シーバス PEライン 150メートル巻き? 100メートル巻き? 選び方は? 使用用途は? 【Q&A】

WS000303


シーバスをしています。
 

私はシーバスのPEラインの
150メートル巻きを使っている
のですが、100巻きのものも
ありますよね?

私は基本、欲ばりなので
つい150メートル巻きを買って
しまいますが、100メートル巻きと
150メートル巻きの違いって
なにかあるのでしょうか?

 

どんな理由で使い分けているのか、
100メートルと150メートルの
使用用途について教えてください。

 

よろしくお願いします。
 
 
 

と、言うのが今回の【Q&A】
 
 
 

私はよく、いろんなところから
いろんな相談や質問を頂きます。
 

よくある質問や
緊急性の高い質問など
当ブログの記事で
お答えしていきます。

 
 

あなたもお気軽に問い合わせて
頂けるとうれしいです。
 
 
 

よろしくお願いします。
 
 
 
 

リールによるもの

こんにちは、しんです。
 

昨日、私のホームの三重県の
南のほうで地震がありました。
 

とりあえず、津波の心配とかは
なかったようですが。
 
 

なんだか、”南海トラフ”が
どうとかこうとか、
騒がれているようです。
 

地震があると私は毎回
思うんです。
 

南海トラフの大地震が
起きた時、たぶん私は釣りを
しているんだろうなぁ~って。(笑)
 
 

どーでもいいですね。
 
 
 

さて、シーバス用のPEラインの
100メートルと150メートルの
使用用途の違い
でしたね。
 

そういえば、私のブログでも
これに関してはお話して
いなかったと思います。
 

せっかくですから、
簡単に解説させてください。
 

どちらを選ぶかはあなたの性格や
釣りの状況に応じてかなり
いろいろと変わってきます。

 

簡単に言えば、あなたの
好みで選んで頂ければ
いいという事になります。
 
 

では、いきましょう。
 
 

一つはリールによって
変わってくるパターンです。
 

これは、単純明快。

シーバスで使うリールはいい感じの
PEの号数が150メートル巻ける
ものがほとんどですね。
 

でも、実は100メートルしか
巻けないスプールもあったり
するんです。
 

スプールの溝が浅いPEライン専用の、
下巻きと言われる糸でスプール経の
大きさを調整する必要のない
便利なリールです。
 
 

ただ、オススメではありません。

スプールの溝が浅いリールほど
ライントラブルを起こしやすい
気がしますから。
 

巻いてあるラインがごっそり
出てしまう事があるんです。
 
 
 

まあ、それはさておき
こういったリールもあるので
世の中には100メートル巻きの
PEラインもあるんです。

ですが、そもそもこういう
リールが作られた理由が
おそらくマメにラインを交換する
人たちが居るため
だと思います。
 
 

では、次へいきましょう。
 
 
 
 

マメにラインを交換する

メインラインを3ヶ月か
4ヶ月くらいでマメに交換する
方たちがみえます。
 

釣りに行く頻度が高いから
という理由もありますが、
一番の理由はそこがもっとも
重要な部分になるからです。

 
 

メインラインというのは
ルアーとロッドをつなぐという
タックルにとって一番重要な
ところになります。
 

言ってみれば、
まさにタックルの心臓部。
 

ここにトラブルが起きたら
その瞬間に全てが終わります。
 
 
 

そのため、うまい人や
意識の高い人はものすごく
メインラインに気を使います。

 

ここを適当にないがしろに
していたら、数少ないモンスター
サイズのシーバスが掛かった時に
確実に逃げられます。
 

それだけにとどまらず、余計な
ライントラブルや高切れなどで
ルアーやラインを海へ捨てる
結果を招きます。
 

こういった事から、私も
ラインはマメに交換するか
常に気を使っておくべきで
とても大切な事だと考えています。
 
 

ですから実用的な話でいうと、

数少ないチャンスを全力かつ
ベストコンディションで戦いたい
という方は100メートル巻きで
マメに交換しています。
 
 

そして、常にメインラインを良い
コンディションに保っておきたい
方は150メートル巻きをまずは
普通に使います。
 

そして、古くなってきたら
150メートル巻きの反対側を
使います。
 
 

これは、あらかじめ予備の
スプールを準備しておいて、
使っていたスプールを外します。
 

そして予備のスプールをリールに
装着して150メートルのPEを
その予備のスプールへ巻いていきます。
 

すると、巻いてあったラインの
下にあった、使われていない
新しいライン75メートル分
使うことが出来ます。
 
 

150メートル巻きはこういう事が
出来るんです。
 
 
 
 

あなたのルアーの飛距離

そして、これはあなたの
ホームフィールド
関係してきます。
 

例えばホームフィールド、
又は釣りに行く場所が小規模
河川などで、そもそも川幅が
40メートルくらいしか無いとか。
 

だからシーバスを釣るのに
ぜんぜんルアーの飛距離を
必要としないとか。
 
 
 

運河だらけのちょっと特殊な
フィールドがホームフィールドに
なっているなど、中には
そういった人もみえます。
 
 

そういう場合は先程の
150メートルラインの反対側を
使う方法が100メートルラインで
出来ちゃったりします。

 
 

でも普通に遠投する人は
150メートルラインでないと
都合が悪いわけです。
 

シーバスフィッシングの
遠投の飛距離の平均がだいたい
50メートル~60メートルと
言われていますから。

普通に遠投する人は
100メートルでは足りない
というわけです。
 
 
 

「えっ、でもでも、そもそも
なんでそんな面倒な事をするの?」

「長いラインを巻いておいて
劣化したラインをどんどん
切っていけばいいんじゃないの?」

 

という事をおっしゃる方も
たま~にみえます。
 

ですが、ラインをどんどん
切っていくと、リール一回転で
巻き取れる糸の長さが短くなって
しまうんです。

 

リールのスプールのラインが
巻いてあるところの直径って
変わりますよね?
 

ラインを巻けば巻くほど太く
なって行き、ラインがなくなって
来ると細くなります。
 

リールのギヤ比や一回転で
何センチ巻き取れますよというのは
このスプール経によって結構
変わってくるんです。
 
 

ですから、ラインをどんどん
切っていけば、釣れるリトリーブ
スピードが変わってしまうんです。

 

シーバスフィッシングはここが
かなりシビアでスプール経が
変わるたびに自分のリトリーブ
感覚を修正する必要が出てきます。
 

体の感覚でつかむものなので
スプール経が変わってしまうと
ヘタをすれば各ルアーの巻き速度を
覚えるところからやり直しになります。
 

そして、スプール経がいちいち
変わられたら、釣るための答えも
導き出せなくなってしまいますよね?
 
 

だからリールのスプールに
下巻きと呼ばれる使わない糸を
巻いて、スプールの表面の糸だけを
新しく取り替えるように
なっているんですね。
 

ルアーフィッシング専用で
造られたリールなんか下巻きすら
必要ない、巻き始めから150メートル
くらいしか巻けないリールもあります。
 
 

質問内容からして、あなたは
下巻きが必要な理由については
ご存知だと思いましたが、一応
念のために解説させて頂きました。
 
 
 
 

まとめますと、

メインラインのPEは150メートル
巻きと100メートル巻きで
交換の仕方や買い替え頻度が
違ってくるという事。

 
 

そして、それらはあなたの
ホームフィールドやあなたの
性格などで変わってきます。

 
 

そのあたりを考えてあなたの
好みやノリでメインのPEの
長さを選んで頂ければ
いいという事ですね。

 
 

そうそう、お財布事情も
関係してきます。(笑)
 
 
 

シーバスフィッシングの釣れる
リトリーブの感覚を早くつかむ
ためにも、

150メートルか100メートルの
ラインのいずれかの交換方法を
使って頂いた方がいいと思います。

 

そうすれば、スプール経は
変わらないので。
 
 
 

だいたい、こんな感じです。
 

さあ、あなたはどっちを
選びますか?
 
 
 
 
 

それでは、また。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

【釣り用語】

ルアーフィッシングに おける、釣り用語の 解説です。
参考にして頂けると うれしいです。


・アップクロス
(水の流れに対して 自分の立ち位置から 上流へキャストする事)

・キャスト
(ロッドを使って ルアーを投げる事)

・ロッド
(竿)

・アフタースポーニング
(魚の産卵後の意味で アフターと略される事も ある)

・アプローチ
(釣りたい魚に対する コンタクト方法の事で 要するに戦術です)

・アミ
(直径3センチくらい までの小さなエビの事)

・アワセ
(魚が餌を食べた時に こちらからフッキング する行為)

・フッキング
(竿を煽って魚の口に 針を貫通させる事)

・アタリ
(バイトの事で、魚が 餌を食べて竿に伝わる 衝撃の事)

・バイト
(アタリの事で魚が ルアーに食いつく 行為の事)

・アクション
(竿やリールの操作で ルアーを動かした時の ルアーの動きの種類の事)

・レンジ
(そのルアーが泳ぐ 水深の幅の事)

・ウエイト
(ルアーの重量)

・ベイト
(ターゲットが捕食して いる対象生物の事)

・アングラー
(釣り人の事で、特に 疑似餌を使って釣りを する人の事)

・まづめ
(朝晩の暗い時から 明るくなる、または その逆の中途半端な 明るさの時間帯の事)

・ラインスラック
(ルアーを操作する 際に出る糸のたるみ の事)

・ウォブリング
(ルアーの重心あたりを 軸にしてブルブルと震える 振動の大きい動きの事)

・馬ノ背
(水中のたんこぶ地形の事)

・バチ
(イソメやゴカイなどの 釣り餌に使われる多毛類の 総称です)

・バチ抜け
(バチが産卵のために 大潮の満潮前後に 一斉に水面付近まで 浮上する事)

・ハク
(ボラの稚魚)

・イナッコ
(ボラの幼魚)

・マイクロベイト
(シーバスタックルで キャストするルアーサイズ では表現しにくい小さな ベイトの事)

・ウエーダー
(漁師さんが履く丈が 腰くらいまである長靴の 事)

・ウエーディング
(ウエーダーを着用して 川、湖、海岸などで水中に 入り、釣りをする事)

・Mリグ
(シンキングミノーの腹側の フックをはずし、ガン玉を 付けてさらに沈ませる松尾 道洋氏の考案したチューニング)

・松尾道洋
(シーバス、ランカー クラブの副部長)

・カーブフォール
(ラインの出を抑制したり 止めたりして常にライン テンションがかかった状態で ルアーを沈めていく技術で ”テンションフォール”とも 言われる)

・かけ上がり
(水深が浅くなるときに 見た目にもまる分かりな 斜面になってる地形変化の事)

・大野ゆうき
(年間シーバスキャッチ量 1トンを超える、スーパー アングラー)

・汽水域
(淡水と海水がまじり合った 河口付近のエリアの事)

・ゴロタ場
(人がやっと持てるくらいで まず流されないだろう程度の 石が敷き詰められたように なっている水中地形の事)

・サミング
(リールを使ってキャストする 時に手を使ってラインの放出を 抑制する事。本来はベイト リールで行うときにサミングと 呼ばれ、スピニングリールの 場合はフェザーリングと 呼ばれるが、どちらでも サミングで通じる)

・サスペンド
(水中で沈んだ状態で止まり そこから浮きも沈みもしない 状態でルアーのタイプを 表すときに良く使われる)

・サンドバー
(流れ込みで砂が体積して 細長い沖に伸びている岬の ような帯状の水中地形の事)

・時合い
(潮回りや天候など様々な 条件が重なって魚の食いが 活発になる時間帯の事)

・シェード
(水中に出来る影の エリアの事)

・シャロー
(水深が2メートルくらい までの浅いエリアの事)

・潮目
(水中の流速変化によって 起こる、水面の目に見える 境界線みたいな変化の事)

・ショートバイト
(喰いが浅く、アタリは あるが魚がフッキング しない状態の事で魚の 警戒心が高い時や、元気が ないときに起こる)

・シンキング
(水中で沈んでいく状態の 事でルアーのタイプを表す 時によく使われる)

・ストップ&ゴー
(リールを巻いては止め、 巻いては止めるという ルアーフィッシングの 技術の事)

・ボトム、ズル引き (バイブレーションなどを ボトムに着底させて底を 引きずりながら引いてくる 技術の事)

・ストラクチャー
(水中の魚が身を隠したり するのに使う障害物の事)

・スレる
(魚が何かに警戒して 餌を食べなくなる状態で 釣り場で騒いだり、ルアーを キャストしまくったりする ことで起こる)

・スレ
(正確には”スレ掛かり”の ことで魚の口の外からや体に 針がフッキングした状態の 事で上記の”スレる”と かぶり、ややこしい。文脈から 察するしかない)

・スナップ
(ルアーとラインを簡単に 接続するための金具の事)

・スロープ
(船やボートを水面に 出し入れする為に港などに 作られた滑り台みたいな かけ上がり地形の事)

・瀬
(浅くて水の流れが速く なっている場所でさざなみが 立っているようなフィールド の事)

・遡上
(魚が季節により海や湖から 川を遡る事)

・ダート
(ジャークによってバランスを 崩したルアーが左右に蛇行する アクションの事)

・ジャーク
(やや大きく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚を寄せるとかリアクションで 喰わせるという攻撃的な意思を 持ったアクションの事)

・トゥイッチ
(小さく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚にルアーの存在を気づかせる とか、ルアーのバランスを 崩して魚に攻撃するスキを 与えるという受け身的な意思を 持ったアクションの事)

・ターンオーバー
(気温低下や風などに よって表層の水温が急激に 下がり、水中で上層の水と 下層の水が入れ替わる事で 魚に致命的なダメージを 与えることがある)

・チェイス
(魚がルアーを追尾して くる事)

・チャンネル
(流芯の地形のことで 他のエリアよりも流れが 強く、底が深くなって いて水が干上がると確認 できる水の通り道です)

・テクトロ
(岸壁際を歩きながら ルアーを泳がせるという お手軽釣法の事)

・手返し
(投げる、釣る、魚を 針から外す、そしてまた 投げるまでのサイクルの 事で手返しが良いとか 手返しが早いとか言われる)

・ドッグウォーク
(トップウォーター ペンシルの水面で頭を 左右に振りながらゆっくり 進むアクションの事で 酸欠状態の魚や下から 追われて逃げ場を失った 魚を表現した技術です)

・ナブラ
(大量のベイトが下から 追われて界面にさざなみを 立てる現象で小魚たちが 群れで移動するために 起こる、目に見える 捕食行動です)

・二枚潮
(海中の層によって 潮の流れる向きが違う 現象の事で上は右に 流れているけど、底の 方は左に流れているという 川で起こる反転流が 縦に起きてる状態です)

・リアクションバイト
(魚に見切られにくい 素早い動きで反射的に バイトしてしまう事で れっきとした釣技として 確率されている)

・リーダー
(シーバスフィッシングに おいてルアーからメイン ラインまでをつなぐ糸の 事でPEラインだけでは 補いきれない性能を ラインシステムに加える ために付ける)

・ラインシステム
(ルアーからリールまでを つなぐのに使われる、魚や そのときの状況に合わせた 性能を持たせる糸の 組み合わせの事)

・リップ
(ルアーの先に付いた 透明なくちばしみたいな ヤツの事)

・ボイル
(沸騰するなどの意味を 持ち、シーバスなどにベイトが 追われて逃げ場を失い、 水面で大量に浮いている 状態。)

・ライズ
(立ち上がる、飛び上がる などの意味を持ち、 シーバスがベイトを捕食 するために水面に飛び出す ときの様子を表す。)

このページの先頭へ