを
斜めにシャクりあげてくる感じ。
 

慣れない内は一度ボトムを取ったら
リールの巻き取りはしない方が
やりやすいです。
 
 
 

次のポイントは中層です。

あなたのホームは濁りが強い時が
多いようなので、ベイトは表層か
ボトムに隠れるようにして
生活しています。
 

なぜなら、そのどちらかが
ベイトにとって1番安全だから。

これは明るい時間帯の方が
より顕著に出ます。
 

暗いとシーバスはけっこう浮いてきて
表層が危険になるフィールドは
多いですから。
 
 

これは水位にもよるんですが、
シーバスはボトムから
岸壁に近寄ってきます。

 

この時、ボトムに居て隠れていない
ベイトはもちろん襲われるんですが、
中層付近を泳いでいるベイトも
シーバスの目に付きます。

 

ですが、表層のベイトは距離が遠く
水が濁り気味なのでシーバスに
ロックオンされる事は少ないです。
 

これが、中層を狙った方がいい理由。
 

岸壁沿い以外のポイントというか
狙いどころですね。
 
 
 

次は、重点的に狙うエリア。

岸壁から15メートル沖までの
水域でルアーを泳がせている時に
注意してください。

 

なたのホームのような変化に
乏しいまっすぐで広大な岸壁は
足下のボトムに岸壁から2メートル
くらいの敷石が敷かれています。
 

そして、その先には少し深くなった
数メートルの大きな溝みたいな
ボトム地形が存在している可能性が
高いです。
 

これら、ボトムの地形変化が
岸壁から10メートルくらい沖までに
あって、その先は目立った変化が
ないというパターンがほとんど。
 
 

つまり、沖へ向かってルアーを
フルキャストした場合、

シーバスのアタリが出るとしたら
ボイルとかがない限りはあなたから
15メートル沖くらいまでのエリアで
反応してくる可能性が高い
んです。
 
 

ですから、沖へルアーをキャストして
中層を引いてくる時は、この水域で
あなたの感覚を集中して頂けると
いろんな事が見えてくると思います。
 
 
 
 

あなたのホームでの釣り方のヒント

見た目に変化が乏しいフィールドでは
シーバスを釣る上でベイトが最も
重要な要素
になってきます。

ボイルのように分かりやすいものは
いいんですが、ちらほらベイトが
通りかかるとか、見当たらない時は
補食ベイトを見極める事が重要になります。
 

まずは大きく分けて、魚系のベイトを
食べているのか、それともそれ以外の
エビやカニ、バチ、イカなどを
食べているのか。
 

これを先に考えてください。
 

体的には季節ごとのベイト情報や実際に
フィールドでサビキに掛かってくる
魚、水面を観察した様子、チヌ釣り師
たちが使っているエサを見てください。
 

これらの情報を交えて考えながら
実際にそのエサやベイトにルアーを
対応させて、実釣でシーバスの補食
ベイトを絞り込んでいきます。

 
 

フィールド規模、環境、岸壁からみても、
ほとんどの状況でシーバスが居る
フィールドだと思われるので
補食ベイトが分かればかなり有利です。
 

あとは時合いを待つだけなので。
 

喰ってくるタイミングと反応しにくい
タイミングがあるので、その辺りは
経験で覚えていくしかないですが、

補食ベイトが分かっていれば
喰ってくるタイミングでレンジなどを
合わせていけば大丈夫ですから。
 
 

これに関する答えはシーバスが
反応で返してくれます。

 

んなわけで、まずは補食ベイトの
種類を特定する事に力を注ぎましょう。
 

これを予想しないと、どこを
どのルアーで狙えばいいのかが
見えてきません。
 
 
 

そして、あなたはカレイがメジャーな
フィールドだと教えてくれました。
 

実はそこに住んでいる魚も
ヒントになる事があります。
 
 

カレイという魚は速い潮流を好みます。
 

これはつまり、カレイが釣れる
ポイント付近は速くてしっかりした
流れがあるということです。

 

という事は、その流れの脇には当然
流れの緩い水域が存在していて
沈んでいて目には見えないかもしれない
けど流れのヨレなどもあるという事。

 
 

シーバスはそういう流れに
付きますから、カレイの釣れるポイントは
いろんなルアーを流し込んでみると
反応が得やすい
です。
 

そして、流れを感知しやすく
深いレンジまで調査できる
ルアーが必要
になりますね。
 
 
 

さらに、岸壁でのフッキングから
ファイトに関しても少しヒントが。
 

テクトロや足下のピックアップバイト
などはフッキングする暇がない事が
多く、どうしても針掛かりが
あまくなりがちです。

 

ですから、狙っていたものは
ほぼ大丈夫ですが、不意にバイト
された場合は一度リールのベールを
返してシーバスを沖へ走らせてみます。
 

そして、こちらの体勢を整えてから
シーバスが失速した瞬間を狙って
追い合わせを入れます。
 

そこからロッドをいつでも下に
向けられる体勢をとって
しっかりとファイトしてみてください。
 
 

もちろん、岸壁の下にシーバスが
突っ込めるような穴などがない事が
絶対条件になります。
 
 

なぜ、こんな面倒な事をするかというと、

実はシーバスフィッシングにおける
バラしというのが起こる原因の多くは
フッキングが完全に決まってない
という場合がほとんどだから。

 
 

こういう細かいところも含めて
しっかりと詰めていかないと
大切なメモリーズフィッシュとなる
魚を逃すという事になります。
 

逆に言えば、これも釣果をあげるための
ヒントになるという事ですね。
 
 
 
 

フィールドに適したタックルとルアー

あなたのホームのような大場所では
最低限干潮時の水面付近まで
竿先が届くような、わりと大きめの
タックルが必要になります。

 

先ほどチラッとお話させて頂きましたが
シーバスはあなたの足下に近い場所で
バイトしてくる確率が高いです。
 

ですが、短いロッドではしっかりと
足下までルアーを引いてくる事が
出来ず、シーバスに見切られて多くの
バイトチャンスを逃す事になります。
 
 

そしてルアーですが、こちらも
先ほどチラッとお話させて頂きました。
 

基本的に中層を狙っていくのが
いい感じです、と。
 

そして港湾部の大場所に当たるので
ルアーはシーバスのホットレンジを
捉える1メートルくらいまで潜行する
もの
がオススメになります。
 

水深があるようなら、アイマの
ガブリンやアピアのDOVERシンキング
などがあると深いレンジをミノーで
探れて攻略の幅が広がります。
 
 

さらに、100%私の個人的主観に
なりますが、港湾部最強鉄板バイブの
エバーグリーンのアイアンマービーが
あると広範囲を一気に探れていいです。
 

つまり、鉄板系バイブレーションが
あると港湾部の大場所は
攻略しやすくなる
という事。
 
 

でも注意して頂きたいのが、

これは決してタックルを買い直した
方がいいとか、ルアーを買った方が
いいというお話ではないという事。

 

こういう予備知識があるのとないのと
では、同じ港湾部でも攻めるポイント、
攻めるレンジ、見極める時の着眼点
まったく違ってきます。
 

ですから、今までお話してきた
こういう色んな知識を知る事こそが、
すべてシーバスに出会うためのヒントや
手がかりになるという事ですね。
 

これらを知ることで、あなたの
シーバスフィッシングにおける
行動が細かいところで
いろいろと変わってくるはず
です。
 
 
 
 

まとめますと、

一見、変化のないフィールドに見えるし
その通りですが、実は案外いろんな
狙いどころがあったりするという事。

 
 

そして、いろんな角度から情報を得て
シーバスの補食ベイトを探していく
ことが、変化のないフィールドで
最も重要だという事。

 
 

さらに、一見関係のないものや
知識であっても、知ることで目線が
変わってそれら全てがシーバスに
出会うヒントになるという事ですね。

 
 
 

さて、いかがだったでしょうか?
 

タックルに関してはそのままのもので
シーバスを狙っていきましょう。
 

いくら水面付近までの距離と言っても
長すぎるロッドはダメですから。
 

ですが、足下に近ければ近いほど
バイト率が高いので、沖へキャスト
したとしても足下ほど丁寧に探る
という意識でリトリーブしましょう。
 
 

ルアーに関しては手持ちのもので
どれがどのパターンに代用出来るか
というのを考えながら
ポイントを
攻めていきましょう。
 
 

余談ですが、今の時期に港湾部で
ベイトになってる可能性が高いのは、

イナッコ、イワシ、サヨリ、サッパ、
コノシロですね。
 

あなたのフィールドは時期によっては
イカパターンもあります。
 

このパターンの時は魚系の
ベイトにはまったく反応しないので
注意が必用です。
 

良かったら参考にしてみてくださいね。
 
 

そして、お互いにガッツリと
シーバスフィッシングを
楽しんでいきましょう。
 
 
 
 
 

それでは、グッドラック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

【釣り用語】

ルアーフィッシングに おける、釣り用語の 解説です。
参考にして頂けると うれしいです。


・アップクロス
(水の流れに対して 自分の立ち位置から 上流へキャストする事)

・キャスト
(ロッドを使って ルアーを投げる事)

・ロッド
(竿)

・アフタースポーニング
(魚の産卵後の意味で アフターと略される事も ある)

・アプローチ
(釣りたい魚に対する コンタクト方法の事で 要するに戦術です)

・アミ
(直径3センチくらい までの小さなエビの事)

・アワセ
(魚が餌を食べた時に こちらからフッキング する行為)

・フッキング
(竿を煽って魚の口に 針を貫通させる事)

・アタリ
(バイトの事で、魚が 餌を食べて竿に伝わる 衝撃の事)

・バイト
(アタリの事で魚が ルアーに食いつく 行為の事)

・アクション
(竿やリールの操作で ルアーを動かした時の ルアーの動きの種類の事)

・レンジ
(そのルアーが泳ぐ 水深の幅の事)

・ウエイト
(ルアーの重量)

・ベイト
(ターゲットが捕食して いる対象生物の事)

・アングラー
(釣り人の事で、特に 疑似餌を使って釣りを する人の事)

・まづめ
(朝晩の暗い時から 明るくなる、または その逆の中途半端な 明るさの時間帯の事)

・ラインスラック
(ルアーを操作する 際に出る糸のたるみ の事)

・ウォブリング
(ルアーの重心あたりを 軸にしてブルブルと震える 振動の大きい動きの事)

・馬ノ背
(水中のたんこぶ地形の事)

・バチ
(イソメやゴカイなどの 釣り餌に使われる多毛類の 総称です)

・バチ抜け
(バチが産卵のために 大潮の満潮前後に 一斉に水面付近まで 浮上する事)

・ハク
(ボラの稚魚)

・イナッコ
(ボラの幼魚)

・マイクロベイト
(シーバスタックルで キャストするルアーサイズ では表現しにくい小さな ベイトの事)

・ウエーダー
(漁師さんが履く丈が 腰くらいまである長靴の 事)

・ウエーディング
(ウエーダーを着用して 川、湖、海岸などで水中に 入り、釣りをする事)

・Mリグ
(シンキングミノーの腹側の フックをはずし、ガン玉を 付けてさらに沈ませる松尾 道洋氏の考案したチューニング)

・松尾道洋
(シーバス、ランカー クラブの副部長)

・カーブフォール
(ラインの出を抑制したり 止めたりして常にライン テンションがかかった状態で ルアーを沈めていく技術で ”テンションフォール”とも 言われる)

・かけ上がり
(水深が浅くなるときに 見た目にもまる分かりな 斜面になってる地形変化の事)

・大野ゆうき
(年間シーバスキャッチ量 1トンを超える、スーパー アングラー)

・汽水域
(淡水と海水がまじり合った 河口付近のエリアの事)

・ゴロタ場
(人がやっと持てるくらいで まず流されないだろう程度の 石が敷き詰められたように なっている水中地形の事)

・サミング
(リールを使ってキャストする 時に手を使ってラインの放出を 抑制する事。本来はベイト リールで行うときにサミングと 呼ばれ、スピニングリールの 場合はフェザーリングと 呼ばれるが、どちらでも サミングで通じる)

・サスペンド
(水中で沈んだ状態で止まり そこから浮きも沈みもしない 状態でルアーのタイプを 表すときに良く使われる)

・サンドバー
(流れ込みで砂が体積して 細長い沖に伸びている岬の ような帯状の水中地形の事)

・時合い
(潮回りや天候など様々な 条件が重なって魚の食いが 活発になる時間帯の事)

・シェード
(水中に出来る影の エリアの事)

・シャロー
(水深が2メートルくらい までの浅いエリアの事)

・潮目
(水中の流速変化によって 起こる、水面の目に見える 境界線みたいな変化の事)

・ショートバイト
(喰いが浅く、アタリは あるが魚がフッキング しない状態の事で魚の 警戒心が高い時や、元気が ないときに起こる)

・シンキング
(水中で沈んでいく状態の 事でルアーのタイプを表す 時によく使われる)

・ストップ&ゴー
(リールを巻いては止め、 巻いては止めるという ルアーフィッシングの 技術の事)

・ボトム、ズル引き (バイブレーションなどを ボトムに着底させて底を 引きずりながら引いてくる 技術の事)

・ストラクチャー
(水中の魚が身を隠したり するのに使う障害物の事)

・スレる
(魚が何かに警戒して 餌を食べなくなる状態で 釣り場で騒いだり、ルアーを キャストしまくったりする ことで起こる)

・スレ
(正確には”スレ掛かり”の ことで魚の口の外からや体に 針がフッキングした状態の 事で上記の”スレる”と かぶり、ややこしい。文脈から 察するしかない)

・スナップ
(ルアーとラインを簡単に 接続するための金具の事)

・スロープ
(船やボートを水面に 出し入れする為に港などに 作られた滑り台みたいな かけ上がり地形の事)

・瀬
(浅くて水の流れが速く なっている場所でさざなみが 立っているようなフィールド の事)

・遡上
(魚が季節により海や湖から 川を遡る事)

・ダート
(ジャークによってバランスを 崩したルアーが左右に蛇行する アクションの事)

・ジャーク
(やや大きく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚を寄せるとかリアクションで 喰わせるという攻撃的な意思を 持ったアクションの事)

・トゥイッチ
(小さく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚にルアーの存在を気づかせる とか、ルアーのバランスを 崩して魚に攻撃するスキを 与えるという受け身的な意思を 持ったアクションの事)

・ターンオーバー
(気温低下や風などに よって表層の水温が急激に 下がり、水中で上層の水と 下層の水が入れ替わる事で 魚に致命的なダメージを 与えることがある)

・チェイス
(魚がルアーを追尾して くる事)

・チャンネル
(流芯の地形のことで 他のエリアよりも流れが 強く、底が深くなって いて水が干上がると確認 できる水の通り道です)

・テクトロ
(岸壁際を歩きながら ルアーを泳がせるという お手軽釣法の事)

・手返し
(投げる、釣る、魚を 針から外す、そしてまた 投げるまでのサイクルの 事で手返しが良いとか 手返しが早いとか言われる)

・ドッグウォーク
(トップウォーター ペンシルの水面で頭を 左右に振りながらゆっくり 進むアクションの事で 酸欠状態の魚や下から 追われて逃げ場を失った 魚を表現した技術です)

・ナブラ
(大量のベイトが下から 追われて界面にさざなみを 立てる現象で小魚たちが 群れで移動するために 起こる、目に見える 捕食行動です)

・二枚潮
(海中の層によって 潮の流れる向きが違う 現象の事で上は右に 流れているけど、底の 方は左に流れているという 川で起こる反転流が 縦に起きてる状態です)

・リアクションバイト
(魚に見切られにくい 素早い動きで反射的に バイトしてしまう事で れっきとした釣技として 確率されている)

・リーダー
(シーバスフィッシングに おいてルアーからメイン ラインまでをつなぐ糸の 事でPEラインだけでは 補いきれない性能を ラインシステムに加える ために付ける)

・ラインシステム
(ルアーからリールまでを つなぐのに使われる、魚や そのときの状況に合わせた 性能を持たせる糸の 組み合わせの事)

・リップ
(ルアーの先に付いた 透明なくちばしみたいな ヤツの事)

・ボイル
(沸騰するなどの意味を 持ち、シーバスなどにベイトが 追われて逃げ場を失い、 水面で大量に浮いている 状態。)

・ライズ
(立ち上がる、飛び上がる などの意味を持ち、 シーバスがベイトを捕食 するために水面に飛び出す ときの様子を表す。)

このページの先頭へ