LOS! ふらっと立ち寄った小規模河川でフラットフィッシュw シーバスは?


WS000522

先日、かねてから計画していた
とある場所の海洋調査のため、
気合いを入れて午前2時30分に起床。

 

速やかに準備をして軽快に
家を出発しました。

 
 

ですが、その日はせっかくの休みにも
かかわらず、前日くらいから異常な
集中豪雨が至るところで降っている
という、軽くヤバい状況。

 

表向きは海洋調査ですが、
なんの事はない、とある場所の
ハマチが釣れるかという調査でした。

 
 

とりあえず、運良くイケる可能性も
あったので釣り場に向かってみました。

 

しかし、なんといっても私です。

偶然天候が良くなるなぁ〜んて事が
あるのでしょうか・・・。

 
 

今回はそんな無謀な休日のお話。

さてさて、どうなることやら。
 
 
 
 

とりあえずフィールドへ行ってみた

途中、食料調達などのために
コンビニへ立ち寄って必要なものを
買い込んでフィールドへ向かいます。
 

「なんだ、この辺まったく雨
降ってないじゃん。
こりゃ、もしかしてイケるか?」

とか言いながら、急いで
フィールドへと車を走らせます。
 

ところが、フィールドへ近づき
あと10分くらいで着くというあたりで
雨が降ってきました。
 
 

なたはもしかしたら
知ってるかもしれません。

実は私は一部の人たちから、神とまで
崇められるほどの“雨男”で、ある
場所ではGODと呼ばれたこともある。
 
 
 

「う〜ん、さすが私!」(笑)
 

フィールドに着いた時には
視界すら効かない程の豪雨。
 

何も見えない窓の外が雷で
ビカビカと光っている状態。
 

近すぎて、どこで落ちてるかも
分からないほど。
 

「こりゃ、私の車に落ちるのも
時間の問題だな。」

「っていうか、マジでヤバい!」
 
 

そんなわけで、海面をのぞく事すら
しないで即撤収。
 

フィールドから数キロ離れた
コンビニに着くと雨が小降りに。
 
 

そこで、スマホを取り出して
高解像度ナウキャストという雨の
降り方や降っている場所がかなり
正確に分かるものを使ってチェック。
 

・・・、
 

「さすが私!」
 
 

んと、そのフィールドの周辺だけ
降っていて、しかも朝マズメの時間も
全て降り続けるという、
まさに神がかり的な予報。
 

「私の力もとうとうここまできたか。」

「さて、帰ろう・・・。」
 
 
 
 

ふらっとフィッシュ

とは言え、このまま家に帰るのも
寒すぎるので引き返しながら
河川をチェックしていきます。
 
 

でも全く知らない未知のフィールド
たちなので、適当に打っても
おそらくは釣れないはず。
 

という事で、狙いを河口部に絞って
良さそうなフィールドを探していく。
 
 

そうこうしていると、まあまあの
規模の漁港を発見しました。
 

そして、その脇には防波堤道路が。
 
 

「おっ、ここイケそう!」
 

と言って、その道路へ入り
いちばん奥までいってみる。
 

すると、そこには小規模な河口部
広がっていました。

WS000525
 

すでに明るくなっていたので
フィールドが良く見えます。
 

「おっ、ここはイケんじゃね?」

とか言ってみる。
 
 

名前も知らない小規模河川。

目に入るすべてが新鮮で未知な
フィールドでワクワクします。

 
 
 

さっそく準備して釣行開始。
 

候は晴れ。

潮まわりは小潮。

干潮=4:54
満潮=11:19

東の風、4m/s。
 

雨のせいもあってか、水温が25℃。
 

干潮から満潮へと上げる潮での
釣行になりました。
 
 
 

私がフィールドに入った時は
ちょうど上げ潮が効き始める
絶好のタイミング。
 

豪雨の影響で上流から茶色く濁った
水が流れて来ていて、手前の方を
上げ潮が上げてくることでナイスな
反転流が出来上がる直前の状態。
 

そして、その中をベイトが
遡上してきました。
 

イナッコです。

しかもサイズがわりと大きい。
 

「120ミリ投げても釣れそうだ。」
 
 

とりあえず、まだ水深が浅く
茶色の激濁りだったので、波動に
頼るつもりでレインを選択。
 

流芯部の奥へキャストして
少し流され気味に定速リトリーブ。
 

濁りが強くルアーが見えないと
思われるので、変なアクションは
入れずに引いてきます。
 

・・・、
 

モソォ〜!
 

「!!!っ」
 

フッキング成功。
 
 

「あれ、動かない・・・?」
 

・・・、
 

「根掛かりか?」
 

・・・、
 

「いや、確かに動いた。」
 

と思っていると、
かなり重いトルクで急に走りだす。
 
 

「・・・、エイだな。」
 

重たいのを我慢しながら
懸命に寄せてくる。
 

すると、エイがボトムに張り付く。

そして私が力づくで引き剥がす。
 

水深が浅いので、
これの繰り返しです。
 

なんとか、近くまで寄せてネットで
ランディングしようとしましたが、
ボトムに張り付いて難しい。
 

そうこうしている内にルアーが外れる。
 

「ふぅ、良かった、外れてくれたか。」

「ごめんよ。」
 

運良く、フックアウトで
オートリリース。
 

助かりました。
 
 

よく見ると、手前のほうにも
ステルス戦闘機みたいなのが
編隊を組んで遡上中。

 

「おいおい、こりゃウェーディング
出来ないレベルだな。」

 
 
 

気を取り直してモルモ80
ルアーをチェンジします。
 

「これなら大丈夫だろ?」
 

と言って、イナッコパターン狙いで
今度はかなり上流へ向けてキャスト。
 

反転流の中をゆっくりと引いてきます。
 

・・・、
 

・・・、
 

反応なしです。
 
 

面には時折イナッコがピチャピチャと
姿をあらわします。
 

今度はサイズアップしてアイマの
ポッキーを同じようにキャスト。
 

反転流の中をスプラッシュや
ドックウォークのパターンで
いろいろと試してみます。
 

ですが、反応はありません。
 

「おかしいな、間違いなく
シーバスは居ると思うんだけど。」

「私のドックウォークのアクションの
レベルでは喰わせられないか?」

 

もっと、トップウォーターの
アクションを磨かなければと
痛感させられる釣行になりました。
 
 
 

「じゃあ、水面直下だ。」
 

と、今度はフィールにチェンジ。
 

同じく反転流を探ってきます。
 

・・・、
 

・・・、
 

ガツッ!!!
 

「うおっ!」
 

しっかりとフッキング。
 

・・・、
 

「これもシーバスじゃないな。」
 

・・・、
 

上がってきたのは
それはもう大きなマゴチ。

WS000526
 

私のランディングネットのフレームの
縦の長さが55センチ。

それに少し斜めだけど、しっぽを
曲げた状態でおさまっています。
 

これで、大きさは想像出来ると思います。
 
 

まさかこの辺で陸っぱりから
これほどのサイズが釣れるとは
思ってなかったので、
ちょっとビックリ。
 
 

そうこうしていると水深が上げてきて
私の居るポイントでは気配が
なくなってきたので終了。
 
 

シーバスを釣れませんでしたが、
ちょっとオイシイ変わった
釣行で楽しませて頂きました。
 
 
 
 

まとめますと、

けっきょく私の神がかり的なパワー?で
海洋調査(ハマチ釣り)は出来ず
不発に終わったという事。

 
 

そして、こちらから積極的にルアーに
付けていくアクションについては
戦略も含めてまだまだ甘く、

私ももっともっと腕を磨く必要が
あるという事を痛感させられた
貴重で素晴らしい釣行だったという事。

 
 

さらに、しっかりと向き合えば
何らかのかたちで答えてくれる豊かで
素晴らしいフィールドを、これからも
私の出来る範囲で大切にしていこうと
再認識させて頂けた釣行でもありました。

 
 
 

さて、いかがだったでしょうか?
 

今回、通りすがりで出会った
フィールドはなかなかない素晴らしい
フィールドで驚きました。
 

シーバスフィッシングとしては
かなり課題の残る釣行になったので、
今度はついでではなくガッツリと準備
してリベンジしたいと考えています。

 
 

さあ、これからハイシーズンです。

あなたも安全に気を付けて
シーバスフィッシングを
ガッツリとたのしみましょう。
 
 
 
 
 

それでは、グッドラック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

【釣り用語】

ルアーフィッシングに おける、釣り用語の 解説です。
参考にして頂けると うれしいです。


・アップクロス
(水の流れに対して 自分の立ち位置から 上流へキャストする事)

・キャスト
(ロッドを使って ルアーを投げる事)

・ロッド
(竿)

・アフタースポーニング
(魚の産卵後の意味で アフターと略される事も ある)

・アプローチ
(釣りたい魚に対する コンタクト方法の事で 要するに戦術です)

・アミ
(直径3センチくらい までの小さなエビの事)

・アワセ
(魚が餌を食べた時に こちらからフッキング する行為)

・フッキング
(竿を煽って魚の口に 針を貫通させる事)

・アタリ
(バイトの事で、魚が 餌を食べて竿に伝わる 衝撃の事)

・バイト
(アタリの事で魚が ルアーに食いつく 行為の事)

・アクション
(竿やリールの操作で ルアーを動かした時の ルアーの動きの種類の事)

・レンジ
(そのルアーが泳ぐ 水深の幅の事)

・ウエイト
(ルアーの重量)

・ベイト
(ターゲットが捕食して いる対象生物の事)

・アングラー
(釣り人の事で、特に 疑似餌を使って釣りを する人の事)

・まづめ
(朝晩の暗い時から 明るくなる、または その逆の中途半端な 明るさの時間帯の事)

・ラインスラック
(ルアーを操作する 際に出る糸のたるみ の事)

・ウォブリング
(ルアーの重心あたりを 軸にしてブルブルと震える 振動の大きい動きの事)

・馬ノ背
(水中のたんこぶ地形の事)

・バチ
(イソメやゴカイなどの 釣り餌に使われる多毛類の 総称です)

・バチ抜け
(バチが産卵のために 大潮の満潮前後に 一斉に水面付近まで 浮上する事)

・ハク
(ボラの稚魚)

・イナッコ
(ボラの幼魚)

・マイクロベイト
(シーバスタックルで キャストするルアーサイズ では表現しにくい小さな ベイトの事)

・ウエーダー
(漁師さんが履く丈が 腰くらいまである長靴の 事)

・ウエーディング
(ウエーダーを着用して 川、湖、海岸などで水中に 入り、釣りをする事)

・Mリグ
(シンキングミノーの腹側の フックをはずし、ガン玉を 付けてさらに沈ませる松尾 道洋氏の考案したチューニング)

・松尾道洋
(シーバス、ランカー クラブの副部長)

・カーブフォール
(ラインの出を抑制したり 止めたりして常にライン テンションがかかった状態で ルアーを沈めていく技術で ”テンションフォール”とも 言われる)

・かけ上がり
(水深が浅くなるときに 見た目にもまる分かりな 斜面になってる地形変化の事)

・大野ゆうき
(年間シーバスキャッチ量 1トンを超える、スーパー アングラー)

・汽水域
(淡水と海水がまじり合った 河口付近のエリアの事)

・ゴロタ場
(人がやっと持てるくらいで まず流されないだろう程度の 石が敷き詰められたように なっている水中地形の事)

・サミング
(リールを使ってキャストする 時に手を使ってラインの放出を 抑制する事。本来はベイト リールで行うときにサミングと 呼ばれ、スピニングリールの 場合はフェザーリングと 呼ばれるが、どちらでも サミングで通じる)

・サスペンド
(水中で沈んだ状態で止まり そこから浮きも沈みもしない 状態でルアーのタイプを 表すときに良く使われる)

・サンドバー
(流れ込みで砂が体積して 細長い沖に伸びている岬の ような帯状の水中地形の事)

・時合い
(潮回りや天候など様々な 条件が重なって魚の食いが 活発になる時間帯の事)

・シェード
(水中に出来る影の エリアの事)

・シャロー
(水深が2メートルくらい までの浅いエリアの事)

・潮目
(水中の流速変化によって 起こる、水面の目に見える 境界線みたいな変化の事)

・ショートバイト
(喰いが浅く、アタリは あるが魚がフッキング しない状態の事で魚の 警戒心が高い時や、元気が ないときに起こる)

・シンキング
(水中で沈んでいく状態の 事でルアーのタイプを表す 時によく使われる)

・ストップ&ゴー
(リールを巻いては止め、 巻いては止めるという ルアーフィッシングの 技術の事)

・ボトム、ズル引き (バイブレーションなどを ボトムに着底させて底を 引きずりながら引いてくる 技術の事)

・ストラクチャー
(水中の魚が身を隠したり するのに使う障害物の事)

・スレる
(魚が何かに警戒して 餌を食べなくなる状態で 釣り場で騒いだり、ルアーを キャストしまくったりする ことで起こる)

・スレ
(正確には”スレ掛かり”の ことで魚の口の外からや体に 針がフッキングした状態の 事で上記の”スレる”と かぶり、ややこしい。文脈から 察するしかない)

・スナップ
(ルアーとラインを簡単に 接続するための金具の事)

・スロープ
(船やボートを水面に 出し入れする為に港などに 作られた滑り台みたいな かけ上がり地形の事)

・瀬
(浅くて水の流れが速く なっている場所でさざなみが 立っているようなフィールド の事)

・遡上
(魚が季節により海や湖から 川を遡る事)

・ダート
(ジャークによってバランスを 崩したルアーが左右に蛇行する アクションの事)

・ジャーク
(やや大きく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚を寄せるとかリアクションで 喰わせるという攻撃的な意思を 持ったアクションの事)

・トゥイッチ
(小さく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚にルアーの存在を気づかせる とか、ルアーのバランスを 崩して魚に攻撃するスキを 与えるという受け身的な意思を 持ったアクションの事)

・ターンオーバー
(気温低下や風などに よって表層の水温が急激に 下がり、水中で上層の水と 下層の水が入れ替わる事で 魚に致命的なダメージを 与えることがある)

・チェイス
(魚がルアーを追尾して くる事)

・チャンネル
(流芯の地形のことで 他のエリアよりも流れが 強く、底が深くなって いて水が干上がると確認 できる水の通り道です)

・テクトロ
(岸壁際を歩きながら ルアーを泳がせるという お手軽釣法の事)

・手返し
(投げる、釣る、魚を 針から外す、そしてまた 投げるまでのサイクルの 事で手返しが良いとか 手返しが早いとか言われる)

・ドッグウォーク
(トップウォーター ペンシルの水面で頭を 左右に振りながらゆっくり 進むアクションの事で 酸欠状態の魚や下から 追われて逃げ場を失った 魚を表現した技術です)

・ナブラ
(大量のベイトが下から 追われて界面にさざなみを 立てる現象で小魚たちが 群れで移動するために 起こる、目に見える 捕食行動です)

・二枚潮
(海中の層によって 潮の流れる向きが違う 現象の事で上は右に 流れているけど、底の 方は左に流れているという 川で起こる反転流が 縦に起きてる状態です)

・リアクションバイト
(魚に見切られにくい 素早い動きで反射的に バイトしてしまう事で れっきとした釣技として 確率されている)

・リーダー
(シーバスフィッシングに おいてルアーからメイン ラインまでをつなぐ糸の 事でPEラインだけでは 補いきれない性能を ラインシステムに加える ために付ける)

・ラインシステム
(ルアーからリールまでを つなぐのに使われる、魚や そのときの状況に合わせた 性能を持たせる糸の 組み合わせの事)

・リップ
(ルアーの先に付いた 透明なくちばしみたいな ヤツの事)

・ボイル
(沸騰するなどの意味を 持ち、シーバスなどにベイトが 追われて逃げ場を失い、 水面で大量に浮いている 状態。)

・ライズ
(立ち上がる、飛び上がる などの意味を持ち、 シーバスがベイトを捕食 するために水面に飛び出す ときの様子を表す。)

このページの先頭へ