シーバス 手持ちのロッドの中の一本 タックルバランスが上手く決まらない バランサーによるカスタマイズは必要? バランサーごとの特徴 【Q&A】

WS000303


初めまして。

解りやすい文章でとても読みやすく、
事あるたびに参考にさせて
いただいています。

タックルバランスについて
質問があります。

 

現在所持しているのは9.4fと8.6fの
2つのMLロッド、
Daiwa製の2500番、3000番の2つの
リールです。

この2×2アイテムをシーズンや
場所によって組み合わせて
使っております。(そのつもりでした)
 

しかし、困っているのが4つの中では
新参者の9.4fのMLロッドです。

2500番との組み合わせでは
先重り感があり、ならば3000番との
組み合わせ、と試しましたが
それでも先重りを感じます。

ネットで調べると、バランサーを
エンドに付けたり、リールをいじって
ウエイトアップを施したりして
ロッドの支点をリールを持つ手元側に
ずらすなどしている釣り人が
いると最近知りました。

シーバスフィッシングにおいても、
ベストなタックルを目指すには
上記のような事が必要なのでしょうか?

決して自分には安い買い物では
なかったので、なんとかストレスなく
使いこなす事が出来たらと
思っております。
 

長文すみません、
ご回答いただけると幸いです。

 
 
 

と、言うのが今回の【Q&A】
 
 
 

私はよく、いろんなところから
いろんな相談や質問を頂きます。
 

よくある質問や
緊急性の高い質問など
当ブログの記事で
お答えしていきます。

 
 

あなたもお気軽に問い合わせて
頂けるとうれしいです。
 
 
 

よろしくお願いします。
 
 
 
 

ロッドのバランサー

こんにちは、しんです。

こちらはコメントから
お問い合わせですね。

私のブログを参考にして頂いて
ありがとうございます。

改めまして、
よろしくお願いします。
 

さて、これに関してはあなたの
満足度にもよりますが、

シーバスフィッシングにおいても
ベストなタックルを目指すには
バランサーを使って重心を調整するのは
必要でオススメだと言えます。

ですが、この調整については
かなりデリケートなもので、実際に
フィールド使用感を確かめながら
何度も調整していく必要があります。

そこで、そのために必要な事を
解説させてください。
 
 

じゃ、さっそく。
 

まずロッドのバランサーについて
ですが、こちらは付けられるロッドと
付けられないロッドがあります。

といっても、ほとんどのロッドが
バランサーを付けられない
構造になっています。
 

これは何故かというと、グリップ
エンドに付けるバランサーというのは
欠点も持ち合わせているからです。

グリップエンドのバランサー
利点はタックル全体の重心をロッドの
持ち手に近づけて、キャスト時などの
持ち重りを軽減出来る事。
 

では欠点はというと、あなたも
ご存知のようにタックル全体の
重量が大きくなるので結果的に
疲れてしまう
という事が起きます。

そして、もうひとつ重大な欠点が。

それはタックルの感度です。

例えばアタリの場合で言うと、
衝撃のような振動性のアタリは
まだマシで、取りやすさは
変わらないでしょう。

ですが、竿先を押さえ込むような
フワッとかモワッとかいうアタリは
グリップエンドのバランサーが
重いほど取りにくくなるんです。

これの詳しい話はまた後で。
 
 

りあえず、ロッドにバランサーを
装着する方法として2つほど
ご紹介させてください。

まず1つ目はバランサーを付ける
機構が付いていないロッドに
グリップエンドのバランサーを
装着する方法です。

最初にグリップエンドの丸の
直径を測っておきます。

そしてホームセンターに行って
丸いゴムのキャップみたいなもと
金属のワッシャーと呼ばれるもの

探してきてください。

これを上手く使ってバランサーとして
機能させるんですが、これについて
詳しく解説しているサイトがあるので
後ほどご確認下さい。

記事の下の方にリンクを貼っておきます。
 
 

もうひとつはロッドに板重りを
巻いて調整していく方法です。

ロッドにもよりますが、リール
シートよりも下のグリップ部分に
グリップが付いていないロッドの
ブランクが露出している物があります。

この部分にビニールテープなどを
貼ってロッド本体が傷付かないように
下地を作ります。

そしてそこに釣具店で売っている
板重りを巻き付けてロッドベルト
などで仮止めします。

それで実釣してちょうどいい量の
板重りに調整出来たら、今度は
テニスラケットのグリップテープ
みたいなもので板重りを固定します。

これで完成です。
 

私個人的には後者の方がオススメ。

なぜならグリップエンドのバランサー
に比べて、重い部分がリールに近づくから。

これが先ほどチラッとお話させて頂いた、
グリップエンドのバランサーで
アタリが取りにくくなる
という
事に関係してきます。

この詳しい解説は後ほど。
 

ロッドにバランサーを装着するには
こんな方法たちがあります。

良かったら試してみてくださいね。
 
 
 
 

リールのバランサー

あなたはリールスタンドという
ものをご存知でしょうか?

タックルを地面などに置いた時に
リールのベールやスプールに傷が
付きにくくするために、ハンドルの
反対側に付ける棒みたいなヤツです。

このリールスタンドとは別に、
このリールスタンドの中に重りを
内臓できるリールバランサー
というものがあるんです。
 

先ほどお話したロッドのバランサー
よりは、実はこちらの方がオススメ。

なぜなら重りが付いている部分を
手で直接持つので、バランサーによる
タックル感度の低下を防げるから。
 

どういう事かというと、基本的に
ロッド操作はキャスト時でない限りは
ほぼリールシートを持つ方の手で
行います。

キャスト時はロッド操作は
両手を使って行いますから。

ですが、どちらも変わらないのは
リールがあるところが支点になって
キャストとリトリーブをしている事。

この支点に注目してそれぞれの
状況を見ていきましょう。
 
 

まずはグリップエンドのバランサー
使った場合です。

上手く調整出来たら重心がリールの
位置に近くなるので、キャスト時には
ストレスなくリール付近を支点にして
スムーズなキャストが出来ますよね?
 

では次はリトリーブ時にアタリが
出た時を考えてみましょう。

ロッドをルアーのある方向に完全に
まっすぐ向けていないのなら、
アタリがあったと同時に竿先
ルアーの方へ引っ張られます。

衝撃的なアタリであれば関係なく
あなたの手元に伝わります。

ですが、竿先を押さえ込むような
微妙なアタリだった場合は
どうでしょうか

ラインがたるんでいたり、2枚潮
だったり、流れと風が反対向きの時は
微妙なアタリが多くなります。

そして、このアタリが出た時
竿先がちょっとだけ引っ張られますが、
リールを支点にしたその先端には
グリップエンドのバランサーがあります。

いくらテコの原理が働くとはいっても
支点の先にある重りの影響は
確実に出ます。

つまり、グリップエンドのバランサーを
装着しているロッドの竿先を動かすには
装着していないロッドの竿先動かす
よりも確実に多くの力がいるんです。

あなたは慣性の法則というのを
ご存知ですよね?

重いものを動かすにはそれに見合う
力が必要になります。
 
 

では次はリールのバランサー
装着した時の状況を見ていきましょう。

キャスト時は同じようにリール付近に
タックルの重心が寄るので、
まあまあストレスなくキャスト
することが出来ますよね?

グリップエンドのバランサーには
少し劣りますけど。
 

では、次はリトリーブ時にアタリが
出た場合です。

衝撃的なアタリは同じように
手元に伝わって、よく分かるでしょう。

じゃあ微妙なアタリが出た時は
どうでしょうか

魚が竿先を引っ張った時、リールを
支点にしたその先にあるのは
バランサーの付いていないノーマルの
軽いグリップエンド
です。

つまり、バランサーが付いたグリップ
エンドよりも確実に小さな力で
竿先を動かす事が出来るんです。

 
 

これが、竿先を押さえ込むような
フワッとかモワッとかいうアタリが
グリップエンドのバランサーが
重いほど取りにくくなる理由です。

リールのバランサーはリールの重量を
調整して、ロッドとリールの
組み合わせでタックルバランスを
取っていく一般的で合理的な手法。

適正な重量を設定すれば、重心が
リールに近くなって支点が手元に
近づくのでタックルの感度
飛躍的に上がります。

だからこの中ではリールのバランサーが
タックルバランスを取っていくのに
最もオススメな方法になります。
 

一方、ロッドのバランサーは
本来あるべきものではない余計な
重さを余計な場所に足して重心を
無理やり移動させる方法、

極端に言えば、諸刃の剣です。
 
 

以上の事を知った上で、
あなた好みのカスタマイズ
していただくといい感じですね。
 
 
 
 

まとめますと、

タックルバランスを整えるには、

・リールのバランサー
・グリップの途中に付けるバランサー
・グリップエンドのバランサー

などがあるという事。
 
 

そして、上記の中では上から順に
オススメでそれぞれに特徴があって
キャストの快適性やタックルの感度に
特化させられるという事。

 
 

さらに、これらを知った上で
あなたの好みに合ったカスタマイズを
して頂けるといい感じという事ですね。

 
 
 

さて、いかがだったでしょうか?

今回は少し小難しい内容に
なってしまいましたが、しっかりと
解釈して参考にして頂けると嬉しいです。
 
 

そうそう、

ロッドの特質上、使われているガイドの
材料やガイドの配置システムによって、
どうしても竿先の重量が重くなって
しまっているロッドもあります。

こういったロッドにはグリップエンドの
バランサーの方が有効かもしれないので
いろいろと試してみてくださいね。
 

そして、もちろんリールのバランサー
などでも全てのリールに共通して
取り付けられるというわけではありません。

必ず、あなたのロッドやリールに
適合しているかどうか
確認してからご購入するのを
オススメします。
 
 

いいカスタマイズになるといいですね。
 
 
 
 
 

それでは、グッドラック!
 
 
 
 

バランサーに対応していないロッドに
グリップエンドのバランサーを
装着する方法の詳細はこちらをクリック。

 
 
 
 



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

2 Responses to “シーバス 手持ちのロッドの中の一本 タックルバランスが上手く決まらない バランサーによるカスタマイズは必要? バランサーごとの特徴 【Q&A】”

  1. しん より:

    いえいえ、こちらこそ
    ありがとうございます。

    バランサーによって
    ロッドの感度が変わるのは、
    実はあまり知られていない事。

    ですから、特にあなたが
    軽視していたわけではありません。

    普通の事です。

    この感度はバランサーの重量が
    10グラムとかの違いで、
    全く取れないアタリがガンガン
    取れるようになってしまうほどです。

    その為、満足のいく調整を
    なさるのなら、やはりリールの
    バランサーがオススメになりますね。

    場合によっては併用するのも
    アリだと思います。

    難しいですが、いろいろと
    試してみてくださいね。

    それでは、また。

  2. シーバス大好き より:

    迅速かつ丁寧なご回答、ありがとうございました!
    先重りのストレスに苛まれるあまり、
    ロッドの操作性や感度など重要な点を
    軽視していたのだと改めて気づかされました。
    いくら先重り感がなくなったとしても
    釣果につながらなければ無意味ですから・・・

    お教え下さった解決策を参考に
    大きな意味でのバランス感覚をとっていきたいと
    思います。

    ありがとうございました!

コメントを残す

サブコンテンツ

【釣り用語】

ルアーフィッシングに おける、釣り用語の 解説です。
参考にして頂けると うれしいです。


・アップクロス
(水の流れに対して 自分の立ち位置から 上流へキャストする事)

・キャスト
(ロッドを使って ルアーを投げる事)

・ロッド
(竿)

・アフタースポーニング
(魚の産卵後の意味で アフターと略される事も ある)

・アプローチ
(釣りたい魚に対する コンタクト方法の事で 要するに戦術です)

・アミ
(直径3センチくらい までの小さなエビの事)

・アワセ
(魚が餌を食べた時に こちらからフッキング する行為)

・フッキング
(竿を煽って魚の口に 針を貫通させる事)

・アタリ
(バイトの事で、魚が 餌を食べて竿に伝わる 衝撃の事)

・バイト
(アタリの事で魚が ルアーに食いつく 行為の事)

・アクション
(竿やリールの操作で ルアーを動かした時の ルアーの動きの種類の事)

・レンジ
(そのルアーが泳ぐ 水深の幅の事)

・ウエイト
(ルアーの重量)

・ベイト
(ターゲットが捕食して いる対象生物の事)

・アングラー
(釣り人の事で、特に 疑似餌を使って釣りを する人の事)

・まづめ
(朝晩の暗い時から 明るくなる、または その逆の中途半端な 明るさの時間帯の事)

・ラインスラック
(ルアーを操作する 際に出る糸のたるみ の事)

・ウォブリング
(ルアーの重心あたりを 軸にしてブルブルと震える 振動の大きい動きの事)

・馬ノ背
(水中のたんこぶ地形の事)

・バチ
(イソメやゴカイなどの 釣り餌に使われる多毛類の 総称です)

・バチ抜け
(バチが産卵のために 大潮の満潮前後に 一斉に水面付近まで 浮上する事)

・ハク
(ボラの稚魚)

・イナッコ
(ボラの幼魚)

・マイクロベイト
(シーバスタックルで キャストするルアーサイズ では表現しにくい小さな ベイトの事)

・ウエーダー
(漁師さんが履く丈が 腰くらいまである長靴の 事)

・ウエーディング
(ウエーダーを着用して 川、湖、海岸などで水中に 入り、釣りをする事)

・Mリグ
(シンキングミノーの腹側の フックをはずし、ガン玉を 付けてさらに沈ませる松尾 道洋氏の考案したチューニング)

・松尾道洋
(シーバス、ランカー クラブの副部長)

・カーブフォール
(ラインの出を抑制したり 止めたりして常にライン テンションがかかった状態で ルアーを沈めていく技術で ”テンションフォール”とも 言われる)

・かけ上がり
(水深が浅くなるときに 見た目にもまる分かりな 斜面になってる地形変化の事)

・大野ゆうき
(年間シーバスキャッチ量 1トンを超える、スーパー アングラー)

・汽水域
(淡水と海水がまじり合った 河口付近のエリアの事)

・ゴロタ場
(人がやっと持てるくらいで まず流されないだろう程度の 石が敷き詰められたように なっている水中地形の事)

・サミング
(リールを使ってキャストする 時に手を使ってラインの放出を 抑制する事。本来はベイト リールで行うときにサミングと 呼ばれ、スピニングリールの 場合はフェザーリングと 呼ばれるが、どちらでも サミングで通じる)

・サスペンド
(水中で沈んだ状態で止まり そこから浮きも沈みもしない 状態でルアーのタイプを 表すときに良く使われる)

・サンドバー
(流れ込みで砂が体積して 細長い沖に伸びている岬の ような帯状の水中地形の事)

・時合い
(潮回りや天候など様々な 条件が重なって魚の食いが 活発になる時間帯の事)

・シェード
(水中に出来る影の エリアの事)

・シャロー
(水深が2メートルくらい までの浅いエリアの事)

・潮目
(水中の流速変化によって 起こる、水面の目に見える 境界線みたいな変化の事)

・ショートバイト
(喰いが浅く、アタリは あるが魚がフッキング しない状態の事で魚の 警戒心が高い時や、元気が ないときに起こる)

・シンキング
(水中で沈んでいく状態の 事でルアーのタイプを表す 時によく使われる)

・ストップ&ゴー
(リールを巻いては止め、 巻いては止めるという ルアーフィッシングの 技術の事)

・ボトム、ズル引き (バイブレーションなどを ボトムに着底させて底を 引きずりながら引いてくる 技術の事)

・ストラクチャー
(水中の魚が身を隠したり するのに使う障害物の事)

・スレる
(魚が何かに警戒して 餌を食べなくなる状態で 釣り場で騒いだり、ルアーを キャストしまくったりする ことで起こる)

・スレ
(正確には”スレ掛かり”の ことで魚の口の外からや体に 針がフッキングした状態の 事で上記の”スレる”と かぶり、ややこしい。文脈から 察するしかない)

・スナップ
(ルアーとラインを簡単に 接続するための金具の事)

・スロープ
(船やボートを水面に 出し入れする為に港などに 作られた滑り台みたいな かけ上がり地形の事)

・瀬
(浅くて水の流れが速く なっている場所でさざなみが 立っているようなフィールド の事)

・遡上
(魚が季節により海や湖から 川を遡る事)

・ダート
(ジャークによってバランスを 崩したルアーが左右に蛇行する アクションの事)

・ジャーク
(やや大きく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚を寄せるとかリアクションで 喰わせるという攻撃的な意思を 持ったアクションの事)

・トゥイッチ
(小さく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚にルアーの存在を気づかせる とか、ルアーのバランスを 崩して魚に攻撃するスキを 与えるという受け身的な意思を 持ったアクションの事)

・ターンオーバー
(気温低下や風などに よって表層の水温が急激に 下がり、水中で上層の水と 下層の水が入れ替わる事で 魚に致命的なダメージを 与えることがある)

・チェイス
(魚がルアーを追尾して くる事)

・チャンネル
(流芯の地形のことで 他のエリアよりも流れが 強く、底が深くなって いて水が干上がると確認 できる水の通り道です)

・テクトロ
(岸壁際を歩きながら ルアーを泳がせるという お手軽釣法の事)

・手返し
(投げる、釣る、魚を 針から外す、そしてまた 投げるまでのサイクルの 事で手返しが良いとか 手返しが早いとか言われる)

・ドッグウォーク
(トップウォーター ペンシルの水面で頭を 左右に振りながらゆっくり 進むアクションの事で 酸欠状態の魚や下から 追われて逃げ場を失った 魚を表現した技術です)

・ナブラ
(大量のベイトが下から 追われて界面にさざなみを 立てる現象で小魚たちが 群れで移動するために 起こる、目に見える 捕食行動です)

・二枚潮
(海中の層によって 潮の流れる向きが違う 現象の事で上は右に 流れているけど、底の 方は左に流れているという 川で起こる反転流が 縦に起きてる状態です)

・リアクションバイト
(魚に見切られにくい 素早い動きで反射的に バイトしてしまう事で れっきとした釣技として 確率されている)

・リーダー
(シーバスフィッシングに おいてルアーからメイン ラインまでをつなぐ糸の 事でPEラインだけでは 補いきれない性能を ラインシステムに加える ために付ける)

・ラインシステム
(ルアーからリールまでを つなぐのに使われる、魚や そのときの状況に合わせた 性能を持たせる糸の 組み合わせの事)

・リップ
(ルアーの先に付いた 透明なくちばしみたいな ヤツの事)

・ボイル
(沸騰するなどの意味を 持ち、シーバスなどにベイトが 追われて逃げ場を失い、 水面で大量に浮いている 状態。)

・ライズ
(立ち上がる、飛び上がる などの意味を持ち、 シーバスがベイトを捕食 するために水面に飛び出す ときの様子を表す。)

このページの先頭へ