ハゼパターン考察 フィールド選び、釣り方は? オススメルアーは?


WS000503

夏から冬にかけて、広い時期で
シーバスのベイトになっている
魚の中にはハゼという魚が居ます。

秋にエサを使って釣る、ファミリー
フィッシングによく見られる
お手軽に釣れて食べて美味しい
人気のターゲット。
 

最近では”ハゼクラ”という、
小さなクランクベイトという種類の
ルアーを使ったスーパーライト
ルアーフィッシングが流行ってますね。

そうです、実はハゼはルアーにも
アタックしてくる魚なんです。
 

まあ、それはさておき
このハゼという魚をシーバスが
この季節に補食するエサとして
偏食する候補に入れています。

しかも、ハゼがシーバスの
ベイトとして機能する期間は
けっこう長いんです。

そんなわけで、今回はそんな
ハゼパターンについて、
詳しく解説させてください。
 

では、いきましょう。
 
 
 
 

ハゼパターンフィールド

地域差もありますが、シーバスの
ベイトとして機能するのは真夏の
8月くらいから年明けの12月くらいまで。

いちばんメジャーで有力な
フィールドはやっぱり河口付近です。

砂泥底の河川がいい感じで
河口と河口から少し上ったエリアが
オススメですね。

特にいいのは、時期になると
ハゼ釣りの人たちで賑わうような
ポイントがある河川です。
 

もちろん、ハゼ釣りの人たちが
居る中でシーバスルアーをガンガン
投げるのは御法度です。

そのため、ポイントを少しずらしたり
夜にエントリーしたり、雨が降る
タイミングを狙ったりします。
 
 

他には淡水の絡む漁港や、
港湾エリアの水路なんかも
ハゼパターンが成立する
フィールドが結構あります。

こういったフィールドは岸際は
敷石や牡蠣殻があって根掛かり
しまくりな場所が多いです。

でも数メートル沖へ出ると
ボトムが泥や砂になる事が多く、
ハゼが居るボトムをルアーで
探る事が出来るポイントがほとんど。

こちらもやっぱり、その地域で
有名なハゼ釣りのポイントに
なっていたりするので、釣具店などで
情報を探してみるといいですね。
 
 
 
 

ハゼパターン釣り方

基本的にはボトムを攻略していく
初心者にとっては少しルアーの
ロストが怖い釣りになります。

根掛かりを回避するためには
PEラインの持つ感度が必要で、
この感度でボトムやアタリを
感じながらシーバスを探していきます。

 

さらに若干長めのロッドの方が
根掛かりを回避しやすいので、
短くても8.6フィートくらいは
あった方がいいでしょう。

これは長い方がより高い位置から
ラインを引けるため、ガッツリと
根に掛かっていなければ短いロッドより
根掛かりを外しやすいからです。
 
 

バイブレーションやシンキング
ペンシル、ソフトルアーなどを
使ってボトムに居るハゼを
上手く表現していきます。

砂泥底のボトムを滑るように
ルアーを泳がせて来る
んですが、
この時あんまり強く地面を
引きずってはいけません。

そして、ルアーがボトムから
離れても反応が悪くなります。

ほどよく底を擦って少しだけ
砂を巻き上げる感じで引いてきます。

この調整が難しく、その日の流れの
強さや水深、攻める距離から絶妙な
ルアーの重量を選択していきます。
 

これに関しては経験がものを言うので
なるべく明るい時間に釣行して
ハゼパターンに使うルアーたちの
感じを覚えるまで投げ倒してください。

特にボトムが見えるところでは
どのルアーがどのくらい強く
砂を巻き上げるかがよく見えます。

感じ的にはルアーが泳いだ後、
ボトムの砂が少しだけ動く感じ。

でもボトムから離れてはアタりません。
 
 

そして、ハゼパターンの場合は
リアクションの釣りも有効になります。

ボトムにあるルアーにしっかりと
瞬発力を持たせてリフト
します。

そして、ロッドを下げると同時に
ラインスラッグを巻き取る感じ。
 

強すぎず大きすぎないリフトを
するんですが、しっかりとライン
スラッグが出るようにリフト
します。

ラインスラッグとは、糸ふけの事。

これに関してはルアーがボトムを
離れても大丈夫ですが、リフトして
フォールさせたら確実にボトムを
取るようにしてください。
 
 

さらに流れのあるところでは
軽いバイブレーションやシンペンを
ドリフトさせる方法も有効
です。

これはルアーをキャストしたら
まずボトムまで沈めます。

そして、ルアーを少しリフトして
そのまま流れに流される感じで
流していきます。

これもあまりリフトしすぎては
反応が悪くなるので、ボトムから
30センチ程度までにリフト幅を抑える
イメージでやってみてください。
 

なお、そのフィールドやその時の流れの
強弱によって、ルアーのタイプや重さ、
大きさなどを微調整するんですが、

これも実際にフィールドに立ってみて
あなたの感覚で実釣して頂いて
経験を積んでいって頂くしか
方法がありません。

使いこなせれば、かなり有効な
釣り方になるのでチャンスがあれば
練習にチャレンジして頂けたら
と思います。

 
 

これらが基本的なハゼパターンの
釣り方になります。

それでは次はルアーについて
じっくりと見ていきましょう。
 
 
 
 

ハゼパターンルアー

スタンダードに使えるのが
レンジバイブ70ESですね。

スピーディーに広範囲を探るのに
適していて、ハゼパターンでは
サーチベイトとして使えます。

運がよければレンジバイブ70ESの
カラーローテーションだけで
その日のゲームが成立してしまう
こともあります。

シーバスの反応を探して
サクサクとランガンしていきましょう。
 
 

次にシリテンバイブ53

このルアーはレンジバイブ70ESが
スレてしまった時や、シーバスの活性が
低くて反応が悪い時に有効なルアー。

そして、レンジバイブ70ESでは
少し重くて動きがヘビーだなと
思った時に使うルアーです。

あまり多様する事はないと思いますが
持っていると助かるルアーですね。
 
 

次はローリングベイト77。

これは最もダイレクトにハゼを
演出しやすい、まるでハゼパターンの
為にあるんじゃないかと
思ってしまうようなルアーですね。(笑)

事実、いろんな地域でよく釣れていて
私の地域でもかなり実績のある
ルアーでなかなか口を使わない
シーバスに対して凄く有効。

流れがユルくてもドリフトさせやすい
というのも特徴ですね。

ズル引きでももリフト&フォールでも
どちらでも効果的です。

腹側のフックを外して、リアフックを
ダブルに変えるのがオススメ。
 
 

次はジグヘッドとワームの組み合わせ。

これもかなり有効なルアーです。

基本的にリフト&フォールで
使うのがいいでしょう。

クイッと竿先を1メートルほど煽って
しっかりと一瞬止めて
ラインスラッグを作ります。

その後、ラインを巻き取りながら
竿先を下げてフォールさせます。

これの繰り返しです。
 
 

次はヨレヨレミニ。

このルアーの特徴はルアーの位置が
遠くても浮き上がりやすく、
ボトムを舐めるように広範囲を
探れるという事。

そのため、ボトムを丁寧に探りたい
時に重宝して、根掛かりを恐れずに
釣りが出来ます。

投点が遠いポイントでも
ボトムドリフトがやり易い
スグレモノです。

流れのある場所でシャクっては
流しフォール、シャクっては流し
フォールを繰り返します。
 
 

以上、5つほど挙げさせて頂きましたが
この中で特に必要なのは、

・レンジバイブ70ES
・ローリングベイト77
・ジグヘッドとワームの組み合わせ

ですね。
 
 

そして、持っていた方がいいのが、

・シリテンバイブ53
・ヨレヨレミニ

ですね。
 
 

コノシロ、イワシ、サヨリ、
イナッコなどのパターンがどれも
違うな〜と思った時にハゼパターンで
ランガンしてみるのもいいですね。
 
 
 
 

まとめますと、

ハゼパターンはボトムの地質が
砂泥底の河口付近のエリアを
狙っていくのがオススメという事。

 
 

そして、基本的にはボトムを
探っていく釣りになり、ボトムを軽く
ズル引きしてボトムを離れないように
ルアーを泳がせるのがキモ。

 
 

さらに、1日中ハゼパターン縛りで
ランガンしてみるシーバスフィッシングも
面白くてオススメだという事ですね。

 
 

さて、いかがだったでしょうか?

ハマればかなり有効なパターンなので
良かったら参考にしてみてくださいね。
 
 

なお、シーバスは暗くなると
シャローに入って来る傾向が強いので
これからの寒い時期は夜の釣行で
ハゼパターンを狙うのがオススメです。

 

大荒れの時でなければ
風裏のエリアなどを狙ってみると
面白いと思います。

寒いのであなたも体調に気を付けて
ガッツリとシーバスフィッシングを
楽しんでくださいね。
 
 
 
 
 

それでは、グッドラック!
 
 
 
 
 



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

【釣り用語】

ルアーフィッシングに おける、釣り用語の 解説です。
参考にして頂けると うれしいです。


・アップクロス
(水の流れに対して 自分の立ち位置から 上流へキャストする事)

・キャスト
(ロッドを使って ルアーを投げる事)

・ロッド
(竿)

・アフタースポーニング
(魚の産卵後の意味で アフターと略される事も ある)

・アプローチ
(釣りたい魚に対する コンタクト方法の事で 要するに戦術です)

・アミ
(直径3センチくらい までの小さなエビの事)

・アワセ
(魚が餌を食べた時に こちらからフッキング する行為)

・フッキング
(竿を煽って魚の口に 針を貫通させる事)

・アタリ
(バイトの事で、魚が 餌を食べて竿に伝わる 衝撃の事)

・バイト
(アタリの事で魚が ルアーに食いつく 行為の事)

・アクション
(竿やリールの操作で ルアーを動かした時の ルアーの動きの種類の事)

・レンジ
(そのルアーが泳ぐ 水深の幅の事)

・ウエイト
(ルアーの重量)

・ベイト
(ターゲットが捕食して いる対象生物の事)

・アングラー
(釣り人の事で、特に 疑似餌を使って釣りを する人の事)

・まづめ
(朝晩の暗い時から 明るくなる、または その逆の中途半端な 明るさの時間帯の事)

・ラインスラック
(ルアーを操作する 際に出る糸のたるみ の事)

・ウォブリング
(ルアーの重心あたりを 軸にしてブルブルと震える 振動の大きい動きの事)

・馬ノ背
(水中のたんこぶ地形の事)

・バチ
(イソメやゴカイなどの 釣り餌に使われる多毛類の 総称です)

・バチ抜け
(バチが産卵のために 大潮の満潮前後に 一斉に水面付近まで 浮上する事)

・ハク
(ボラの稚魚)

・イナッコ
(ボラの幼魚)

・マイクロベイト
(シーバスタックルで キャストするルアーサイズ では表現しにくい小さな ベイトの事)

・ウエーダー
(漁師さんが履く丈が 腰くらいまである長靴の 事)

・ウエーディング
(ウエーダーを着用して 川、湖、海岸などで水中に 入り、釣りをする事)

・Mリグ
(シンキングミノーの腹側の フックをはずし、ガン玉を 付けてさらに沈ませる松尾 道洋氏の考案したチューニング)

・松尾道洋
(シーバス、ランカー クラブの副部長)

・カーブフォール
(ラインの出を抑制したり 止めたりして常にライン テンションがかかった状態で ルアーを沈めていく技術で ”テンションフォール”とも 言われる)

・かけ上がり
(水深が浅くなるときに 見た目にもまる分かりな 斜面になってる地形変化の事)

・大野ゆうき
(年間シーバスキャッチ量 1トンを超える、スーパー アングラー)

・汽水域
(淡水と海水がまじり合った 河口付近のエリアの事)

・ゴロタ場
(人がやっと持てるくらいで まず流されないだろう程度の 石が敷き詰められたように なっている水中地形の事)

・サミング
(リールを使ってキャストする 時に手を使ってラインの放出を 抑制する事。本来はベイト リールで行うときにサミングと 呼ばれ、スピニングリールの 場合はフェザーリングと 呼ばれるが、どちらでも サミングで通じる)

・サスペンド
(水中で沈んだ状態で止まり そこから浮きも沈みもしない 状態でルアーのタイプを 表すときに良く使われる)

・サンドバー
(流れ込みで砂が体積して 細長い沖に伸びている岬の ような帯状の水中地形の事)

・時合い
(潮回りや天候など様々な 条件が重なって魚の食いが 活発になる時間帯の事)

・シェード
(水中に出来る影の エリアの事)

・シャロー
(水深が2メートルくらい までの浅いエリアの事)

・潮目
(水中の流速変化によって 起こる、水面の目に見える 境界線みたいな変化の事)

・ショートバイト
(喰いが浅く、アタリは あるが魚がフッキング しない状態の事で魚の 警戒心が高い時や、元気が ないときに起こる)

・シンキング
(水中で沈んでいく状態の 事でルアーのタイプを表す 時によく使われる)

・ストップ&ゴー
(リールを巻いては止め、 巻いては止めるという ルアーフィッシングの 技術の事)

・ボトム、ズル引き (バイブレーションなどを ボトムに着底させて底を 引きずりながら引いてくる 技術の事)

・ストラクチャー
(水中の魚が身を隠したり するのに使う障害物の事)

・スレる
(魚が何かに警戒して 餌を食べなくなる状態で 釣り場で騒いだり、ルアーを キャストしまくったりする ことで起こる)

・スレ
(正確には”スレ掛かり”の ことで魚の口の外からや体に 針がフッキングした状態の 事で上記の”スレる”と かぶり、ややこしい。文脈から 察するしかない)

・スナップ
(ルアーとラインを簡単に 接続するための金具の事)

・スロープ
(船やボートを水面に 出し入れする為に港などに 作られた滑り台みたいな かけ上がり地形の事)

・瀬
(浅くて水の流れが速く なっている場所でさざなみが 立っているようなフィールド の事)

・遡上
(魚が季節により海や湖から 川を遡る事)

・ダート
(ジャークによってバランスを 崩したルアーが左右に蛇行する アクションの事)

・ジャーク
(やや大きく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚を寄せるとかリアクションで 喰わせるという攻撃的な意思を 持ったアクションの事)

・トゥイッチ
(小さく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚にルアーの存在を気づかせる とか、ルアーのバランスを 崩して魚に攻撃するスキを 与えるという受け身的な意思を 持ったアクションの事)

・ターンオーバー
(気温低下や風などに よって表層の水温が急激に 下がり、水中で上層の水と 下層の水が入れ替わる事で 魚に致命的なダメージを 与えることがある)

・チェイス
(魚がルアーを追尾して くる事)

・チャンネル
(流芯の地形のことで 他のエリアよりも流れが 強く、底が深くなって いて水が干上がると確認 できる水の通り道です)

・テクトロ
(岸壁際を歩きながら ルアーを泳がせるという お手軽釣法の事)

・手返し
(投げる、釣る、魚を 針から外す、そしてまた 投げるまでのサイクルの 事で手返しが良いとか 手返しが早いとか言われる)

・ドッグウォーク
(トップウォーター ペンシルの水面で頭を 左右に振りながらゆっくり 進むアクションの事で 酸欠状態の魚や下から 追われて逃げ場を失った 魚を表現した技術です)

・ナブラ
(大量のベイトが下から 追われて界面にさざなみを 立てる現象で小魚たちが 群れで移動するために 起こる、目に見える 捕食行動です)

・二枚潮
(海中の層によって 潮の流れる向きが違う 現象の事で上は右に 流れているけど、底の 方は左に流れているという 川で起こる反転流が 縦に起きてる状態です)

・リアクションバイト
(魚に見切られにくい 素早い動きで反射的に バイトしてしまう事で れっきとした釣技として 確率されている)

・リーダー
(シーバスフィッシングに おいてルアーからメイン ラインまでをつなぐ糸の 事でPEラインだけでは 補いきれない性能を ラインシステムに加える ために付ける)

・ラインシステム
(ルアーからリールまでを つなぐのに使われる、魚や そのときの状況に合わせた 性能を持たせる糸の 組み合わせの事)

・リップ
(ルアーの先に付いた 透明なくちばしみたいな ヤツの事)

・ボイル
(沸騰するなどの意味を 持ち、シーバスなどにベイトが 追われて逃げ場を失い、 水面で大量に浮いている 状態。)

・ライズ
(立ち上がる、飛び上がる などの意味を持ち、 シーバスがベイトを捕食 するために水面に飛び出す ときの様子を表す。)

このページの先頭へ