シーバスフィッシングに限らず全ての釣りで、ちょっと広がってくれれば嬉しいなと思っている事!(^-^)


こんばんは、しんです。

今日は番外編。

全ての釣りで、広がってくれると
ちょっと嬉しいなと思う事を
取り上げさせて頂きますね。

それでは、
よろしくお願いいたします。(^-^)
 
 
 

話が持ち上がった背景

私は普段、お問い合わせに
お答えさせて頂いている過程の中で、
ありがたい事に数多くの
お礼のメールを頂いています。

そして、実は先日お問い合わせ
頂いたフィールドにおける
タックルの最適化について、
嬉しくもあり、そして
暖かい気持ちになれる内容の
お礼メール
を頂きました。

それがこちらの内容になります。
 

下、メール文章。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

しん様

ご返信ありがとうございます。

実はちょうどご返信頂いた
タイミングのまさに今、
エクスセンス インフィニティ
S900ML/RFの商品ページをみて、
これ欲しいなぁ。。と
考えていたところでした。

「しんさんがこれ薦めてくれるなら
決まりだなぁ。でも初心者に
ハイエンドは通常薦めないと
ブログでもおっしゃっていたので、
やっぱりこれは尖った仕様の
モデルで私には向いて無いのかなぁ。」
とか思っているところでした。笑
 

しかしそこできっちりそれを
オススメして頂けているあたり、
素晴らしい選球眼ですね!

しんさんのお墨付きも頂けたこと
ですし、1案目のタックルに決めます!
(明日一応店舗まで出向き、
2案目と共に現物を触らせて
頂いてからですが。笑)
 

オススメ頂けた理由、製品の
特徴と用途、使用上の注意、
すべて拝読させて頂きました。

メーカーの取り扱い説明書を
読むよりよっぽど実になる
アドバイスでした。

本当にありがとうございます。
 

ブログ掲載の件ですが、
もちろんOKです!

ブログ上にて、ロッド関連の
閲覧回数の多さから多くの
アングラーが興味のある
話題のようですね!

今回質問させて頂いた立場から
見ても、しんさんのご回答は
オススメに至るまでの経緯・
解説・アフターフォローが
素晴らしく解りやすいものだと
感じました。

一分の隙もありません。

ブログに掲載して頂いて私と
同じ疑問を持ったアングラーの
悩み解消になるなら、
私にとってもそれほど嬉しく
光栄なことはありません。
 

私自身、しんさんに何かお礼が
したい気持ちでいっぱいですが、
遠方でお会いするのは難しそうです。

せめて何か出来ることはないか、
ということで、釣行後の
ゴミ拾いをして帰るのを
毎回必ずやろう
と思います。

1回のノルマは
コンビニ袋満タンまで。笑

ほぼ毎日行ってますから、
数日のうちにゴミ1つない
釣り場になってしまいます。

しんさんならこういうことでも
喜んでくれそうな気がしました。
 

と勝手なことを申し上げましたが、
それくらい感謝しております
ということです。

また、今後ともシーバス釣りを
していて悩むことがあれば
ご相談させてください。

次はあまりお手間をおかけしない
内容にしたいと思います。笑

それでは、ありがとうごいました!
 
 

上が頂いたメールの
全文になります。

とても嬉しく思いました。

と、同時にこんなに素晴らしい
素敵な方がいらっしゃって
シーバスの世界に入ってきて
いただけるんだなぁ
と思ったら、

私もこういったフィールドの
ためになる活動を広げるという事を
するべきだなぁと感じました。
 

ですが、私はたとえ世の中の
多くの反応がそれが正しいと
賛同したとしても、基本的に

「こうだから、何々しろ!
するべきなんだ!」

というような姿勢や物言いは
ちょっと違うなと思っているんです。
 

それでも、こういった活動が
広がればいいなと思って
私はあることを拡散しようと
考えました。
 
 
 

私の返信内容

そこで考えたのがコレ。

って言うか、前々から広げようかと
思っていたんです。(笑)

下が私の返信文章です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ありがとうございます。

フィールド保全まで
考えて頂き嬉しく思います。(^-^)

ゴミ拾いですが、
これは気楽にお願いいたします。

というのも、
少し前に同じように意識の高い
方がいらっしゃいまして、
その方は橋脚に引っ掛かった
ゴミを拾おうとして誤って
流されて亡くなったという
事件も起こっています。

私との関わりはないのですが
同じフィールドを愛する者として
たいへん悲しい想いになりました。
 

それにゴミを拾う事に
執着してしまうと、時に
周りが見えなくなったり、

また他の方にも過剰にゴミ拾いを
強要するような考え方に
発展してしまう事もあり
無用なトラブルを招きます。

私も釣り人すべてが自分の
気が付いたゴミくらいは拾って
持ち帰れば、いずれはフィールド
からゴミが消えてなくなると
考えていますし釣行の度に
拾っていますが、そこに固執
し過ぎず1釣行に1つのゴミを
必ず持ち帰るくらいのライトな
感覚でいいと考えています。

れが広がれば誰でも気軽に
ゴミを拾えるので拾い出したら
切りがないという事が起こらずに
長く広く続いていくと思います。
 

“1釣行に1つのゴミ拾い”
実践して、それを親しい人に
話してみたりして、
じんわりと大きく釣り業界に
広がっていけば素敵 ですよね。

という訳で、
気楽にいきましょう。(^-^)
 

そして良かったら、
こんな考え方で釣り行ったら
“1釣行に1つのゴミ拾い”
しているんだと釣りがらみの人たちに
たくさん伝えてみてください。

私も本当は自分はフィールドの
ゴミ拾いを毎回していますと
おおやけに公表するのは
性分に合わないのですが、
これから少しずつ広げて行きたいと
考えています。(^-^)
 

あなたのような方に釣りを
楽しんで頂けて嬉しいです。

ありがとうございます。(^-^)
 

それでは、また。
 

しん
 
 
 

“1釣行に1つのゴミ拾い”を広げよう

上が私の返信文章です。

彼にお礼のメールを頂いて、
やっぱりこういった活動は
広げていくべきなんだと
改めて考えさせて頂きました。
 

という訳で、これから私もこの

“1釣行に1つのゴミ拾い”

というのをブログなどを
通して広げていこうと
決めさせて頂きました。

ですので、あなたも良かったら
“1釣行に1つのゴミ拾い”
広げる活動に参加してみませんか?
 

ることは至ってシンプルです。

釣りに行ったら
どんなに小さなゴミでもいい。

糸くずや錆びたルアー、アルミ缶や
ペットボトルなどでも大丈夫。

1釣行に必ず1つのゴミ
拾っていきます。

すると、仲間が
「それ、持って帰るの?」
とか聞いてきたり、なにかしら
話題になる事があるので、

そこですかさず、
「うん、実は”1釣行に1つのゴミ拾い”
っていうのをみんなに広げようと
しているヤツがいるんだ!」

「だから俺もその取り組みに
参加しようと思ってな。」

と、思っていることを
説明するだけです。
 

なぜ、“1釣行に1つのゴミ拾い”
なのか聞かれたら、

「ビニール袋いっぱいとかだと
最初はいいけど毎回やるとなると
ちょっとハードルが高い。
だけどこれだったら
釣りの帰りに落ちてるゴミを
ささっと拾って帰れるから
誰にでも取り組みやすくて長く
続く上に広がって行きやすいからって
いう考え方でそうなったらしいよ。」

と話してあげれば
府に落として頂けるでしょう。

切なのは、やれとか
やるべきだからというスタンスで
話をしないことです。

要はあなたから話して
広げようと頑張る必要はない
という事です。
 
 

という訳で、

“1釣行に1つのゴミ拾い”

これが素敵だなと感じたら
参加してみてくださいね。(^-^)v
 

あなたがフィールド大切にして
未来へと繋いでくれると
私は思っています。

そうでなければ、
ここまで記事を読まないでしょうから。
 

寒くなってきましたが
風邪などに気をつけてくださいね。
 

それでは今日もグッドラック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

2 Responses to “シーバスフィッシングに限らず全ての釣りで、ちょっと広がってくれれば嬉しいなと思っている事!(^-^)”

  1. しん より:

    こんばんは。

    ゴミ拾い素晴らしいですね。
    ですが、気楽にいきましょう。

    タックルについてですが、
    今日明日でマスター出来るものでは
    ありませんので、いろいろと試して
    楽しんでみてくださいね。

    そうやって、釣果を出していくのが
    シーバスフィッシングの醍醐味です。

    コメ、ありがとうございます。

  2. jum より:

    更新お疲れ様です!
    毎回のゴミ拾い、きちんと続けています。

    オススメ頂いたタックルも好調です。
    釣果はまだまだですが。笑

    これからも更新楽しみにしています!

コメントを残す

サブコンテンツ

【釣り用語】

ルアーフィッシングに おける、釣り用語の 解説です。
参考にして頂けると うれしいです。


・アップクロス
(水の流れに対して 自分の立ち位置から 上流へキャストする事)

・キャスト
(ロッドを使って ルアーを投げる事)

・ロッド
(竿)

・アフタースポーニング
(魚の産卵後の意味で アフターと略される事も ある)

・アプローチ
(釣りたい魚に対する コンタクト方法の事で 要するに戦術です)

・アミ
(直径3センチくらい までの小さなエビの事)

・アワセ
(魚が餌を食べた時に こちらからフッキング する行為)

・フッキング
(竿を煽って魚の口に 針を貫通させる事)

・アタリ
(バイトの事で、魚が 餌を食べて竿に伝わる 衝撃の事)

・バイト
(アタリの事で魚が ルアーに食いつく 行為の事)

・アクション
(竿やリールの操作で ルアーを動かした時の ルアーの動きの種類の事)

・レンジ
(そのルアーが泳ぐ 水深の幅の事)

・ウエイト
(ルアーの重量)

・ベイト
(ターゲットが捕食して いる対象生物の事)

・アングラー
(釣り人の事で、特に 疑似餌を使って釣りを する人の事)

・まづめ
(朝晩の暗い時から 明るくなる、または その逆の中途半端な 明るさの時間帯の事)

・ラインスラック
(ルアーを操作する 際に出る糸のたるみ の事)

・ウォブリング
(ルアーの重心あたりを 軸にしてブルブルと震える 振動の大きい動きの事)

・馬ノ背
(水中のたんこぶ地形の事)

・バチ
(イソメやゴカイなどの 釣り餌に使われる多毛類の 総称です)

・バチ抜け
(バチが産卵のために 大潮の満潮前後に 一斉に水面付近まで 浮上する事)

・ハク
(ボラの稚魚)

・イナッコ
(ボラの幼魚)

・マイクロベイト
(シーバスタックルで キャストするルアーサイズ では表現しにくい小さな ベイトの事)

・ウエーダー
(漁師さんが履く丈が 腰くらいまである長靴の 事)

・ウエーディング
(ウエーダーを着用して 川、湖、海岸などで水中に 入り、釣りをする事)

・Mリグ
(シンキングミノーの腹側の フックをはずし、ガン玉を 付けてさらに沈ませる松尾 道洋氏の考案したチューニング)

・松尾道洋
(シーバス、ランカー クラブの副部長)

・カーブフォール
(ラインの出を抑制したり 止めたりして常にライン テンションがかかった状態で ルアーを沈めていく技術で ”テンションフォール”とも 言われる)

・かけ上がり
(水深が浅くなるときに 見た目にもまる分かりな 斜面になってる地形変化の事)

・大野ゆうき
(年間シーバスキャッチ量 1トンを超える、スーパー アングラー)

・汽水域
(淡水と海水がまじり合った 河口付近のエリアの事)

・ゴロタ場
(人がやっと持てるくらいで まず流されないだろう程度の 石が敷き詰められたように なっている水中地形の事)

・サミング
(リールを使ってキャストする 時に手を使ってラインの放出を 抑制する事。本来はベイト リールで行うときにサミングと 呼ばれ、スピニングリールの 場合はフェザーリングと 呼ばれるが、どちらでも サミングで通じる)

・サスペンド
(水中で沈んだ状態で止まり そこから浮きも沈みもしない 状態でルアーのタイプを 表すときに良く使われる)

・サンドバー
(流れ込みで砂が体積して 細長い沖に伸びている岬の ような帯状の水中地形の事)

・時合い
(潮回りや天候など様々な 条件が重なって魚の食いが 活発になる時間帯の事)

・シェード
(水中に出来る影の エリアの事)

・シャロー
(水深が2メートルくらい までの浅いエリアの事)

・潮目
(水中の流速変化によって 起こる、水面の目に見える 境界線みたいな変化の事)

・ショートバイト
(喰いが浅く、アタリは あるが魚がフッキング しない状態の事で魚の 警戒心が高い時や、元気が ないときに起こる)

・シンキング
(水中で沈んでいく状態の 事でルアーのタイプを表す 時によく使われる)

・ストップ&ゴー
(リールを巻いては止め、 巻いては止めるという ルアーフィッシングの 技術の事)

・ボトム、ズル引き (バイブレーションなどを ボトムに着底させて底を 引きずりながら引いてくる 技術の事)

・ストラクチャー
(水中の魚が身を隠したり するのに使う障害物の事)

・スレる
(魚が何かに警戒して 餌を食べなくなる状態で 釣り場で騒いだり、ルアーを キャストしまくったりする ことで起こる)

・スレ
(正確には”スレ掛かり”の ことで魚の口の外からや体に 針がフッキングした状態の 事で上記の”スレる”と かぶり、ややこしい。文脈から 察するしかない)

・スナップ
(ルアーとラインを簡単に 接続するための金具の事)

・スロープ
(船やボートを水面に 出し入れする為に港などに 作られた滑り台みたいな かけ上がり地形の事)

・瀬
(浅くて水の流れが速く なっている場所でさざなみが 立っているようなフィールド の事)

・遡上
(魚が季節により海や湖から 川を遡る事)

・ダート
(ジャークによってバランスを 崩したルアーが左右に蛇行する アクションの事)

・ジャーク
(やや大きく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚を寄せるとかリアクションで 喰わせるという攻撃的な意思を 持ったアクションの事)

・トゥイッチ
(小さく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚にルアーの存在を気づかせる とか、ルアーのバランスを 崩して魚に攻撃するスキを 与えるという受け身的な意思を 持ったアクションの事)

・ターンオーバー
(気温低下や風などに よって表層の水温が急激に 下がり、水中で上層の水と 下層の水が入れ替わる事で 魚に致命的なダメージを 与えることがある)

・チェイス
(魚がルアーを追尾して くる事)

・チャンネル
(流芯の地形のことで 他のエリアよりも流れが 強く、底が深くなって いて水が干上がると確認 できる水の通り道です)

・テクトロ
(岸壁際を歩きながら ルアーを泳がせるという お手軽釣法の事)

・手返し
(投げる、釣る、魚を 針から外す、そしてまた 投げるまでのサイクルの 事で手返しが良いとか 手返しが早いとか言われる)

・ドッグウォーク
(トップウォーター ペンシルの水面で頭を 左右に振りながらゆっくり 進むアクションの事で 酸欠状態の魚や下から 追われて逃げ場を失った 魚を表現した技術です)

・ナブラ
(大量のベイトが下から 追われて界面にさざなみを 立てる現象で小魚たちが 群れで移動するために 起こる、目に見える 捕食行動です)

・二枚潮
(海中の層によって 潮の流れる向きが違う 現象の事で上は右に 流れているけど、底の 方は左に流れているという 川で起こる反転流が 縦に起きてる状態です)

・リアクションバイト
(魚に見切られにくい 素早い動きで反射的に バイトしてしまう事で れっきとした釣技として 確率されている)

・リーダー
(シーバスフィッシングに おいてルアーからメイン ラインまでをつなぐ糸の 事でPEラインだけでは 補いきれない性能を ラインシステムに加える ために付ける)

・ラインシステム
(ルアーからリールまでを つなぐのに使われる、魚や そのときの状況に合わせた 性能を持たせる糸の 組み合わせの事)

・リップ
(ルアーの先に付いた 透明なくちばしみたいな ヤツの事)

・ボイル
(沸騰するなどの意味を 持ち、シーバスなどにベイトが 追われて逃げ場を失い、 水面で大量に浮いている 状態。)

・ライズ
(立ち上がる、飛び上がる などの意味を持ち、 シーバスがベイトを捕食 するために水面に飛び出す ときの様子を表す。)

このページの先頭へ