LOS! そろそろ夜釣りが恋しくなったので、とある河口へナイトシーバスゲームに。暗い夜の熱い宴。


ws000529

こんにちは、しんです。
 

昼間の釣りはやっぱりいい感じ。

明るくて辺りの様子や流れの変化、
足元やルアーもよく見えて
安全で安心な釣行になります。
 
 

しか〜し!、

夜は見えないものが多いので
一見すると昼間よりも、釣りに必要な
情報量が少ないように思われる事も。
 

でもね、

逆に余計なものが見えずに気が
散らないし、ロッド、リール、
ライン、気配に敏感になれる。
 

だから場合によっては釣りに必要な
情報量が昼間の釣りよりも
多い時があると私は思うんです。
 
 

そう!、たまには自分の感覚を
磨くために夜釣りにも行かなくちゃ
いけないんだ!

 

という、私の妻からすれば
わけの分からない理論を唱えて
深夜徘徊を無理やり正当化
してみる。
 

ようは、釣りに行きたいだけ・・・。
 
 

というわけで、今回は夜釣りメインで
とある河口へ出掛けてみました。
 

さてさて、どうなることやら。
 
 
 
 

潮の変わり目でバイトを拾う

はい、今回は夜の河口。
 

規模は小規模河川ですが、
川幅が広く浅いフィールド。
 
 

の日のタイミングは大潮の後の
中潮まわり、三日目の夜です。
 

天候は晴れ時々曇り。

満潮=19:58
干潮=2:10

水温は25℃
 

南東の風、4〜5m/sで海側から
河川に向けて吹いていました。
 
 

19:00にフィールド入り。

満潮1時間前の上げ潮で河口上流部へ
ウェーディングで浸入。

 

満潮後の下げ潮とベイトを追いながら
下っていく釣行です。

 
 

釣りを開始した時はすでに
暗い状態でウェーディング出来るほど
浅いフィールドなので、水の中には
入らずに手前から打っていきます。
 

暗い時は浅くても以外に手前
あり得ないくらい浅い場所に
シーバスがさして来ている
可能性が高いので。
 
 

ベイトはどうやらイナッコ。

しかも、サイズはわりと大きめで
雑に観察しても10センチ以上あります。
 

よくあるイナッコパターン。

水面でチョンチョン頭を出しながら
全体的に散っている感じです。
 
 

水深が浅すぎるので、
迷わずモルモ80をチョイス。
 

クロスストリームでキャスト。
 

・・・、
 

反応なし。
 

ると、左ての方でシーバスらしき
魚が水面を割る。
 

「うん、居るな。」
 
 

今度は先ほど出たシーバスとは
反対のダウンストリームの方向へ
キャスト。

私はひねくれ者なのである。(笑)
 

・・・、
 

反応なし。
 

「だよね〜。」
 
 

今度は左て、アップクロスの方向へ
キャストしてみる。
 

・・・、
 

クッ!
 

「・・・。」
 

どうやら、ベイトに当たった様子。
 

「う〜ん、難しいな。」
 
 

次はもう一度クロスストリームで。

実はこの前には、ブレイクとも
言えないような段差があるんです。
 

そのポイントを大きく越えてキャスト。
 

・・・、
 

・・・、
 

ガツッ!
 

「うっしぃ!」
 

フッキング。
 

「そんなに大きくないな。」
 

・・・、
 

「あっ!」
 

バラしてしまいました。

ちょうど潮が止まって
その直後のアタリでした。

 
 
 

そうなんです。
 

釣りの時の

「あっ!」

という呟きはろくなことがないんです。
 
 

まあ、さすがに
歯医者さんが治療中に呟く

「あっ!」

よりは、だいぶマシなんですが。
 
 
 

気を取り直してさらに丁寧に
探っていきますが、
その後はまったく反応なし。
 

少しまだ渋いようです。
 
 
 
 

下げ潮を追って

モルモ80は先ほどの一撃で
どうやらスレてしまったので
今度はマニックで探っていきます。

どうやら表層付近のベイトに
反応している感じなので。
 
 

少しだけ水位が下がります。
 

「下げ潮が動き出したな。」
 

アップにキャストしたマニックが
表層を流されていきます。
 

・・・、
 

反応なし。
 
 

チョットいじって
マニックフィッシュ。
 

・・・、
 

反応なし。
 
 

「ん〜、じゃコモⅡだ。」
 

・・・、
 

これも反応なし。
 
 

ポッキーに変えて
もう少しケツを振ってみる。
 

・・・、
 

これも反応なし。
 
 

「この感じ、もしかして
わりと毎日のようにシーバス
アングラーに叩かれているのかなぁ?」

 

とか考えて、今度は水面直下
狙いを変えてみる。
 

エリア10
クロスストリームでキャスト。
 

・・・、
 

クッ!
 

「まただ。」
 

ベイトに当たっている。
 
 

時々だけど補食音は聞こえる。

でも反応はない。
 
 

次はワンダー。

水深が浅いので、少し早巻きして
水面直下を泳がせてみる。
 

・・・、
 

反応なし。
 
 

今度はフィールに変えて
ダウンクロスでキャスト。
 

・・・、
 

「ん?」
 

何かがルアーの後ろをついてきた気配。
 

シーバスとは限りません。

よくボラもルアーの後ろを
ついてくる事があるので。
 
 

「もっとゆっくり、もっと水面直下か?」
 

と考えて、今度は私が作った
オリジナルのシンペンにチェンジ。
 

これは通常のシンペンよりも
動きをかなり抑えつつ、
かなりゆっくり引いても水面直下を
泳がせる事が出来るスグレモノ。
 

アップクロスでキャスト。
 

・・・、
 

・・・、
 

コツッ!
 

「あうっ!」
 

フッキング成功。
 

次の瞬間、水面からチーバスらしき
魚が元気に飛び出す。
 

「あっ!」
 

・・・、
 

またしてもバラし。
 
 

「それにしても小さかったなぁ。」
 

たぶん20センチくらいのチーバス。
 
 

けっこう河口部の下流まで
下げ潮を追って下ってきたけど、
一回バラすとやっぱり反応がなくなる。
 

「ここもハイプレッシャーフィールドか。」
 
 
 
 

漆黒の楽園

とうとう最下流部へとやって来ました。
 

ここは川幅が少し狭くなっている
いい感じのポイント。
 

最初に立ち込んだ場所や途中の
岸際のエリアとは違い、常夜灯の
灯りも街の明かりもまったく届かない
完全なる闇が支配するポイント。

 

ちょっと怖い場所である。
 
 

川の流れが集まってくる場所なので
今までのポイントに比べて
いちばん流れが強い。
 

ゆっくり近づいていくと、
なにやらシーバスの補食音
派手なヤツがたくさん聞こえて来る。
 

「やべぇ、ここは楽園か?」
 

完全に流されてくるベイトを
食べまくってる感じ。
 

さっそくルアーをモルモ80にチェンジ。
 

これは私が色を塗った
オリジナルカラー。

明るい夜でも暗い夜でも
どちらでも有効なように特殊な
カラーリングを施したルアーです。
 
 

ップクロスでキャスト。
 

流れが強いので、ロッドの立て具合を
細かく調整して水面直下をドリフト
流して来る。
 

・・・、
 

・・・、
 

ガツッ!
 

「よっしゃ!」
 

フッキング。
 

・・・、
 

「あっ!」
 

・・・、
 

「ま〜た〜かぁ〜。」
 

バラしです。
 
 

かさず、もう一度トライ。
 

・・・、
 

反応なし。
 
 

「だよね〜。」
 

その後は何を投げてもアタらない。
 
 

使うルアーに迷っていると、
ルアーboxのなかに
チヌ用のポッパーを発見。
 

しかも、かなりいい色をしています。
 

「そうそう、この色が欲しかったんだ。」
 

白いクリアカラーのポッパーです。
 
 

この日は新月の大潮の後の中潮まわり。
 

よくある通常のカラーでは
喰わせられないほどの暗闇
出来上がっていました。
 

「試してみるか・・・。」
 

ップクロスでキャスト。
 

さらにラインテンションに
気をつけて流して来る。

リールはほとんど巻かない。

ラインテンションを調整して
少し引くくらい。
 

・・・、
 

・・・、
 

反応なし。
 
 

「そういえば、
アレはまだ試していなかったなぁ。」

 

トップウォータースプラッシュ
ドリフト
の事です。
 

ラインテンションを微調整しながら
不規則なスプラッシュを入れながら
ドリフトさせる釣法です。
 
 

同じようにップクロスへキャスト。
 

・・・、
 

・・・、
 

ガツッ!!!
 

「ぬん!」
 

フッキング。
 

走る走る。
 

流れが強いので簡単に寄せられない。
 

なんとか岸際まで寄せると
最後の引き込みをみせる。
 

流れの弱いところへ誘導して
無事にランディング。
 

「あぶね〜。」
 

なんと、フック一本しか掛かってない。
 

にも助けられて上がった
50センチくらいのシーバスでした。

ws000530
 

その後も何度かバイトがありましたが
なかなかフッキングに持ち込めず。
 

干潮を知らせるアラームが
鳴り響いたので終了としました。
 
 
 
 

まとめますと、

新月寄りの夜のトップゲームは
いろんな条件をしっかり合わせて
あげないと、しっかりフッキング
させるのは難しいという事。

 
 

そして、状況次第で通常では
使えないようなトップウォーター
スプラッシュドリフトみたいな釣技が
有効になる場合もあるという事。

 
 

さらに、こういった少し変わった
フィールドで下げ潮と共にシーバスと
ベイトを追っていくのは、凄く高い
経験値を得られるという事ですね。

 
 
 

さて、いかがだったでしょうか?
 

今回はかなりワクワクして、いろんな
反応が体験出来る、非常に経験値の
高い素晴らしい釣行
になりました。
 

いずれ、すべてのチャンスを
ものに出来るようになるために
これからも楽しんで精進して
いきたいと思います。
 
 

いつも、私のブログに遊びに来て頂き
本当にありがとうございます。
 

改めまして、これからも
どうぞよろしくお願いいたします。
 
 

これから、いい時期です。

なたも安全に気を付けて
ガッツリと楽しんでくださいね。
 
 
 
 
 

それでは、グッドラック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

【釣り用語】

ルアーフィッシングに おける、釣り用語の 解説です。
参考にして頂けると うれしいです。


・アップクロス
(水の流れに対して 自分の立ち位置から 上流へキャストする事)

・キャスト
(ロッドを使って ルアーを投げる事)

・ロッド
(竿)

・アフタースポーニング
(魚の産卵後の意味で アフターと略される事も ある)

・アプローチ
(釣りたい魚に対する コンタクト方法の事で 要するに戦術です)

・アミ
(直径3センチくらい までの小さなエビの事)

・アワセ
(魚が餌を食べた時に こちらからフッキング する行為)

・フッキング
(竿を煽って魚の口に 針を貫通させる事)

・アタリ
(バイトの事で、魚が 餌を食べて竿に伝わる 衝撃の事)

・バイト
(アタリの事で魚が ルアーに食いつく 行為の事)

・アクション
(竿やリールの操作で ルアーを動かした時の ルアーの動きの種類の事)

・レンジ
(そのルアーが泳ぐ 水深の幅の事)

・ウエイト
(ルアーの重量)

・ベイト
(ターゲットが捕食して いる対象生物の事)

・アングラー
(釣り人の事で、特に 疑似餌を使って釣りを する人の事)

・まづめ
(朝晩の暗い時から 明るくなる、または その逆の中途半端な 明るさの時間帯の事)

・ラインスラック
(ルアーを操作する 際に出る糸のたるみ の事)

・ウォブリング
(ルアーの重心あたりを 軸にしてブルブルと震える 振動の大きい動きの事)

・馬ノ背
(水中のたんこぶ地形の事)

・バチ
(イソメやゴカイなどの 釣り餌に使われる多毛類の 総称です)

・バチ抜け
(バチが産卵のために 大潮の満潮前後に 一斉に水面付近まで 浮上する事)

・ハク
(ボラの稚魚)

・イナッコ
(ボラの幼魚)

・マイクロベイト
(シーバスタックルで キャストするルアーサイズ では表現しにくい小さな ベイトの事)

・ウエーダー
(漁師さんが履く丈が 腰くらいまである長靴の 事)

・ウエーディング
(ウエーダーを着用して 川、湖、海岸などで水中に 入り、釣りをする事)

・Mリグ
(シンキングミノーの腹側の フックをはずし、ガン玉を 付けてさらに沈ませる松尾 道洋氏の考案したチューニング)

・松尾道洋
(シーバス、ランカー クラブの副部長)

・カーブフォール
(ラインの出を抑制したり 止めたりして常にライン テンションがかかった状態で ルアーを沈めていく技術で ”テンションフォール”とも 言われる)

・かけ上がり
(水深が浅くなるときに 見た目にもまる分かりな 斜面になってる地形変化の事)

・大野ゆうき
(年間シーバスキャッチ量 1トンを超える、スーパー アングラー)

・汽水域
(淡水と海水がまじり合った 河口付近のエリアの事)

・ゴロタ場
(人がやっと持てるくらいで まず流されないだろう程度の 石が敷き詰められたように なっている水中地形の事)

・サミング
(リールを使ってキャストする 時に手を使ってラインの放出を 抑制する事。本来はベイト リールで行うときにサミングと 呼ばれ、スピニングリールの 場合はフェザーリングと 呼ばれるが、どちらでも サミングで通じる)

・サスペンド
(水中で沈んだ状態で止まり そこから浮きも沈みもしない 状態でルアーのタイプを 表すときに良く使われる)

・サンドバー
(流れ込みで砂が体積して 細長い沖に伸びている岬の ような帯状の水中地形の事)

・時合い
(潮回りや天候など様々な 条件が重なって魚の食いが 活発になる時間帯の事)

・シェード
(水中に出来る影の エリアの事)

・シャロー
(水深が2メートルくらい までの浅いエリアの事)

・潮目
(水中の流速変化によって 起こる、水面の目に見える 境界線みたいな変化の事)

・ショートバイト
(喰いが浅く、アタリは あるが魚がフッキング しない状態の事で魚の 警戒心が高い時や、元気が ないときに起こる)

・シンキング
(水中で沈んでいく状態の 事でルアーのタイプを表す 時によく使われる)

・ストップ&ゴー
(リールを巻いては止め、 巻いては止めるという ルアーフィッシングの 技術の事)

・ボトム、ズル引き (バイブレーションなどを ボトムに着底させて底を 引きずりながら引いてくる 技術の事)

・ストラクチャー
(水中の魚が身を隠したり するのに使う障害物の事)

・スレる
(魚が何かに警戒して 餌を食べなくなる状態で 釣り場で騒いだり、ルアーを キャストしまくったりする ことで起こる)

・スレ
(正確には”スレ掛かり”の ことで魚の口の外からや体に 針がフッキングした状態の 事で上記の”スレる”と かぶり、ややこしい。文脈から 察するしかない)

・スナップ
(ルアーとラインを簡単に 接続するための金具の事)

・スロープ
(船やボートを水面に 出し入れする為に港などに 作られた滑り台みたいな かけ上がり地形の事)

・瀬
(浅くて水の流れが速く なっている場所でさざなみが 立っているようなフィールド の事)

・遡上
(魚が季節により海や湖から 川を遡る事)

・ダート
(ジャークによってバランスを 崩したルアーが左右に蛇行する アクションの事)

・ジャーク
(やや大きく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚を寄せるとかリアクションで 喰わせるという攻撃的な意思を 持ったアクションの事)

・トゥイッチ
(小さく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚にルアーの存在を気づかせる とか、ルアーのバランスを 崩して魚に攻撃するスキを 与えるという受け身的な意思を 持ったアクションの事)

・ターンオーバー
(気温低下や風などに よって表層の水温が急激に 下がり、水中で上層の水と 下層の水が入れ替わる事で 魚に致命的なダメージを 与えることがある)

・チェイス
(魚がルアーを追尾して くる事)

・チャンネル
(流芯の地形のことで 他のエリアよりも流れが 強く、底が深くなって いて水が干上がると確認 できる水の通り道です)

・テクトロ
(岸壁際を歩きながら ルアーを泳がせるという お手軽釣法の事)

・手返し
(投げる、釣る、魚を 針から外す、そしてまた 投げるまでのサイクルの 事で手返しが良いとか 手返しが早いとか言われる)

・ドッグウォーク
(トップウォーター ペンシルの水面で頭を 左右に振りながらゆっくり 進むアクションの事で 酸欠状態の魚や下から 追われて逃げ場を失った 魚を表現した技術です)

・ナブラ
(大量のベイトが下から 追われて界面にさざなみを 立てる現象で小魚たちが 群れで移動するために 起こる、目に見える 捕食行動です)

・二枚潮
(海中の層によって 潮の流れる向きが違う 現象の事で上は右に 流れているけど、底の 方は左に流れているという 川で起こる反転流が 縦に起きてる状態です)

・リアクションバイト
(魚に見切られにくい 素早い動きで反射的に バイトしてしまう事で れっきとした釣技として 確率されている)

・リーダー
(シーバスフィッシングに おいてルアーからメイン ラインまでをつなぐ糸の 事でPEラインだけでは 補いきれない性能を ラインシステムに加える ために付ける)

・ラインシステム
(ルアーからリールまでを つなぐのに使われる、魚や そのときの状況に合わせた 性能を持たせる糸の 組み合わせの事)

・リップ
(ルアーの先に付いた 透明なくちばしみたいな ヤツの事)

・ボイル
(沸騰するなどの意味を 持ち、シーバスなどにベイトが 追われて逃げ場を失い、 水面で大量に浮いている 状態。)

・ライズ
(立ち上がる、飛び上がる などの意味を持ち、 シーバスがベイトを捕食 するために水面に飛び出す ときの様子を表す。)

このページの先頭へ