LOS! 台風後の港湾部 時間が取れそうだったので釣れるフィールドを探してランガンしてみた。


WS000490

ヤツが来た・・・。

そう、台風です。
 

日本を縦断しそうな勢いの雨台風が
やって来ていました。
 

「今日はヤバそうだし、大雨警報
確実に出るし、私も仕事を休んで
いいんじゃないか?」

 

などと考えていたけど、この世知辛い
世の中そんなにあまくはない。
 
 

というわけで、仕方がないので
いつものように仕事に出かけました。
 

凄まじい豪雨で仕事プラス滝行
みたいな1日をなんとか乗りきり
次の日を迎えました。
 
 

台風の次の日にしては珍しく
スッキリしないどんよりとした曇り。

そして時折、雨も降ってくる。
 

「スッキリしない天気だなぁ。」
 

と言いながらも仕事に精を出す。
 
 

そんな中、偶然にも仕事が早く
終わったので例によって釣りの
計画を考えていた。
 

その日は次の日が休みで妻と
晩酌の予定があった
が、妻もその日は
仕事で帰りは遅くなるようだった。
 

「ん?、これは!。
晩酌までは数時間ある。
もしかして、行けるか?」

 

とか言って、仕事が終わるととっとと
雑用を片付けて、日頃の激務でかなり
疲れていたので1時間だけ仮眠を取る。
 

19:00に起きて速攻で準備を済ませ、
夜の港湾部へと車を走らせました。
 

さてさて、どうなることやら。
 
 
 
 

荒れ果てた台風後の港湾部

20:00くらいに到着してアラームを
使ってタイムリミットを設定する。

 

「う〜ん、1時間が限界か。」
 

21:00にアラームをセットして
サクッとタックルを準備して
フィールドの様子を観察してみる。
 

「・・・、これはヤバいな・・・。」
 

予想は出来ていたけど
案の定、完全なるド茶濁り。
 

試しにストラクチャーの脇に
キャストしてみたけど、フックに
たっぷりと草が引っ掛かってきます。
 

「だよね〜。」

と、一人で納得。
 

「さて、どうする? 河川の明暗まで
車を走らせている暇はないぞ。」

 

・・・、
 

・・・、
 

「ダメだ、ベイトを探すしかない。」
 
 

という訳で、ランガンする事に。
 

港湾部の入り口付近のポイントへ
行ってみるが、同じようにド茶濁りで
ここは流れがあるので草がたっぷり
流されています。
 

竿を出している暇もないので
釣らずに移動。
 
 

次は反対側の護岸へ。

「う〜ん、変わらんな。」
 

同じようにド茶濁りで大量の
ゴミが浮いていて、ベイトも
シーバスの気配もない。
 
 

サクッと移動します。

「・・・、この様子では流れがある
ポイントはダメだ。おそらくは
ほとんど流れのないポイントに
避難しているはず・・・。」

 

そんな事を考えながら
少し離れた岸壁に囲まれた止水域へ。
 

・・・、
 

「フィールド規模が大きすぎて
ベイトにまとまりが無さすぎる!」

 

ベイトは惜しかったが
時間がないので釣らずに移動。
 
 

今度は港湾部の南側へ。

沖に面したテトラのフィールド。
 

ド茶濁りのゴミだらけで
ベイトの姿は見当たらない。
 
 

港湾部手前の方へ戻って岸壁の
奥の方へ行ってみる。
 

「変わらないな。流れがある。
これではゴミしか釣れない。」

 

もちろん、移動します。
 
 

「残り20分。ヤバいか・・・。」
 
 
 
 

イナッコパターンは本当に多彩

「ん?、あれは・・・!」
 

戻りながらも岸壁の付け根の
角のエリアに避難している
イナッコの群れを発見しました。
 

ここは普段はあまりベイトの群れが
立ち寄らない流れがほとんど無いエリア。

 

車から降りてそっと近づいてみます。
 

・・・、
 

どうやらイナッコの群れです。

しかも、しばらく見ていると
たまにイナッコの群れや単体の
イナッコの動きに異変が。
 
 
 

「ラストチャンスだ!
ここでホゲたら今夜の酒が
一味おちる!」

 

と、どうでもいい事を言いながら
マニックをキャスト。
 

・・・、
 

反応なし。
 

どうやらトップには興味が無い様子。
 

「そういえば、ライズしないな。」
 

でも、ベイトは上にいるので
数センチ単位でレンジを下げていく。

 
 

次はモルモ80をキャスト。

水面直下で引き波が出るか出ないかの
微妙なリトリーブスピードで引く。
 

・・・、
 

コツッ!
 

コンッ!
 

コンッ!
 

・・・、
 

ショートバイトで合わせても
まるで乗らない。
 

「違うな・・・。」
 
 

そしてそこから、数センチだけ
レンジを下げてみる。

今度はエリア10をキャスト。
 

・・・、
 

コツッ!
 

・・・、
 

コンッ!
 

・・・、
 

「ダメだ、これも違う。」
 
 

この時は曇っていたけど常夜灯が
ある場所に近いのでフィールドは
少し明るめでした。
 

いい感じでしたが、エリ10では
リトリーブスピードが遅すぎて
状況に合ってない感じです。
 
 

さらに今度は15センチほど
レンジを下げてみる。
 

スネコンをキャスト。

少しロッドを立て気味で引いてくる。
 

・・・、
 

・・・、
 

ガツッ!!!
 

「あっ!」
 

“あっ!”ではない!!!

見事に合わせ損ねる。
 

その後、スネコンに反応はない。
 
 

「やっちまった・・・。」
 

気を取り直して、今度はS字違いの
リバードのレッドヘッドにチェンジ。
 

ここは、水面下に沈んだ段差の岸壁の
角になっているポイントがあって、
斜めにキャストして角へ向かって
引くとアタリが出る。

という事が、先に数投で分かって
いたので同じようにリバードを
斜めにキャスト。
 

・・・、
 

・・・、
 

グッ、ガツッ!!!
 

「ふんっ!」
 

フッキング成功。
 

って言うか、向こう合わせで
掛かっているようなナイスなアタリ。
 

小さいのは分かったので、
余裕で慎重に寄せてくる。
 

30センチちょいのセイゴちゃん
元気な姿を見せてくれた。

ws000531
 

「ありがとう!」
 

ソフトにリリース。
 
 

続いてもう一度キャスト。
 

すると、アラームが。
 

「ここまでか。」
 
 

迷わずタックルを片付けて
帰路へ向かいました。
 

「今夜の酒は旨そうだ。」
 
 
 
 

まとめますと、

台風後のド茶濁りの港湾部では
岸壁の際を狙うか、又はベイトを
探してランガンしていくという
方法もあるという事。

 
 

そして、時と場合によっては
普段ベイトが溜まらないような
止水域に近いポイントでも特殊な
条件下では釣れてしまうという事。

 
 

さらに、イナッコパターンは相当
多彩な釣り方があり、その時の状況に
よって臨機応変に攻め方やレンジを
変えていくのがいいという事ですね。

 
 
 

いや〜、危なかった。

もう少しであんなに頑張って
スーパーホゲをくらうところでした。
 

良かった〜。
 
 
 

そして、帰ったら私の妻が
呆れた顔をしていたのは
言うまでもない事ですね。(笑)
 
 
 
 
 

それでは、また。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

【釣り用語】

ルアーフィッシングに おける、釣り用語の 解説です。
参考にして頂けると うれしいです。


・アップクロス
(水の流れに対して 自分の立ち位置から 上流へキャストする事)

・キャスト
(ロッドを使って ルアーを投げる事)

・ロッド
(竿)

・アフタースポーニング
(魚の産卵後の意味で アフターと略される事も ある)

・アプローチ
(釣りたい魚に対する コンタクト方法の事で 要するに戦術です)

・アミ
(直径3センチくらい までの小さなエビの事)

・アワセ
(魚が餌を食べた時に こちらからフッキング する行為)

・フッキング
(竿を煽って魚の口に 針を貫通させる事)

・アタリ
(バイトの事で、魚が 餌を食べて竿に伝わる 衝撃の事)

・バイト
(アタリの事で魚が ルアーに食いつく 行為の事)

・アクション
(竿やリールの操作で ルアーを動かした時の ルアーの動きの種類の事)

・レンジ
(そのルアーが泳ぐ 水深の幅の事)

・ウエイト
(ルアーの重量)

・ベイト
(ターゲットが捕食して いる対象生物の事)

・アングラー
(釣り人の事で、特に 疑似餌を使って釣りを する人の事)

・まづめ
(朝晩の暗い時から 明るくなる、または その逆の中途半端な 明るさの時間帯の事)

・ラインスラック
(ルアーを操作する 際に出る糸のたるみ の事)

・ウォブリング
(ルアーの重心あたりを 軸にしてブルブルと震える 振動の大きい動きの事)

・馬ノ背
(水中のたんこぶ地形の事)

・バチ
(イソメやゴカイなどの 釣り餌に使われる多毛類の 総称です)

・バチ抜け
(バチが産卵のために 大潮の満潮前後に 一斉に水面付近まで 浮上する事)

・ハク
(ボラの稚魚)

・イナッコ
(ボラの幼魚)

・マイクロベイト
(シーバスタックルで キャストするルアーサイズ では表現しにくい小さな ベイトの事)

・ウエーダー
(漁師さんが履く丈が 腰くらいまである長靴の 事)

・ウエーディング
(ウエーダーを着用して 川、湖、海岸などで水中に 入り、釣りをする事)

・Mリグ
(シンキングミノーの腹側の フックをはずし、ガン玉を 付けてさらに沈ませる松尾 道洋氏の考案したチューニング)

・松尾道洋
(シーバス、ランカー クラブの副部長)

・カーブフォール
(ラインの出を抑制したり 止めたりして常にライン テンションがかかった状態で ルアーを沈めていく技術で ”テンションフォール”とも 言われる)

・かけ上がり
(水深が浅くなるときに 見た目にもまる分かりな 斜面になってる地形変化の事)

・大野ゆうき
(年間シーバスキャッチ量 1トンを超える、スーパー アングラー)

・汽水域
(淡水と海水がまじり合った 河口付近のエリアの事)

・ゴロタ場
(人がやっと持てるくらいで まず流されないだろう程度の 石が敷き詰められたように なっている水中地形の事)

・サミング
(リールを使ってキャストする 時に手を使ってラインの放出を 抑制する事。本来はベイト リールで行うときにサミングと 呼ばれ、スピニングリールの 場合はフェザーリングと 呼ばれるが、どちらでも サミングで通じる)

・サスペンド
(水中で沈んだ状態で止まり そこから浮きも沈みもしない 状態でルアーのタイプを 表すときに良く使われる)

・サンドバー
(流れ込みで砂が体積して 細長い沖に伸びている岬の ような帯状の水中地形の事)

・時合い
(潮回りや天候など様々な 条件が重なって魚の食いが 活発になる時間帯の事)

・シェード
(水中に出来る影の エリアの事)

・シャロー
(水深が2メートルくらい までの浅いエリアの事)

・潮目
(水中の流速変化によって 起こる、水面の目に見える 境界線みたいな変化の事)

・ショートバイト
(喰いが浅く、アタリは あるが魚がフッキング しない状態の事で魚の 警戒心が高い時や、元気が ないときに起こる)

・シンキング
(水中で沈んでいく状態の 事でルアーのタイプを表す 時によく使われる)

・ストップ&ゴー
(リールを巻いては止め、 巻いては止めるという ルアーフィッシングの 技術の事)

・ボトム、ズル引き (バイブレーションなどを ボトムに着底させて底を 引きずりながら引いてくる 技術の事)

・ストラクチャー
(水中の魚が身を隠したり するのに使う障害物の事)

・スレる
(魚が何かに警戒して 餌を食べなくなる状態で 釣り場で騒いだり、ルアーを キャストしまくったりする ことで起こる)

・スレ
(正確には”スレ掛かり”の ことで魚の口の外からや体に 針がフッキングした状態の 事で上記の”スレる”と かぶり、ややこしい。文脈から 察するしかない)

・スナップ
(ルアーとラインを簡単に 接続するための金具の事)

・スロープ
(船やボートを水面に 出し入れする為に港などに 作られた滑り台みたいな かけ上がり地形の事)

・瀬
(浅くて水の流れが速く なっている場所でさざなみが 立っているようなフィールド の事)

・遡上
(魚が季節により海や湖から 川を遡る事)

・ダート
(ジャークによってバランスを 崩したルアーが左右に蛇行する アクションの事)

・ジャーク
(やや大きく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚を寄せるとかリアクションで 喰わせるという攻撃的な意思を 持ったアクションの事)

・トゥイッチ
(小さく竿をあおって ルアーにイレギュラー アクションを与える行為で 魚にルアーの存在を気づかせる とか、ルアーのバランスを 崩して魚に攻撃するスキを 与えるという受け身的な意思を 持ったアクションの事)

・ターンオーバー
(気温低下や風などに よって表層の水温が急激に 下がり、水中で上層の水と 下層の水が入れ替わる事で 魚に致命的なダメージを 与えることがある)

・チェイス
(魚がルアーを追尾して くる事)

・チャンネル
(流芯の地形のことで 他のエリアよりも流れが 強く、底が深くなって いて水が干上がると確認 できる水の通り道です)

・テクトロ
(岸壁際を歩きながら ルアーを泳がせるという お手軽釣法の事)

・手返し
(投げる、釣る、魚を 針から外す、そしてまた 投げるまでのサイクルの 事で手返しが良いとか 手返しが早いとか言われる)

・ドッグウォーク
(トップウォーター ペンシルの水面で頭を 左右に振りながらゆっくり 進むアクションの事で 酸欠状態の魚や下から 追われて逃げ場を失った 魚を表現した技術です)

・ナブラ
(大量のベイトが下から 追われて界面にさざなみを 立てる現象で小魚たちが 群れで移動するために 起こる、目に見える 捕食行動です)

・二枚潮
(海中の層によって 潮の流れる向きが違う 現象の事で上は右に 流れているけど、底の 方は左に流れているという 川で起こる反転流が 縦に起きてる状態です)

・リアクションバイト
(魚に見切られにくい 素早い動きで反射的に バイトしてしまう事で れっきとした釣技として 確率されている)

・リーダー
(シーバスフィッシングに おいてルアーからメイン ラインまでをつなぐ糸の 事でPEラインだけでは 補いきれない性能を ラインシステムに加える ために付ける)

・ラインシステム
(ルアーからリールまでを つなぐのに使われる、魚や そのときの状況に合わせた 性能を持たせる糸の 組み合わせの事)

・リップ
(ルアーの先に付いた 透明なくちばしみたいな ヤツの事)

・ボイル
(沸騰するなどの意味を 持ち、シーバスなどにベイトが 追われて逃げ場を失い、 水面で大量に浮いている 状態。)

・ライズ
(立ち上がる、飛び上がる などの意味を持ち、 シーバスがベイトを捕食 するために水面に飛び出す ときの様子を表す。)

このページの先頭へ