スピニングリールキャスト時の糸がらみの原因と対策、ライン編。シーバスを始めるあなたへ。

WS000226


さて、今回はライン編。

シーバスフィッシングを始める時に
ほぼ必ずと言っていいほど
壁になるライントラブル。

糸がらみの事です。
 
 

コレには非常に様々な原因があり、
ひとつずつ確実に解消して
いかないと快適な釣りが出来ません。

非常に難解なため、主要な原因
絞って解説させてください。
 
 
 

よろしくお願いします。
 
 
 
 
 

PEラインも原因のひとつ

こんにちは、しんです。
 

シーバスフィッシングにおいて
必ずといっていいほど必要に
なるPEライン。

出た当初はありえない細さで
ありえない強度を出す事で
話題になったラインです。
 

もちろん今もいろんな釣りに
使われていて、完全に主流の
ラインになっている。
 
 
 

PE、ナイロン、フロロカーボンと
ありますが、トラブルが一番
少ないのは今もナイロンラインです。
 
 
 

そして、PEラインが一番
デリケートでトラブルが多い
ラインだと私も思う。

 

使い出した当初は私も
何度も何度もライントラブルに
悩まされた。
 

「あ~、もういいや。」といって
タックルを片付けた事も
けっこうある。
 

でも今はほとんどそんな事はない。
 
 
 

結局、何度も経験を積んで
使い方を覚えていくしかないんだけど
起こる物事には原因というものがある。
 

それを知っておく事で
早くPEラインを使いこなせる
ようになって頂けると
嬉しく思います。
 
 
 
 
 

なぜ、PEラインはトラブルが多いのか?

その原因は構造と特徴にあります。
 
 
 

PEラインというのはいくつかの
細いラインを編みこんで作ってある。
 

よ~く見てみるとロープみたい
なっているのが分かるので
一度確認してみてほしい。

WS000231
 
 

これの何がダメなのかと言うと、

表面の形状が複雑になって
しまうという事。
 

ナイロンやフロロは目に見える
感じではツルンとしている。
 
 

でもPEラインはそうではない。
 
 
 

むしろ表面は凸凹。
 

そして、この表面からは
さらに細かい目には見えない
くらいの繊維が出ている。
 

こんな状態だから摩擦力
強く働いてしまう。
 

と言うのは私の勝手な想像です。
 
 
 

それはさておき、
これがPEラインが摩擦に弱い
理由だと思います。
 

摩擦に弱いというのは
言い換えれば摩擦力が強く
はたらくという事。

 

だから結び目が摩擦熱で
切れやすいんです。
 

ロッドのガイドなどにラインを
通してみるとスルスルと滑って、
一見摩擦が少ないように思えますが
実際はそうではないようですね。
 
 
 
 

そして、編みこんで作ってある
ために引っ張り強度が強く
通常のラインよりも遥かに細い
直径で同じ、又はそれ以上の
強度を出すことが出来る。
 

この細いという特徴
利点でもあり、欠点でも
あるんです。
 
 
 
 
 

どういう事かというと、

リールと言うのはスプールに
糸を何重にも巻き取る機械です。
 
 
 

想像してみてください。
 

スプールに巻き取られるラインが
細ければ細いほどラインとラインの
間に巻きとったラインが食い込み
やすいのはわかりますね?

 
 

ルアーをキャストして
リトリーブしてくる時に、

ラインを巻き取るテンションが
少し緩んだだけで、そこだけ
巻きがゆるくなって上から
巻かれたラインが食い込みます。
 

そしてこの状態でキャストを
すると食い込んだラインが
その強い摩擦力で周辺のラインを
一緒に引っ張ったり、
切断したりします。
 
 
 

このラインのゆるみというのは
いろんな事が原因で起こります。
 

たとえば、キャスト時に
風が強いとラインが大きく横へ
流されます。

 

このときラインは大きな
弧を描き、着水します。

WS000229
 

この余分に出たラインを
巻き取ると、今度はルアーの
テンションがラインに掛かり
途中から巻取りのテンションが
変わってしまいます。
 
 
 

さらに、ボトムを取る時も
同じようにルアーが着底した
瞬間に張っていたラインが
フッと緩んで弧を描きます。
 

コレをそのまま気にしないで
巻き取っても同じ事が
起こりますね。
 
 
 

あとはリトリーブの時に
ルアーにアクションを付けて
引いてきた時。

 
 
 

さらに、ルアーチェンジをした時。
 

重いルアーから、軽いルアーへ。

そして軽いルアーからまた重い
ルアーに戻したような時。
 
 
 
 

こういった事で、ラインを
巻き取る時のテンションに
変化が起こります。
 
 
 
 
 

では、どう対応するか?

まず、リトリーブを開始する
時のラインテンションに
気を付ける。

これはリトリーブの直前に
ロッドを使ってラインのたるみを
取り除いてから引き始める
という事です。
 

ロッドを引いたり起こしたり
してラインを真っ直ぐな状態に
するという事です。
 
 
 

そして、リトリーブに関しては
これから始めるあなたは出来る限り
タダ巻きを使ってください。

 

タダ巻きとはルアーにこちらから
アクションを加えずに一定の
スピードとテンションで
巻いてくる事です。
 

実は変にアクションを加えない
ほうがシーバスは釣れます。
 

なぜなら基本的には捕食が
下手な魚だから。
 

特に激しく早い動きを連続で使うと
シーバスがなかなかルアーを
捕まえられません。
 

ライントラブルがなくなるまでは
タダ巻きで十分だし、実は
タダ巻きしか使わない人もいます。
 
 
 

そして、改善法としては

定期的にラインの巻き直しを
してください。

 

この方法はまずルアーを
フローティングタイプ
ルアーに交換します。

そしてやんわりと遠くへ
キャストします。

そうしたら、その状態から
ラインを自分の手でスプールから
出します。

この時、風向きに注意して下さい。
 
 

しっかりとラインが巻かれている
ところまでラインを引っ張り出します。
 

およそルアーの通常飛距離分です。
 

それが出来たら、リールの
ベールを戻して出ているラインを
軽く指で挟んでテンションを
掛けながらラインを巻き取って下さい。
 

これで巻き直しは完了です。
 
 

コレはリールのスプールから
ゆるんだラインが見えている
時の対処法にも使えます。
 
 
 
 
 

以上、糸がらみライン編でした。
 
 
 
 

ここは何度も何度も釣行して
覚えてくださいね。
 

七転び八起き系、
歯、食いしばり系ですが、
頑張ってください。

 
 
 
 

それでは、また。
 
 
 
 
 

他にもライントラブル
ついての記事を書いています。

下のリンクから飛んで
御覧ください。↓↓↓↓↓↓↓↓
>>>スピニングリールキャスト時の
糸がらみの原因と対策、ライン
システム編。シーバスを始めるあなたへ。

>>>スピニングリールキャスト時の
糸がらみの原因と対策、ロッド、ルアー、
キャスト編。シーバスを始めるあなたへ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

【釣り用語】

ルアーフィッシングに おける、釣り用語の 解説です。
参考にして頂けると うれしいです。


・アップクロス
(水の流れに対して 自分の立ち位置から 上流へキャストする事)

・キャスト
(ロッドを使って ルアーを投げる事)

・ロッド
(竿)

・アフタースポーニング
(魚の産卵後の意味で アフターと略される事も ある)

・アプローチ
(釣りたい魚に対する コンタクト方法の事で 要するに戦術です)

・アミ
(直径3センチくらい までの小さなエビの事)

・アワセ
(魚が餌を食べた時に こちらからフッキング する行為)

・フッキング
(竿を煽って魚の口に 針を貫通させる事)

・アタリ
(バイトの事で、魚が 餌を食べて竿に伝わる 衝撃の事)

・バイト
(アタリの事で魚が ルアーに食いつく 行為の事)

・アクション
(竿やリールの操作で ルアーを動かした時の ルアーの動きの種類の事)

・レンジ
(そのルアーが泳ぐ 水深の幅の事)

・ウエイト
(ルアーの重量)

・ベイト
(ターゲットが捕食して いる対象生物の事)

・アングラー
(釣り人の事で、特に 疑似餌を使って釣りを する人の事)

・まづめ
(朝晩の暗い時から 明るくなる、または その逆の中途半端な 明るさの時間帯の事)

・ラインスラック
(ルアーを操作する 際に出る糸のたるみ の事)

・ウォブリング
(ルアーの重心あたりを 軸にしてブルブルと震える 振動の大きい動きの事)

・馬ノ背
(水中のたんこぶ地形の事)

・バチ
(イソメやゴカイなどの 釣り餌に使われる多毛類の 総称です)

・バチ抜け
(バチが産卵のために 大潮の満潮前後に 一斉に水面付近まで 浮上する事)

・ハク
(ボラの稚魚)

・イナッコ
(ボラの幼魚)

・マイクロベイト
(シーバスタックルで キャストするルアーサイズ では表現しにくい小さな ベイトの事)

・ウエーダー
(漁師さんが履く丈が 腰くらいまである長靴の 事)

・ウエーディング
(ウエーダーを着用して 川、湖、海岸などで水中に 入り、釣りをする事)

・Mリグ
(シンキングミノーの腹側の フックをはずし、ガン玉を 付けてさらに沈ませる松尾 道洋氏の考案したチューニング)

・松尾道洋
(シーバス、ランカー クラブの副部長)

・カーブフォール
(ラインの出を抑制したり 止めたりして常にライン テンションがかかった状態で ルアーを沈めていく技術で ”テンションフォール”とも 言われる)

・かけ上がり
(水深が浅くなるときに 見た目にもまる分かりな 斜面になってる地形変化の事)

・大野ゆうき
(年間シーバスキャッチ量 1トンを超える、スーパー アングラー)

・汽水域
(淡水と海水がまじり合った 河口付近のエリアの事)

・ゴロタ場
(人がやっと持てるくらいで まず流されないだろう程度の 石が敷き詰められたように なっている水中地形の事)

・サミング
(リールを使ってキャストする 時に手を使ってラインの放出を 抑制する事。本来はベイト リールで行うときにサミングと 呼ばれ、スピニングリールの 場合はフェザーリングと 呼ばれるが、どちらでも サミングで通じる)

・サスペンド
(水中で沈んだ状態で止まり そこから浮きも沈みもしない 状態でルアーのタイプを 表すときに良く使われる)

・サンドバー
(流れ込みで砂が体積して 細長い沖に伸びている岬の ような帯状の水中地形の事)

・時合い
(潮回りや天候など様々な 条件が重なって魚の食いが 活発になる時間帯の事)

・シェード
(水中に出来る影の エリアの事)

・シャロー
(水深が2メートルくらい までの浅いエリアの事)

・潮目
(水中の流速変化によって 起こる、水面の目に見える 境界線みたいな変化の事)

・ショートバイト
(喰いが浅く、アタリは あるが魚がフッキング しない状態の事で魚の 警戒心が高い時や、元気が ないときに起こる)

・シンキング
(水中で沈んでいく状態の 事でルアーのタイプを表す 時によく使われる)

・ストップ&ゴー
(リールを巻いては止め、 巻いては止めるという ルアーフィッシングの 技術の事)

・ボトム、ズル引き (バイブレーションなどを ボトムに着底させて底を 引きずりながら引いてくる 技術の事)

・ストラクチャー
(水中の魚が身を隠したり するのに使う障害物の事)

・スレる
(魚が何かに警戒して 餌を食べなくなる状態で 釣り場で騒いだり、ルアーを キャストしまくったりする ことで起こる)

・スレ
(正確には”スレ掛かり”の ことで魚の口の外からや体に 針がフッキングした状態の 事で上記の”スレる”と かぶり、ややこしい。文脈から 察するしかない)

・スナップ
(ルアーとラインを簡単に 接続するための金具の事)

・スロープ
(船やボートを水面に 出し入れする為に港などに 作られた滑り台みたいな かけ上がり地形の事)

・瀬
(浅くて水の流れが速く なっている場所でさざなみが 立っているようなフィールド の事)

・遡上
(魚が季節により海や湖から 川を遡る事)

・ダート
(ジャークによってバランスを 崩したルアーが左右に蛇行する アクションの事)

・ジャーク
(やや大きく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚を寄せるとかリアクションで 喰わせるという攻撃的な意思を 持ったアクションの事)

・トゥイッチ
(小さく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚にルアーの存在を気づかせる とか、ルアーのバランスを 崩して魚に攻撃するスキを 与えるという受け身的な意思を 持ったアクションの事)

・ターンオーバー
(気温低下や風などに よって表層の水温が急激に 下がり、水中で上層の水と 下層の水が入れ替わる事で 魚に致命的なダメージを 与えることがある)

・チェイス
(魚がルアーを追尾して くる事)

・チャンネル
(流芯の地形のことで 他のエリアよりも流れが 強く、底が深くなって いて水が干上がると確認 できる水の通り道です)

・テクトロ
(岸壁際を歩きながら ルアーを泳がせるという お手軽釣法の事)

・手返し
(投げる、釣る、魚を 針から外す、そしてまた 投げるまでのサイクルの 事で手返しが良いとか 手返しが早いとか言われる)

・ドッグウォーク
(トップウォーター ペンシルの水面で頭を 左右に振りながらゆっくり 進むアクションの事で 酸欠状態の魚や下から 追われて逃げ場を失った 魚を表現した技術です)

・ナブラ
(大量のベイトが下から 追われて界面にさざなみを 立てる現象で小魚たちが 群れで移動するために 起こる、目に見える 捕食行動です)

・二枚潮
(海中の層によって 潮の流れる向きが違う 現象の事で上は右に 流れているけど、底の 方は左に流れているという 川で起こる反転流が 縦に起きてる状態です)

・リアクションバイト
(魚に見切られにくい 素早い動きで反射的に バイトしてしまう事で れっきとした釣技として 確率されている)

・リーダー
(シーバスフィッシングに おいてルアーからメイン ラインまでをつなぐ糸の 事でPEラインだけでは 補いきれない性能を ラインシステムに加える ために付ける)

・ラインシステム
(ルアーからリールまでを つなぐのに使われる、魚や そのときの状況に合わせた 性能を持たせる糸の 組み合わせの事)

・リップ
(ルアーの先に付いた 透明なくちばしみたいな ヤツの事)

・ボイル
(沸騰するなどの意味を 持ち、シーバスなどにベイトが 追われて逃げ場を失い、 水面で大量に浮いている 状態。)

・ライズ
(立ち上がる、飛び上がる などの意味を持ち、 シーバスがベイトを捕食 するために水面に飛び出す ときの様子を表す。)

このページの先頭へ