ルアーフィッシングの基本 シーバスを視野に入れての考察

WS000380


ルアーフィッシングには
基本的な考えや手法がある。

 

昔から言われている3つの基本。
 

LOSのしんがシーバスフィッシングを
視野に入れて考えてみました。
 
 

あなたがシーバスフィッシングを
していく上で最も大きな概念に
なるので、解説させてください。
 
 

よろしくお願いします。
 
 
 
 

魚の居るところにルアーを通す

こんにちは、しんです。
 

ルアーとは「誘惑、誘惑する」という
意味を持っています。
 

今回はルアーフィッシングを
するのに必要になってくる
根本的な考え方。
 

一番上にある最も大きな
概念
のお話です。
 
 

これらを押さえておかないと
多くのシーバスを逃す事になるので、
釣れなくて迷った時には
思い出してみてくださいね。
 

では、いきましょう。
 
 
 

ルアーはエサではありません。
 

「ん?、当たり前だろ?」と
あなたは思ったかもしれませんね。
 

そのとおりです。
 
そもそも生物ではないですね。
 

一般的に生きているベイトたちは
微弱な電気信号を発しているという
話を聞いたことがあります。
 

でも、ルアーにはそれが無い。
 

電気信号がどうとか
詳しい話は私も分かりませんが、

少なくとも生き物の気配が
無いのは確かです。

 
 

表現しにくいんですが、
生物特有の生命感や臭いなどの
要素がルアーにはありません。
 

なんとなく、生き物チック
感じが欠落しています。
 
 

ですから、基本的には
シーバスの方から餌だと認識して
寄ってくる事はありません。
 
 

シーバスがエサを探しながら
うろついていてもルアーが静止した
状態なら素通りします。
 

でも、これが本物のベイトで
ピタッと水中で静止していたら
確実に食べられますね。
 
 
 

つまり、ルアーとベイトとは
”似て非なるもの”なんです。
 

では、どうやって釣っているのか?
 

・・・、
 
 

そうですね、シーバスを
騙して釣っているんです。
 

ルアーが発する波動や
フラッシングなどでベイトだと
勘違いさせて釣っています。
 
 

よほどその時のフィールドの
状況にマッチした波動や水中の
音を使えば寄せる事は出来ます。
 

でもそれは餌だと認識して
寄ってきているわけではなく、

「なんだか騒がしい」から
「エサが居るかもしれないなぁ~」
という”興味”で寄ってきているだけ。
 

決してサメのようにベイトが
発する電気信号を感知して
寄ってくるわけではないんです。
 
 

ですから、基本的には
最低限シーバスの居るところに
ルアーを通す必要が出てきます。

 

エサと違って
向こうからは来ませんから。
 

厳密にはシーバスの目の前を
通して「やべっ、逃げられる!」
あわてさせて冷静さを欠いた状態で
シーバスを騙して釣っています。

 

だから、誘惑するものとして
ルアーと名付けられているんですね。
 
 

つまり、基本的にはシーバスが
居るところにルアーを通す事が
最低条件になるという事。
 
 
 
 

上から下へ、手前から遠くへ

これも必ずといっていいほど
よく言われることですね。
 

ルアーには釣り糸が付いているので
キャストしたルアーの引いてくる
レンジの上層には必ずラインが
通ります。

WS000379

この水中を通るラインを
発見して違和感を感じた魚は
すべて逃げていきます。
 

こちらは縦の話。
 
 
 

横向きの話でも同じ事が言えます。

理由はまったく同じ。

ルアーを遠くにキャストすれば
キャスト位置まで引いてくる事に
なります。
 

その引いてくるまでの間に
いいポイントがあって、そこに
シーバスがスタンバイしていたら
ラインが上から降ってきて動きます。
 

すると、その不自然に動くラインで
釣りをしているのがバレてしまうんです。

 

当然、逃げていきますね。
 
 

ですから、自分に近い
手前のポイントから狙っていきます。
 

極端言うと、
まず足元を探ってください。
 

そこから順番に遠くのポイントを
探っていきます。
 
 

ただし、手前のポイントからと
言っても、ポイント直撃は
ダメですからね。
 

最初にあそこのポイントを攻める。

と決めて、どうやったらルアーで
その場所を上手く通過させられるかを
考えてみましょう。
 

コレでもラインが先に通りますが、
シーバスが「ん?」とか思ってるうちに
ルアーを通してしまえばいいんです。
 
 
 

攻める時は、上から下へ、
手前から遠くへ。

コレも鉄則中の鉄則です。
 
 
 
 

レンジキープ

ルアーフィッシングの基本として
レンジをキープするという
事もよく言われます。
 
 

では、なぜ
コレが言われるんでしょうか?
 

魚にもよるし、その時の状況にも
よりますが、魚というのは基本的に
そんなに瞬間的にレンジを変える
事は出来ません。

 

正確に言うと、レンジを変える事は
できますが、相当なダメージを
受けます。
 
 

実は魚は泳いでレンジを調整して
いるのではありません。
 

体内に浮袋という物を持っていて
この中の空気の量を調整して
レンジを保っています。

 

ですから、急激にレンジを変えると
浮袋の空気圧がそれに対応できず
膨張したり収縮したりして内臓内の
圧力を急激に変化させます。
 
 
 

コレは相当苦しいですね。

私達人間で考えてもらえば
わかると思います。
 
 

たとえば、瞬間的にあなたの
胃の大きさが二倍くらいになったら?
 

内臓が圧迫されて危険な
状態に陥りますよね?
 

間違いなく命に関わるのは
容易に想像できます。
 
 
 

ですから、魚はレンジを変えようと
思ったら体力を使って少しずつ
身体をならしていかなくては
なりません。
 

これは人間がスキューバダイビング
する時も同じですよね。
 
 

そのため、魚はレンジを変えなければ
ならない確固たる理由が無いと
レンジを変えません。

 
 
 

つまり、こういう事です。

シーバスに追われたりしてヤバい時
とかでなければ、普通に泳いでいる分には
上へ行ったり下へ行ったりしてレンジを
変えながら横移動するベイトはいないんです。
 

まあ、これは極端な話ですけどね。
 

でも、基本的にはレンジを
変えるのを嫌がるという事。
 
 

だから、自然界のベイトは
ほぼ水平移動をしています。
 
 
 

ところが、ルアーを使うと
上へ行ったり下へ行ったりという
動きをしてしまうんです。

 

もちろん、ゆっくりと下へ
レンジを下げながら横移動する
ベイトも居ます。

逆にゆっくりと上へ移動していく
ベイトも居るでしょう。
 

でも、行ったり来たりを
無駄に繰り返すベイトは
シーバスに違和感しか与えません。

 

ボトムやボイルなどの特殊
条件下ではですよ。
 
 

ですから、違和感の少ない
なるべく水平な泳ぎを意識する
必要はあります。
 

簡単に言うと変なレンジの変え方を
すると、たとえ10センチ程度の変化でも
ルアーだと見切られるという事。
 
 

ですが、シーバスフィッシングに
おいては、いわゆる”ピンの釣り”で
ルアーの後をしばらく追いかけて来て
食いつく事は少ないです。

ピンとはピンスポットの事。
 
 

コレはシーバスフィッシングの
キモでもあるんですが、追いかける
タイプの魚を狙う時はその魚が居る
エリアを狙って釣ります。

ですが、シーバスは待ち伏せタイプ
なのでシーバスがスタンバイしている
”点”を狙う釣りになります。

 

そのため、出会い頭的な捕食が多く、
ルアーの動きの一部始終を
見ていることは少ないです。
 
 

ですから、ミノーなどの
レンジキープ能力が付いている
ルアーではあまり気にしなくていいです。

 

気にしなくてはならないのは
重いシンペンや、バイブレーションですね。

 
 

シーバスフィッシングを極めた
レベルに達してきたら、ミノーなどの
レンジも気にしてみてくださいね。
 

たとえば、フローティングミノーの
スローリトリーブは上下に動きながらの
リトリーブになりやすいですね。
 
 
 
 

まとめますと、

シーバスを視野に入れた
ルアーフィッシングの基本とは、
 
 

大前提として、魚の居るところに
ルアーを通すという考え方。

 

そして、フィールドを攻めるときは
基本的に上のレンジから下のレンジへ、
手前のポイントから徐々に遠くの
ポイントへと探っていく事。

 

さらに、レンジキープを
意識してみるという事です。

 
 
 

何かと忙しい12月ですが、
あなたも良い釣りを。
 
 
 
 

それでは、また。
 
 
 
 
 

今回の関連記事はこちら。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
>>>最初にマスターすべきリーリング、
リトリーブ、つまり引き方の基本。
シーバスを始めるあなたへ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

【釣り用語】

ルアーフィッシングに おける、釣り用語の 解説です。
参考にして頂けると うれしいです。


・アップクロス
(水の流れに対して 自分の立ち位置から 上流へキャストする事)

・キャスト
(ロッドを使って ルアーを投げる事)

・ロッド
(竿)

・アフタースポーニング
(魚の産卵後の意味で アフターと略される事も ある)

・アプローチ
(釣りたい魚に対する コンタクト方法の事で 要するに戦術です)

・アミ
(直径3センチくらい までの小さなエビの事)

・アワセ
(魚が餌を食べた時に こちらからフッキング する行為)

・フッキング
(竿を煽って魚の口に 針を貫通させる事)

・アタリ
(バイトの事で、魚が 餌を食べて竿に伝わる 衝撃の事)

・バイト
(アタリの事で魚が ルアーに食いつく 行為の事)

・アクション
(竿やリールの操作で ルアーを動かした時の ルアーの動きの種類の事)

・レンジ
(そのルアーが泳ぐ 水深の幅の事)

・ウエイト
(ルアーの重量)

・ベイト
(ターゲットが捕食して いる対象生物の事)

・アングラー
(釣り人の事で、特に 疑似餌を使って釣りを する人の事)

・まづめ
(朝晩の暗い時から 明るくなる、または その逆の中途半端な 明るさの時間帯の事)

・ラインスラック
(ルアーを操作する 際に出る糸のたるみ の事)

・ウォブリング
(ルアーの重心あたりを 軸にしてブルブルと震える 振動の大きい動きの事)

・馬ノ背
(水中のたんこぶ地形の事)

・バチ
(イソメやゴカイなどの 釣り餌に使われる多毛類の 総称です)

・バチ抜け
(バチが産卵のために 大潮の満潮前後に 一斉に水面付近まで 浮上する事)

・ハク
(ボラの稚魚)

・イナッコ
(ボラの幼魚)

・マイクロベイト
(シーバスタックルで キャストするルアーサイズ では表現しにくい小さな ベイトの事)

・ウエーダー
(漁師さんが履く丈が 腰くらいまである長靴の 事)

・ウエーディング
(ウエーダーを着用して 川、湖、海岸などで水中に 入り、釣りをする事)

・Mリグ
(シンキングミノーの腹側の フックをはずし、ガン玉を 付けてさらに沈ませる松尾 道洋氏の考案したチューニング)

・松尾道洋
(シーバス、ランカー クラブの副部長)

・カーブフォール
(ラインの出を抑制したり 止めたりして常にライン テンションがかかった状態で ルアーを沈めていく技術で ”テンションフォール”とも 言われる)

・かけ上がり
(水深が浅くなるときに 見た目にもまる分かりな 斜面になってる地形変化の事)

・大野ゆうき
(年間シーバスキャッチ量 1トンを超える、スーパー アングラー)

・汽水域
(淡水と海水がまじり合った 河口付近のエリアの事)

・ゴロタ場
(人がやっと持てるくらいで まず流されないだろう程度の 石が敷き詰められたように なっている水中地形の事)

・サミング
(リールを使ってキャストする 時に手を使ってラインの放出を 抑制する事。本来はベイト リールで行うときにサミングと 呼ばれ、スピニングリールの 場合はフェザーリングと 呼ばれるが、どちらでも サミングで通じる)

・サスペンド
(水中で沈んだ状態で止まり そこから浮きも沈みもしない 状態でルアーのタイプを 表すときに良く使われる)

・サンドバー
(流れ込みで砂が体積して 細長い沖に伸びている岬の ような帯状の水中地形の事)

・時合い
(潮回りや天候など様々な 条件が重なって魚の食いが 活発になる時間帯の事)

・シェード
(水中に出来る影の エリアの事)

・シャロー
(水深が2メートルくらい までの浅いエリアの事)

・潮目
(水中の流速変化によって 起こる、水面の目に見える 境界線みたいな変化の事)

・ショートバイト
(喰いが浅く、アタリは あるが魚がフッキング しない状態の事で魚の 警戒心が高い時や、元気が ないときに起こる)

・シンキング
(水中で沈んでいく状態の 事でルアーのタイプを表す 時によく使われる)

・ストップ&ゴー
(リールを巻いては止め、 巻いては止めるという ルアーフィッシングの 技術の事)

・ボトム、ズル引き (バイブレーションなどを ボトムに着底させて底を 引きずりながら引いてくる 技術の事)

・ストラクチャー
(水中の魚が身を隠したり するのに使う障害物の事)

・スレる
(魚が何かに警戒して 餌を食べなくなる状態で 釣り場で騒いだり、ルアーを キャストしまくったりする ことで起こる)

・スレ
(正確には”スレ掛かり”の ことで魚の口の外からや体に 針がフッキングした状態の 事で上記の”スレる”と かぶり、ややこしい。文脈から 察するしかない)

・スナップ
(ルアーとラインを簡単に 接続するための金具の事)

・スロープ
(船やボートを水面に 出し入れする為に港などに 作られた滑り台みたいな かけ上がり地形の事)

・瀬
(浅くて水の流れが速く なっている場所でさざなみが 立っているようなフィールド の事)

・遡上
(魚が季節により海や湖から 川を遡る事)

・ダート
(ジャークによってバランスを 崩したルアーが左右に蛇行する アクションの事)

・ジャーク
(やや大きく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚を寄せるとかリアクションで 喰わせるという攻撃的な意思を 持ったアクションの事)

・トゥイッチ
(小さく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚にルアーの存在を気づかせる とか、ルアーのバランスを 崩して魚に攻撃するスキを 与えるという受け身的な意思を 持ったアクションの事)

・ターンオーバー
(気温低下や風などに よって表層の水温が急激に 下がり、水中で上層の水と 下層の水が入れ替わる事で 魚に致命的なダメージを 与えることがある)

・チェイス
(魚がルアーを追尾して くる事)

・チャンネル
(流芯の地形のことで 他のエリアよりも流れが 強く、底が深くなって いて水が干上がると確認 できる水の通り道です)

・テクトロ
(岸壁際を歩きながら ルアーを泳がせるという お手軽釣法の事)

・手返し
(投げる、釣る、魚を 針から外す、そしてまた 投げるまでのサイクルの 事で手返しが良いとか 手返しが早いとか言われる)

・ドッグウォーク
(トップウォーター ペンシルの水面で頭を 左右に振りながらゆっくり 進むアクションの事で 酸欠状態の魚や下から 追われて逃げ場を失った 魚を表現した技術です)

・ナブラ
(大量のベイトが下から 追われて界面にさざなみを 立てる現象で小魚たちが 群れで移動するために 起こる、目に見える 捕食行動です)

・二枚潮
(海中の層によって 潮の流れる向きが違う 現象の事で上は右に 流れているけど、底の 方は左に流れているという 川で起こる反転流が 縦に起きてる状態です)

・リアクションバイト
(魚に見切られにくい 素早い動きで反射的に バイトしてしまう事で れっきとした釣技として 確率されている)

・リーダー
(シーバスフィッシングに おいてルアーからメイン ラインまでをつなぐ糸の 事でPEラインだけでは 補いきれない性能を ラインシステムに加える ために付ける)

・ラインシステム
(ルアーからリールまでを つなぐのに使われる、魚や そのときの状況に合わせた 性能を持たせる糸の 組み合わせの事)

・リップ
(ルアーの先に付いた 透明なくちばしみたいな ヤツの事)

・ボイル
(沸騰するなどの意味を 持ち、シーバスなどにベイトが 追われて逃げ場を失い、 水面で大量に浮いている 状態。)

・ライズ
(立ち上がる、飛び上がる などの意味を持ち、 シーバスがベイトを捕食 するために水面に飛び出す ときの様子を表す。)

このページの先頭へ