シーバス マッチ・ザ・ベイトを意識している でも釣れない なぜ? 【Q&A】

WS000303


シーバスを始めて
半年くらいになります。

 

私は、よく言われる
マッチ・ザ・ベイトというのを
意識してその場所に居るベイトと
同じ大きさのルアーを選んで釣る
という事をしています。

 

ですが、かなり釣れません。

変な表現ですが、なんか
マッチ・ザ・ベイトの手応えが
ないというか、何かが大きく
ズレている気がします。

 

しんさんはどうやって
マッチ・ザ・ベイトを
していますか?

教えて下さい。
 
 
 

と、言うのが今回の【Q&A】
 
 
 

私はよく、いろんなところから
いろんな相談や質問を頂きます。
 

よくある質問や
緊急性の高い質問など
当ブログの記事で
お答えしていきます。

 
 

あなたもお気軽に問い合わせて
頂けるとうれしいです。
 
 
 

よろしくお願いします。
 
 
 
 

マッチ・ザ・ベイトとは?

こんにちは、しんです。
 

なるほど、マッチ・ザ・ベイト
ですか。
 

そうですね。

このマッチ・ザ・ベイトという
言葉、初心者には優しくない
分かりにくい言葉なんです。

 

せっかくの機会なので
詳しく知っておいた方が
いいと思います。
 

そんなわけで、さっそく
細かく見ていきましょう。
 
 
 

そもそもマッチ・ザ・ベイトの
意味ですが、ザックリと簡単に言うと、

肉食魚がその時食べている
ベイトにルアーをマッチング
させると言うような事です。

 

捕食されているベイトと
同じものをルアーで表現する
事だと思って頂ければいいです。
 
 

このマッチ・ザ・ベイトの言葉の
元となっているのが、トラウト
フィッシングの中で昔からある
Match the Hatchという言葉です。

 

Match the Hatchと言うのは
渓流魚の口からスポイトのような
物を差し込んで、胃の中の内容物を
直接調べます。
 

そして、その内容物を確認して
同じ羽虫を表現した毛針を付けて
釣るというフライフィッシングの
世界の言葉です。
 

そう、まさにリアルタイムで
マッチさせるわけですね。
 
 

では、シーバスフィッシングで
考えてみると、どうでしょうか?
 

例えば、でっかいスポイトの
ような物を使ってシーバスの
口から差し込み、胃の中の
ベイトを・・・、
 

・・・、
 

・・・、
 

無理ですね・・・。
 
 

ベイトフィッシュのような
大きなものをスポイトの細い
管に通すのも無理があります。
 

仮に太いヤツを使っても、
そんな物を差し込んだらシーバスが
弱って命を落としてしまうかも
しれません。
 

そして、大きなスポイトで
吸い上げるのも、シーバスの
胃の中の圧力が急に変わって
しまってダメージが大きそうです。
 
 
 

となれば、シーバスがベイトを
吐き出すのを待つか、持って帰って
さばいて腹の中を確認するしか
方法はありませんね。
 

でもソレをするにはシーバスを
釣らなければなりません。
 

しかも、ベイトを知るためだけに
その場でシーバスの腹を開くなど
言語道断です。
 
 
 

そして、シーバスは釣り上げて
しまえば大体のベイトは
予測できますよね?

 

まあ、まれに釣れてもまったく
ベイトが分からない時も
ありますが。
 

要は釣り上げる前の釣れていない
段階でベイトを知りたいわけです。
 
 
 

だとすれば、フライフィッシングの
Match the Hatchとは少し意味が
違います。
 

Match the Hatchは実際に
釣って、直接しらべます。

つまり、食べている羽虫を
確認するんです。
 
 

でも、シーバスは違います。

こちらは食べているベイトを
予想して合わせなければいけません。
 
 

そして、更に厄介なのが
シーバスは食べているベイトと
ルアーが似ても似つかない
場合でも釣れてしまいます。

 
 
 

では、偏食をするで有名な
シーバスがどうやってベイトを
判断しているのか?
 

これを知らなければ
マッチ・ザ・ベイトには
たどりつけません。
 
 
 

ですから、シーバスが水中で
どうやってルアーを見分けて
いるのか?
 

なぜ、ベイトに似てない
ルアーでも釣れてしまうのかを
詳しく見ていきましょう。
 
 
 
 

マッチさせる要素

シーバスがベイトを識別して
バイトする時に必要な要素は
大きく分けて4つあります。
 

重要度の高い方から
見ていきましょう。

 
 

【波動の大きさ】

ルアーというのは水中で泳がせると
波動というものを出します。
 

ルアーが泳いでいる時の
振動と水中音をこう読んでいます。
 

シーバスがベイトを判断、識別する
時にいちばん重要視するのが
この波動の大きさです。

 
 

ベイトも同じように泳ぐ時に
この波動を出します。
 

ですが、ベイトの大きさで
この波動の大きさも変わって
きますよね?

 
 

シーバスには側線という
感覚器官があり、これを使って
水中の波動や気配を敏感に
感じ取ります。

 

実は極端に言うと目で見て
判断している要素は薄いんです。
 

なぜなら、人間みたいに
目が良くないから。
 

シーバスは色を認識出来て
いないと言われていますね。
 

でもその色が濃いか薄いか
くらいは鮮明に分かります。
 
 

ですから、かなりの割合で
波動でベイトを判断していると
考えてもいいと思います。
 

側線という感覚器官を使って
ベイトを探し、目でロックオンする
みたいな感じですね。
 

だから、ありえないカラーでも
釣れてしまう
んです。
 
 

だけど、もちろん目から
入ってくる情報もベイト見分ける
時の判断材料になっています。
 
 
 

【アクションの波動】

こちらも”波動の大きさ”と
同じくらい大きな要素です。
 

ベイトの種類によって
泳ぎ方って違いますよね?
 

この泳ぎ方の違いも水中で
波動となってシーバスに伝わります。

 
 

・・・、
 

そうですね。

ルアーのアクションです。
 

この泳ぎ方の違いから発生する
波動の違いをシーバスは側線から
読み取る事が出来ると
私は考えています。
 

実際に私が釣りをしていた
時でもカラーもサイズもほぼ同じ
なのにルアーを変えただけで
突然バイトしてくる事がありました。
 

ルアーを変えるまでは
うんともすんとも言わなかったのに。
 

これは何をしたのかというと、
ルアーのアクションタイプを
変えたんです。

 

ウォブリングとかローリング
とかいうアレです。
 
 

ルアーにはいろいろな
アクションが設定されていて
このアクションタイプの違いで
アピール力を変えられます。
 

ですが、それだけではなく
ベイトの泳ぎ方の種類を表現する
事も出来るんです。

 

このアクションタイプも
実はシーバスがベイトを識別
するときの重要な要素の一つです。
 
 
 

【ルアーの大きさ】

さて、簡単に言うと
ルアーの大きさですが、実は
これはあまり重要ではありません。
 

考え方としてはルアーの
シルエットの大きさが重要に
なってきます。

 
 

私達が実際にルアーを眺めて見ると
その大きさはハッキリと分かります。
 

ですが、水中で見た場合は
どうでしょうか?

 

水の濁りや屈折率でルアーの
大きさを正確に判断するのは
難しいですよね?
 
 

そう、人間の目でも正確には
把握出来ない。
 

それがシーバスの目なら
なおさら難しいと思います。
 
 

でも、シルエットは
なんとなく分かりますよね?
 

「おっ、あそこに居るな」

みたいな。
 

もちろん、シーバスは
待ち伏せ型の捕食なので
離れたところから見ています。
 

ベイトの正確な位置は
おそらく側線で判断しています。
 

ですから、目だけの状態では
存在と色合いを確認する程度しか
出来ていないと思います。

 

だけど、そのシルエットが
大きいか、小さいか、太いか、
細いかなどはベイトの判断材料に
なっているでしょう。
 
 

でも、ぜんぜんベイトとは大きさの
違うルアーにバイトしてくる。
 

コレにはルアーのカラーが
絡んでいます。
 
 
 

【ルアーのカラー】

さて、いちばん重要度が
低いのがこのカラー。
 
 

なぜ、まったく大きさの違う
ルアーにシーバスが食ってくるのか?
 

これはルアーの色合いによって
シルエットの大きさが大きく見えたり
小さく見えたりするためです。

 

一般的には黒いカラーや
光線透過率の低い配色は大きな
シルエットに。

パールやシルバー、または
光線透過率の高いクリアなどは
小さなシルエットに見えてしまいます。
 
 

そして、いろんなルアーカラーが
あってシーバスからルアーを
見た時に水中でどう見えているのか?

これを考えながらルアーを
選んでいく必要があります。

 
 

これは単にカラーや配色だけ
ではなく、シーバスのレンジも
関係してきます。

あなたが狙っているシーバスが
どのレンジにいて、ルアーの
どの面を見ているのか?
 

シーバスが下から捕食してくるのと
リアクションバイトで横や上から
捕食してくるのでは、ルアーの
カラーの見え方が違ってきます。
 
 

ルアーのカラーはあまり
重要ではなく、複雑で難解なので
最初はあまり気にしなくていいですよ。

 
 
 
 

まとめますと、

シーバスフィッシングにおける
マッチ・ザ・ベイトとは、

ルアーの大きさだけではなく
それはもう様々な要素からの
マッチングを考えていく事。

 
 

そして、特に波動に関しては
明らかにベイトが予想できる時に
いろんな波動を試してみて
マッチングしていくしかないという事。

 

そして、このベイトなら
あの波動がいいんじゃないか?

などと考えながら釣りを
組み立てていくとマッチ・ザ・ベイト
の上達が早くなります。
 
 

つまり、結論を言うと
多くの経験値が必要で、それが
十分になった時に始めて
手応えを感じられるという事です。

 
 
 

以上がシーバスフィッシングに
おける、マッチ・ザ・ベイトの
考え方でした。
 

これらを知れば、後はもう
釣りに行きまくるだけです。

 

きっと、見えるものが
変わってくるでしょう。
 
 
 
 

それでは、グッドラック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

【釣り用語】

ルアーフィッシングに おける、釣り用語の 解説です。
参考にして頂けると うれしいです。


・アップクロス
(水の流れに対して 自分の立ち位置から 上流へキャストする事)

・キャスト
(ロッドを使って ルアーを投げる事)

・ロッド
(竿)

・アフタースポーニング
(魚の産卵後の意味で アフターと略される事も ある)

・アプローチ
(釣りたい魚に対する コンタクト方法の事で 要するに戦術です)

・アミ
(直径3センチくらい までの小さなエビの事)

・アワセ
(魚が餌を食べた時に こちらからフッキング する行為)

・フッキング
(竿を煽って魚の口に 針を貫通させる事)

・アタリ
(バイトの事で、魚が 餌を食べて竿に伝わる 衝撃の事)

・バイト
(アタリの事で魚が ルアーに食いつく 行為の事)

・アクション
(竿やリールの操作で ルアーを動かした時の ルアーの動きの種類の事)

・レンジ
(そのルアーが泳ぐ 水深の幅の事)

・ウエイト
(ルアーの重量)

・ベイト
(ターゲットが捕食して いる対象生物の事)

・アングラー
(釣り人の事で、特に 疑似餌を使って釣りを する人の事)

・まづめ
(朝晩の暗い時から 明るくなる、または その逆の中途半端な 明るさの時間帯の事)

・ラインスラック
(ルアーを操作する 際に出る糸のたるみ の事)

・ウォブリング
(ルアーの重心あたりを 軸にしてブルブルと震える 振動の大きい動きの事)

・馬ノ背
(水中のたんこぶ地形の事)

・バチ
(イソメやゴカイなどの 釣り餌に使われる多毛類の 総称です)

・バチ抜け
(バチが産卵のために 大潮の満潮前後に 一斉に水面付近まで 浮上する事)

・ハク
(ボラの稚魚)

・イナッコ
(ボラの幼魚)

・マイクロベイト
(シーバスタックルで キャストするルアーサイズ では表現しにくい小さな ベイトの事)

・ウエーダー
(漁師さんが履く丈が 腰くらいまである長靴の 事)

・ウエーディング
(ウエーダーを着用して 川、湖、海岸などで水中に 入り、釣りをする事)

・Mリグ
(シンキングミノーの腹側の フックをはずし、ガン玉を 付けてさらに沈ませる松尾 道洋氏の考案したチューニング)

・松尾道洋
(シーバス、ランカー クラブの副部長)

・カーブフォール
(ラインの出を抑制したり 止めたりして常にライン テンションがかかった状態で ルアーを沈めていく技術で ”テンションフォール”とも 言われる)

・かけ上がり
(水深が浅くなるときに 見た目にもまる分かりな 斜面になってる地形変化の事)

・大野ゆうき
(年間シーバスキャッチ量 1トンを超える、スーパー アングラー)

・汽水域
(淡水と海水がまじり合った 河口付近のエリアの事)

・ゴロタ場
(人がやっと持てるくらいで まず流されないだろう程度の 石が敷き詰められたように なっている水中地形の事)

・サミング
(リールを使ってキャストする 時に手を使ってラインの放出を 抑制する事。本来はベイト リールで行うときにサミングと 呼ばれ、スピニングリールの 場合はフェザーリングと 呼ばれるが、どちらでも サミングで通じる)

・サスペンド
(水中で沈んだ状態で止まり そこから浮きも沈みもしない 状態でルアーのタイプを 表すときに良く使われる)

・サンドバー
(流れ込みで砂が体積して 細長い沖に伸びている岬の ような帯状の水中地形の事)

・時合い
(潮回りや天候など様々な 条件が重なって魚の食いが 活発になる時間帯の事)

・シェード
(水中に出来る影の エリアの事)

・シャロー
(水深が2メートルくらい までの浅いエリアの事)

・潮目
(水中の流速変化によって 起こる、水面の目に見える 境界線みたいな変化の事)

・ショートバイト
(喰いが浅く、アタリは あるが魚がフッキング しない状態の事で魚の 警戒心が高い時や、元気が ないときに起こる)

・シンキング
(水中で沈んでいく状態の 事でルアーのタイプを表す 時によく使われる)

・ストップ&ゴー
(リールを巻いては止め、 巻いては止めるという ルアーフィッシングの 技術の事)

・ボトム、ズル引き (バイブレーションなどを ボトムに着底させて底を 引きずりながら引いてくる 技術の事)

・ストラクチャー
(水中の魚が身を隠したり するのに使う障害物の事)

・スレる
(魚が何かに警戒して 餌を食べなくなる状態で 釣り場で騒いだり、ルアーを キャストしまくったりする ことで起こる)

・スレ
(正確には”スレ掛かり”の ことで魚の口の外からや体に 針がフッキングした状態の 事で上記の”スレる”と かぶり、ややこしい。文脈から 察するしかない)

・スナップ
(ルアーとラインを簡単に 接続するための金具の事)

・スロープ
(船やボートを水面に 出し入れする為に港などに 作られた滑り台みたいな かけ上がり地形の事)

・瀬
(浅くて水の流れが速く なっている場所でさざなみが 立っているようなフィールド の事)

・遡上
(魚が季節により海や湖から 川を遡る事)

・ダート
(ジャークによってバランスを 崩したルアーが左右に蛇行する アクションの事)

・ジャーク
(やや大きく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚を寄せるとかリアクションで 喰わせるという攻撃的な意思を 持ったアクションの事)

・トゥイッチ
(小さく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚にルアーの存在を気づかせる とか、ルアーのバランスを 崩して魚に攻撃するスキを 与えるという受け身的な意思を 持ったアクションの事)

・ターンオーバー
(気温低下や風などに よって表層の水温が急激に 下がり、水中で上層の水と 下層の水が入れ替わる事で 魚に致命的なダメージを 与えることがある)

・チェイス
(魚がルアーを追尾して くる事)

・チャンネル
(流芯の地形のことで 他のエリアよりも流れが 強く、底が深くなって いて水が干上がると確認 できる水の通り道です)

・テクトロ
(岸壁際を歩きながら ルアーを泳がせるという お手軽釣法の事)

・手返し
(投げる、釣る、魚を 針から外す、そしてまた 投げるまでのサイクルの 事で手返しが良いとか 手返しが早いとか言われる)

・ドッグウォーク
(トップウォーター ペンシルの水面で頭を 左右に振りながらゆっくり 進むアクションの事で 酸欠状態の魚や下から 追われて逃げ場を失った 魚を表現した技術です)

・ナブラ
(大量のベイトが下から 追われて界面にさざなみを 立てる現象で小魚たちが 群れで移動するために 起こる、目に見える 捕食行動です)

・二枚潮
(海中の層によって 潮の流れる向きが違う 現象の事で上は右に 流れているけど、底の 方は左に流れているという 川で起こる反転流が 縦に起きてる状態です)

・リアクションバイト
(魚に見切られにくい 素早い動きで反射的に バイトしてしまう事で れっきとした釣技として 確率されている)

・リーダー
(シーバスフィッシングに おいてルアーからメイン ラインまでをつなぐ糸の 事でPEラインだけでは 補いきれない性能を ラインシステムに加える ために付ける)

・ラインシステム
(ルアーからリールまでを つなぐのに使われる、魚や そのときの状況に合わせた 性能を持たせる糸の 組み合わせの事)

・リップ
(ルアーの先に付いた 透明なくちばしみたいな ヤツの事)

・ボイル
(沸騰するなどの意味を 持ち、シーバスなどにベイトが 追われて逃げ場を失い、 水面で大量に浮いている 状態。)

・ライズ
(立ち上がる、飛び上がる などの意味を持ち、 シーバスがベイトを捕食 するために水面に飛び出す ときの様子を表す。)

このページの先頭へ