シーバス 夕マズメに釣りに行く事が多い でも朝マズメほど釣れない 夏の夕マズメの攻略法教えて。 【Q&A】

WS000303


初めまして☆

いつも楽しみに毎日拝見し
勉強させてもらってます☆

私は九州地方でちょこちょこ
釣りしてるものです。

 

早速質問なんですが、

サラリーマンである私は
釣りは休みか仕事帰りになります。

それで、仕事帰りによく行くのですが、
なかなかシーバスが朝ほど釣れません……

そこで、夕まずめの攻略法を
教えていただきたいんですが……

 

よろしくお願い致します。
 
 
 

と、言うのが今回の【Q&A】
 
 
 

私はよく、いろんなところから
いろんな相談や質問を頂きます。
 

よくある質問や
緊急性の高い質問など
当ブログの記事で
お答えしていきます。

 
 

あなたもお気軽に問い合わせて
頂けるとうれしいです。
 
 
 

よろしくお願いします。
 
 
 
 

季節で夕マズメが釣れない理由

こんにちは、しんです。
 

お問い合わせ、
ありがとうございます!
 

私のブログをいつもご活用して頂き
ありがとうございます。
 

うれしいです。
 
 

シーバスはぼちぼち
釣っておられるようですね。
 

しかも、豊かな自然が残る
素晴らしい地域で釣りをされてますね。
 

シーバスも大きな個体が多いでしょう。
 

私もいつか、遠征に行ってみたい
地域のひとつです。
 
 

さて、朝マズメと夕マズメは
どちらもゴールデンタイムなんですが、
どちらが釣れるか釣りやすいかは
実は季節によって変わってきます。

 

そして、ガッツリとシーバス
フィッシングを楽しもうというなら、
なぜその違いが生まれるのか?を
しっかりと知っておく必要があります。
 

ですから、季節ごとにザックリと
その違いを見ていきましょう。
 
 

では、さっそく。
 
 

今の時期、つまりですが
あなたが実感されているとおり
朝マズメがよく釣れて、夕マズメは
あんまり釣れません。
 

この理由は実は水温にあります。
 
 

簡単にいうと、私たち人間と同じです。

朝はまだマシですが、
夕方はかなり熱いですよね
 

私たちの居る空気中は簡単に
気温が変わるので、13時〜15時くらいが
いちばん熱い時間帯だと言われてます。
 

でも、水の中は空気中ほど
すぐに温度は変わりません。
 

これは風による水温低下の影響が
出るのが空気中に比べて
遥かに遅いからです。
 
 

ですから、水中では夕方までは
直射日光が差し込むために、
実は夕方がいちばん熱い時間帯なんです。
 

しかも真夏なんで熱くてやる気が
なくなってしまいます。

 

私たちもそう。

熱いと外に出るのもダルいです。
 
 

でもこれって、逆に考えると
直射日光が当たりだす直前の
朝マズメがいちばん涼しいという事。

 

このマズメ時に潮まわりなどの
要素がかさなって、朝マズメ
お祭り騒ぎになるわけです。

少なくとも、シーバスは。
 

これが夏が朝マズメの方が釣れる理由。
 
 

私たち人間は朝は眠いんで
ダメなんですけどね。(笑)
 
 
 

では、春は?

水の中で考えれば春は朝が寒くて
夕方が過ごしやすい水温になります。

 

・し・て、

ここにバチ抜けという
大きな要素が絡んできます。
 

バチ抜けとはイソメやゴカイ類が
大潮の満潮時の夕方に一斉に水面へ
浮上して行う産卵行動です。
 
 

つまり、シーバスを釣る上で
一二を争う大きな要素でもある
“ベイト”が夕マズメに絡んできます。

 

だから、春の場合は夕マズメの方が
圧倒的に釣りやすいです。
 
 
 

では、秋は?

朝マズメといえども、春と違って
基本的に水温が高く、春の朝ほど
寒くはなくシーバスからすれば
居心地のいい感じ。

 

そのため、活性も普通です。
 

ここに、秋特有のアジやイワシなどの
様々なベイトが絡んでくるので
シーバスはウハウハですね。
 
 

夕マズメもやはり夏と同じく
熱いですが、真夏よりはマシなんで
同じく多くの種類のベイトが絡んで
ウハウハな状態になります。
 
 

ですから、秋は朝マズメも夕マズメも
どっちも釣りやすい
という
事になりますね。
 
 
 

では、冬は?

冬は朝が寒くて夕方も寒いです。
 

でも、一日の中で最も水温が高いのは
やっぱり夕方で、冬の場合は
夕マズメの方が圧倒的に有利です。
 
 

特にこの夕マズメに温排水口が
絡むフィールドは多くのシーバスが
集まってそこだけ釣れる
みたいな
状態が出来上がります。
 
 

つまり、冬は夕マズメの方が
圧倒的に釣りやすいという事です。
 
 
 

のように、季節ごとのマズメ時には
シーバスが釣れる明確な理由があり、
これを細かく考えていくと
攻略法が見えてきます。
 
 

では、次は詳しく見ていきましょう。
 
 
 
 

夏の夕マズメの攻略法

さて、先ほど今の時期の夕マズメが
釣れない理由は熱いからだと
お話しました。
 

ですが、この釣れない理由を知って
対策を考える事で、攻略法が
見えてくる事があります。

 
 

熱いというのは要するに
水温が高いという事。
 

では、水温が高いと何故シーバスが
釣れないのか
 

・・・、
 

・・・、
 

そうですね。

熱くて気分が乗らないのも
あるかもしれませんが、
原因は水中の酸素濃度ですね。
 

基本、水温が低ければ低いほど
水中の酸素含有量は多く、逆に水温が
高ければ高いほど酸素含有量は
低くなります。

 
 

実はシーバスは酸欠に弱い魚で
そういった場所に長く居ると
危険な状態になります。
 

そのため、酸欠にならない居心地の
いい場所を探して常に移動しています。
 
 

ですから大前提として、
なるべく酸素濃度が高い水域を
狙う事が重要
になります。
 
 

それがどんな場所かと言うと、
具体的には流れがある場所です。

流れの変化、潮目やヨレなどには
酸素が多いです。
 

そして、全体的には流れが強く出る
傾向が強い下げ潮のタイミングを
夕マズメに合わせて釣行する
のが
いい作戦です。
 
 

それが選べない時は、風の当たる
側とか、流れが当たる場所

フィールドに選ぶのがいいでしょう。
 

特に沖からの潮が当たる岸壁、
岩礁、サーフやワンドなどは
一級ポイントになります。
 
 
 

そして、どこへ行っても基本的に
水温は高く、シーバスも暑いし
息苦しいので活性自体は低めです。

 

こういう時は向こうからルアーに
バイトしてくる事は少ないので
こちらから仕掛けていくタイプの
釣り
が効果的です。
 

基本戦術としては、夕マズメの
明るい時間帯はバイブレーションなどで
少しレンジを入れて、波動とスピードで
リアクションバイトを誘います。
 
 

そして、

「暗くなってきたな。」

と思ったら、水面直下やトップ
ウォーターのルアーに変えて
タダ巻きではなくアクションで
シーバスをバイトさせてみてください。
 

トップはもともとそういうものですが、
水面直下のルアーの場合はトゥイッチや
ジャーク、ストップ&ゴー、加速減速、

シンキングペンシルならば、
リフト&フォールも使ってシーバスの
リアクションバイトを誘います。
 
 
 

捕捉としてルアーカラーは
夕マズメであれば、

チャートバック
白とオレンジでカラーリングされたもの

が有効になります。
 

チャートバックは少し暗くなり始めた
くらいからがいいですね。
 

オレ白は同じく暗くなった時に
フィールドに常夜灯などの灯りが
絡む時がいい感じです。
 

いずれも完全に暗くなっても使えます。
 
 

そして、ゴールド系のカラー
時々有効な事があります。
 
 
 

ザックリとこんな感じですね。

良かったら参考にしてみてくださいね。
 
 
 
 

まとめますと、

朝マズメ、夕マズメ自体がシーバスを
釣る上で大きな複合要素ではあるけど
その中でも釣れる、釣れやすいには
必ず理由があるという事。

 
 

そして、その理由を知って対策を
考えると渋いなら渋いなりに有効な
攻略法が見えてくるという事。

 
 

さらに、夏の夕マズメは基本的に
シーバスの活性が低いので、
ルアーの特性やアクションを使って
リアクションバイトを狙っていくのが
基本戦術になるという事ですね。

 
 
 

さて、いかがだったでしょうか?
 

州地方では私の知識がどこまで
通用するか分かりませんが、
良かったら参考にしてみてくださいね。
 
 

早番(朝マズメの釣り)の後に
普通勤務、そしてその後に
残業(夕マズメの釣り)なんて
日本の未来を背負って
立つ仕事ぶりです。(笑)
 

同じアングラーとして尊敬します。
 
 

でも、

熱中症と過労?には気をつけて
シーバスフィッシングを
楽しんでくださいね。

 
 
 
 
 

それでは、グッドラック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

【釣り用語】

ルアーフィッシングに おける、釣り用語の 解説です。
参考にして頂けると うれしいです。


・アップクロス
(水の流れに対して 自分の立ち位置から 上流へキャストする事)

・キャスト
(ロッドを使って ルアーを投げる事)

・ロッド
(竿)

・アフタースポーニング
(魚の産卵後の意味で アフターと略される事も ある)

・アプローチ
(釣りたい魚に対する コンタクト方法の事で 要するに戦術です)

・アミ
(直径3センチくらい までの小さなエビの事)

・アワセ
(魚が餌を食べた時に こちらからフッキング する行為)

・フッキング
(竿を煽って魚の口に 針を貫通させる事)

・アタリ
(バイトの事で、魚が 餌を食べて竿に伝わる 衝撃の事)

・バイト
(アタリの事で魚が ルアーに食いつく 行為の事)

・アクション
(竿やリールの操作で ルアーを動かした時の ルアーの動きの種類の事)

・レンジ
(そのルアーが泳ぐ 水深の幅の事)

・ウエイト
(ルアーの重量)

・ベイト
(ターゲットが捕食して いる対象生物の事)

・アングラー
(釣り人の事で、特に 疑似餌を使って釣りを する人の事)

・まづめ
(朝晩の暗い時から 明るくなる、または その逆の中途半端な 明るさの時間帯の事)

・ラインスラック
(ルアーを操作する 際に出る糸のたるみ の事)

・ウォブリング
(ルアーの重心あたりを 軸にしてブルブルと震える 振動の大きい動きの事)

・馬ノ背
(水中のたんこぶ地形の事)

・バチ
(イソメやゴカイなどの 釣り餌に使われる多毛類の 総称です)

・バチ抜け
(バチが産卵のために 大潮の満潮前後に 一斉に水面付近まで 浮上する事)

・ハク
(ボラの稚魚)

・イナッコ
(ボラの幼魚)

・マイクロベイト
(シーバスタックルで キャストするルアーサイズ では表現しにくい小さな ベイトの事)

・ウエーダー
(漁師さんが履く丈が 腰くらいまである長靴の 事)

・ウエーディング
(ウエーダーを着用して 川、湖、海岸などで水中に 入り、釣りをする事)

・Mリグ
(シンキングミノーの腹側の フックをはずし、ガン玉を 付けてさらに沈ませる松尾 道洋氏の考案したチューニング)

・松尾道洋
(シーバス、ランカー クラブの副部長)

・カーブフォール
(ラインの出を抑制したり 止めたりして常にライン テンションがかかった状態で ルアーを沈めていく技術で ”テンションフォール”とも 言われる)

・かけ上がり
(水深が浅くなるときに 見た目にもまる分かりな 斜面になってる地形変化の事)

・大野ゆうき
(年間シーバスキャッチ量 1トンを超える、スーパー アングラー)

・汽水域
(淡水と海水がまじり合った 河口付近のエリアの事)

・ゴロタ場
(人がやっと持てるくらいで まず流されないだろう程度の 石が敷き詰められたように なっている水中地形の事)

・サミング
(リールを使ってキャストする 時に手を使ってラインの放出を 抑制する事。本来はベイト リールで行うときにサミングと 呼ばれ、スピニングリールの 場合はフェザーリングと 呼ばれるが、どちらでも サミングで通じる)

・サスペンド
(水中で沈んだ状態で止まり そこから浮きも沈みもしない 状態でルアーのタイプを 表すときに良く使われる)

・サンドバー
(流れ込みで砂が体積して 細長い沖に伸びている岬の ような帯状の水中地形の事)

・時合い
(潮回りや天候など様々な 条件が重なって魚の食いが 活発になる時間帯の事)

・シェード
(水中に出来る影の エリアの事)

・シャロー
(水深が2メートルくらい までの浅いエリアの事)

・潮目
(水中の流速変化によって 起こる、水面の目に見える 境界線みたいな変化の事)

・ショートバイト
(喰いが浅く、アタリは あるが魚がフッキング しない状態の事で魚の 警戒心が高い時や、元気が ないときに起こる)

・シンキング
(水中で沈んでいく状態の 事でルアーのタイプを表す 時によく使われる)

・ストップ&ゴー
(リールを巻いては止め、 巻いては止めるという ルアーフィッシングの 技術の事)

・ボトム、ズル引き (バイブレーションなどを ボトムに着底させて底を 引きずりながら引いてくる 技術の事)

・ストラクチャー
(水中の魚が身を隠したり するのに使う障害物の事)

・スレる
(魚が何かに警戒して 餌を食べなくなる状態で 釣り場で騒いだり、ルアーを キャストしまくったりする ことで起こる)

・スレ
(正確には”スレ掛かり”の ことで魚の口の外からや体に 針がフッキングした状態の 事で上記の”スレる”と かぶり、ややこしい。文脈から 察するしかない)

・スナップ
(ルアーとラインを簡単に 接続するための金具の事)

・スロープ
(船やボートを水面に 出し入れする為に港などに 作られた滑り台みたいな かけ上がり地形の事)

・瀬
(浅くて水の流れが速く なっている場所でさざなみが 立っているようなフィールド の事)

・遡上
(魚が季節により海や湖から 川を遡る事)

・ダート
(ジャークによってバランスを 崩したルアーが左右に蛇行する アクションの事)

・ジャーク
(やや大きく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚を寄せるとかリアクションで 喰わせるという攻撃的な意思を 持ったアクションの事)

・トゥイッチ
(小さく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚にルアーの存在を気づかせる とか、ルアーのバランスを 崩して魚に攻撃するスキを 与えるという受け身的な意思を 持ったアクションの事)

・ターンオーバー
(気温低下や風などに よって表層の水温が急激に 下がり、水中で上層の水と 下層の水が入れ替わる事で 魚に致命的なダメージを 与えることがある)

・チェイス
(魚がルアーを追尾して くる事)

・チャンネル
(流芯の地形のことで 他のエリアよりも流れが 強く、底が深くなって いて水が干上がると確認 できる水の通り道です)

・テクトロ
(岸壁際を歩きながら ルアーを泳がせるという お手軽釣法の事)

・手返し
(投げる、釣る、魚を 針から外す、そしてまた 投げるまでのサイクルの 事で手返しが良いとか 手返しが早いとか言われる)

・ドッグウォーク
(トップウォーター ペンシルの水面で頭を 左右に振りながらゆっくり 進むアクションの事で 酸欠状態の魚や下から 追われて逃げ場を失った 魚を表現した技術です)

・ナブラ
(大量のベイトが下から 追われて界面にさざなみを 立てる現象で小魚たちが 群れで移動するために 起こる、目に見える 捕食行動です)

・二枚潮
(海中の層によって 潮の流れる向きが違う 現象の事で上は右に 流れているけど、底の 方は左に流れているという 川で起こる反転流が 縦に起きてる状態です)

・リアクションバイト
(魚に見切られにくい 素早い動きで反射的に バイトしてしまう事で れっきとした釣技として 確率されている)

・リーダー
(シーバスフィッシングに おいてルアーからメイン ラインまでをつなぐ糸の 事でPEラインだけでは 補いきれない性能を ラインシステムに加える ために付ける)

・ラインシステム
(ルアーからリールまでを つなぐのに使われる、魚や そのときの状況に合わせた 性能を持たせる糸の 組み合わせの事)

・リップ
(ルアーの先に付いた 透明なくちばしみたいな ヤツの事)

・ボイル
(沸騰するなどの意味を 持ち、シーバスなどにベイトが 追われて逃げ場を失い、 水面で大量に浮いている 状態。)

・ライズ
(立ち上がる、飛び上がる などの意味を持ち、 シーバスがベイトを捕食 するために水面に飛び出す ときの様子を表す。)

このページの先頭へ