しんがライブ・オブ・シーバスと言うブログを 立ち上げた理念、その野望とは?

WS000207

【プロフィール】

 

ニックN   しん

出身     名古屋

生息地   三重県

誕生日   10月3日

所属    辰年

階級    1児のパパ

流派    ネコ派

仕事    運び屋

趣味    釣り全般

性格    真面目8:不真面目2 
      優しく温厚で争いを好まない
      気は長く、負けず嫌い

妻     可愛くて取っ付き易い性格の
      誰からも好かれる料理上手

好きな言葉 未来だけが唯一変えられる!
      自業自得!
      夢追い人であれ!
 
 

【私のロード】

 

生まれて間もなく親の都合で
岐阜県に移住する。
 
 

小学校6年から近所の川で釣りを始め、
ウグイやハヤなどを釣るところから
始める。

しばらくすると、浮きを使った
流し釣りに目覚め、フナや鯉を
釣るようになる。
 
 
 

中学、高校の頃には
足を滑らせて川に落ちたり、
 

川の中州に渡ろうとして、釣り糸を
木の枝に引っ掛けてそれにぶら下がり、
ターザンのノリでチャレンジ。

もちろん川に転落。w
 

釣りの帰り道で自転車に乗りながら
居眠り運転をしていたら目の前に
電柱が!

それを華麗にかわして夏の田んぼに
自転車ごとダイビング。

生い茂る稲に一夜にして
ミステリーサークルを作るなど、
 

数々の伝説を打ち立てる。www
 
 
 

社会人になるとショボい経済力と
行動範囲を手に入れ、
ヘラブナ釣りに目覚める。

060709_1044

060709_1044


 
 

次第に海釣りにも興味を持ち出し、
休みを使ってちょくちょく遠出を
するようになり、クロダイ釣りの
楽しさに魅せられる。

081025_1234~01

081025_1234~01


 
 

それに伴い、ルアーフィッシングにも
興味を持ち、バスフィッシングや
海のルアー釣りに目覚める。
 
 
 

三重県出身の今の奥さんと出会って
めでたく結婚し、三重県に
喜んで移住する。

もちろん理由は海があるから。w

 WS000012
 

海が近いのをいいことに
ついにシーバスフィッシング
目覚め、今に至る。
 
 
 

【 私のビジョン】

と言で言うと、
“釣りから未来を変える!”
というコンセプトです。
 

インドア派の多いハイテクな時代に、
自然との共存や触れ合いの
大切さを広め、その楽しさを
知ってもらうため、

そうして、もっともっと多くの
人にルアーフィッシングの楽しさを
知ってもらい、その過程で
・命や自然の大切さ、
・人や弱い生き物への思いやり、
・マナーや道徳が持つ意味、
・環境配慮の在り方、
・生態系を守る事のメリット、

などなど、釣りから得られる
数多くの恩恵と学び

得ていただくために、

私はそれをシーバスフィッシング
というものを通して
いろんな人へ伝える事で最終的に
日本の未来を変えていきたい!

そのために自身のブログ、

ライブ・オブ・シーバス!
立ち上げました。
WS000164
 

はね・・・、
思うんです。

私達が釣りをするフィールド。

自然豊かで美しい景色や生命。

こういった、かけがえのない
大切なものを守っていきたい。

 
 

なたは釣り人として、
今の釣り場などにとどまらず
そういった自然のフィールドを
見てみてどう思うかな?

例えば、
堤防の上などに、何の罪もない
小さな魚たちが捨てられていて
干からびているのを
見たことがありませんか?

あれはおそらく一部は
釣り人の仕業です。

餌で釣りをしていて
大きな魚を狙っているんだけど
当然世間知らずな、まだ賢くない
小さな魚たちの方が警戒心が
弱いので先に餌に飛び付きます。

俗に釣り人の間では”餌取り”
などと呼ばれていますが、
邪魔だからそれに腹を立てて
その小さな命をムダに奪う。

こんな事がいまだに
フィールドでは行われている。

やった人には、これが
いかに自分勝手で強欲で
しかも自分の釣りに意味のない
行為かを冷静になって
考えて欲しいです。

その小さな命こそが、
その人が狙っている大きな
魚を育んでいるんです。

 
 

そして、
釣り場はもちろん、それ以外の
山や川などにあるはずもない
ゴミなどが大量に捨てられている
状況を見たことがないかな?

例えば、道路の中央分離帯や
高架橋の下など、
「ここはゴミ捨て場か?」
ツッコミを入れたくなるほど
酷い景観を目にしたことは
ないでしょうか?
 
 

界ではね、
唾を吐いただけで罰金を
払わされたりする地域も
あったりするんだ。

そして、そこに住んでいる
人たちは単に縛られているだけ
ではなく、個人の意識も
ものすごく高い
んだ。

ひとりひとりがそれぞれ
街を綺麗に美しくしたいと
思っているんだ。

そして本当に美しい。
 
 

りに関してもそうだよ。

ある国では漁業者と釣り人の
両方にそれぞれ綿密で
理にかなった漁獲量が
法律で定められていると
誰かが言っていたよ。

つまり、釣り人が1日に
キープ出来る魚の量が
決まっていて違反者は
法律で罰せられるし、
厳しい検量も当たり前に
行われている。

そうやって厳しい
レギュレーションが存在していて
これがその国のフィールドを
守っているんだ。

そしてそこに関わる釣り人の
ひとりひとりの高い意識もね。

その証拠にその国では
釣りに行ったら当然のように
大きくてコンディションのいい
魚が釣れているらしいんだ。
 
 

では我が国はどうかな?

昔から釣りをしている人は
感じている方も居ると思う。

「最近、釣れない。」
「魚が居なくなった。」
「小さな魚しか居ない。」

などなど。

私達の国は島国です。

まわりを豊かな海に囲まれ、
和食、寿司などの世界に誇れる
食文化と高い技術がある。

そんな素晴らしい魅力的な
国のフィールドに対する
法整備やレギュレーション、
ひとりひとりの意識が
世界にこんなにも遅れを
取っているという事実。

大和魂と言われる私達の
住む地域がこんなに
恥ずかしいレベルでいいのか?

 
 

たち人間はね、
生態系の頂点に立ってしまった
存在
なんだ。

生態系や豊かな自然、
これから先に生まれてくる
未来の子供達を守る事も
出来ればその反対もまた然り。

だから、目を背けずに
向き合っていかなければ
ならないと思うんだ。
 
 

っと自然に目を向けて
これからの世界を作っていく
子どもたちのために
自然を守り、自然と共存していく
生き方を広めてゆくために、

私の理念でありスローガンでもある、

「地球(ほし)と人との繋がりを求めて。

大自然の中に身を置き感じる。
時には静かに、時には激しく生命と対話する。
己の慣性を元に知的に歩む。
その先に待つドラマへと!。

あなたもシーバスフィッシングを始めてみませんか?。」

をキャッチフレーズにいろんな人に
シーバスフィッシングの楽しさや
始め方を伝えて行きたい。

そしてその楽しさや目線は
親から子へと受け継がれて
さらなる未来のかけがえのない
ものの多くを、またその先の
未来へと繋いでいく
と思う。

そうして子供達がまた
尊い命や豊かな自然の大切さを
学んで、それが繋がっていったら
素敵な事だなと思っているんだ。

だからこそ私はひとりひとりの
意識を、この国の法整備や
レギュレーションを、未来を、
釣りの世界を変えていきたい!

 
 

けどね・・・、
これって私ひとりの力じゃ
とても難しいんだ。

でも、こういう考えを
持った人たちが増えていけば
必ず変えられると信じている。

だから、あなたにも
力を貸して欲しい。

旗を立ててほしいんだ。

もちろん、人に注意してはダメ。

それはただトラブルになるだけ。

そうではなく、あなたが
ここまでとはいかなくても
私の思いに賛同して小さな
行動でも起こしてくれる、
ただそれだけでいいんだ。

人に何かをさせる必要はないし、
どうせしない。

だけどそういう目線を
持った人がひとり、またひとりと
増えていけば、どんどん
増えていくと思っている。

そうしてそれが、いつの日か
この国のフィールドを、
未来を、世界を変えると
信じているし、私も変えるために
これから活動させて頂きたい。

 

そしてその過程で、いずれは自身が
シーバスフィッシングを極める事を
人生の目的として、歩んで行きたい。
 

私の野望は日本全国を
シーバスフィッシングで
釣り歩いてみることです。

 

不束者ですが
よろしくお願い致します。
 
 
 

うそう、
小さな行動の一環として
こんなものもあるんだ。

良かったら、こちらの記事も
確認してみてほしい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
シーバスフィッシングに限らず
全ての釣りで、
ちょっと広がってくれれば
嬉しいなと思っている事!(^-^)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

2 Responses to “しんがライブ・オブ・シーバスと言うブログを 立ち上げた理念、その野望とは?”

  1. phc38754 より:

    ありがとうございます。

    タコですか。
    いいですね。
    タウリンたっぷりです。

    ウルメイワシは一番美味しいですもんね。

    今は魚探とかも安く売ってますよ。
    魚が居るか居ないかくらいしか分からないやつですが。

  2. amefurashi2899 より:

      こんばんわ。

     はじめまして!
    コメントありがとうございます。

    シーバス、此方は呑ませ釣りで釣るので、スズキと呼んでおります。

    今年は小アジが回遊してこないので、
    呑ませ釣りは苦戦しております。

    主に丘から真蛸を釣っていたのですが、
    カヤックを手に入れ、カヤックで釣りをしています。

    ポイントが全く分からないので、
    ボーズが多く、苦戦しています。

    ウルメイワシの丸干し、アンチョビ、美味しいですね。
    これからもよろしく。

コメントを残す

サブコンテンツ

【釣り用語】

ルアーフィッシングに おける、釣り用語の 解説です。
参考にして頂けると うれしいです。


・アップクロス
(水の流れに対して 自分の立ち位置から 上流へキャストする事)

・キャスト
(ロッドを使って ルアーを投げる事)

・ロッド
(竿)

・アフタースポーニング
(魚の産卵後の意味で アフターと略される事も ある)

・アプローチ
(釣りたい魚に対する コンタクト方法の事で 要するに戦術です)

・アミ
(直径3センチくらい までの小さなエビの事)

・アワセ
(魚が餌を食べた時に こちらからフッキング する行為)

・フッキング
(竿を煽って魚の口に 針を貫通させる事)

・アタリ
(バイトの事で、魚が 餌を食べて竿に伝わる 衝撃の事)

・バイト
(アタリの事で魚が ルアーに食いつく 行為の事)

・アクション
(竿やリールの操作で ルアーを動かした時の ルアーの動きの種類の事)

・レンジ
(そのルアーが泳ぐ 水深の幅の事)

・ウエイト
(ルアーの重量)

・ベイト
(ターゲットが捕食して いる対象生物の事)

・アングラー
(釣り人の事で、特に 疑似餌を使って釣りを する人の事)

・まづめ
(朝晩の暗い時から 明るくなる、または その逆の中途半端な 明るさの時間帯の事)

・ラインスラック
(ルアーを操作する 際に出る糸のたるみ の事)

・ウォブリング
(ルアーの重心あたりを 軸にしてブルブルと震える 振動の大きい動きの事)

・馬ノ背
(水中のたんこぶ地形の事)

・バチ
(イソメやゴカイなどの 釣り餌に使われる多毛類の 総称です)

・バチ抜け
(バチが産卵のために 大潮の満潮前後に 一斉に水面付近まで 浮上する事)

・ハク
(ボラの稚魚)

・イナッコ
(ボラの幼魚)

・マイクロベイト
(シーバスタックルで キャストするルアーサイズ では表現しにくい小さな ベイトの事)

・ウエーダー
(漁師さんが履く丈が 腰くらいまである長靴の 事)

・ウエーディング
(ウエーダーを着用して 川、湖、海岸などで水中に 入り、釣りをする事)

・Mリグ
(シンキングミノーの腹側の フックをはずし、ガン玉を 付けてさらに沈ませる松尾 道洋氏の考案したチューニング)

・松尾道洋
(シーバス、ランカー クラブの副部長)

・カーブフォール
(ラインの出を抑制したり 止めたりして常にライン テンションがかかった状態で ルアーを沈めていく技術で ”テンションフォール”とも 言われる)

・かけ上がり
(水深が浅くなるときに 見た目にもまる分かりな 斜面になってる地形変化の事)

・大野ゆうき
(年間シーバスキャッチ量 1トンを超える、スーパー アングラー)

・汽水域
(淡水と海水がまじり合った 河口付近のエリアの事)

・ゴロタ場
(人がやっと持てるくらいで まず流されないだろう程度の 石が敷き詰められたように なっている水中地形の事)

・サミング
(リールを使ってキャストする 時に手を使ってラインの放出を 抑制する事。本来はベイト リールで行うときにサミングと 呼ばれ、スピニングリールの 場合はフェザーリングと 呼ばれるが、どちらでも サミングで通じる)

・サスペンド
(水中で沈んだ状態で止まり そこから浮きも沈みもしない 状態でルアーのタイプを 表すときに良く使われる)

・サンドバー
(流れ込みで砂が体積して 細長い沖に伸びている岬の ような帯状の水中地形の事)

・時合い
(潮回りや天候など様々な 条件が重なって魚の食いが 活発になる時間帯の事)

・シェード
(水中に出来る影の エリアの事)

・シャロー
(水深が2メートルくらい までの浅いエリアの事)

・潮目
(水中の流速変化によって 起こる、水面の目に見える 境界線みたいな変化の事)

・ショートバイト
(喰いが浅く、アタリは あるが魚がフッキング しない状態の事で魚の 警戒心が高い時や、元気が ないときに起こる)

・シンキング
(水中で沈んでいく状態の 事でルアーのタイプを表す 時によく使われる)

・ストップ&ゴー
(リールを巻いては止め、 巻いては止めるという ルアーフィッシングの 技術の事)

・ボトム、ズル引き (バイブレーションなどを ボトムに着底させて底を 引きずりながら引いてくる 技術の事)

・ストラクチャー
(水中の魚が身を隠したり するのに使う障害物の事)

・スレる
(魚が何かに警戒して 餌を食べなくなる状態で 釣り場で騒いだり、ルアーを キャストしまくったりする ことで起こる)

・スレ
(正確には”スレ掛かり”の ことで魚の口の外からや体に 針がフッキングした状態の 事で上記の”スレる”と かぶり、ややこしい。文脈から 察するしかない)

・スナップ
(ルアーとラインを簡単に 接続するための金具の事)

・スロープ
(船やボートを水面に 出し入れする為に港などに 作られた滑り台みたいな かけ上がり地形の事)

・瀬
(浅くて水の流れが速く なっている場所でさざなみが 立っているようなフィールド の事)

・遡上
(魚が季節により海や湖から 川を遡る事)

・ダート
(ジャークによってバランスを 崩したルアーが左右に蛇行する アクションの事)

・ジャーク
(やや大きく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚を寄せるとかリアクションで 喰わせるという攻撃的な意思を 持ったアクションの事)

・トゥイッチ
(小さく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚にルアーの存在を気づかせる とか、ルアーのバランスを 崩して魚に攻撃するスキを 与えるという受け身的な意思を 持ったアクションの事)

・ターンオーバー
(気温低下や風などに よって表層の水温が急激に 下がり、水中で上層の水と 下層の水が入れ替わる事で 魚に致命的なダメージを 与えることがある)

・チェイス
(魚がルアーを追尾して くる事)

・チャンネル
(流芯の地形のことで 他のエリアよりも流れが 強く、底が深くなって いて水が干上がると確認 できる水の通り道です)

・テクトロ
(岸壁際を歩きながら ルアーを泳がせるという お手軽釣法の事)

・手返し
(投げる、釣る、魚を 針から外す、そしてまた 投げるまでのサイクルの 事で手返しが良いとか 手返しが早いとか言われる)

・ドッグウォーク
(トップウォーター ペンシルの水面で頭を 左右に振りながらゆっくり 進むアクションの事で 酸欠状態の魚や下から 追われて逃げ場を失った 魚を表現した技術です)

・ナブラ
(大量のベイトが下から 追われて界面にさざなみを 立てる現象で小魚たちが 群れで移動するために 起こる、目に見える 捕食行動です)

・二枚潮
(海中の層によって 潮の流れる向きが違う 現象の事で上は右に 流れているけど、底の 方は左に流れているという 川で起こる反転流が 縦に起きてる状態です)

・リアクションバイト
(魚に見切られにくい 素早い動きで反射的に バイトしてしまう事で れっきとした釣技として 確率されている)

・リーダー
(シーバスフィッシングに おいてルアーからメイン ラインまでをつなぐ糸の 事でPEラインだけでは 補いきれない性能を ラインシステムに加える ために付ける)

・ラインシステム
(ルアーからリールまでを つなぐのに使われる、魚や そのときの状況に合わせた 性能を持たせる糸の 組み合わせの事)

・リップ
(ルアーの先に付いた 透明なくちばしみたいな ヤツの事)

・ボイル
(沸騰するなどの意味を 持ち、シーバスなどにベイトが 追われて逃げ場を失い、 水面で大量に浮いている 状態。)

・ライズ
(立ち上がる、飛び上がる などの意味を持ち、 シーバスがベイトを捕食 するために水面に飛び出す ときの様子を表す。)

このページの先頭へ